ヤンディーズ

現在闘病中で「病んでいる」ボーカル&ギタリスト、「太郎」の独り言

SAITOギター

2017年07月29日 | 音楽
もう遅いネタですが「斉藤さんだぞ!」ギターです。
某サイトで話題となり感想を聞いていてから気になってしかたなかったモノです。
新宿のロックイン通る度に試したいけど弾けるタイミングが無く
一人でうろついていた時やっと試演出来る機会がやってきました。

見た目はヘッドがチト・・・なんですが
コレがすこぶる良かった!
埼玉の川口の工房で月産10本位らしいのですが
ストラトシェイプでSSHが多く、SSSだったりテレキャスシェイプだったり
7弦やヘッドレス、フレットが斜め打ちとかありました。
アルダー、アッシュ材、この二つがメイン材のようです。
(フェンダーの基本ベースですね)
担当の店員さんが直接オーダーして2Pの木目も左右対比し違う木目の方が
良いとかなんとか。

アッシュボディー・メイプル指板、アルダーボディー・ローズ指板の2本を弾かせて貰いました。

まずアッシュから。
ネックの握りがゴツい。しかし指の短い私が弾いていて心地良い。
普段浮かばないリックがどんどん出てきて、「イケてるじゃん!」と
勝手に(爆)思ってしまうギターでした。
個人的にアッシュってローも強いけどハイのエッジが荒いので
モノによっては扱いづらいなぁと思うギターもあるのですが
コレはあまりアッシュ感を感じず、何となくエアー感がある。
クリーンがまず素晴らしい。そこに歪みやクランチにしても
グッドトーンで弾いていて気持ちいい。
コチラは幾分パワーのあるPUそうでした。
とにかく塗装工程を極力省きシンプルにする事で
良く鳴らすという意向のようです。

コレはサンプルですが説明動画。


新しいギターを買いました!その名は「 SAITO 」めちゃくちゃ良い音です!


次はアルダーの方。
ヘッド以外はマットと塗装が施されております。
コチラはネックが少し細い。ルーターで削った時、刃のコンディションで
少し個体差が出るそうです。
PUも少しローパワーで歪みのゲインが高めだとヒスノイズが出ます。
コレはスタジオ系の人に向いていそう。
でもキレイなクリーンが出るしアルダーの材との相性も良く
こちらでもフレーズが生まれる。

本心で欲しいなぁ!と思いました。かなり、かなり気になります。

アームはこの時は付いていませんが、アーミングの際の精度も自信が有るとの事。
横山健が使っているような薄いけど綺麗なカメレオングリーンのギターもありました。
ストラトシェイプは勿論ネック指板はローズ、メイプルの組み合わせヴァリエーションはあると。
メイプルはローストしているのかしら?

しかし店員のお兄さん、ディマジオPUもかなり知識があり
相談に乗ってくれたり、私のギターへの配線材やポットのお薦め、
木材のフェチ?相当ギターが好きなお兄さんでした。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ディマジオPU各種類とアイバ... | トップ | PEAVY 6505HM ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (japametal500s)
2017-07-29 09:54:38
カッティングの感じがいいですな。弾いてる方のビブラートの感じがいいなと思います(そっちかよ)。
japametal500sさん (太郎)
2017-07-29 18:50:38
そうなんです、カッティングの音も良いんです。
ストロークが上手い人だとより上手く響かせますね。
このゲイン下げた歪みでのビブラート、いいですね(そっちかw)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む