gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

雪崩事故から1週間 「最後の別れ」

2017-04-06 | 事件・ニュース
栃木・那須町で、登山講習会に参加していた高校生らが雪崩に巻き込まれ、8人が死亡した事故から、1週間が経過した。県内では3日、犠牲となった2人の告別式が営まれた。

高根沢町の斎場では、大田原高校の萩原秀知さん(16)の告別式が執り行われ、同級生たちが最後の別れを悼んだ。

中学校の同級生は、「こんな形で会うとは思わなかった。悲しいです」、「お前の分まで頑張るから、と言いたいです」などと話した。

また栃木市では、生徒たちを引率していた毛塚優甫さん(29)の告別式が行われ、恩師との別れを惜しむ生徒の姿が見られた。

教え子は「とても優しかったので。恩師であって、大好きだったので、すごく残念だと思う」と話した。

一方、3日午後、雪山災害の専門家チームが、事故があった那須岳の周辺で、雪の深さや雪質を調査した。

天狗岩まで行った、災害・復興科学研究所の渡部 俊技官は「落ちたと思われるところは急で、上からは全く見えない状態です。(表面から)30cmから40cmくらいの新しい雪の下に、氷みたいな固い雪があった」と話した。

警察は、こうした調査結果もふまえ、訓練の主催者が、雪崩を事前に予見できたかについて、慎重に調べる方針。

ちゃんと調べてちゃんと対処してほしいですね。
『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レジは妻、夫が客…グルで会計... | トップ | 飛び込んだ男性、電車の窓を... »

コメントを投稿

事件・ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。