70の瞳

笑いあり涙あり、35人の子どもたちが生活する児童養護施設「さんあい」の出来事や子どもと職員の声をお聞きください。

カーブス様からの寄贈

2017-02-23 13:04:38 | 愛すべき子どもたち

児童養護施設では、措置費により児童の食費は確保されているが、支援者からの食料品の寄付もありがたい。

特に保存がきく調味料やお米、粉、麺類は、食費のやりくりに大いに役立つ。

この度、女性専用の会員制フィットネスクラブを運営する、「カーブス」深谷店様から沢山の食料品の寄付があった。

会員の方にお声掛け頂いて、集められたものを箱づめにして届けて下さった。 

お米や乾麺、調味料や缶詰、お菓子など段ボール20箱以上にもなる食料品を施設まで車で届けて下さった。

早速、其々のユニットに分けて配布させて頂いた。 このような社会貢献を進めて下さる「カーブス」様と寄付して下さった会員の皆様に心より感謝申し上げます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幸せを感じる長さ | トップ | ひな祭り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

愛すべき子どもたち」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL