BARBLESS 課外活動

「断じて頑張りません!
だって、釣りって、自然破壊だから。」
Oh~なんという名言!
言い訳はこれからコレにしよう

スイムテスト

2017-01-23 | Weblog
いよいよ北陸の冬って感じの気候になってきた。

もうすぐ山田2号の高校受験が迫ってきた中、

家中で体調の管理に気を配らねばならない雰囲気になってきた。

というわけで、あまりタフな釣行は控えることに。

今回の休日は特に寒い。釣りはお休み。



でも、新作のルアーができたんで、泳ぎのチェックだけしに行った。

まあまあの出来だった。


これから日中にカサゴでも狙ってみるかな・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年 初釣行

2017-01-16 | Weblog
正月休みの4日の夜明け前の海。

クルマから降りる気力を無くすほどの土砂降り。

そのまましばらくふて寝してから、竿も振らず帰ってきた。


それから10日以上過ぎ、昨夜。

海は大シケ。

なので進路は琵琶湖へ。

寒ブラック2017 1回戦。


深夜12時に琵琶湖到着。

気温は1度。

リールが凍る心配がないのでよかった。

早速 琵琶湖に浸かる。

風強い。

エアコンの吹き出し口で温めたグローブも、1分で冷えて指先痛い。

時々突風、時々アラレ。

約2時間で「ごめんなさい 参りました」してきた。


相変わらず寒ブラックはキビシイ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今年最後の連休

2016-12-19 | Weblog
年内最後の連休の初日は、前回の釣行と同じ行程で。

夜明け前の暗い時間帯に港シーバスやって、朝マズメは砂浜。


午前5時、港。

10投ほどした時、水面をヨタヨタさせてたシーケンシャルミノーにガボッと出るも乗らず。

その後30分ほど何も無い。

スロープの際に移動し数投してやっと乗った。


50cmちょいぐらい。

その後はまったく反応無し。

砂浜へ移動。



日曜なので人多いかな?と思ったけど、遠くに2人見えるぐらいでガラ空きだった。

波もそこそこあるが、キレイな波が立たないからか、サーファーもあまり居ない。

投げては移動を繰り返し、ルアーの引き抵抗が大きい場所を探す。

釣り始めて3本目ぐらいの離岸流にて、


70cmぐらい。

シーバスの口の中に、2mmぐらいのオレンジ色のツブツブがいっぱい。

抱卵したハタハタ食ったんでしょうね。


このシーバスの後、つま先にチクッと何かが刺さる感覚が。

指先を丸めて慎重に歩き、クルマに戻ってウエダーの中を調べると、

3cmほどの半透明のトゲが2本、クツのつま先部を貫いてた。

シーバス取り込む際、引き波で持っていかれないように足でシーバスをブロックした。

その際、背びれの骨が刺さったみたい。

「2匹釣れたし、もういいか~」と帰宅。




今朝、青物でも釣れないかな?とお手軽ポイントへ。

まあ静かなもんでした。

移動~


昨日の帰り、海沿いを走ってたら、地磯のすぐ近くで鳥山が立ってた。

今朝も立ってたりして?と淡い期待を抱いてその磯へ。


ここも静かなもんでした。


おわり。



今年は、26日が最後の休日。

釣りに行けるのでしょうか?

あとは大晦日までお仕事がんばる。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱ釣れると気持ちイイ

2016-12-12 | Weblog


そろそろお魚釣っておかないと、こんなんじゃ年越せない。

今朝は真面目にシーバス狙ってみることに。

暗いうちは港のシーバス狙って、朝マズメはサーフ。



午前3時半起床。


最初の目的地である港に近づくにつれ、濃霧に包まれる。

冷えた空気と暖かい海水、それで湯気が立ってこんな濃い霧になってる。



今回は自作のルアーは封印して、物置からいくつかのルアーを寄せ集めてきた。

港湾部でのトップバッターは、KENクラフトのシーケンシャルミノー。

買ったのは十数年前かな?なつかしい。

適当にポイポイ投げてたら、6投目でグイ~っときた。

スピードは無いけれど、なかなかの重量感。

この時期特有の、太った大きいやつにちがいない。

これはもうゼッタイにバラシたくなかった。

慎重に足もとまで寄せて、タモを差し出す。

が、柄が伸びない!

肩に掛けるためのベルトの取り付け具に網が引っ掛かってる。

こんなこと今まで起きたことないのに、なんなん?・・・

片手じゃ外せそうになかったので、スロープに誘導してズリ上げるか。と思ったとき

ポロッと外れた。頭抱えた。



半分イジケながら次ぎのキャスト。

今度はルアーが足元まで来て、ピックアップする寸前にガバッと出た。

しかし再びポロッといった。

完全に、今日 終わったな。と思った。



でも次ぎのキャストでも食ってきた。

今度は楽々抜き上げられるサイズ。



小さいけど久しぶりにサカナに触れたので、まあまあ満足。

その後は、ピタリと止む。


6時ちょっと前、サーフに移動。

今朝は砂浜が凍っていて、とても歩きやすい。

明るくなり始めた頃、風も弱くなり、

海から湯気がモワモワ出てる。

超巨大露天風呂みたい。

なかなかの絶景だったので「写真でも撮るか」とカメラを取り出すと、バッテリーが終わってた。

釣りに専念する。

1投しては数歩移動を繰り返す。


移動しているうちに、ひときわルアーの引き抵抗が重くなる箇所にあたった。

離岸流かな。

そこをちょっとずらして引くと、ゴツンときた。

まあまあいいサイズ。

この時投げてたルアーは、sasukeの裂波。

フックがサビだらけだったので慎重に。



なんとか浜にズリ上げた途端、ルアーが外れた。

よく見ると、フック1本伸び、1本折れてた。

危なかったぁ。

70cmぐらいのこのシーバスは、今夜の食卓行き。

その後、2~3年前にこのサーフで拾ったK-TENで、50cmぐらいのを一匹追加。

午前7時を過ぎると、波乗りの人達が増えてきたので撤収~

貧果続きの僕にとっては、今朝は充分出来過ぎな釣行だった。

これで年越せる。





サカナ捌くの久しぶり♪(うちのまな板は小さい)

原Dくんにもらったタチウオと一緒に頂きます!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

サカナどこに居るのかわかりません

2016-12-05 | Weblog
今日はシーバス中心に狙おうと、夜明け前に海へ

しかし、どこに行ったのやら、

けっこうあちこち動き回ったものの、アタリひとつありゃしない・・・

明るくなって、青物でも狙おうと竿を振ったら、

ライントラブルでバチンと切れて、自作のルアーが旅に出ていきました。


年内に一匹でいいんで、まともなサカナ釣りたいな~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

whozzyさんと語らう

2016-11-14 | Weblog
今朝、あいもかわらず何も得ぬまま朝マズメが過ぎた。

そのまま惰性で釣りをしていると、どこかで期待を打ち砕かれたwhozzyさん現る。

そこで一緒に竿を振りながら、なんで僕らにはヒラマサ釣れないのか?話し合った。

・一生懸命さが足りない。

・ヒザが痛い。

・週1ではダメ。

・沖磯まで泳がないからアカン。

・釣り運を持っていない。


うなだれてお家に帰りました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大きいミノー投げにいっただけの朝

2016-11-07 | Weblog
今朝も強風とウネリ。

釣りになりません。


大きいフローティングミノー作ったんで、

てきとうな場所で2時間ほど投げて帰ってきました。

ルアーの出来は、思いのほか良かった。


ただ このルアー、22cm 70gなんだけど、今使ってる竿だと思いっきり振れない。

メタルジグだと80gでも気持ちよく振り抜けるんだが、プラグだと負けちゃう。

もっとごっつい竿欲しいなぁ。

全然サカナ掛からんくせに、物欲だけ増してゆく。


魚釣りじゃなくて、”手作りルアーを泳がせに行く”のが趣味になりつつある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

相変わらず無視されてます。

2016-10-24 | Weblog
今朝は北風強し。

越前岬以南は風裏になるかもしれないが、

あえて波が出ているであろう以北に行ってみた。

背に受けないと釣りが困難なぐらいの風速だったので、

ポイントは、追い風になる場所に限られる。

思い当たる場所が、3箇所ほどあった。


第一候補の磯、駐車場に滋賀のS氏が!

ここは彼にがんばってもらって、僕は第2候補へ。


第2候補の磯、駐車場に1台クルマがあったが、釣り人見当たらず。

朝マズメ前に釣り場を確保できた。

薄暗い間は、カマスをモチーフにして作った25cm 100gのシンキングペンシルを投げる。


何の反応もない・・・



すっかり明るくなって、新作のダイビングペンシルを投げる。


ダメだ。使い物にならない・・・ぜんぜん思うようなダイビングペンシルが作れない~


海はいい雰囲気なのだが、

な~んも釣れない。

今年はヒラマサ釣れないで終わる予感がしてきたぞ。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

週末の好天はどこに?

2016-10-17 | Weblog
今朝、夜明け前の海は土砂降りで、

更に、強風が吹き荒れていた。

入ろうと思っていた磯はもろに風を受けるため、しかたなく風裏を探す。

ここならまだマシかな?と思える磯に入り、夜明けを待つ。


薄明るくなったころ、雨は小雨となったが、

海面が見えるようになってきて、海が茶色く濁っていることに気付く。

近くの流れ込みから、ドクドクと泥水が流れ込んでいた。

最近の時合いは早いと聞いていたから、今から移動は絶望的か?

どうしましょ?と悩みながら海を見ると、

左手の方角に、濁り水と澄んだ海水との境界線がはっきり出て潮目が出来てた。

可能性があるとしたら、そこしかないな。とルアーを投げる。

しかし、時間とともに、その潮目は押されて遠退いた。


大雨と強風と、濁りにベタ凪。

いいこと一個もない。

来週がんばる。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ルアー補充

2016-10-03 | Weblog
前々回の釣行でルアーを数個海に沈めてしまったので、急いで2個作った。



で、今朝、こいつを持って海へ。

ポッパーはもう自分の中では理想形に達しているのだが、

ダイビングペンシルがダメだ。

水中で暴れすぎる。

やり直し!


それでも朝5時から9時までみっちり投げ倒した。

まったく何の反応も無し。


家に帰って、さっそく木工作業~



コメント
この記事をはてなブックマークに追加