Okoshiロード練習日記

〜 挑戦あるのみ!〜

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第4回全日本実業団サイクルロードレース in 加東

2010年09月05日 | レース
TR DNF
(チームポイント 15/個人ポイント 1)

自宅外にしては珍しくよく眠れた。計6時間ほど。
いつまでもベッドでダラダラぬくぬく、ギリギリまで粘って9時からの遅い朝食。
朝バイキングで炭水化物をたっぷり。ちょっと食べすぎたくらい。

11:00チェックアウト、自走で会場へ。
暑い。。38度くらいありそう。
準備を終えて、日陰の多い登り区間で軽くアップ計40分ほど。

14:45TRスタート。(7.8km×12周=93.6km/エントリー114名)
スタート直後からお決まり的に速いものの、今日は全く問題なし。
ただ3周目入口で補給を取りにいったのは失敗。
ひどいゴチャ付きようで結局取れずに、その後追いつくのに脚を削っただけ。
3周目でしっかりと逃げが決まってメイン集団は完全に落ち着く。
5周目まで余裕ありあり、いける感触ありあり。
・・・が、突然上りで腿が少しピクつき、こんな早い段階でしかも急にきた事に驚き、メチャクチャ焦る。
「攣ったらヤバい」と弱気になると、自然とズルズル集団内の位置が下がってしまう。
6周目入り、気付けばメイン集団最後尾。そして悪い事にこのタイミングで上りでペースアップが。

あっけなく千切れる・・・

一旦集団から千切れると、タイムを失うのはおそろしく早い。
単独で頑張るも、7周回終了地点で赤旗振られ終了。

暑さは皆同じ条件。
とにかく気持ちが弱すぎ、呆れるほど粘れなかった。
脚攣りに怯え、しかも結局攣らないまま終えてしまったし。
コース的に、ここ加東でこの結果では救いようがないように思えてくる。
自分の弱さを客観視できていたつもりが、全く認識があまかったかも。
「今期は初TRなので、ダメでも経験を積んでいこう」なんていう考え自体もそもそも甘すぎなのか。
どんどんチギレ癖がつき、こんなんではTRのロード完走の目標は果てしなく遠い。
どうすべきか・・・?

ただ個人はダメでも、チームに救われる。3人完走15ポイントゲットで、チーム的には文句なしの結果。
これでチームの来期TR残留はほぼ決まり。
また挑戦できるなら何とか走りで恩返ししたいもの。

銭湯で汗を流して、ザルツ監督@かわぐち号で、奈良さん・臼井さんと一緒に4人で帰る。
中国道の事故大渋滞に嵌りまくって、完全なる徹夜走り。
翌朝、上尾5:00。柏6:00。
皆さん本当にお疲れ様でした。そしてお世話になりました。


※画像はyuki_pokoさんより。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 移動+コース試走 | トップ | 休養日 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む