田んぼの農家 葛西の最近

青森の米農家、カサイの最近は時々更新。元々「岩木山を考える会更新情報」のスペースを再利用中

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

9月

2011年09月02日 | Weblog
特栽の農薬防除は8月20日に終え、80aの慣行田は26日に追加で防除を行いました。
8月30日には現地確認も終えました。

さて、9月に入り、アゼ草刈りを再開し始めています。
稲刈りは9月20日頃を軸に始めることになりそうです。

同時進行で、石抜機の前に通すライスグレーダーは横型だと場所を取りすぎるため、中古農機で縦型のグレーダーを入手して、掃除・整備を進めています。


農不化不田の今朝の様子。6/2植えのつがるロマン。

それなりに実が入ってきました。ところどころに穂首イモチが見えますが、本田無肥料ですから、まん延することは無いでしょう。
この田んぼ、反収7俵くらいはいってほしいところ。9月末から10月初めの稲刈り予定です。

お隣は、飼料用米のほ場。品種は「べこごのみ」です。こんなに進んでいても、刈るのは10月中旬の予定です。

茎も太く、穂も大きいのに短稈で、とても立派なイネですが、障害耐冷性が弱いとのこと。また、品種の固定もイマイチですね。
今年でやめて、飼料用はほぼ「みなゆたか」で進める予定です。


昨晩は、新しい手動もみすり器TR-130が届きました。籾殻分離型です。
赤米などが混じっている籾を分けてもらい、早速使ってみました。

ケットの手動もみすり器TR-130
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出穂直前の生育調査 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。