山と自然の雑学ノート

山歩き&散歩道で出会った植物などの記録

テーブルマウンテン

2011-09-10 07:53:47 | Weblog

アパルトヘイト時代の最大の黒人居住区、ソウェト観光の後は、ヨハネスブルグ空港から
空路、国内線でアフリカ大陸の南端に位置する古都、ケープタウンに向かいました。

ケープタウンに近づくにしたがって、眼下に見る地上の様子は少しづつ緑が多くなってきます。
乾季のこの季節、北部ではまだ冬枯れが多く、赤茶けた地面が目立ちますが、ここでは
この季節でも周期的に降雨があるそうです。

この日は着後、市内のホテルへ















翌朝、バスでケープタウンのシンボルで海抜1,080㍍のテーブルマウンテンへ向かいました。
この山はテーブルマウンテンの西側にあるライオンズヘッドと呼ばれる丘で、ケーブルカーの
駐車場から眺めたものです。









 

 




駐車場から眺めたケープタウンの中心街、天気はあまりよくありません












 



ケーブルカーのキャビンは円形の回転式、どの位置に乗っても360度の景色が
楽しめます。
この朝は頂上付近はガスに覆われていて視界20㍍ほど、残念ながら展望は利きませんでした。




 

 







ケーブルカーのキャビンから見た岸壁
岩質はテーブルマウンテン・サンドストーンと呼ばれる珪質砂岩の一種で、固い部分だけが
残ったものだそうです

 








 

 

 

頂上は案の定、視界不良。晴れたら喜望峰も見えるそうですが・・・
でも風の強い日にはケーブルカーの運航も中止されるそうですから、登頂できただけでも
良しとしましょうか

 

 








 


山上は気候の特殊性から、固有種の植物や昆虫、小動物などが多く、山全体が
国立公園に指定されているそうです

















































 

 

 

 








これは南アフリカでは平地でも普通に見られるアロエの仲間
この国では野草として生えています

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ソウェトのお土産屋さん | トップ | ステレンボッシュ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。