Over Night

青空だったら、いいのになぁ~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

メバル熱

2018-11-15 00:59:41 | 釣り
先日のつーさん、たかかんさんとのエギングの時に釣れたメバルから、どうもメバル熱があがってしまったw

やっぱりいいぞぉ、メバルの引き(笑

というわけで、先週の新月大潮にシャローにも差してきていると思い出撃したがあたり一つなく完敗ww

そんなにあまくないですね、、

しかし、差し込んでくる場所は早い所や遅れるところもある、過去の経験で何箇所かまわならないことには判らない

昨夜はパターンのかわる場所を数カ所まわり、どーよ球のFを使用するフロートタックルと単体タックルで手探り

先ずは、単体で沖の岩で波が当たりその後ろ側に出来るサラシをピンで探る

ちょっとやらしくウネリで足元に波がのってくるのと風があり探りきれない、、

近くのワンドのサラシを丁寧に探るもあたりは無し


場所移動

ここも沖に磯が並びその裏に広がるシャロー帯、ここはフロートタックルのみで広範囲を探るも、やっぱりあたり無しw

この時点で前回同様やっぱり釣れないのかと半分諦めモードに

ここが最後と入ったシャロー帯

沖の潮の流れ次第では魚が溜まる場所、ここもフロート仕様

潮位は高く、海藻に引っかかりにくいが切れ藻が浮遊しているのと地形的に潮の流れが出来ており風波と潮があたり、リグは重くラインに波があたるとポツンとあたりっぽい感度が手元に来るのと、なかなか強く降ってきた雨のせいであたりなのかなんなのか?とってもわかりにくいと感じながらキャストを繰り返す

そんな中、リグの重さに違和感!

ドフッとした感触からドドドドドーーっと動く魚

締め込んだドラグからラインが出される

なかなか指導権を取れないでいると、惜しくもフックアウト

一発目の魚はバラしたくなかったが仕方ない、、ww

気を取り直しキャスト、引いてくるコースを変えて探るもあたり無し

しばらくすると先程とは違うコッと小さくあたり!

しかし、あわせを入れた瞬間にポーーんとどーよ球が飛んで帰ってきた

ワームも大きくズレ、針をよく見ると伸ばされている、、、

いいところに掛かろうとしたが刺さらずに口から外れたのだろう

この針で伸ばされたことがないのにぃ〜w

針のタイプを替えて、キャストを繰り返す

ワームもアジマスト2インチに差し直す

しばらくすると、またあたる!

今度も重くパワーに負けそうになりながらもなんとか指導権を取りようやくキャッチ!



幅のある太い魚は、後から測ると29センチ越えのナイスメバルだった

釣り上げた時は28位かと思っていましたww


その後、潮の流れに乗せながらリグを馴染ませているとゴッっとあたり、藻に潜られながらもキャッチ

こちらは、小さいなぁと思いながらも26センチだった、よし調子が良くなって来たと思うもこの後何をしてもあたりは出る事は無かった

逃した魚は大きいと言われるが、本当に惜しいことをしたw

次は獲ろう!


でも、また楽しみが増えた
コメント (4)

開通

2018-11-05 22:28:43 | 釣り
先日、久しぶりにつーさん たかかんさんとと3人で集結し、晩秋のアオリ烏賊を狙いに出撃した^ ^

しかし、磯も漁港も人で賑わっている釣り場

なので、沖にポツンと並ぶテトラに乗ろうと試みた

過去に同じポイントでいい思いをした場所、期待ムンムンでオールをコキコキしてオンテトラ

開始早々につーさんが良いサイズをヒットさせ、さぁ今から!と、しゃくり倒すもうんともすんともシリーズ、、、w

仕方ないので、タックルボックスに忍ばせていたメバルプラグをつくようかと悩んでいると、仕事が早いつーさん

メバル釣れるよぉ〜と、メバルを釣り上げていた(笑

ならば、



何本かかけるも抜き上げでフックアウトしてましたが、この子は元気よくあがってきてくれた



烏賊一本で来たたかかんさんにルアーをレンタル、錆び錆びのフックを駆使して釣り上げて出ました(笑



流石はつーさん、28センチアップをサクッと釣っちうところが流石の一言

結局その後、烏賊は釣れずでしたがとっても楽しい釣りが出来ました!

まだ、アオリ烏賊をやりたいのですが、こんなメバルを目の当たりにするとメバル熱もふつふつと湧き上がってきます^ ^

次、頑張ろ


あ、そうだった



305号線、開通しましたね

ゴルフの後に開通時間に通ってきました

これで南エリアにも行ける、いや行きたい

やっぱり納得のいくアオリ烏賊釣っときたいww
コメント

背中痛いけど

2018-10-03 21:50:48 | 釣り
やっぱりエギングは楽しい

しかし簡単に釣れて釣れ続くと言うのはひと昔前の事で、ここ数年の状況から考えると、いくらでも釣れるというのは都市伝説なのかもしれないですね、、(笑


でもって、先ず釣りに行かないと釣れないので

人気漁港の外海テトラでもバタバタは釣れませんが流れのある所やしもりがある場所の周りには比較的に釣れますがいきなりサイズダウンw

そんな時、状況をよく把握し誘いのしゃくりを変えたり、リールドラグの調整を合わせ反応してくる烏賊を釣るのは最高です






ダートマックス、なかなかの風と風波でも良い仕事をしてくれます(笑

また違う日は、漁港波止で正面から強風を受けながら、、







しんどい風でしたが、やっぱり強し!


そして一年ぶりにたかかんさん、お初のGO君と強風に加え豪雨の中、、





しかし、なかなか連発もなく場所を転々と、

この日のミッションは胴長20センチを釣る事と言うたかかんさんw

なので、釣れる場所に連れて行ってと、、(汗

そんなに簡単にはいかんよぉ〜と



あ、、すいません、自分が釣らせて頂きましたw





やっぱダートマックス強し、この日はほぼ3.5号での釣果

10月に入り今からはサイズにこだわる釣りをしていこうと思ってますが、ちょい沖エギングもやってみたいと思ってます

台風や悪天候との戦い、、

時にはティップランに使用する、ダートマックスTRなんかも使ったりしますが、なるべくエギング日和の中いい思いしたいです(笑

その前に体もいたわらないと、、、
コメント

墨、ウロコつけ

2018-09-20 22:48:14 | 釣り
先日、久しぶりにエギングロッドを購入した

経験のない領域の感度を求めて、チタンソリッドのトップを持つロッドを選んでみた

合わせてリールも購入したが、とっても軽いロッドにとっても軽いリールの組み合わせが良いのかと、メバリングの単体リグにセットしていた、イグジストの2004番をセットしてみた

やっぱり、とっても軽い

PEはメバリングで使用している0.4号をそのまま使用してみる

80の短めロッドに小型軽量リールは振り抜きがよくシャクっても鬼ほど軽い

ただ、軽量タックルは風に弱いと感じていたが、穂先のしなやかさと、ラインの細さから風が吹いても全く問題なく使用できている

ただ、怖いのはやっぱり穂先

しゃくった後にラインがガイドに絡みポキンといかないか? しゃくり幅を持たせたスラックジャークでロッドをスイングした時などがとても心配

使い始め、やっぱり違うロッドの方が良かったかなぁと思ったが、今回はやっぱり今までのエギングで感じたことのない軽快さと感度を求めた訳なのでこれで正解だったと思う

それは、高感度のアジングロッドで感じるような微かな潮の流れや向きが、本当によくわかる

次元が違う

烏賊が軽く触ったなという当たりも今までここまでハッキリはわからなかったが、バチっと当たってきたと感じる程の感度がある

ホント、ちょっとした事も困るくらい当たりだと思ってしまうほど、、

そんなタックルで、早速実釣してきたがアオリは渋め、触るがのらないw

でも、何とか渋い中


ダートマックス3号で15cm



2.5号で17cmを一つ釣ってロッドの墨つけ完了


休みの日は、久しぶりに日中の釣り

しかし、風がきつ過ぎ、軽いエギではラインが沈まず、メタルジグを投げて遊んでみる

すると、何かが直ぐに当たって来たがダメ

以前つーさんから頂いた、メタルマルをつけてトゥイッチ&フォールで誘ってみると、直ぐにヒット



カマス(笑

コレはコレで好きなターゲット、一夜干しが好きだ

黙々と釣るw

カマスの雑な追い食いに、いかした穂先がオートマチックに入り込み、コンと食いそびれた様な当たりもヒットにつながる

面白い

このタックルでメバリングもやってみよう

単体もフロートも面白いかもしれない
コメント

2018、秋、開幕

2018-09-12 23:35:43 | 釣り
どうも、ご無沙汰しております。

昨年からゴルフを始め、今年はスコアを意識し、暇があれば練習場に、、

ハマるとどハマりするタチww

ドライバーをブンブンと打ち込んでいたら、右肋に激痛が走り、やもなく病院へいく始末で、この1ヶ月は安静にしておりました

ようやくその肋も息を吸っても痛くなくなり、エギングに出かけてみました

釣りを始めた、仕事でのお客さんにエギングの楽しさを知って頂きたいと、足場のいい漁港周りにお連れし、キャスト練習からレッスン

エギングの一連の流れをみてもらおうと、誘い出しからラインさばきを見てもらっていると、KYヒットww

アオリ烏賊の姿を見てもらい、黙々とキャストを繰り返してもらいますがその後はたまに触る程度でエギを抱かない、、

今日はキャスト練習という事で、解散(笑



そして、今夜

晩ご飯を食べてから、短時間の釣行

自分の中では、シーズン初めからナイスサイズが釣れると思っているポイントへ

7.9fの短めロッドに軽量リールにPE0.4号タックル

2.5号、3号の軽いエギを遠くへキャストし、操作性を重視しタックルをチョイス

まあまあの風が巻いてますが、ラインの細さとタックルの軽さが抜群の感度をもたらしてくれます

そんな一投目、上から釣ろうとエギの着水から5秒で風で流されたラインをシャクリを入れてエギの重さを感じれるギリギリの所でさらに軽めのスラックスジャーク

また、ラインを張りすぎないよう気をつけエギが自然に沈む事を意識していると、唐突にあたり

ドラグがでます。。



思ったよりも大きめのアオリ烏賊

2投目も同じパターンで胴長16センチくらいのぷっくり太ったナイスなサイズ

コースを変えた、3投目は少し小さめゲット

しかし、毎度お馴染みのいきなりピタリとあたりが止まります、、

アオリは居るとイメージし、スイッチを入れるために早めの動きや巻きのアクションで、ついてきてもつらない様に足元まで寄ったエギもアッサリ回収しキャストを繰り返す。コレをしばらく繰り返し、今度は抱いて来る間を取る様に意識して誘い出すと



サクサクとナイスサイズが釣れだした



そして、締めは



今日1の胴長18㎝

釣行時間、小1時間ちょい

こんな時もあるから楽しいですね

胴長15㎝を越えるアオリが7杯に少し小さめが1杯でした^ ^
コメント (6)