愛すべき自動車たち・・・(ホンダ・スポーツ)

自動車たちの思い出話。画像無く、不定期ですが書き綴っていきますので宜しくお願いします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

AS285E その10 チューナップ

2006年02月03日 | Weblog
ホンダ・スポーツの愛好者に限らず、自動車を趣味として捕らえている人たちはオリジナリティを求める人とパワーなどを含めたポテンシャルの向上を求める人の2種類に分かれると思う。

僕は、僕のホンダ・スポーツを作り上げたかった。

結構、チューニングは泥沼のようなもので、用心深く一つ一つの課題を克服していかなければ目標に近づくことができない。

ところで、S600の後期からウエット・ライナーがメガネ、いわゆるツイン・スリーブになる。

AL700も同様にツインであるがシールが数字の8の様に繋がっているのである。

つまり、ボア・ピッチをそのままに285Eブロック(アッパー・クランクケース)の限界まで拡大したためにこの様な形になってしまったのである。

高宮ボーリングの親父さんに無理を言い、アッパー・クランクケースを限界まで加工する。

ある程度の部品はそろったが、ピストンピンが一回り大きい。

スモール・エンドを拡大するにはクランクを分解しなければならないのであるが、再び組み付けるとき冶具が必要になる。しかし、その当時に、すでにホンダ用のクランク組み付け冶具を持っているボーリング屋は福岡には存在していなかった。

つてを頼り、情報を集めたところ、大阪の「高速ボーリング」がまだ持っていることが分かった。

早速、クランクとAL700のピストンピンをカバンに入れ、新幹線に飛び乗る。

無論、オーバー・ホールを兼ねるのであるからリテナーなども持参する。

ちなみに、福岡からは僕の他にNサンも行かれていたそうだ。ちなみにNサンは「リュック・サック」だったそうである。

高速ボーリングに着き、事情を話していると、「とことんやるなら鏡面したほうがいい」と言う。

やり方を聞くと「金属研磨」をするところならどこでもできる・・・とのことである。

鏡面と言う泥沼に入ることとなった。

とりあえず測定と分解をしてもらい、ニードル等の用意もあるので直ぐに終わるはずも無い。

分解されたクランクを再びカバンにつめ、一旦、福岡へ戻り、鏡面加工を施した後に、また、出向くこととした。

なお、今も「高速ボーリング」が存在しているかどうかは分からないが、Sのオーナーでクランクのオーバーホールを考えているのであれば調べてみる価値はあると思います。なにより、他の加工屋さんとのネットワークが凄く、その気になればゼロからクランクぐらい作れる。 「これが大阪か・・・・」と、妙に感動したことを覚えている。

以下、つづく
ジャンル:
その他
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« AS285E その9 チューナップ | トップ |   

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
とろろ (まり)
2006-04-09 12:12:28
芸能人のヒミツ教えちゃいます♪

エスロク (keithviper)
2006-09-07 15:21:37
はじめまして。

茨城でS.41年式エスロクに乗っている

keithviperと申します。



4月にピストンに穴を開けてしまいました。

部品取りの車にオーバーサイズのピストンが

付いてましたので交換して無事に

直ったのですが、現在のキャブセッティングの

ままだとまた穴を開けてしまいそうです。

多分、車検時にだいぶ薄めのセッティングに

してそのまま使用してた為だと思います。



現在のセッティングでは8000r.p.m.までしか

回りません。

アイドリングスクリューのみの調整で高回転も

調整可能でしょうか?

それともジェット自体交換が必要でしょうか?



どう思います?

たしか、アイドリングスクリューでは空気の

漏れ量だけ調整していたような気がするので

もしかしたら出来るのではないかと思って

いるのですが・・・。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事