セントの最新映画・小演劇150本  

観賞数 2016年 映画71本 演劇98本。

淵に立つ (2016/日=仏)(深田晃司) 85点

2016-10-13 20:55:50 | 映画遍歴

深田晃司、早くも4作目にして一応の集大成映画とみる。今回は「西川美和+黒沢清」×1/2そして多少のパゾリーニ風(テオレマ)。だから、ホラーとしてみるもよし、心理映画としてみるもよし、罪と罰(神)を心底掘り下げた映画としてみるもよし。

あなたが映画ファンであれば、その蓄積からこの作品のどんなシーンからでも映画談議ができるほど。夫婦論。家族論。風のように現れた神ともまがう男の存在。

そうなんだ。映像が面白く、感心するところ多し。スクリーンのフィルムの奥からうめき声が聞こえるほどだった。

4人が川のほとりで寝そべるシーンの前と後の対称形。ラストの暗黒の映像のストップモーション。もうすこぶる見事であり、震えた。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 罪人よやすらかに眠れ(石持 ... | トップ | 劇団925『宇宙の人々』(作 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL