着物の仕立て屋 花梨の日々つれづれ

着物のお仕立ていたします。
眠っている反物を自分流に着てみませんか?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自分でやってみよう(袷着物→単衣胴抜きへ)

2013年03月03日 | 和裁

 先日、お客様とのお話で「袷の着物を胴抜きにしようと思うんだけど、裏を外すだけでいい?」と聞かれたので「それで良いですよ」と答えたにも関わらず「やっぱ、お願いね」と言われ、外す様子をアップしても良いともお言葉に甘え、アップする事にした。

うん、ほんと、八掛を付けたままで胴裏を外して、身頃の縫い代の始末をして、八掛を丁寧にくけつけるだけ。しかしこれが少々はさみ技が要り、普通は布を切らないように・・・なんだけど今回ばかりは「糸を切らないように」が大原則。それでも3か所くらい切った。全くの許容範囲。

ただ、このやり方は、胴裏は使い物にならないので、使用したい方は止めてください。
お客様は「要らない」と言われたのでこの方法を取りました。


口で説明するより、画像をいっぱいアップするので、必要箇所はおいおい探してほしい。
また、糸は切らないのが前程ですが裏衿だけは衿付け側の糸を切る。(後で裏衿を本体にくけるため。)
このお着物はバチ衿だったので、これは後日、広衿でアップします。


まず、解く前の下準備として、八掛部分が外れないように躾け糸で留めておく。


この画像ではすでに裏が外れてるんだけど、八掛に躾がされてる。





身八つ、袖付けの留めのところは特に注意して、糸を切らないように細心の注意をはらう。
この着物は裄直しもあるので、袖ははずしました。








キワキワで切った裏の残りなんだけど、手でちまちま取るのも良し、私はコロコロでぺたぺたしたら意外と簡単に取れました。(好み)




袖丸の部分は折ってあったようにまとめて、糸で留める。


袖底の縫い代は、振りを三つ折りする前に袋縫いみたいに始末をする。


始末の画像は後日アップしますが、仕様は、背縫い=二度縫い、脇=八掛下まで三つ折りくけ、衽=1cm折って折くけ、振りは三つ折りぐけ、袖口布は丁寧に袖にくけつける。
本体の始末が出来たら、衽上、八掛上を折、本体にくけつける。


丁寧に!


とりあえず 、画像がもうないのでここまで。


後日。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ





ジャンル:
じまん
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一つ身セット | トップ | おもくそ凹む »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。