Over Night

青空だったら、いいのになぁ~

烏賊違いw

2016-06-20 01:49:28 | 釣り
何度かアオリ烏賊を狙いに繰り出すも撃沈w

一度、MK隊長とメバリングに出掛け磯歩きをしたが、足を乗せた石がグラっと揺れて海に足を突っ込み浸水ww

ぐちょぐちょしながら一本出るも、それのみw

本当、パッとしないです

いよいよ沖はマイカ狙いの船で空は明るく、春のアオリ烏賊も終盤と言ったところ

でも、後もう一杯!が欲しい

そして、漁港まわりは辞めロケーションの良い磯で釣りたい!

で、単独で磯

今回は、気になるロッドをメーカーさんから拝借し、いつも使い込んでいるタックルと2セットでちょっと楽しみだった

借りたロッドはnories EP710H

早速、EP710Hでしゃくり出すと、藻に絡んだかのような重みがかかる!

フッキングすると、、あれ?やっぱり藻かw

と、足元でプシュプシュ言ってるし

なんと、可愛いマイカさんww

お、ころならマイカ釣りに転じるかと心が揺らぐが、やっぱりこのロッドでアオリ烏賊を掛けてみた

しかし、そう甘くもなく時間だけが無情にも経っていく

少し足場を変えキャスト、シャクリを入れた後に直ぐにラインにテンションがかかる!

やっと釣れたとゆっくりやり取りを楽しむが、かなり小さいよw



違ったw

マイカさんww

なかなかいいサイズ

これはこれで嬉しい^ ^

マイカとアオリ烏賊半々の気持ちでしゃくり続けるも、そう思うようには行かず

また風も強く吹くので、エギを外し堤防ジグⅡを装着し、お魚を狙ってみる

すると開始早々に



久しぶりにキジハタ君、思い通り釣れたので嬉しいが、結局この一本のみで根掛かりしジグを無くしてしまったので、撤収〜

ジグやテキサスリグ仕掛けをバックに忍ばせて、もう少しアオリ烏賊、頑張ってみますw

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タックルで思うコト

2016-06-06 00:04:36 | 釣り
相も変わらず、エギングタックルのみにて出撃してますが、風に悩まされておりますw

海の雰囲気はいいのに、なかなか思う様には釣らせてもらえません、、

背から風を受けるようにし、なんとか釣りにはなる状況でも、ロッドを煽ると何をしているかわからない事が多いですw

しかし、この中で釣り抜くには道具に頼るしかないと思います

自分の使用タックルは、ロッドはティップが軽すぎず、ベリーからしなやかにしなる9fのロッドに、PEラインは0.6号、リーダーはややしなやかな1.75号を1mを使用し、ダートマックス の3.5号を基本にしています

風の強さ、潮の動きに合わせて、4号や3号をセレクトし、なるべく藻を引っ掛けてこない様にエギを動かし、だるい動きと瞬間的に動かす動作を組み合わせてあたりをとっていく様にしています

この藻を引っ掛けてエギを回収する動作を少なくする事って凄い肝だと思います、カンナに軽く藻が絡んだと感じたらパンっとエギを飛ばす様にシャくればダートマックスは藻が切れやすく、また抜群の感度で根がかりでエギをなくす事も少ないです

釣りにくい悪条件の中でも、なんとか釣りになる様な仕様のタックルは重要ですね^ ^

最近よく思うのですが、本当に愛用するダートマックスに助けられていると強く感じます




で、昨夜もまた風、雨に悩まされましたw

強風の中、あたりを捉えなんとかアオリ烏賊と出会う事が出来ました



しかし、、

雄なのに、胴長21㎝。。。

自分の春アオリ最小記録ですw

しかし、秋のこのサイズとは違いボディはコロンとしていて、サイズはともかく春のアオリ烏賊でしたw

まだまだ釣れると感じ何箇所かまわりましたが、結局釣れず朝を迎えてしまいましたw

もっとデカイ一杯と出会いたいので、雨風に負けず頑張ります!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MK隊長!ついに

2016-06-01 21:02:10 | 釣り
5月最後の夜、エギングタックルのみを車に積み込み出撃

今夜は出ていないのかなと、MK隊長に連絡してみる
この日は出ないとの事だったが、前日に隊長ついにデカアオリ烏賊を釣り上げた!



胴長35㎝



重さは測っていないらしいが、まるまると重量感のあるナイスアオリ烏賊だ

ヒットエギは隊長の好きなダートマックス D35CS ホワイティンクリスタルシルバーでの釣果だったそうです

ロッドの絞り込まれてから、締め込まれたドラグからラインが出され感動したそうです^ ^

釣れないだろうと諦めていた様ですが、釣れると信じ集中してエギを操作した成果ですね^ ^

改めて隊長、おめでとう~



と、こんな話を聞いてしまうと、、、

俄然ヤル気スイッチON

海へ着くと、若干の波っ気があり釣れる雰囲気あり

藻の生えるポイントを、入念にチェックするが、しゃくり続けること1時間何もなし、、

上げ潮が若干効き始めた、ある一投

しゃくり始めからエギを派手に動かしてから、藻を引っ掛けない様に操作する

ロッドを下げながらのダートで誘い、その後は立てに動くようにいっぱつしゃくり上げてからフォール

ラインテンションを張りながら、ゆっくりエギを落とし込んでいくと、カンナに藻が絡む感度がロッドティップに掛かる、、

ん??

ん??

藻を切らそうと、ロッドをパフュっとしゃくり上げる

ん?

取れない、、

そんながっつりかかってはいないはずだと思った瞬間、ジィージィーっとドラグからラインが出されるww

えーー今の烏賊?

なかなかトルクのある引き^ ^



胴長29㎝、雌、1.2k

お恥ずかしながら、このアオリは本当、アタリがわからなかったです、、w

よし!

次なるアオリを求め、夜明けまでしゃくり倒しました、、一緒、急に凄い潮が流れ込んできて、連発も期待したのに

結局ダメでしたww

また次の出会いを求め頑張ります!


自分が釣れたアオリも勿論楽しく嬉しいですが、仲間が釣れたと聞き、とても嬉しいです^ ^
よかった、よかった
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

爆風の中

2016-05-26 00:31:22 | 釣り
昨夜からの風はなかなか手強く、昨夜に至ってはエギが全く沈んでくれず、風裏を探しエギングをしましたが結局釣れずに撤収

満足できず、久しぶりに明るい時間から釣りに出た

昨夜ほど酷くは無いが、風の方向は変わらず、やり辛いw

偏光を掛け、ラインが見えるの、ラインメンディングも正確に行う事が出来、釣りはなんとか出来る状況

しかし、あたりはとりにくいだろうとイメージしながらキャストコースを調整しながらシャクリ始める

そんな、数投目追い風に乗せ遠投したエギを大きく激しいしゃくりで、アピールさせ

軽く藻をかすめる感度を手元に感じ、あまり移動距離を少なくする様に、軽くトントンと素早くショートピッチでエギを動かし数秒あたりを待つのを繰り返す

藻を引っ掛けない様ここれ掛け、尚且つあまりしゃくり上げない事をイメージしながらエギを操作していると

ロッドにグッと重みがかかる!

グイグイと引いてくれるアオリ烏賊だが、引きと同時に浮いてくるw

小さい感じ



胴長28センチ、800グラムのメス

ダートマックス 3.5号、カラーはリアルアジゴールド



お気に入りの、大好きなカラーの一つです^ ^


で、その後

釣れる雰囲気はあるものの、夕マズメのゴールデンタイムは更に風がきつくなり残念ながら撤収ww

しかし、この状況で釣れただけでも満足です^ ^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっときた

2016-05-23 09:24:08 | 釣り
22日、夜

何度か通い、ようやく釣れた!



潮が下げ止まりから上げに変わるタイミング



胴長36センチ

1.8キロ

オス

久しぶりだったので、重量感のある引きを楽しめました^ ^

エギは好きなカラーの一つダートマックス レッドボーダークリスタルレッド 3.5号



アギアギされて痛々しいですw


潮がダラ~っとあまり流れず、立ち位置を変え、藻の壁をキビキビとショートストロークでダートさせ、止めたすぐバイトしてきたナイスなアオリ烏賊

今日は絶対に釣れると何か変な感を信じ、キャストを繰り返して良かったと報われました

やっぱり、この季節のアオリ烏賊は最高です!この瞬間がどうしてもやめられません^ ^

また、次の出会いを楽しみにシャクリたいと思います^ ^

コメント
この記事をはてなブックマークに追加