gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

鉄パイプ落下男性死亡事故 足場解体の作業員「誤って落とした」

2016-10-17 | 事件・ニュース
東京・六本木で14日、工事現場から落下した鉄パイプが直撃し、77歳の男性が死亡した事故で、作業員が「誤って落とした」と話していることがわかった。

マンションの工事現場で14日、足場の解体作業中に、10階部分から、長さおよそ2メートルの鉄パイプが落下し、歩道を歩いていた飯村一彦さん(77)の頭を貫通し、飯村さんは、搬送先の病院で死亡した。

足場を解体していた作業員は、「誤って、鉄パイプを落とした」と話しているという。

目撃者は「パイプを4~5本持っていて、ちょっと左に動こうとした時に、先が引っかかったか何かで、1番上に載っていたパイプだけ落ちた」と話した。

また、鉄パイプが落下した歩道の上は、落下を防ぐ防護パネルが、一部外されていた。

警視庁は、業務上過失致死の疑いもあるとみて、15日午前から、現場検証を行い、安全対策が適切だったかなどを調べる予定。

死亡した人、お気の毒ですね。
『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小学校教諭逮捕、コンビニで... | トップ | 河川敷切断遺体、ポリ袋から... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。