でこのブログ☆私好みの宿日記

雑誌やブログで気に入った宿や店を見つけては
あちこち出掛けています。

HIRAMATSU熱海3 静岡県

2017年06月15日 | 静岡県の宿

先日「おじゃマップ」で香取とザキヤマが「ひらまつ仙石原」に泊まっていました。

見られた方もいらっしゃるかもしれないですね。

賢島も熱海もロケーションは「海」ですが、仙石原は緑いっぱいの中にあって

それはそれでなかなか素敵でしたよ。

さて、ひらまつ熱海のメインダイニングです。

HPの写真より狭く感じましたね。

全13室なので、これぐらいでちょうどいいのかもしれませんが。

海を臨むロケーション。

それはそれは素敵でした・・・

冬だと日没が早いのでディナーの時間帯にはもう真っ暗ですが

今の季節は日が長いので、刻一刻と変わる景色を食事と一緒に楽しむことができました。

案内された席は、窓際ではなく、廊下側。

これは想像ですが・・・多分客室のランクによって、席が決まってるような気がします。

まあ、それもしょうがないですね。

お部屋の広さとロケーションは「お金」で買うんですから・苦笑

 

さて、ひらまつご自慢のディナーです。

相模湾の恩恵を受ける地元熱海の新鮮な魚介類はもちろん

旬の産地を厳選した全国から取り寄せた豪華な食材を使った正統派フレンチ。

料理長の三浦シェフは「ひらまつパリ」で実績を積み、「フラッスリーポールボキューズ大丸東京」の

料理長を務めたひらまつきっての実力派シェフなんだとか。

フランス語の下に日本語で長々と書かれたメニュー(庶民訳を付けて欲しい)

・・・という事で、スマホで調べて意味を調べました。(食べてから知っても・・汗)

ホワイトアスパラガスとフォアグラの燻製 竹炭のソースオランデーズ

ホワイトバスサミコスでマセレした苺をアクセントに。

(庶民訳)オランデーズソース・・・バターとレモン果汁を卵黄で乳化し塩コショウで味付けしたソース

     マセレ・・・果物をワインやリキュールに漬けること

蒸しアワビとキヌアのサラダ カリフラワーの食感とオシェトラキャビア

山芋とアワビの肝ソースを添えて

(庶民の雑学)キャビアはいろいろありますが、世界的には「ベルーガ」>「オシェトラ」>「ゼブルーガ」の

       3つのが「キャビア」として認めらえているんですって。左から高価な順。

相模湾の赤座海老と箱根西麗の菜花をカダイフで包み

オレンジ風味のブールブランで

(庶民訳)ブールブラン・・・白ワインや白ワインビネガーで、刻んだエシャロットを煮詰め

              バターや生クリームを混ぜ込んで作るソース。

    カダイフ・・・小麦粉でできた極細の麺状の食材

伊東漁港で水揚げされた1本釣りの地金目鯛のヴァプール

明日葉の天ぷらとムール貝のソテー ソース・ノワイリー

(庶民訳)ヴァプール・・・蒸気で蒸すこと

     ノワイリ―・・・ノワイリ―酒

フランス産子牛背肉のロースとモリーユ茸のソテーとピューレ

じゃがいものフルムダンベール ジューソース

(庶民訳)フルムダンベール・・・フランス産の青かびのチーズ

     ジュソース・・・フォンよりも肉の旨味の強いだし汁

チーズいろいろ  好きなものを好きなだけ・・・

これは賢島にはなかったサービスですね。

ハード系からしっとり系まで・・・多分どれもお高いチーズなんでしょう。

お好きなものを・・・と言われても、どんな味なのか分からないので

「全部食べてみたい」の私のわがままな一言に、少量ずつ全種類取り分けて下さいました。

本当にいろんな味、食感、風味でした。

抹茶のビスキュイ グラスヴァニーユ(バニラアイスのこと)→あえて「バニラアイス」と言わないところがひらまつ?!

小菓子

ちょうど誕生日だったので、ケーキのサービス。

甘い甘い甘いの3連発に・・・さすがに食べられず

翌朝の朝食の時に出していただきました。

朝ケーキ!?

賢島は、伊勢エビなら伊勢エビ、アワビならアワビ・・・とその食材がそのままの形で

そのままの味をストレートに楽しめるように調理されていたのに対して

熱海は、同じ食材でも、かなり手の込んだ凝ったフランス料理・・・という印象。

滞在のハイライトとなるディナー・・・フレンチレストランひらまつの

舌を噛みそうなメニューの最上級フルコースを

数寄屋造りの和のダイニングで味わう事ができるのも、ほかではできない体験でした。

 

朝食も、夜と同じダイニングルームで。

昇ったばかりの朝日が海面に反射してキラキラしている景色を眺めながらの朝食も

ここに宿泊したゲストにしか味わえない特権ですね。

ひらまつは賢島もそうでしたが、支配人とは別に、女将というポジションがあります。

その女将さんが私達にいろいろ話し掛けて下さり、ゲストとの重要なコミュニケーションを

担っているなぁ~と感じました。

これまではひらまつのウエディングの担当をされていたそうで

ゲストに寄り添う気配りや気さくさは、そこから得られたスキルなのかも。

どことなくお顔がアマネムの女支配人さんに似てました。

やり手の女将さんは、お顏が似るのかしら・笑

焼きたてパンと、エシレバター・アランミリアのジャム・地元産のはちみつ

ミントのシロップが掛かったヨーグルト

トリュフとフォアグラの入った卵料理 

朝から贅沢極まりない。

朝食もとても美味しくいただきました。

チェックアウトはお部屋で。

こちらから時間を指定するとお迎えのタクシーがきます。

最後は、支配人さん、女将さん、料理長さん、スタッフさん2人・・・総勢5人が

一列に並んで、タクシーが見えなくなるまで手を振ってお見送り。

恐縮してしまいました。(写真を撮れば良かった)

このスタッフ総出のお見送りは賢島にはまったくなかったサービス。

やはりここまで丁寧なお見送りをされると、最後に印象がアップしますね。

お土産は、朝食の残りのパンとアランミリアのジャム。

これは賢島と同じ。

インテリアデザインや家具調度品、飾ってある絵画、器やグラス、カトラリーなどすべて一流品・・・

こういうラグジュリー感満載のお宿って、接客もな~んか丁寧過ぎてしまい、堅過ぎてしまい

こちらまで緊張して、素を隠し(苦笑)かしこまって応対してしまうのだけれど

ここはそういう事は全然なかったです。

たまたま私達に付いて下さったスタッフさんが、そういう方だったのかもしれませんが

とってもほんわかした話しやすく気取った素振りが全然ない気さくな女性だったので

こちらもつい「名古屋弁」が出てしまうほど、気心が許しておしゃべりできたので

窮屈な思いは一度もしませんでした。

 

温泉付きの客室、食事を楽しむメインダイニング、眺望を楽しむラウンジ・・・

この3つのみのこじんまりした宿。

賢島のひらまつのようにスパも大浴場もありません。

なのでアクティブにあちこち移動して楽しむのが好きな方には不向きかもしれませんが

プライベート感重視の方にはピッタリのお宿です。

ただ賢島と両方行って感じるのは、客室の造りが全く同じなので(仙石原も)

少し面白味に欠ける事かしら。

ダイニングは3つとも雰囲気が違うし、出される料理も違うので(仙石原の料理は知りませんが)

客室もそれぞれ個性を出して欲しかったな。

しかし、素晴らしい滞在になる事は間違いないので、なかなか簡単に行ける料金では

ありませんが、記念日とか還暦とか何かのお祝いとか・・・とっておきの日に

ちょっと頑張ってお泊りされてみてはいかがでしょう。

最近、だんだん宿泊料金が下がってきたので、少し手が届きやすくなってきた気がします。

 

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« HIRAMATSU熱海2 静岡県 | トップ | AMAN東京 レストランbyアマン »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
待っていました (まろろん)
2017-06-15 11:42:51
作り手の顔が見えるような素晴らしいお料理ですね。
ひとつひとつ、どんなお味だろうと 今後も 繰り返し写真を、見せていただくことと思います。
高額であっても 満足感一杯で また明日からがんばるぞーてなると とてもしあわせですよね。

今回、エクシブ有馬離宮の 関西おばちゃん率は非常に高く、 華暦で 美味しい食事を楽しんでいるのに、突然”ぎゃはは・・・”と笑い声が!
振り返ったら5人のおばちゃん達でした。
朝6時に お風呂に行っても、すでにいっぱい。
あのお湯は よそから運ばれてるそうなので、でこさんが"他所より金の湯が薄い"と書いてらしたのも もっともでした。
外車も少なく、ほとんど国産でしたよ。
もっとも 友人がオーナー(彼女はベンツ)で 他3人は連れて来てもらってるだけなので、阪急バスで行ったのですが。

今年 ちょっとしたことの副会長になり、ストレスがたまっていますので、こちらの美しい写真で、すごく癒されています。
また あちこち教えてくださいね。
「おじゃマップ」見ました (きんた)
2017-06-15 18:38:58
芸能人はおごり?番組で行けるんですもんね〜
私が持っているクレジットカードで「ひらまつ」の宿泊券プレゼントがあって
当たりっこないけど(笑)でこさんのブログで知ったお宿ですから
応募だけでもしようかな〜って思いました。

でこさん名古屋弁まで出ちゃって楽しまれた様子が伝わります。
ひらまつは無理でもエクシブなら知り合いに頼んだら行けそう〜ですが
旦那とふたりじゃ浮きまくる(庶民丸出し)から

でこさんブログで行った気分を味わうのが一番です。
猫の活動も?お忙しくて大変だと思いますが
色々なお宿や私の知らない名古屋の最新スポットなど
楽しみにおじゃまします。
Unknown (アリス)
2017-06-16 12:38:15
お料理の名前がすごすぎて、発音できない・・
やはり、フランス料理は一つ、一つの品が
手が込んでいて、すごいね~

こういう高級フフレンチなら、食事だけでも
かなりのお値段だから、朝食のことも考えたら
この宿泊料金も納得かもね・・

それにロケーションも最高だし、夕暮れ時の
美しい海を眺めながらの食事はいいよね~

この記事で、食べた気になって、いい気分を味わえたよ~☆彡
Unknown (でこ)
2017-06-16 17:44:12
まろろんさんへ
有馬離宮の光景が目に浮かびます~~笑
まあ、それも含めて「有馬離宮」なので良し!としましょ・笑
実は明日「エクシブ琵琶湖」へ行きます。
オールドエクシブなので気軽に過ごせそうです。
ここも「関西のおばちゃん率」お高めかしら?

やはりオーナー様のお友達はベンツでしたか!笑
先日、子猫を2匹もらって下さった方・・・
エントリーシートに書かれた住所が、名古屋の高級住宅街だったので
どんなお車で(猫の)お見合いにいらっしゃるかと興味深々でお待ちしていたら・・・
一番大きなBMWで登場され、我が家の狭い敷地に停めるのが大変で、何度も何度も切り返してやっと駐車・汗
ということで・・・段ボールで捨てられた子猫2匹、BMWのおうちにお嫁にいきました~めでたしめでたし・笑

副会長ってある意味、会長より大変な面がありますよね。人生勉強だと思って頑張って下さいね!!
Unknown (でこ)
2017-06-16 17:49:16
きんたさんへ
私も思った!思った!
芸能人はタダであんな高級宿に行けて
おまけにギャラまでもらえるんだ~~って。
羨ましいったりゃありゃしない!

きんたさん、私1度だけ宿泊券当たった事あるよ!
応募しないと当たらないから、ダメモトで応募してみて~笑

今、名古屋のゲートタワーの中にある「サラベス」に
行きたいと思ってます。
でもすごい行列なのよ~~
世界一の朝食?食べてみたいわ。
Unknown (でこ)
2017-06-16 17:51:31
アリスさん

>お料理の名前がすごすぎて、発音できない・・

そうなのよ~~~
発音も出来ないけど、意味もさっぱりわからなくて
アリスさんのコメントに背中押されて
スマホで調べて「訳」付けたわ・苦笑
ちょっとわかりやすくなったでしょ。

明日琵琶湖テラス行ってくるね!
Unknown (宇宙ママ)
2017-06-23 08:33:01
素敵ですねー
行ってみたいです チーズ食べたいです
食べた事がないので エシレバター
食べたいです

お見送りに、料理長さんまでいるんですね
確かに恐縮してしまいますが
お見送りされたいです


お部屋の広さとロケーションは、お金で買う・・・・
納得です!!!
Unknown (でこ)
2017-06-27 13:25:35
宇宙ママさんへ
コメントありがとうございます。
先日、スーパーで「エシレバター」が売っていたので
思わず値段を見てしまったのですが
30gの使い切りサイズで400円程度でした。
フランスではこの8分の1で買えるんだそうです。
・・・ということは、50円!??笑

ひらまつはその30gのエシレバターが出てきましたが
賢島でも熱海でも、当然食べきれず、残してしまったんですが
あの残ったエシレバターの行方が気になってます・笑

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL