酒ぶろーぐ

酒を飲んでの失敗談、成功談の他、身近に起こる変なことなどを書き続けます。

澤乃井酒蔵見学2_利き酒三昧

2010-03-07 15:02:14 | 


>酒蔵見学の後は、
いよいよメインイベント。
利き酒処にて、利き酒しまくります。




1杯目
「亀口酒」
蔵元でしか買うことのできない、
搾ったままで加水などの調整をしていないお酒。
調整していないので、アルコール度数もその日によって違うし、高い。
少しにごっている。
濃くて純粋な日本酒の味がして、美味しい!

最初にお猪口つきで1杯200円(金額は銘柄による)で飲む。
次回からはお猪口を出せは1杯100円引きで飲むことができる
という、システム。




2杯目
「元禄」
創業当時を再現した酒、なのだそうです。
けっこう黄色い色。
しかし色のイメージに反して、飲みやすい。
すっぱいのかと思ったら、逆で、まろやか。
この味もわりと好き。

ちなみにこのお猪口の底の青いぐるぐる模様は利き酒用の模様で、
お酒の色を見るための模様なのだそうです。
白の中に白い液体だと、色がいまいちわかりずらいからだと思う。




3杯目
「本地酒」純米
これも飲みやすい。
メモってないので正確な感想を忘れた・・。




4杯目
「蔵守」
例の酒蔵で眠らせていた古酒。
やはり色が相当濃い。
味も日本酒というより泡盛に近くなっているかんじ。




5杯目
「彩は(いろは)」
木桶仕込、杉の上品な香り、なのだそうです。
普通のよりも100円高かった。




6杯目
梅酒「ぷらり」
日本酒で漬けた梅酒。
焼酎ものよりも、まろやかで美味しいかも!


この後は、気に入った銘柄を再度リピート試飲。
あと2杯くらい飲んだのかな?忘れた。

でも、同じ蔵元のお酒を飲んでいるせいか、
あまり酔わない。ような気がする。




利き酒処から澤乃井園を見渡す。
雨なので人出がやや少ないかも。




雨の中の梅も、なかなか良い。

利き酒処で飲んだ後、
下におりてこの澤乃井ガーデンで飲んでいこう、
と言っていたのだけど、すぐに閉まってしまったので、
電車に乗って立川駅前の居酒屋で飲んで、解散した。


こちらにもレポートを掲載しました。
へんてこえ日記

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 澤乃井酒造見学1_いもうと... | トップ | 和酒バー「庫裏」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL