つう工房のクラフトフェアリポート

手織りの布や裂織、羊毛・麻・綿糸を使った手編み帽子などを創作し、各地のクラフトフェアやクラフト市に出展しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

浅間温泉手しごと市&ふれあい音楽会出展報告

2007-09-11 21:39:09 | 長野県

 今年で3年連続の出展になりました。 初秋の涼しい信州を期待しての出展ですが、いつも裏切られています。(笑) そして・・・今年も9/1・2の開催でしたが、出展ブースがちょうど並木の傍で西日を避けることが出来ましたが。  それでも・・・暑~いです!!! (写真をクリックすると大きくなります。)
 
   
 今年は、松本市市制施行100周年記念事業とタイアップして開催され、日曜日にはマスコットのアルプちゃんの登場もあり会場が一層盛り上がりました。また、ステージも温泉会館横のカツラの木陰に移動し、出演者の方も暑さは少しはましだったのではないでしょうか。

 今回も、新しい作家さんとの出会いがありました。
 ①『学者村陶房』さん
   学者村という別荘地にある工房で創作活動をされている30代の若手作家さんです。
  
素朴な中に、ちらりと芸術性を感じる作品です。
 ②手作り工房『貴生の森』さん
   工房兼店舗は、安曇野
の自然いっぱいのところにあるそうです。和布をつかったバッグ、タペ
  ストリーや小物など
、お店のディスプレイにセンスの良さが感じられますね。
 ③『木工木楽屋』さん
   全般的にお客さんの来場が少なかった中、終始知恵の輪に挑戦するお客さんでお店は溢
  れかえっていました。 うらやましいなあ~!
   
  ① 「学者村陶房」さん    ②手作り工房「貴生の森」さん    ③木工木楽屋さん

 今回もつう工房の帽子を被っていただいた皆さんです。
 えっ、みんな同じモデルさんでは???
 そう、お隣の「学者村陶房」さんの看板娘『春菜』ちゃんに登場いただきました。
   
 
★感想                                    陶房 吾木香
  今までになく、第1日目の土曜日昼間のお客様は多かったのですが、夜は低調でした。
  日曜も早朝の農産物の朝市は、30分ほどで完売し店じまいをされていましたが、クラフトの方
 にはほとんど足が向かなかったみたいです。
  また、これからの課題として宿泊客、地元在住の方はもとより旅館やホテルの関係者の方の
 来場がもっと欲しいところですネ。地元テレビ局などへの情報提供もネ。
  来年の出展はどうしようか? 悩んでいます。

    浅間温泉手しごと市公式HP                     つう工房homeへ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加