理想国家日本の条件 自立国家日本

日本の誇りを取り戻そう!(´・ω・`)桜 咲久也
マスコミがあまり報道しない情報をマイペースで伝える
  

今は一介の信者に・・・「幸福実現党」初代党首が胸に秘める野望〈週刊新潮〉

2015年09月26日 14時30分18秒 | 拡散記事・報道、教育(活動。繋がる)

 

http://www.aeba.jp/profile/ http://www.aeba.jp/biography/ プロフィール


 ※「週刊新潮】の記事ですので、(´▽`) そのあたりを差し引いてお読みください

今は一介の信者に格が下がって「幸福実現党」初代党首が胸に秘める野望〈週刊新潮〉

9月18日(金)8時1分配信 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150918-00010001-shincho-soci

「獅子身中の虫」とは、仏徒でありながら教えに害をなす者を指す仏教用語だという。であれば“仏陀の再来”と称する総裁を頂く教団にとって、彼もその類か。一介の信者に成り下がった幸福実現党の初代党首が、目下、不穏かつ無謀な野望を抱いているというのだ。

***

 同党の母体は、言うまでもなく宗教法人「幸福の科学」。2009年の総選挙を前に大川隆法総裁が政界進出を宣言、337人を擁立したものの当選ゼロに終わり、約11億円の供託金が没収された。そんな組織の初代トップだったのが、饗庭直道(あえばじきどう)氏(48)である。

 会見で、「日本のバラク・オバマになってかじ取りをしたい」と大言壮語しながら、結党からわずか10日余りで辞任、総裁夫人だったきょう子氏に交代する羽目に。当時大川総裁は、選挙ポスターに相応しい「顔」で饗庭氏を選んだとしつつ、以下のように酷評していた。

〈並んだ政党幹部の顔ぶれを見渡すと、彼が教団内の役職で最も格下だった。(略)その点、家内は教団内の知名度も100%だし、記者会見の対応や質疑応答の能力も高かった。(略)饗庭君から家内に交代しただけで、当選者はたぶん三倍以上になりますよ〉(「文藝春秋」09年8月号)

 何倍してもゼロはゼロ。「守護霊が生意気なことを言った」などといった理由で総裁の不興を買った饗庭氏は、翌年に北米本部へと異動。そして12年、なぜか「米国共和党の顧問に就任」との触れ込みで、久々にメディアに登場したのだった。

■「国政に出たい」

「日本のオバマ」を目指すはずが共和党とは、どこでねじれたのか知る由もないが、最近では、

「党役員を辞めて還俗し、一介の信者としてあらためて政界進出を狙っています」

 とは、さる教団関係者である。何でも、共和党の支持母体である草の根組織・ACU(全米保守連合)の「パートナー」として、2月にJCUなる一般社団法人を立ち上げたそうで、

「彼は、『共和党顧問の肩書と教団の集票力をアピールして、自民党の有力議員の秘書か派閥の事務局に入り込む。それから公認を貰って国政に出たい』と話している。教団の現状にも不満を漏らしていて、『自民の公認が取れたら、それを武器にして教団2代目の“後見人”の地位を得る。今は自分のシンパを集めている』などと熱く語っています」



 現在、東京MXテレビの情報番組 http://gugumaru.com/に「政治評論家」として出演中の本人に聞くと、

「今年の4月末で党役員を辞めました。いまは一般の末端信者で、JCU http://conservative.or.jp/news を通じて

国内の保守運動を団結させたいと考えています。私は元来、自由人なので、教団復帰は考えていません。

国政選挙に出る噂があるとは初耳で、驚いています」

 そう煙に巻くのだが、

「もともと目立ちたがりで上昇志向が強く、毀誉褒貶のある人物だった。現役職員の間からは、『還俗したのなら、教団から授かった直道の法名を返すべきだ』と批判の声が上がっています」(教団ウォッチャー)

“乗っ取り”を画策されている幸福の科学は、

「饗庭氏のさらなる活躍を期待しております」(広報局)

 と、素っ気ない。いっそお得意の守護霊を呼び出し、白黒つけてみてはどうか。

「ワイド特集 復活の日」より
※「週刊新潮」2015年9月17日号

 


http://www.aeba.jp/news/aeba-jikido-mail-magazine-start/ より

 

「あえば直道メールマガジン」スタートいたしました!共和党顧問 あえば直道 × 共和党大統領候補 ベン・カーソン 対談

 

こんにちは。共和党顧問、あえば直道です。

しばらくブログを休止しながら準備を重ね、先日、ようやく『あえば直道メールマガジン』をスタートいたしました。どこよりも早い、大統領選挙の見通しや選挙の裏側、アメリカ政治、次の時代の日米関係のあり方など、今後、メルマガ会員の皆様に随時、お届けしていきます。先週末に配信したメルマガでは、現在、共和党大統領候補として、全米第2位の支持率を誇る、ベン・カーソン氏と自分との、特別対談動画を掲載しました。今、登録くださったみなさんには、ベン・カーソン氏との特別対談動画をお送りします。

『あえば直道メルマガ』登録はこちら!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://39auto.biz/jcu-jcu/touroku/entryform1.htm

共和党顧問 あえば直道 × 共和党大統領候補 ベン・カーソン 対談

共和党顧問 あえば直道 × 共和党大統領候補 ベン・カーソン 対談

https://www.youtube.com/watch?v=y5mnLNg13d8

ベン・カーソン氏の次にご紹介する予定の超大物ゲストは、連邦議会・下院政調会長のルーク・メッツァー氏です。

ルーク氏とあえばとの対談動画も、メルマガ会員の皆さんにお送りしますので、ご期待ください。

みなさま、「あえば直道メールマガジン」、どうぞよろしくお願いいたします。

『あえば直道メルマガ』登録
https://39auto.biz/jcu-jcu/touroku/entryform1.htm

 メルマガ開始 あえば直道氏 ブログ転載

・ おかげさまで
動画追記 BS12の新番組 饗庭直道氏「ググって○○聞いてみた!?~ニュースの裏側調査会~」
番組の引越し 「地上波 東京MX局に、お引っ越し」あえば直道氏 ブログ転載

[TOKYO MX]ググって○○聞いてみた!?【ヒロシ】♯008 全編

動画追記 BS12の新番組 饗庭直道氏「ググって○○聞いてみた!?~ニュースの裏側調査会~」

・【長谷川豊】「当たり前のこと」を言ったら安倍内閣の支持率が急回復

 ・長谷川豊氏 安保反対集会めぐる報道ステーションの報道を「ウソ」と指摘 産経のアンケート調査が見事な件

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スノーデン氏が語る宇宙人情... | トップ | 選挙のたびに主張が変わる翁... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。