SUBARUのラトビア便り。

神戸にあるラトビア雑貨専門店SUBARUの店主がラトビア共和国やお店のことを綴っています。



*実店舗1月の営業日*
8(日),9(月祝),13(金),14(土),21(土),22(日),28(土),29(日),31(火)
営業時間:11:00~18:00
住所:神戸市中央区海岸通1-2-14 中村ビル2F (Google map。ヤクルトさんの2階です。)

*お知らせ*
◇2016.03.15 『持ち帰りたいラトビア:SUBARUとめぐる雑貨と暮らしの旅』誠文堂新光社より出版しました。→
◇2016.11.03 ラトビア音楽アンサンブル「ウズマニーブ」のFBページ完成!→
◇2016.11.10-2017.01.15 バルト三国とあたたかい冬@梅田蔦屋書店 →
◇2017.06.02発 森の民芸市ツアーbyフィンツアーをプロデュースしてます。→ 6日間7日間
 

Instagramより商品紹介(2016.11-12)

2017年01月14日 | 商品紹介
年が明けて棚卸し作業に四苦八苦してるうちにもう1月14日・・・。
遅くなりましたが、昨年11月―12月にInstagramにアップした写真を使った商品のご紹介です。
売り切れのものもありますが、SUBARUで取り扱っているアイテムの雰囲気をお伝えできればと思っています。
一部商品はオンラインショップでもお買い上げいただけますのでよろしくお願いいたしますm(__)m

ラトビア文様入り手織りのクッションカバーと編みぐるみ。


へリボーン柄のテーブルセンター、ヴァイダヴァ陶器のプレートとクルミ製のバターナイフ。


バスケットとミトンと手編みキット。


冬のデコレーションにぴったりのミニツリー、オーナメント、コースター。


ラトビア西部の港町リエパーヤに住むアントラさんから届いた美しい手仕事、木とバスケットの入れ物。


バスケットとラトビア文様、ミトンのカード類。


日本初上陸のラトビア文様木製コースター達。


クリスマスアイテムの木製模型のツリー&結晶とソリ、手編みミトン。


アントラさんの鍋敷き、琥珀付き。


二重編みのミトンたち。ぬくぬく!


手織りのテーブルセンター、ラトビア文様入りオーク製カッティングボード、結晶のオーナメント。


子供用ネズミのミトン。


柳編みのオーナメントたち。


手編みのテーブルセンターとラトビア文様のコースター。


手編みのテーブルセンターと木製オーナメント。


ラトビア文様のブローチ。羊毛フェルト+ビーズ製。


リネン・コットンの織物と民族衣装の人形あれこれ。


日本初上陸の銅製アクセサリー。
ラトビアのおじいちゃん職人さんが全てのパーツを手作りして制作しています。


SUBARU定番商品の織物の拡大写真。美しい!


バスケットは常時多数取り揃えています。


ラトビア文様のステンドグラスとオーナメント。


手織りのテーブルセンター、Talsiのおばあちゃん達による手袋、アントラさんの木とバスケットの入れ物。


手編みの靴下。


クリスマスアイテムの木製模型のツリー、オーナメント、リネンの織物。


リネン・コットンの織物とミトンの拡大写真。


オーク製サウナバケツ、ビンテージのドイリー、民族衣装の編みぐるみペア。



ミトンや手編みキット、文様コースター、木製オーナメント等は
1月17日まで梅田蔦屋書店で開催中のバルト三国とあたたかい冬でもお買い上げいただけます♪


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年のご挨拶

2017年01月05日 | お知らせ


Laimigu Jauno 2017.gadu !
謹んで新年のお慶びを申し上げます。

本日より事務所業務を再開しました。
自宅近くのお寺で年越しをし、海岸から日の出を見てスタートした2017年、
何だか清々しい気持ちでいっぱいです。
自分への戒めの為にこのブログに毎年綴っているのですが・・・、今年の目標は3つ!

1つ目は毎日をきちんと暮らすこと。
一昨年から本格的に始まった書籍のプロジェクトは昨年の春まで時間を要しました。
出版後は本をきっかけに多くのイベントのお話しを頂戴しました。
本当に有り難いお仕事ばかりでしたが、一方で2年間ほど毎日の暮らしがいい加減になっていました。
今年は仕事面も家庭面も一歩一歩をしっかりと踏みしめるような過ごし方をしたいです。

2つ目はラトビア語の勉強を頑張ること。
最近胸に秘めている大きな夢に向かって不可欠なラトビア語。
もちろん仕事上や友人との交流上でも大切なので、本気で取り組んでみようと思います。

3つ目はクアクレ(ラトビアの伝統楽器)の練習を頑張ること。
昨年はラトビア音楽ユニット・ウズマニーブで色々演奏する機会がありました。
「雑貨屋さんなのになぜそんなに音楽を?」とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、
ラトビアの伝統や文化を出来るだけ理解してお伝えしようとするには、
ラトビアに無数に伝わる民謡は欠かせないものと思っています。
民謡には自然や日々の生活、冠婚葬祭、年中行事、全ての要素が詰まっています。
そして民謡とともに奏でられ、時に重要な役割を果たしてきたクアクレもまた欠かせない要素だと思うのです。
・・・という思いもありながら、実は純粋にクアクレが大好きで演奏が楽しくてたまりません(^^)
音楽を始めてからSUBARUとしても活動の範囲が広がり、交流の幅が広がりました。
今年は昨年レコーディングしたウズマニーブのCDを完成させ、更にライブを行いたいなぁと思っています!

ということで、だらだらと自分語りをしてしまいましたが、
2017年も様々な形でラトビアのことをお伝えしていきたいと思っています。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

------------------------------

尚、1月の実店舗の営業日は、
8(日),9(月祝),13(金),14(土),21(土),22(日),28(土),29(日),31(火)
です。営業時間はいずれも11:00~18:00です。
地図はコチラ。ヤクルトさんの2Fです。

梅田蔦屋書店では1月15日(日)まで引き続きバルト三国とあたたかい冬フェアを開催しています。

今年も森の民芸市ツアーbyフィンツアーをプロデュースしてます→ 6日間7日間
私自身は諸事情により同行できないのですが、ご予約お待ちしております!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご挨拶と1月の予定

2016年12月29日 | お知らせ
本日で年内の業務を終了いたしました。
今年も一年、様々な形でご愛顧いただきありがとうございました。
今年は出版という大きな仕事が実を結んだ特別な年となりました。
色々と新しいご縁が広がった楽しい1年でした!!

昨年から続いていたものを含め今年の目標は3つありました。
1つ目は書籍を出版すること、2つ目はラトビアの手仕事に触れるツアーを行うこと、
3つ目はラトビア音楽ユニット・ウズマニーブのCDを作ること。
1つ目、2つ目は関係者の皆様やお力添えいただいた皆様のおかげで実現することができました。
本当に本当に感謝しています。
3つ目は、レコーディングは終わったので、完成に向けて頑張りたいと思っています。

・・・ということで、本日より1月4日まで事務所作業を含む全ての業務をお休みさせていただきます。

1月の実店舗の営業日は、
8(日),9(月祝),13(金),14(土),21(土),22(日),28(土),29(日),31(火)
の予定です。営業時間はいずれも11:00~18:00です。
地図はコチラ。ヤクルトさんの2Fです。

事務所作業は1月5日より再開いたします。
梅田蔦屋書店では1月15日(日)まで引き続きバルト三国とあたたかい冬フェアを開催しています。

それでは2017年もどうぞよろしくお願いいたします!
良いお年をお迎えください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラトビア日和(コンサートとワークショップ)等レポート

2016年12月16日 | イベント情報
先日までクアクレ奏者ライマ・ヤンソーネ、DJ Monsta、UnaUllaが来日ツアーを行っていました。
関西滞在に併せてラトビア日和コンサートとワークショップを開催しましたので、その様子を含め色々とレポートします。

まずは12月7日に行ったコンサートの様子から。
今回はウズマニーブのメンバーUnaUllaが来日していたので、1年ぶりのフル編成でのライブが出来ました!
めっちゃくちゃ楽しかったです!!
演奏動画はコチラでご覧いただけます。


二部はラトビアトップDJであるDJ Monstaのパフォーマンスです。
彼はただの(?)DJでは無く、オーケストラと一緒に音を作ったり、合唱や民謡も得意としているアーティストです。
この日は映像と併せて、ラトビア音楽の世界を色んな角度から教えてくれました。
本当に素敵でした!!!


最後にウズマニーブ+DJ Monstaで一曲。
この曲の譜面はコンサート開始の3時間前くらいに渡されました。
私、即興とか出来るんかな?と不安でしたが、とても楽しくみんなと演奏することが出来ました。


記念にパシャリ。本当に楽しい一日でした。
お陰様で大好評のお声を頂戴し・・・、お越しいただいた皆様、ありがとうございました。


さて、この日お配りしたサプライズプレゼントはUnaUllaがラトビアから持ってきてくれたチョコレートと豆料理です。


豆料理の方はズィルニというもので、ラトビアでは冬至に食べる伝統的な料理です。
一粒一粒が涙を表していて、食べきると翌年に悲しいことを持ち越さないと言われています。
(今回は茹でてお出ししましたが、ベーコンやニンニクと炒めたりもします。)



続いて、12月11日に行ったワークショップの様子です。
講師はラトビアの伝統楽器クアクレの名手として名高いライマ・ヤンソーネ。
クアクレ、カンテレ(フィンランドに伝わる兄弟楽器)、ギター、ハンマーダルシマーなど
皆さんそれぞれの楽器を持参して参加していただきました。
クアクレをお持ちの方が多くて嬉しい驚きでした!


クアクレの説明や弾き方、ウォームアップ法のレクチャーの後、有名な民謡Mugurdancisを練習し皆さんで合奏しました。
コードが3つも出てくるのに、ちゃんとした音楽になっていて感動しました!
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。



御一行は我が家で4泊滞在していたのですが、本当に楽しい毎日でした。
食事に行ったり、海辺を散歩したり、お酒を飲んだり、スーパーで買い物したり・・・。

お泊り特権で、ライマさんにプライベートレッスンをしてもらいました。
私はラトビアではラトヴィーテさん(こちらも名手の先生)に教えてもらっているのですが、
ラトヴィーテさんからは民謡の心やクアクレの基本を、
そして今回ライマさんからは演奏の楽しみ方や楽器としての可能性を教えてもらいました。
クアクレ奏者の一人として新しい扉が開いた気がします!!頑張るぞーーー!!
上がライマさんのクアクレ、下が私のクアクレ。


こちらはライマさんのエレキ・クアクレ。



ラップランド、ヨイクの歌姫マリア・モッテンソンさんとのジョイントコンサートにも行ってきました。


「大地のクリスマス」という名にふさわしいクリスマスプレゼントのような素晴らしいコンサートでした。
(演奏後の一コマをDJ Monstaよりいただきました。)


帰りの車ではコンサート会場の彦根から神戸までの3時間、えんえんとラトビアの民謡を合唱し続け、
さながらラトビアにいるようなひとときでした。
ルミナリエも見に行きました。ここでも並びながら合唱を♪
ライマさん曰く、ラトビアのお祭り「歌と踊りの祭典」のパレードのようだねと。





最終日はお寿司にしたのですが、ライマさんとMonstaが見事な巻き寿司を作ってくれました!
(ラトビア人はお寿司が大好きです。)


こうして御一行との濃密で楽しい時間が過ぎていきました。
ラトビアの空気を運んできてくれたおかげで、日本にいながらにしてラトビア時間を大満喫できました。
リムジンバス乗り場で見送った後の寂しさったら・・・(/_;)
ラトビアがとてもとても恋しくなってしまいました。
また来てね。


・・・と最後に宣伝です。
クアクレのプライベートレッスンを開催しています。レッスン時のみ楽器をお貸ししています。
11弦か12弦のカンテレ等をお持ちの方は調律を変えることで対応可能です。
ラトビア民謡に興味のある方はお気軽にお問い合わせください♪


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旧通貨1ラッツコインのこと

2016年12月11日 | ラトビア情報


ユーロ通貨を導入して2年以上経つラトビアですが、以前はラッツという独自通貨でした。
毎年新しい1ラッツコインが発行される際には限定デザイン(キノコやコウノトリ等の可愛いデザインばかり!)
も発行されていて、多くの人が集めていました。もちろん私も。

もう追加で発行されることも、普通に手に入れることもできなくなったコインですが、この度コレクションが2枚増えました。
それは今、来日しているDJ Monstaからの贈りもの。
昨年来日していた時に私がコインを集めていることを知ったMonstaは、
ラトビアに帰ったら私がまだ持ってないコインがあるかもしれないから送るね〜と言ってくれました。
忘れてしまうような口約束です。
それから一年以上経って再会し、真っ先にプレゼントしてくれたのが2枚のコインでした。
コレクションボードを確かめると、それはまだ持っていない2枚のコイン!
昨年私のコレクションボードの写真を撮って帰り、私が持っていないコインを見つけて
来日公演の準備の大荷物にも関わらず忘れずに持って来てくれたのです。

言葉に出来ない感動とともに、この律儀さこそがラトビア人だなぁと胸が熱くなりました。


ちなみにその旧1ラッツコインの限定デザイン一覧は→ラトビア銀行
うやうやしい記念硬貨でなく、限定デザインっていうのがポイントです♪
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ラトビア展@Sa-Rahさん/愛媛県大洲市の様子

2016年12月09日 | イベント情報
12月7日に始まったSa-Rahさんでのラトビア展の様子が届きました。

とっても素敵な空間!!


巣巣さん、cotenさん、SUBARUの3人の店主が集めた手仕事をあれこれ並べていただいています。










巣巣さんとSUBARUの著書も♡


12月18日(日)にはワークショップ&ミニコンサートもあります。
・ラトビア文様のワンポイント刺繍
・毛糸のオーナメント作り
・クアクレのミニコンサート
の3本立て!
15:00開始、参加費1,500円。
ご予約はSa-Rahさんまでお願いします。
info[at]sa-rah.net

Sa-Rahさんの空間にお邪魔できること、愛媛の皆様にお会いできることを楽しみにしています。
http://sa-rah.net/2016latvian.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毎日新聞(神戸版)に掲載していただきました。

2016年12月06日 | メディア情報


今日12月6日の毎日新聞・朝刊の神戸版に店主に関する記事を掲載していただきました。
偶然ですが毎日新聞に掲載していただくのは3度目。
前身のSUBARU開店時、ラトビアへ移った際、そしてこの度の記事となりました。ありがたいなぁ。
取材当日は著書を手に、記者の方に丁寧に取材をしていただきました。

お手元に新聞をお持ちの方がいらっしゃいましたらチラリと御一読下さい。

下段にあるラトビア日和コンサート(12月7日)とワークショップ(12月11日)については、
先日神戸経済新聞にも掲載していただきました。
コチラも併せてご覧ください♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イベントのお知らせ:ラトビア展@Sa-Rah/愛媛県大洲市

2016年12月05日 | イベント情報


お世話になっている巣巣さんとcotenさんにお声をかけていただき、
初めまして!となる愛媛県大洲市にあるSa-Rahさんでのラトビア展に参加させていただくことになりました!
3店の店主がそれぞれの視線で選んだラトビアの手仕事たち。
ご自身へ、大切などなたかへの贈り物にお選びください。
SUBARUからはミトン、バスケット、織物、木製品、アクセサリー、オーナメントなどをあれこれお送りしています。
期間中店主たちによるワークショップとクアクレのミニコンサートも行います。
愛媛の皆様にお会いできるのを楽しみにしています(^^)

=========================

日本ではまだ馴染みの薄いラトビア。
北欧とロシアの間にある、バルト三国のひとつです。
ラトビアの人たちは昔から自然に寄り添って暮らして着ました。
自然の神様を大切にして、こころ豊かに暮らす人々。
そんなラトビアに魅せられて通い続ける3人の店主が選んだラトビアの雑貨を紹介しつつ、ラトビアの手仕事の魅力を伝えます。

会場:Sa-Rah 愛媛県大洲市五郎甲2680
会期:12月7日(水)~25(日)
出店:巣巣cotenSUBARU

◆12月18日(日)ワークショップ&ミニコンサート

・ラトビア文様のワンポイント刺繍
・毛糸のオーナメント作り
・クアクレのミニコンサート
上記3本立てで15:00より行います。参加費1,500円。
ご予約はSa-Rahさんまでお願いします。
info[at]sa-rah.net
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅田蔦屋書店でのブックフェア、始まってます!

2016年12月02日 | イベント情報
梅田蔦屋書店でのイベント「バルト三国とあたたかい冬」、始まってます!

著書「持ち帰りたいラトビア」はもちろん、バルト三国関連本が色々と並んでいます。
私がコーディネーターとして携わった本もあれこれ並んでいるので感無量!
ラトビア雑貨からはオーナメントやこぶりな木製品、紙モノをお納めしています。


ラトビアの冬と言えば編み物!
完成品のミトンはもちろんですが、ミトンの手編みキットを
書籍「ラトビアの手編みミトン」「ラトビアの手編み靴下」と共に並べていますので
編み物上級者の方は是非トライしてみてください!


クリスマスを彩るデコレーションアイテムも。


じゃじゃーん、私の本が正面に!!


梅田蔦屋書店はとっても素敵な空間ですので、是非足をお運びください!
12月3日(土)にライブ、12月17日(土)にオーナメント作りのワークショップを予定していますのでご参加お待ちしております♪

日時:2016年11月10日(木)-2017年1月15日(日) (※会期が延長となりました。)
会場:梅田蔦屋書店

◆12月3日(土)ラトビア音楽アンサンブル・ウズマニーブのミニライブの詳細はコチラ

16時~、18時~各30分間ずつ
ライブチャージは無料ですが、有料エリアでの開催となります。

◆12月17日(土)ラトビアのクリスマスオーナメント作り・ワークショップの詳細はコチラ

11:00~12:30(開場 10:30)
3,240円(税込) ※講習費・材料費込み、コーヒー・お菓子付き
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラトビア日和 コンサートとワークショップ

2016年12月01日 | イベント情報
今年もラトビアを代表するクアクレ奏者のライマ・ヤンソーネとDJモンスタが来日しています!!
全国ツアーの真っ最中ですが、神戸では私の所属するラトビア音楽ユニット・ウズマニーブ&DJモンスタによるコンサートと
ライマ・ヤンソーネによるワークショップを2日に分けて開催することとなりました。
最近のウズマニーブは3人編成でしたが、今回はライマさん達と来日中のウナ・ウラを含むフルメンバーでお届けします!
かなり貴重な機会かと思いますので、是非ともお越しくださいませ。
あ~、本当に楽しみ♡

ライマ&DJモンスタの下記以外の公演情報はハーモニーフィールズさんのHPでチェックしてみてください。
沖縄、茨城、滋賀でコンサートが開催されます。


12月7日 ラトビア日和 コンサート ~ラトビアの伝統音楽に触れる~

バルト三国真ん中の国、ラトビア共和国にはいつも音楽が溢れています。
国土を覆う美しい自然と伝統文化の中で培われてきた音楽をお楽しみください。
今回ウズマニーブは帰国中のUnaUllaを含むフルメンバーで演奏します。
スペシャル・ゲストにラトビア人のトップDJであるDJMonstaを迎え、
ラトビア民謡や合唱などこの日限りのプレイをお楽しみいただけます。
ラトビア人アーティストが二人参加するという滅多にない機会です。
是非その音楽に触れてみてください。

日時:2016年12月7日(水) 19:00OPEN/19:30START
料金:2,000円+1ドリンクオーダー
会場:space eauuu 神戸市中央区元町通2-6-10 ミナト元町ビル3F   
ご予約・お問合せ:バルティックフェスタ事務局(SUBARU内)
        078-331-1884/subaru_zakka[at]ybb.ne.jp

DJ Monsta/DJモンスタ
ラトビアで最も経験を積んだDJ。
エレクトロミュージシャン、スクラッチDJ、ターンテーブリスト、プロデューサーも勤める。
近年はラトビアの伝統楽器、合唱、自然の音なども取り入れている。
2016年 世界DMCオンライン選手権(world DMC Online Championships)11位
2014年 ラトビア“Red Bull Thre3Style”選手権チャンピオン

UZMANIBU/ウズマニーブ
2014年結成。ラトビア共和国に伝わる伝統音楽を演奏するアンサンブル。
ラトビア人の日々の暮らしの中で生まれ、伝わってきた素朴で心に沁みる旋律を奏でている。
溝口明子(クアクレ)、秦進一(ヴァイオリン)、Aki(パーカッション)、Una Ulla(ボーカル)


12月11日 ラトビア日和 ワークショップ ~ラトビアの伝統音楽を奏でる~

バルト三国真ん中の国に暮らすラトビア人は通称「歌と踊りの民」と呼ばれ、無数の民謡が今も歌い継がれています。
この度、ラトビアの伝統楽器クアクレの奏者として名高いアーティストであるライマ・ヤンソーネを講師に迎え、
ラトビアの伝統音楽のワークショップを開催することとなりました。
当日はクアクレ、類似楽器のカンテレや他のお持ちの楽器を持参してご参加ください。
皆さんでラトビアの伝統音楽を奏でましょう!

※日本語通訳、サポートがありますので安心しててご参加ください。
※部屋の定員がございますので必ずご予約願います。

日時:2016年12月11日(日) (14:00受付開始)14:15~15:45
料金:1,500円
会場:100BANスタジオ 神戸市中央区江戸町100 高砂ビル 503号室
ご予約・お問合せ:バルティックフェスタ事務局(SUBARU内)
        078-331-1884/subaru_zakka[at]ybb.ne.jp

Laima Jansone/ライマ ヤンソーネ
ラトビア音楽アカデミーを卒業後、フィンランドのノルトラッドアルク09のマスタークラスにて
フィンランドの伝統楽器カンテレについて知識を深め、パウリーナ・シルヤーラーから即興演奏を学ぶ。
以降、国内外で精力的に講演を公演を行い、現在はクアクレ演奏における正真正銘の名手として、近年その地位を確立している。
彼女の演奏スタイルは即興性を重視しており、瞑想と衝動、古代と現代の音楽が相互に作用している。
二度と再現出来ない刹那の衝動を感じ取って演奏しているのである。
彼女の手にかかればこの伝統的な楽器クアクレは一変する。
静寂の期待感から爆発を彷彿とする音まで、ユニークで活力あるサウンドスケープを引き出すのである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加