銭湯OL日誌~銭湯ガイドマイスターへの道~

お風呂。特に銭湯が好きです。現在「銭湯検定3級」を持ち、次回の2級に向けて勉強中。【関連】銭湯OL、銭湯、銭湯検定、

【神奈川銭湯】鶴見 潮田湯

2016-12-04 06:26:34 | 銭湯レポート
〜カラフル&ダイナミック〜

用事と合わせ、神奈川県の鶴見駅から10分くらいにある潮田湯さんへ。
潮田湯さん前が空き地になっているため、堂々とした構えがよくみれます。



〜残す会話〜
銭湯としてのつくりというよりかは、
なんだか立派な会館のつくりのようです。
入口のタイルもぎっちり敷き詰めてあるし、なんだか期待感高まります。


入口に入るとカウンターではあるものの、番台の方が脱衣所の人と会話できるようになっています。

恐らく男女各脱衣所上に休憩スペースがあるから、お客様と話す場が少なくなるつくり。
しかし、つくりは新しくなっても、お客様と対面できる形を残す意思を感じました。勝手な妄想ですが。


〜カラフル&ダイナミック〜
まず脱衣所と浴室の入口ドア上はステンドグラス。

なんとなくオシャレな昭和の懐かしさを感じさせる色合いです。私くらいは甘酸っぱくなる色合い。(ステンドグラスの色は後からメモを参考に塗りましたので、微妙に違うかもです。ご了承ください)

そして浴室。
とても天井が高く、とにかくダイナミックな曲線の湯船。

またその曲線が窮屈に感じないくらい、洗い場も広いし、天井も高い。
レトロ銭湯とはまた違う、開放感がひたひたとあります。


〜装飾の面影〜
男湯女湯のカーブ壁面が主役な潮田湯さんですが、正面壁面には緑色の、、、過去は壁に滝があったようなつくりのタイル面があります。

恐らく滝が落ちて、その下にある浴槽に入れたか、もしくは浴槽ではなく単なる滝の受け皿だったかわかりませんが、、
その滝の下は囲われて使えないようになっていました。


〜カーブ浴槽はゆっくり満喫〜
カーブ壁面のキワに沿う様にある浴槽。

奥は深めでガリウム石を通すラドン湯との看板。
真ん中は温度としては普通で、中にジェットが2機あります。
そして手間は浅めで、細かいジャグジー。半身浴している方が大半でした。

各浴槽の温度違いをゆっくり満喫して、開放感に浸れました。


***こんなつくりの銭湯は、都内にはない気がします。脱衣所上のフリースペースと合わせて、ゆとりあるつくり。
レトロ銭湯ではないけど、昭和生まれな人はちょっと懐かしくなるような銭湯。
鮮やかなカラーリング含めて、みておきたい場所です。


*飲み物販売あり


やすこ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【東京銭湯】豊洲 白山湯

2016-12-03 06:26:21 | 銭湯レポート
〜仕掛けありの愛され銭湯〜


豊洲といえば白山湯さんです。
この「人工炭酸泉」をイメージした?入口が目立ちます。
こんな楽しげな入口は他にはない気がします。



〜入口から想像できない開放感〜
さて、そんな入口のポップさからは想像できませんが、、、
浴室はがっつりと高い凸の湯気抜き天井です。開放感あります。
凸の湯気抜き好きなので、天井をぼーっと眺めます。湯気抜きの縁取り?に赤いラインがあることを確認。
白いラインはあるけど、赤は初めて。
店主さんのこだわりだったりするのかしら。


〜富士山と人工炭酸泉の贅沢〜
壁面はタイルに赤富士山を描いたもの。
ペンキ絵ではありませんが、鮮やかなノリで美しいです。
また富士山手前にうつる逆さ富士、またその手前の青紫の靄が幻想的。
男湯は青々とした緑の山岳だそうで、気になりますね。

また、白山湯さんは側面まで描かれているので、やっぱり立体感があります。
人工炭酸泉の隅に身を置き、両側面を絵画に挟まれて見上げるのは最高です。


〜初の人工炭酸泉導入〜
今では増えつつある人工炭酸泉ですが、
白山湯さんが銭湯で初導入とのこと。
地元の大学の学生さんが、学校祭準備後に白山湯さんに来ていたのですが(すごい愛され銭湯ですよね、、)、
やはり若い学生さんはぬる目で気持ち良い炭酸泉がお気に入りでした。
この熱さなら大丈夫、と言っていたりして。
炭酸泉は、炭酸を残すためにぬるめにしなくてはいけませんが これが今の時代には合っているのですね。

炭酸泉はゆっくり入ることが効果的なので、ちゃんと淵にカラフルなアヒル人形が置かれていました。
レインボー色だから、グラデーション順に並べたくなってしまう大人。
ここまで並べたら、上がろうかななんて考えたりしました。

浴槽は人工炭酸泉浴槽の横に様々なジェットやマッサージがついた浴槽。
スイッチ式とそうでない部分がありますが、それらがまた上手く配置されていて、お湯の中を気持ち良く歩きながらジェットに当たれます。
凸型湯気抜きの天井下にこの工夫されたレイアウトは、心地よい違和感。
私が行ったときはなかなかの賑わいでしたが、この浴槽のおかげかストレスなく入れました。


〜女湯の特権!足裏ツボ押しウォーキング〜
女湯しかないそうですが、浴室の真ん中には足つぼの石が敷き詰められた歩行エリアがあります。
ぬるい気持ちで歩くと、、案外痛いです笑。でも浴室のど真ん中だし、あんまり素直に痛がるのも悔しい。

だからちょっと平静を装い、涼しい顔して痛気持よい感じを味わいました笑。


***白山湯さんの店主さんは名物店主さん。元気で面白くって、気さくな店主さんです。
近くの大学生さんたちが学校祭準備帰りに立ち寄ることがお決まりの銭湯、なんて今の時代にはないですよね。
若者が集うには設備ももちろんですが、人柄ありきですね。改めてそう思いました。



やすこ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【東京銭湯】千駄ヶ谷 鶴の湯

2016-11-26 09:26:08 | 銭湯レポート
〜丁寧につくられた、レトロ銭湯空間〜

※千駄ヶ谷の鶴の湯さんは2016/12いっぱいで廃湯とのことです。お疲れ様です。

北参道駅から徒歩5分もあれば着く、
千駄ヶ谷の鶴の湯さんです。

破風も立派、オリジナルの暖簾、
と入口からしっかりとした風格を持つ浴場さんです。

寂しいことに2016年いっぱいで廃湯。



〜中島さんの丁寧な潮ノ島〜
浴室は凸の湯気抜きも高く、
ペンキ絵は女湯からは潮ノ島のみ見えて、
ちょうど男湯の境目にむかって
なだらかに盛り上がる島が見えます。

富士山の周りにある島とはまた表情が違い、
ダイナミックよりかは繊細なようにみえる島々。

ペンキ絵面は一般的な高さより、
ちょっとだけ低めだから
この高さにはこの中島さんのレイアウトがすごく落ち着きます。


〜熱湯の湯船から〜
浴槽は二つ。

一つは浅めでボディマッサージが2機、
キワにジャグジーがぽこぽこしてます。
浅めの浴槽は、身体によい鉱石をつかった浴槽とのことで看板がありました。

そしてもう一つは深めで熱湯。
一段座れる式の浴槽です。
浴槽タイルは足裏がなんとなく気持ち良い、青の丸タイルが敷き詰められています。

ベストポジションは、熱湯浴槽の手前。
ペンキ絵が眺められる場所のキワに座ります。
深い浴槽は座れる段が一周あるから、後から入る人のじゃまにならないでペンキ絵をみれます。


〜熱湯の熱さ〜
熱湯で有名、と銭湯好きな方に伺いましたが
すごく寒い日に訪れたので
動けない程の熱さではありませんでした。
でも、やっぱり熱いことは熱い。
最近は炭酸泉やシルキーバスなども楽しんでいたせいか、久しぶりに毛穴がカッと開く感じがしました。
そういう時に真の極楽顔になれる訳ですね。。うっとりしました。
そして、この熱さは冬道を歩いても、帰宅するまで持続するのです。
やっぱり冬はより嬉しい、熱湯。


〜丁寧な浴場づくり〜
店主さんはとても丁寧で、スタンプも快く押してくださりました。

また浴場内はとても綺麗で清潔。
それに脱衣所には人形ケースに人形が程よく置かれていました。主張しすぎない感じ。

また、今年話題になった笑点の「18歳と81歳の違い」がプリントして、
ドライヤーの前に貼られてありました。

ドライヤーの前は番台前。
ここで老いも若きも問わず、
店主さんと笑っていいんだよっていうメッセージな気がします。
銭湯にこれが貼ってあるなんて、
なんて素敵なんだろう。。
なんて心意気だろう。

ペンキ絵も毎年描きかえていたみたいだし。
本当に丁寧な空間づくりをされていたことが解ります。
訪問できたことに感謝です。


やすこ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【東京銭湯】板橋区大山 一の湯

2016-11-20 06:26:10 | 銭湯レポート
〜勢いよし・効率よしの浴槽と、人柄銭湯〜

板橋区はいつも行くところとそうでないところの差があり、
なかなか開拓できていないエリア。
大学芋の名店がある大山駅から徒歩15分くらいの一の湯さんに行きました。



〜ギュッと凝縮浴槽〜
様々な機能を楽しめる工夫が色々こらされているのが一の湯さん。
薬湯の浴槽以外は、1つの浴槽にまとまっているけど機能がたくさん。

手前から寝風呂(2機)、ジャグジーに赤ライトが2機、
センターにちょっと高めな位置に岩から滝、
そしてボデイマッサージ。
と、てんこ盛り。
一番右側のボデイの隣にはいかにも電気風呂があった様なスペースがあるのですが、
特に電気はありませんでした。
でも、このスペースが白湯を楽しめるちょっとした空間になっていて調度よいです。
とってもリズミカルに浴槽内を楽しみました。

薬湯は一般的にはぬるめが多いですが、
そんなに温度差はなかったです。
その日はヒアルロン酸風呂でした。
やっぱりヒアルロンとかコラーゲンは女性は嬉しいですよね。


〜独断と偏見・勢い良しランキング入り〜
一の湯さんのお湯は、すっごく勢い良いです。
どれくらいかというと、上記のボデイマッサージの囲いがお湯のあぶくで見えなくなるくらい。
一の湯さんに慣れたら、他のお湯の勢いでは満足出来なくなるのでは、と思いました。


〜人柄銭湯〜
帰宅時にスタンプを御願いすると。。
「どこから来たの??」と気さくに聞いてくださったご主人さん。
お陰で一の湯さんからバス1本で家の近くの駅に帰宅できる事が判明。
そして板橋区内の銭湯は実はバスで行けたのでは・・・という事にも気付きました笑。
スタンプはこういうきっかけになるから、手段として好きです。

カウンター前の壁面には、ところ狭しと奥様のちぎり絵(すごく上品で美しい)や、
奥様が舞踊をやられている時の写真等が飾られています。
この様な飾りも、店主さんと近づけるきっかけですよね。


是非是非訪れてみて下さい。


やすこ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【東京銭湯】大井町 (品川)東京浴場

2016-11-19 06:26:40 | 銭湯レポート
〜これぞ東京の浴場〜

「東京浴場」という浴場は品川区でも2軒あって、
こちらは大井町駅から徒歩10分くらいの東京浴場さんです。

この銭湯、素晴しかったです。


〜全景からため息〜
都内の銭湯によくあってもどかしくなるのは、
全景が見えない事が結構多いと言う事。
都内の地価は高いし、生活に密接な銭湯だし、仕方ないのです。
しかし・・・品川区でこんなに堂々と銭湯の全景が観れるとは!

しかもちゃんと格天井が外から見え、もっと言うと天井の絵が1つ見えるのです。

あと鶴の絵も見えますね。

「銭湯あるよ。ここにあるよ。」と、全景が語っていますよね。


〜カウンター式だけど全ては残っている〜
カウンターの奥様はとってもやさしい物腰。そこからして品性というものを感じます。
そして中に入ると、脱衣所。
格天井の絵がすごく繊細に、優しく迫ってきます。

少し間隔を置いて、この三つの絵が見えるのです。主張しすぎないけど、ものすごく美しい天井。
これは序章にすぎないのですが、カウンター式でペンキ絵じゃないけど、
こんなに古(いにしえ)を感じ入れる銭湯は無いですね。


〜中庭と金魚と〜
東京浴場さんの素敵ポイントは中庭。
男湯と女湯の境目にあります。

だから女湯は1つの独立した空間感があってちょっと不思議。
昔見学させて頂いた文京区乙女湯(廃業されております)さんを思い出します。

唯一薬湯のある部分(奥だけ)は、男湯と高めの天井がありここから音が聞こえてきます。

また中庭のキワには水槽があり、
洗い場から金魚がスイスイ泳ぐ様子が見れます。



〜タイルは全部素敵〜
タイルに痺れる場合、シンプルな浴場の場合が多いです。
でもこれだけ見せ場が有るのに!タイルが素晴しい。
まず浴槽面のタイル。白ベースに舟とカモメが半立体でくっきり彫り込まれています。
触っても大丈夫で、浴槽からきれいなその彫り込みを撫でてみたり。


また全てのタイルが「ぼかし」が入っていてきれい。
言葉にできないけど、釉薬によるグラデーションではなくぼかなのです。
色がきれいですよ。他の浴場でも青タイルの「ぼかし」等はあるけれど、すごくきれいなぼかしで目立ちました。
そのぼかしが統一されているから、尚更なのかもしれません。
浴槽際も、洗い場の道具置きスペースも、洗面所もこのぼかし入ったタイルです。

加えて浴槽に入っているオリエンタルな模様も良いですよ。

あとさり気なく外壁も凝ったタイルです。


東京浴場さんに来たら、タイルのことをもっと知りたくなりました。
こんな細部まで楽しませていただけるなんて素晴らしい。


〜浴槽からの眺め〜
東京浴場さんはペンキ絵ではなく、写真プリントです。大きな写真シートが貼られています。
富士山です。

桜が上に見え、富士山の麓には民家や建物が見えます。ちょっと現実的。

お湯はとっても柔らかく気持ちよかったです。

***最近は昔程銭湯で地元のお客様に話しかける事は少なくて、
(もちろん挨拶はするのですが)ちょっと己との時間だったのですが
ここで久しぶりに奥様に話しかけていただきました。
赤の他人と、ゆるく会話しながら入るのは久しぶりです。私含む三名と、寒くなってきたこと、お料理のことなどおしゃべり。。楽しかったです。

そんな訳で最高な思い出ができて、
またまた訪問したくなる銭湯でした。



やすこ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加