小春奈日和

赤ちゃんは、人間は、どのように言葉を獲得するの?
わが家の3女春奈と言葉の成長日記です。

子音が入れ替わる

2016年10月29日 01時18分45秒 | 日記
2013年6月15日(土)5歳2か月)
 
 
 このブログを書くにあたって、僕はネームをサダロンと
している。
 
 実はこれ、ヒッポネームである。
 
 ヒッポファミリークラブではお互いニックネームで呼び
合う。
 
 そして、ヒッポではこのニックネームのことをヒッポネーム
という。
 
 
 さて、今日はそのヒッポファミークラブの体験会。
 
 メンバーはみんな名札シールに自分のヒッポネームを
書いて貼ってね、と言われたので僕が自分の名前を書こう
とすると、横から春奈が、
 
 「はるなが書くー」
 
と、言うから任せてみた。
 
 でも春奈が書いてくれた名札には「さらどん」とあった。
 
 SA-DA-LO-Nが、SA-LA-DO-N。
 
 真ん中のDとLが入れ替わってしまったわけだ。
 
 これと同じことが幼児にはよくある。
 
 たとえば、たまご(TAMAGO)と言う時に、
 
 「たがも(TAGAMO)」
 
と、言う。子音が入れ替わってしまうのだ。
 でも、母音は合っている。
 
 しかし、文字でも同じことが起こるとは知らなんだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 541 出雲臣と青の人々 その14 | トップ | 542 出雲臣と青の人々 その15 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。