川柳いろいろ

愛犬カールと綴る一日一句一万歩

桃栗三年・・・

2017-12-11 17:28:22 | 川柳
寒くなった冬にしか出来ない作業です。
葉を落とし睡眠期に入った樹木の剪定。
この桃の木は、四~五年やってないの
で相当樹形が悪いです。奮闘三時間で
すっかり明るくなり、キレイに出来た。

   「伸び盛り身の程知らぬ木も竹も」
   「生きてゆくために受粉や選定や」
   「咲いて散る花のさだめに残す桃」
   「わたくしも剪定をして長らえる」

     本日の歩数 4,650歩(休み)

(ビフォー)
(アフター)


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

熱烈歓迎

2017-12-10 16:54:06 | 川柳
送迎付き飲み放題食べ放題の忘年会が
昨夜ありました。町有林の財産区の役
員です。任期は二年ですが年末で改選
です。こういう忘年会なら大歓迎です。

   「80ぶんの1年が済み忘年会」
   「年忘れ飲んで飲まれて向かい酒」
   「一年を笑って締める景気良さ」
   「来る年はどうなる運を見極める」

     本日の歩数11,416歩



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

一攫千金

2017-12-09 16:34:30 | 川柳
初めてだと思いますが、年末ジャンボ宝く
じのチラシがはいりました。驚きと同時に
売れ行きが悪くなり今まで以上の宣伝が必
要になったのだ思います。収益金は公共事
業に活用されるそうです。買ってあげてよ。

   「国のため買って下さい宝くじ」
   「夢を買う人で成り立つ宝くじ」
   「宝くじ買わない者も夢はある」
   「夢の中でも当たらない宝くじ」

     本日の歩数 4,636歩(休み)

(新聞チラシより)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

巳午(みんま)正月

2017-12-08 16:48:00 | 川柳
11月下旬から12月中旬の巳の日に
今年亡くなった人のお墓で餅を焼いて
食べる風習が四国に残っています。口
伝なので所により方法が少しずつ違い
ます。妻が実家へ手伝いに行きました。

   「正月がひと足早い巳午餅」
   「風習も絶え絶えとなる巳午餅」
   「新仏へ儀式かさねて供養する」
   「餅好きの父の話題で搗きあげる」

     本日の歩数 2,906歩(雨)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

十月十日

2017-12-07 16:49:45 | 川柳
一ヶ月は30日だから310日かなと思うわけです。
所がものの本によると「10カ月目の十日」を指し
「9ヶ月+10日」だそうです。初産の場合は十日
くらいは遅れても不思議ではなくだから焦らないよ
うにという意味だそうです。孫もそろそろでしょう。

   「掃除して笑顔作って孫を待つ」
   「孫抱けば足取り軽い老いの坂」
   「孫泣くな師走の風は冷たすぎ」
   「爺婆の知恵ふり絞りあやす孫」

     本日の歩数12,186歩


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加