時の音色森の旅人~京都のオルゴール作家~

~想いをかたちにするために~
天然木を使った創作オルゴールの世界をあなたに 京都のオルゴール作家です

努力

2017-02-28 10:19:11 | 作品集
みんなが

どうして続けて依頼あるの?って聞くけど

詳しくはわからないけど

それでも

ご一緒したニットの大家、横田先生の話を聞いていて思った。

先生は丸善ギャラリーで活躍されてた方で

今でも画廊等で出展されていて

若い頃からすごい努力されていて

でも、にこやかで

一銭の儲けにもならないと思われても

笑顔と親切な対応される。

分け隔てないし

3年前に私と初めて会ったときに

作家としての私には辛辣で正直で

「私の付録か前座なら来るか?」と聞かれたことがあり

私がきっぱり断って

「私は自分の努力で、呼んで頂けるところに参ります」

偉そうに言った。

先生は笑って

「その言葉がなければ相手にしない」と言われました。

72歳にしてファッショナブルで姿勢のキリッとしたかたですが

膠原病や様々な抱えておられるものもあり

人にはその苦労や努力を見せられない。

最近お会いして作品ご覧になり

「よく頑張ったわね。でも、努力は続けなさい。」

嬉しかった。

東京来たときは寄りなさいと連絡先もらって。(笑)

そんな先生に

進化と、お客様をワクワクしてもらえる変化をいつも心がけなさいと言われてます。(笑)

お金もうけを主眼にすれば必ずダメになる。

作家は夢を売っている、と言われ、納得しています。

時代に流されず信念を貫くことと言われて

私は色んな事を吸収しました。

ありがたかったです。

それでも、やっぱり

私は私の独自の進化を遂げたいです。

先生とはまた違う夢を持ち

私の道を模索します。

頑固者ですねぇ。(笑)

でも、私の作る夢を待っていてくださる皆さんは

それを望んでおられますから。(笑)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ご紹介

2017-02-28 09:52:46 | 作品集
6月に北山のギャラリー翔さんで

北九州小倉の和紙人形やちりめんの作家さんがされることになりました。

国東でのご縁ですが

細かな細工を施されますが、私より女性らしい(笑)作業です。

京都の和紙問屋さんで和紙を仕入れておられます。

文化博物館の一階にある、あの老舗ですね。(笑)

京都のギャラリーは初めてと言うことで

私は少し友情出展として

和の雰囲気のオルゴールを少々置かせてもらいます。

本格的な二人展はやはり

私の場合仙人や神戸のMちゃんのように気心しれた人と、また、オルゴールの良さをわかってくれる人と、しますが(頑固です。笑)

和紙人形は、私もあまりどのようなものか全般を見せて頂いたことがありません。

でも、精緻な作業されてるのは確かです。

何と細やかな作品なのに男性です。(笑)

ま、京都では、お茶もお花も、男性が上位の師匠ですし、不思議ではありませんが。

一応私のお客様にもご案内させて頂きます。

オルゴールコンサートは、9月の私の個展の時にさせて頂きます。

仙人の4月の個展の時と、9月の私の個展の時と

ここではその2回。(笑)

友情出展の作品は、変わったのを出しますから

また遊びにいらしてください。

詳しくはまた5月頃に告知します。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

色んなこと

2017-02-26 08:04:59 | 作品集
母の入院や

まだまだ検査もあると言うこと

ちょっとした不安や

体調不良など

このひとつき

とてもとても辛かったのですが

納期の延期をお願いしたり

ご迷惑かけてるにも関わらず

皆さんからのあたたかなお手紙に涙が出てきたり。

これからも真摯な気持ちでお作りしたいなあと思いました。

先様の立場に立って物事を見ると言うことは大変簡単なようで難しく

そういうことをひとつひとつ学んで行こうと思っています。

去年のざっと3倍のご注文を今年は頂いています。

こんなことは初めてです。

気を引き締めて作らせて頂きたいなと思います。

私を信用して注文くださる皆さんにガッカリさせることのないようにしたいなあと思いました。

新作を作ることも大切で

平行的に皆さんに喜んで頂けるにはどうすればいいかなあと色々考えました。

納期にもよりますが

注文作品をお作りする曜日と

新作を作る曜日を分けようと思い立ちました。(笑)

もちろん工程によっては、

何日も続けなくてはならない作業もありますけれど

そうすればいつも新鮮な気持ちで臨めるなあと思い立ちました。(笑)

とりあえずやってみよう🎵(笑)

いいアイデアはまずはやってみることです。(笑)

ダメなところ出たら修正すればいいし

一人なので気楽に修正できますね。(笑)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

怖い話

2017-02-25 09:17:22 | 作品集
昨日はあるご婦人と話しました。
満州で身重だったその方が引き上げ前にロシアの収容所にお父様と一緒に入れられて、同郷の女性たちが大変な目に連日あい、その方は身重で助かったこと、自分達と仲良くしていた中国の方々が目の前で次々殺されていったこと、井戸に身を投げ自殺した若い女性たち。
凍ったそのご遺体を引き上げて、溶かしながらその前でお粥をすすったこと。
何もかもなくしたその方が子供を抱えて戦後頑張られたこと。
今はマイセンの磁器のアンティーク等を収集されたり、貴重なお軸等も集めておられるそうで。とてもお洒落な上品な方。
「あのね、男の方は戦うことが好きでね。(笑)女のように産みの苦しみを知らないから殺すのかしらね。(笑)一人産んでご覧なさい、って言いたいわねえ。仲よくできればいいけど、みんな自分の考えが一番って思うから無理よ。人間はそういうものなのよ。止められない。(笑)」
淡々と話されて。
「どんなことも体験しなければわからない。喧々諤々、唾を飛ばして話してるけど、あの人たち、怖いことが起こったら盾にはならないわ。(笑)本当の事知らない世代よ。(笑)みんなうちの息子くらいかそれより年下ね。皆さん怖いと一目散に逃げていかれるわよ。(笑)
あのね、母親は相手が百人でも千人でも、子供の為に盾になる。お母さんの気持ちを考えて行動なさいと言いたいわね。小さなお子さん連れの女性たちは子供を守るために必死でしたからね。ご主人を逃がした方もおられるのよ。(笑)死ぬこともせず、その後も何事もなかったように働いたわ。」
「苦しい事を乗り越えると生きる自信になります。経験はあなたを強くする。たくましく生きていきなさい❗」
ケラケラ笑いながら、背筋をピンと張られ、薄化粧の美しいその人は、何と96歳。
杖もつかず、スタスタ歩いていかれました。見た目は80歳くらい。ビックリしました。

すごいなあ。実体験は迫力ありすぎて背筋が寒くなりました。
ちょっと涙出た。怖かった。知らない世界だから。

私は喧嘩も嫌いなのに
その方は振り幅、振り切ってしまったような経験をなさったんだ。(T_T)

そんな時代になりませんように。
怖いから。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

プレゼント

2017-02-24 09:10:16 | 作品集
かわいい女の子の

お雛様の写真届きました。

じょうずです🎵

何だか嬉しくなりました。(笑)
こどもたちの作品は

とてもとても

人を元気にさせますね。(笑)

それと

もうひとつ。

プレゼント届きました。

お雛様のお菓子と

サインボール❗

すごいなあ。

Mさん❗ありがとうございます。

九州の皆さんから

たくさんたくさん元気もらいました。

完全復活はもうすぐです。

徐々に疲労がたまっていたのが楽になってきています。

福岡のみそらくんの顔も見たいし

私はとても欲張りだなあ。(笑)

皆さんありがとうございます♥

大好きです❗

(こういうことを言ったりハグしたりするからヘンテコって言われるのだけど、いいですよね(笑))
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加