銭湯OL日誌~銭湯ガイドマイスターへの道~

お風呂。特に銭湯が好きです。現在「銭湯検定3級」を持ち、次回の2級に向けて勉強中。【関連】銭湯OL、銭湯、銭湯検定、

【北海道銭湯】千歳 末広湯

2018-02-18 20:26:34 | 銭湯レポート
〜旅の疲れも癒してくれる、機能的にも楽しい銭湯〜

北海道の玄関、新千歳空港から車で10分くらい、最寄りは千歳駅から徒歩5分くらいにある、末広湯さん。



〜ちょい熱めが北国にマッチ!〜
メインの浴槽はお湯はちょい熱めなので、銭湯が初めての方は右にある薬湯浴槽からのスタートがおススメです。
薬湯は宝寿泉(じっこう湯)です。この香りはいつ嗅いでも懐かしい。。

また、右側の浴槽は鉱石を入れた浴槽でありがたみが増します。

そんなオプション浴槽ではありますが、そもそも浴槽のお湯は全て地下水で、湯上りはお肌もすべすべします。(この地下水は、入口近くにある水飲み蛇口でも飲めます。贅沢。)

両側の浴槽は、岩からお湯が出てくる造りです。視覚的に贅沢ですね。



〜北国らしい凸天井にホッコリ〜
天井は青森でも沢山出逢った、部分的凸型湯気抜きです。
浴室の後ろ部分から凸になっていると、単純な三角屋根よりも雪が積もった時になだらかに落雪されそうです。
この屋根の秘密はもっと探りたいものです。

浴槽を楽しみながら、天井をボーっと眺めます。



〜ご当地サウナでポカポカ〜
銭湯好きと限らず、ご当地系は嬉しいもの。なんと末広湯さんはご当地サウナ。

横一列で3人〜4人座れるサウナは、「カルストーンサウナ」。このサウナは「発祥地:千歳市工業団地」と記載もありました。そう、千歳市は工業団地があるのです。他食品メーカーの工場なども多く、様々な技術が生み出された場所とも言えるかもしれませんね。

そんな千歳市生まれのサウナを、千歳市で入れるのは幸せです。

私はサウナにはあまり詳しくありませんが、壁は木製ではなくコンクリのような石でできていました。温かみはどうやら壁面にあるヒーティングから出ている模様。ヒーティングは道内だと部屋に付けている住宅もありますが、もちろんサウナ用かと思います。あまり熱すぎないので、ゆるゆる長く過ごせるのが良いところです。

地元の方が「垢がよく出るようになった!」とサウナのことを自慢げに話してくださりました。



〜脱衣所は和気あいあい。野菜販売もあり。〜
女湯の脱衣所には、野菜販売箱がありました。立派なごぼう、おじゃがが各120円とお買い得でした。ちゃっかり購入。


※写真はフロント前の休憩スペースのテーブルにて撮影。
時期にもよるそうですが、このような場があると会話が弾みますね。

また、脱衣所の中心は北海道ではよくあるプラスチックの脱衣籠を置く二段の棚がデンと構えられています。もちろんロッカーもありますが、みんな籠使いです。
改めて籠は便利ですね。混雑してきたら、籠ごと移動できるし。うまく融通きかせて、パパッと着替える身のこなしが気持ち良い脱衣所でした。


***空港にもスーパー銭湯はありますが、北海道の地元の空気を感じながら帰路に着くにはここがおススメです。
身軽になった身体で乗る飛行機は気持ち良いものです。


*番台式ですが、脱衣所は見えにくいので、初めての方も安心です。
*牛乳あり
*野菜販売時期によってあり



やすこ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【東京銭湯】蒲田 ゆーシティ

2018-02-17 22:26:46 | 銭湯レポート
〜黒湯の露天風呂で仕上げた後は、2階でご飯〜


蒲田の銭湯はお座敷(入浴フロア以外で飲食できるスペース)がある銭湯が多いです。
お座敷というと、団体で行かないと楽しめない気がしてしまうが何のその。
その点のハードルはとても低く、誰が誰と行っても、楽しめる事間違いありません。
そんなお座敷銭湯の1つ、蒲田の「ゆーシティ」さんです!




〜2段構えの浴槽は何れも勢いよし〜
屋内の浴槽は2段仕立て。

中心に1段高い浴槽が有り、左右には 高い浴槽からお湯を受ける浴槽があります。
まず中心の浴槽は、浴槽内が円形でジェットバスが4機付いています。
皆でお湯を囲むスタイルです。

上段のお湯は気持ち熱めですが、
ゆっくりジェットを楽しめる程度の温度。

またこの上段浴槽からよく見えるのはビーチのタイル絵。

銭湯にはたまに南国を彷彿させるタイル絵がありますが、
今回は岸辺のヨットがとても心地良さそうなタイル絵。
タイルがツヤ消しのちぎり絵のようなタイル粒で、
この風合いのタイルはやっぱり優しい印象があって好きです。
南国も良いですが、身近な幸せを感じる瞬間は何よりの至福の時です。

向かって右の下段の浴槽は、ジャグジーですが、
上段から受けたお湯のザバザバとした勢いも相まって とっても躍動的な浴槽です。
また向かって左の下段の浴槽は、水枕つきの寝風呂です。
レイアウトはざっくりこのような感じです。

すでに屋内の浴室で豪華です。


〜濃い!黒湯の露天風呂〜
黒湯というだけでもありがたいですが、ここは外気を感じる岩風呂です。

濃い黒湯あるあるですが、お湯が黒いため 皆さんがどの様に座っているかわからず、
思いがけないところで人とぶつかってしまう・・・というのが今回も発生していました笑。
例えるとお湯は・・黒豆の煮汁の様に濃く、黒いです。

黒湯は何も説明書きが無い事が多いですが、
ゆーシティさんはちゃんと「地下120mからわき上がる・・」等黒湯の説明が有り、
より効能を感じる気分になりました。
そしてやっぱり肌がしっとりです。

また横には、スイッチ式の打たせ滝もあります!



〜濃い!地元の方のカラオケを聞きながら、お食事〜
湯上がりでサウナタオルを返却&牛乳を購入する最中、2階からは楽しげなカラオケの声が。
店主さんに「2階はカラオケしなくても入れますか?」と聞くと
笑って「大丈夫です!よかったらその牛乳を上で飲んでもいいですし。」と答えてくださりました。
なんとー!そんなオープンな場所ならば行ってみようじゃないか・・・という事で、
カラオケの声に惹かれる様に2階へ。
2階では確かにカラオケをする人、ご飯を食べる人、宴会している人、
もちろんお一人の方もいらっしゃいました。

とにかく、過ごし方は自由ーー!!

せっかくなのでご飯も頂く事にしました。
釜飯がお勧めの様だったので、使い切りの火を灯して頂き、
火が消えるまで待つ(なんだか懐かしい)釜飯を食べました。

カラオケは1回100円で、券売機でカラオケ券が販売されています。
歌は店員さんが入れてくださり、場合によっては券売機購入を代行してくださるホスピタリティも。
もちろん、間奏と唱い終わりは皆で拍手。
拍手する事で、歌う人と歌わない人がつながる感じがして妙に心地が良いものです。
料理メニューも豊富なので、次回はカラオケとセットで再チャレンジしたいものです。



***黒湯のパワーでか、身体がポカポカの湯上がりでした。また、黒湯に至るまでの屋内が充実していた事もありがたい事ですね。そして何より、セットで楽しめる2階の和気あいあいとした雰囲気が・・・湯上がりをより楽しく仕上げてくれました。




やすこ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【東京銭湯】蒲田 寿湯

2018-02-11 23:26:12 | 銭湯レポート
〜センターの丸形浴槽で湯を味わい、天井を見上げる心地よいリズム銭湯〜
寿湯さんという屋号は関東では多い方ですが、今回は蒲田にある寿湯さん。
魅力は関東では少ない「まん丸な浴槽」はじめ、様々な魅力がございます。



〜センターに丸形浴槽〜
丸い浴槽はざっくり分けると「熱め」「ふつう」で仕切られており、
まるで「熱め」浴槽が1ピースのピザの様な形・・と思いました。

「ふつう」温度の中で歩行を進めると
少し浅めの「ジャグジー」エリア、「座ジェット」エリア、「電気風呂」エリア、
とまるでカリキュラムの様に楽しむ事ができます。
また、浴槽内は踏み外しにくい様、床のタイルは色合いや形状がちゃんと工夫されていて、その点を見るのもちょっとした楽しみです。
他にも、円形の浴槽にカーブ状に沿われた水枕も気持ちが良く、また冷え冷えでした。


お湯は柔らかく、敷地横に薪が積まれていた景色を思い出し、
尚更お湯をありがたく頂きます。

中心に浴槽の解説のスタンド看板があるのですが、
なんだかレイアウト変更したのか 看板に貼られたプレートと浴槽の内容が微妙にズレていました。
が、気にする人はいなさそうです笑。
(つまり浴槽をリニューアルした軌跡・・という事ですね)


〜円の浴槽と相性抜群な、高い高い湯気抜き〜
円の浴槽の魅力は、きっと知り合いで行くとゆるーい会話が弾むところでしょう。
横並びの浴槽だと、どうしても相手のペースに合わせて入浴してしまうし、
それによって入る浴槽が左右されてきます。
けど、円形だとエリアが変わっても 会話がしやすいからマイペースで入浴出来そう。
友達と行きたい浴槽です。

と言ってもこの日は賑やかに話す人はいなく、
お客様は沢山いらっしゃいましたが、皆粛々と円形のお湯を満喫していました。

そんな場合でも天井が高い凸湯気抜きだから、
目線のやりばに困る事もないです。
めいめいに天井を見上げたり、ぼーっとしている。
高い天井に相性バッチリの申し合わせた様な、浴槽でした。

また、洗い場が3辺なので、洗い場の照明が、
浴室全体の照明になっていて 暖色系の照明が絶妙にあったかい雰囲気を出していました。


〜無料サウナ〜
サウナはどうしても有料が多い関東で、なんと無料サウナ。
大きくはないけれども、私が行った際は サウナの主の様な人はいなく、
まんべんなく皆が楽しめている 使いやすい雰囲気です。

水風呂が恋しくなりますが、立ちシャワーの水が結構キンキンなので、
汗流しに立ちシャワーを使えば問題なしかと思います。


***全然前情報なく行ったので、とても良い銭湯でビックリしました。
銭湯激戦区蒲田で、愛され続けているポイントがすごくわかった気がします。


*お釜ドライヤー・普通ドライヤーあり
*牛乳あり
*無料サウナあり2段


やすこ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

【WEBメディアご紹介】マイカラット「お悩みスパッと解決塾」アドバイザー

2018-01-28 06:26:27 | メディア・イベント出演
〜お悩み相談に、銭湯で解決!?〜


女性向けWEBマガジン「マイカラット」さんの「お悩みスパッと解決塾」にアドバイザーとして、
銭湯をオススメさせて頂きました!!


こんな私が何をアドバイスできるのだー?!と戸惑いましたが、
本企画はお悩みをダイレクトに解決するのではなく、ちょっと斜め上の解決策を提案する事で ちょっとだけでも気持ちが楽になってくれたらいいね・・というものです。ホッ。

という事で、どの浴場さんでも癒しを感じられる場所ばかりなのですが、
以下の3軒はほとんど迷わずに決められました!
「心の洗濯&黒湯」で大田区久松温泉さん。
「気持ちよくマチのあかりを眺める&温泉」で品川区宮城湯さん。
「看板男がいる&会話の弾む露天風呂」で三鷹千代乃湯さん。

改めて各浴場さんに撮影に行きたかったのですが時間的に難しく、断念。
ですが、浴場組合さん(草隆社さん)のお写真を許可頂けたので良かったです。

誰しも心が折れそうな事があります。
銭湯マニアの大半は、そういう時に銭湯が心の支えになってくれた・・という人が多いですね。
娯楽とはまた違った愉しい習慣。また少しでも多くの読者さんに届きます様!


やすこ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【イベント参加】ダンス風呂屋vol3 in日の出湯

2018-01-27 18:26:22 | 参加イベント
〜銭湯DJイベント「ダンス風呂屋」in日の出湯〜

チケットが即ソールドアウトの大人気イベント「ダンス風呂屋」!!
初回から上野・日の出湯さんで開催され、大好評で3回目。
今回はスタッフとしてフロントのお手伝いをさせて頂きつつ、
ご厚意でダンス風呂屋(フロア)の空気感を感じさせて頂きました。


〜ダンス風呂屋イベントとは〜
まさにその名のままの事なのです。
お風呂屋さん(銭湯)でDJプレイもダンスもできちゃう・・・そんな夢の様なイベント。
そのポイントは、「サイレントフェス」であると言う事です。
参加者はワイヤレスのヘッドフォンでDJプレイを聞きながら、
お湯が張られていない浴室でダンスができるのです。
こちらがイベントスタート前の、まだ明るい準備中な浴室。



〜音楽と空間の力を感じる〜
スタートしたダンス風呂屋の空間はこんな感じです。(1階と2階行き来でき、それぞれ違うDJプレイでした)
私の写真だと 参加者さんがめいめいにダンスを楽しむ感じが伝わらなく・・すみません。
でもこの空間・・まさにダンスホールですよね!?

「ヘッドフォンを外すと、無音の中で踊り狂っている人がいてシュールだった」
という台詞は、多くの参加者の人が口にしていました。
私も実践してみて、確かにシュール。
そして、ヘッドフォン外しをすると実感するのは「音楽ってすごい」って事。
別に馴染みの音楽でもないのに、人をここまで動かすなんて。

そしてダンスのフリが決まっていないと、こんなに人の動きは違う。
それをよりシェイクするのが、DJなのかな。
皆さん、かっちょいい。



〜銭湯の空間を感じる〜
サイレントフェスは普通だとプレイできない様な場所での、DJプレイができる事がメリット。
でも単純に「ありそでない場所」という枠を超えて、日の出湯さんで「ダンス風呂屋」が開催される意味を感じました。

ダンスフロアと化した浴室内にサイケなライトが装飾されていたり。
私の好きな1階奥に行くと見上げられる高い天井・・・にもライトアップが届いていて。
銭湯と音楽の力がガチッと合わさった感じがしました。

そして、その最たるところは浴槽(と思う)。
日の出湯さんは、古代檜風呂がとても有名なのです。
過去のイベントではこの浴槽に入ってダンスする人が多かったそうですが、
今回はそんなに多くなかった模様です。
個人的には「普段ダンスできない浴槽でこそ踊り狂うべしー」と思ったのですが、
皆がセンターにある浴槽をちょっと崇めている様な景色で それはそれで楽しかったです。
やっぱり銭湯の象徴って浴槽だから、そこをどう使うかは オーディエンス次第なのですね。

あと私の銭湯お友達(某K師匠)が手桶を手にしてリズムを楽しんでいたので、
私もすかさず真似しました笑。

こうしてちょっと細かいところも含め、銭湯で実施するダンスならではでした。


〜日の出湯さんへのリスペクト〜
2階フロアもミラーボールや電飾での装飾鮮やかでしたが、
1階フロアは、日の出湯さんの3つの細い窓を活かした投影がされていました。

「いい湯だな」「日の出湯」等、銭湯気分が上がる文言はもちろんですが・・

日の出湯店主田村さんが好きでもあり日の出湯のアイコンである「パンダ」が出てきた時は思わずニヤリとしてしまいました。
「銭湯のダンス風呂屋」じゃなくって「日の出湯のダンス風呂屋」としての演出。
やっぱり日の出湯さんという場を愛し、リスペクトされている企画らしいな・・と思いました。



銭湯のイベントは、その機会からその浴場のリピーターになる様な直接的な企画はなかなか難しいかもしれません。
でも、やっぱりその場に対してのリスペクトはすごく大事だし、銭湯と音楽の双方を慈しむ想いに溢れたイベントでした。

そしてこんな忙しい最中にお湯を沸かす準備を店主田村さんがして下さり、最後に皆で入浴・・幸せな仕上げができました。


***「サイレントフェス(R)」はプロデュース事業Silent itを企画し、サイレントフェス等を運営する会社Ozone代表の雨宮様が考案され、全国でプロデュースを行っている一つのフェスのあり方。
後半トークショーからも雨宮さんと店主田村さんの相思相愛感を感じ、銭湯好きな立場から言っても空間への思いやりを感じる素敵なイベントでした。
また開催される事を楽しみに思わずにいられません!



やすこ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加