加賀の旅人

郷土の凧と歴史の狭間に埋もれた凧の歴史を尋ねる旅人です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第29回内灘町世界の凧の祭典

2017年05月15日 | 各地の凧揚げに参加しました
平成29年5月14日 第29回世界の凧の祭典が内灘海岸で開催されました。
海外勢の参加者はスウェーデン1人、イタリア2人で例年より少ない。
いつものピーターリーンのクジラやトカゲのようなバルーンカイトが空を泳いでいません。
昨夜は15団体約50名の宿泊だったようで、年々参加者の宿泊者が少なくなっているような気がします。

今年の特筆する出来事は、昨年までは会場横の道路の車両通行止めが10時からでしたが、通行止めが完全に確認されなければ凧揚げ開始とならなかったのです。
今年は9時になると凧揚げ開始の放送があり、開始時間を知らなかったので驚きました。
参加者の多くは開会式が終わってから凧揚げ開始と思い準備をしていません。

大会関係者に確認すると、開会式は凧揚げの途中で行うとの事で、会場に凧を運び準備をしました。
曇り空で風は8m/sを超えているようで、肌寒く感じました。
アンカーの土嚢袋に砂を入れ、砂に埋めふくら雀布団凧をセットし、凧に風を入れると風を受け高く舞い上がりました。
空を見ていると凧は段々離れて行くようなので、後ろを見るとアンカーとして砂に埋めた土嚢袋が、引綱を付けたまま凧に引きずられて動いて行きます。
土嚢袋を引きずり元のアンカー場所まで戻り、もう1個の土嚢袋に砂を詰め重りとするとアンカーはやっと落ち着きました。
風の強さには驚かされた凧揚げでした。

(婦くら雀布団凧)
その頃開会式が始まりましたがアンカーの状態が心配だったので、開会式には参加できませんでした。

開会式が終わると、参加者の凧も揚がり始め空には凧が増えて行きました。
各地の大きな凧も順次揚がり始めましたが、バルーンカイトがないせいか、空は今までには無いような空いた状態です。

(凧揚げ状況1)

(凧揚げ状況2)

中学校の凧が会場内に落下しましたが怪我人はいませんでした。ヒヤリとした瞬間です。
凧の設計強度を超えた風でバランスを崩したのでしょか、その後風は少し弱くなったようです。それでも5m/sを超えているようです。

布団凧も安定して揚っているので、強風用の婦くら雀を揚げ、出し物の「傘」で紙撒きをすることにしました。
婦くら雀はウナリの音も心地良く風を受けて飛揚していきます。
傘を開き、色紙を切った紙を挟んで手を離すと、傘は風を受けてどんどん登っていきます。
凧の下のストッパーに当ると傘はすぼまり紙は風に乗り飛散していきました。
風も良かったので何度もやっていたのですが、カメラを持った人達が寄ってきて私たちの法被の絵柄を撮影しています。
傘の昇降は観客席から離れていたせいか余り関心を示す人はいませんでした。

(婦くら雀凧の共演)

昼になったので凧を降納し、食事です。

昼食後、「白山開山1300年」のステッカー凧と金沢扇子凧を揚げました。
どちらも青空の中に凧が良く映えて自己満足で凧揚げを終了しました。

(白山開山1300年ステッカー凧)

(金沢扇子凧)

閉会式が行われ大会は終了しました。
(閉会式)


今回の大会では60組の団体で1800人の凧揚げ参加だそうです。
観客は例年並みの3万6千人(何れも主催者側発表)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第29回内灘町世界の凧の祭典(前夜祭)

2017年05月14日 | 各地の凧揚げに参加しました
平成29年5月13日 第29回内灘町世界の凧の祭典の前夜祭に参加しました。
歓迎レセプションの会場は内灘町文化会館です。
会場には凧友が内灘町のバスで会場に到着するのと同時でした。

(会場入り口の案内看板)

受付を済ませ会場に入ると今までの前夜祭と違いホールの中は宴会場のようなテーブルと椅子が配置されています。
テーブルには番号が付けてあり全部で20個の丸いテーブルが配置されています。

(会場のレイアウト)

私のテーブルには内灘町の町内会の関係者ばかりで凧友は誰もいません。
依然内灘町に居住していたので、町会の名前も知っていましたが参加者の方と凧の会話も空回りでなぜか虚しい感じでした。
猿払から参加の凧友との再開を楽しみにして前夜祭に参加したのにさっぱり会話もできなく、また各地から参加した凧友との会話もままならず、今回の前夜祭の参加は今までで最悪でした

(茂出木会長の挨拶)

(会場の様子)

(鏡割り)

周りに凧友がいれば椅子に座ってゆっくり凧談義もできるのでこのような配置も良いとは思うのですが、町内会の関係者を各テーブルにバラバラに配置し凧関係者と会話をできる配置をした方が凧の交流が出来るのにと思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成29年 昔作った凧のリメイク(2)

2017年04月16日 | 凧の制作
平成29年4月16日 今日は気温も20℃を超え暖かさより熱く感じるくらいです。
風は南西で6mm/sを超えるくらいで凧を試し揚げするには少し強い風でしたが、明日からは天候も下り坂との予報が出ていましたので凧を積んで出かけました。

昨日緋鯉の凧の下に真鯉を2匹と吹流しを取付た鯉凧の飛揚にトライしたのですが、風が落ち着かず風が弱くなり断念しました。

(子鯉の下に孫鯉)

買い物を済ませ、手取川の河川敷に場所を変えてはトライしました。風は6m/sを超えているようでしたが凧は風を受けて揚がっていきます。
揚げた感じでは緋鯉の尻尾部分で細くなり子供の鯉がしぼんだままで鯉の形にはなりませんでした。

(飛揚する緋鯉凧)

家から用意してきた平竹を緋鯉の尻尾部分に取付て揚げると子どもの鯉が開き、孫鯉が風を孕んで緋鯉の凧全体が大空に泳ぎ出しました。
今回の改良点を見直し、孫鯉が絡まないようにすればこの凧は強風でも十分飛揚できる凧になると思いました。

(飛揚する緋鯉凧)

昔、小関さんが作られていた凧の凧を私も2個作りました。
1個リップストップナイロンで作り、もう一つは赤い風呂敷があったのでそれを利用して作ったのですが、出来栄えが良くなかったのかあまり揚げた記憶がありません。
今回リメイクの対象とするため揚げてみました。
風は6m/sを超えていましたが風を受けて揚がっていきました。
下から見ると幾つか見栄えの悪い個所がありましたので、改良しようと思っています。

(凧の凧)

(凧の凧)
このように昔作った凧ですがこのまま処分しようと出してみたのですが、手を加えると凧も蘇るようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成29年 昔作った凧のリメイク(1)

2017年04月15日 | 凧の制作
平成29年4月15日 先日凧の材料を整理していると昔製作した凧がいくつか出てきました。
作ってから20数年近くたっている物もあり、何時揚げたのか忘れていたものも出てきました。
これらの物は当時多くの凧友が競って揚げていたので、凧友に教えを乞い製作したものもありました。

昔は一生懸命作り揚げていたのですが、ある時先輩の方から「お前は自分で再現したふくら雀の凧があるのでなぜその凧を揚げない」と言われました。
それ以降は自分の凧だけを揚げることに専念したことで、各地の凧揚げに参加するとふくら雀凧を見つけた凧友から声を掛けて頂けるようになりました。
ふくら雀凧が多くの方から認知して頂くきっかけとなった出会いでした。
あの時声を掛けていただいた故人となられた先輩に今では感謝しています。


昔製作した凧が沢山あり、上手く揚がった凧や揚がりがいまいちの凧もあります。
その中で、端午の節句に掲げていた鯉のぼりがあり、孫も大きくなり使わなくなったので解体して凧に仕上げたものですが何十年ぶりで海岸で揚げてみました。
真鯉の凧は強風でもしっかり揚がりましたが、揚がっている形がなぜか気になりました。
緋鯉の凧の下に子供を付けてあるのですが、強風では尾の長さが足らないようです。
今回はこの鯉凧の骨組みを変えてリメイクしてみました。


(真鯉凧の表面)

(真鯉凧の裏面)

(緋鯉凧の表面)

(緋鯉凧の裏面)
今後どのようにリメイクするか考え中!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成29年の花見

2017年04月14日 | 日々雑感
平成29年4月14日 今年の桜開花は4月4日でしたが、その後暖かい日が続いたのでと2日後には満開となりました。

8日には能美市の能美線の廃線に伴い道路脇には桜が植えられ桜並木となっている場所に行ってきました

(能美市の桜並木)

今日は内灘町の河北潟の湖岸道路脇の桜並木で観桜と洒落込みました。
桜並木のトンネルを車が通り過ぎると桜の花びらが風と共に舞い散ります。
昨日は気温が低く9℃位でしたが、今日は午前中に16℃位になっています。




今日はフエーン現象で気温が上昇し20℃を超えるようで、桜も気温が高くなると散り急ぎとなりそうで可愛そうな気もします。
桜の中にはもう葉桜になりつつあるものもありました。


この道路は内灘町と津幡町を結ぶ干拓地の道路です。
桜並木と青空の中に内灘大橋の「サンセットブリッジ」が見え、一服の画のようでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加