バラ肉色の生活

おすすめ無料ソフト・お役立ち情報、気に入った作品など雑多に紹介しています。

フラガール

2006年10月06日 | 映画
この映画は実話を元にした映画で、福島にある「常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアンズ)」の誕生の物語を温かい視点から描いた、素晴らしい作品です。

10/4の平日はレディースデイに見に行きましたが、観客数も多く人気の程が伺えます。
驚いたのは客席のあちこち、殆どの観客が泣いていた事でしょう。
泣いてカタルシスを味わいたい方には、是非観て欲しいし、ストレス発散になって良いと思います。

隣にいた友人なんて途切れるまもなく泣いてました。ハンカチでズヒズビやってましたもの(笑)

こんなにも純朴で一生懸命だった日本人の姿に感動するのは当然かもしれませんね。

映画の舞台は昭和40年の常磐炭鉱が大幅な人員削減が迫り、炭鉱で生活していた人々は起死回生の為に炭鉱の町から「楽園ハワイ」を作り上げるというプロジェクトを開始しました。

実在の人物をモデル(カレイナニ早川。現在70歳にして現役のフラ講座講師)にした、かつてSKD(松竹歌劇団)で活躍した東京から来たダンス教師の役は、松雪泰子。
それ以外の役者さん達は全てが福島弁の強い訛りで、その言葉が温かく感じられて古き良き時代にすんなりと入っていけるようになっています。

舞台も見事に往時を偲ばせ、はげ山の炭鉱には緑が殆ど無く、人々は一階建ての長屋のような家に住み、内風呂が無いので和気藹々と銭湯に通い、どのふすまもボロボロでろくな布団も無い有様。
その閑散とした町の中で精一杯生きていく、逞しい人々の姿は見るだけで胸に迫ってくるものがあります。

微笑ましいシーンや爆笑シーンも盛り沢山で、泣いて笑って、といった典型的なエンターティメント映画です。

松雪泰子演じる平山まどかは、東京の粋で当時のパリモードファッション雑誌から抜け出たように、あか抜けたセンスとヘアースタイルで、炭鉱の人々との違いを浮き彫りにするという案配。
元々松雪さんはスタイルが良いので、思わずお手本にしたくなるような姿が良いですね。

最初はフラダンスを教える事など最初(ハナ)からなかったまどか。
借金の為に遠い田舎に来てしまった事に投げやりになり、毎度居酒屋で飲んだくれる日々。

しかし常磐の女性達は「フラガール募集」という広告を見て、炭鉱から抜けてフラダンスを習おうと決意します。
何しろ盆踊りしか知らなかった当時の女性にとって、フラダンスというリズミカルで激しい踊りを習得するのは不可能といって良かったでしょう。
炭坑夫達は頑固な人達ばかりなので、北国である常磐にハワイを出現させるなど、もっての他とダンスを習おうとする彼女達に反対します。

様々な映画でクールな姿で颯爽と登場する豊川悦司は、今回は炭坑夫という事でいつも真っ黒な顔(笑)
しかも凄い訛りでしゃべるのが、新たな役を開拓したという感じで好感が持てます。

この映画の見所は随所にちりばめてあるのですが、何といっても満足な踊りが出来なかった田舎の少女達が、素晴らしいタヒチアンダンスを習得し、あか抜けていく様を見る事です。

フラダンス習得の為に3ヶ月の練習をしたというから凄いです。
圧倒的なフラダンスの凄さは劇場でも見て欲しいですね。
でもDVDが出たら絶対にレンタルしますよ。それ位何度も観たい作品です。

ハラハラさせる場面あり、涙が止まらない場面ありと、盛り沢山な内容で、最後には美味しい料理を食べたような満足感で一杯になる事でしょう。

新人映画女優として南海キャンディーズのしずちゃんが、朴訥な田舎の少女を演じているのも見逃せません。
ミュージカル「アニー」でデビューした蒼井優も、田舎娘から美しいフラガールに変身して、情熱的なフラダンスを披露する様も素晴らしいです。
富司純子さんは「緋牡丹賭博シリーズ」などで極道の女を演じていましたが、今回は蒼井優さんのお母さん役で、頑固ながら強い信念と影でひっそりと子供を思いやる優しい当時の母親像を演じていて、これ又好感が持てます。

音楽はウクレレ奏者の「ジェイク・シマブクロ」
「フラガール」オリジナルサウンドトラックもあれば、「フラ・スタイル・ミュージック」という劇中で流れるハワイアン・ミュージックもあります。

この映画のお陰でいわき市の「スパリゾートハワイアンズ」に行く人が増えるかもしれませんね。
この秋にぴったりの心温まる映画を是非見に行ってみて下さい。
ハンカチは忘れずに〜(笑)

【フラガール公式サイト】
【フラガール公式ブログ】

フラガール
ジェイク・シマブクロ, サントラ, ナレオ
ソニーミュージックエンタテインメント
Amazon価格2940円
このアイテムの詳細を見る
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CDex使い方詳細編 | トップ | のだめカンタービレ »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
絶妙な配役☆ (パフィン)
2006-10-06 21:11:28
TBありがとうございます!

公開2日めに鑑賞したのですが、すでに満席近い

人気でした♪じわじわと盛り上げていく展開、

配役の妙、ダンスシーンの見事さ等など、本当に

良い映画だと感心しました。



豊川さん、好感度アップです
こちらこそ〜(^-^) (アキラ)
2006-10-06 21:26:48
こちらこそ、TBを有り難うございましたm(_ _)m

本当に配役が良かったですね〜。しかも皆さん自然な感じで福島訛りをしゃべっていたのが、凄く素敵でした♪

そうなんですよ、豊川さんは今回の役でとても役の幅が広がったなぁ、と思いました(^-^)

多くの人に観て欲しい映画ですよね♪
面白かったんですか・・・ (あきすけ)
2006-10-06 21:51:14
フラガールは母が一人で行ってきましたよ。しかも雨が降ってるのに気晴らしがしたいと言って。

でも私は面白そうじゃないと思ってて一緒に行かなかったんです。

どうも邦画は好きじゃないので。きっと寝てしまうと思ったんです。

けど皆が面白いって言うなら見ればよかったかな。

テレビでやってくれるのを待ちます♪
是非TVで観てね♪ (アキラ)
2006-10-06 22:14:52
昭和40年代だから、昭和生まれの人々にとっては郷愁を誘う映画だと思うんですよ♪だからこそ、あきすけちゃんのお母さんが見に行ったんじゃないかな〜。

邦画も捨てたもんじゃないですよ。このフラガールはアメリカ映画みたいな作りだったので。日本の映画というと現実味があり過ぎるのと、テンポがゆっくりというイメージがありますよね。

テレビでやるにはおそらく1年くらいかかりそうですが、その頃に観て楽しんで下さいな〜♪

時々ブログに来てくれて有り難う〜☆
TV放送は長いですね (あきすけ)
2006-10-06 22:34:09
一年も待てるかしら?忘れてそうだ。

そうそう、邦画ってテンポが遅いんですよね。の〜んびりしてて、最初の話が長い。野村萬斎主演の陰陽師ってありましたよね。あの気蝋イなんですけど、兇笋辰燭箸やたらとのんびりしててあろうことか寝ちゃったんですよ!陰陽師は好きな映画だったのに!!

この間観たデスノートも楽しみにしてたんだけどやっぱり寝てました・・・。

フラガールかぁ。今むしょうにフラダンスやりたいです。(痩せるために(爆)
私も痩せたい(爆) (アキラ)
2006-10-06 23:06:10
うんうん。確かに邦画ってテンポがゆっくりで、緊迫感が無いっていうのがあるよね〜。でもあり過ぎた「ミッション・イン・ポッシブル3」はハラハラし過ぎて緊張しっぱなしでした(笑)



陰陽師は私も野村萬斎さんが出ていたので、好きでしたよ〜♪私はIIの方はTVでチラッと観た程度なのだ。何か予告観たら面白くなさそうだったので(爆)



デスノートはマンガの原作自体が分かりにくいので見に行ってないのだけど、これから続編が公開されますね。Lが映画ではどうなるのか謎です。



私も痩せたい一心で食事制限とかもしてるんだけど、やはりお腹が空くものは空くんですよ、トホホ。で、運動もしなきゃいけないけどお金のかからないウォーキングだと雨天は嫌だしね(笑)今、無性にお腹が空いてます。
痩せなくてもいいじゃないですか! (あきすけ)
2006-10-07 20:25:43
そんなっ、充分良い細さだと私は思いますが・・・。痩せすぎも良くないですし。



ミッションはハラハラさせられましたね!あれは続編じゃないから良かったと思ってます。アクション系が大好きだからかもしれないけど、ありきたりでもそういうのが楽しめます。

陰陽師は狂なくてもいいですよ〜。ほんとに面白くないですから(爆)ただ萬斎さんが見たいがために狂たんですけど、女装がえっ・・・という感じだったので印象にも薄いです。

デスノはちゃんと後編も見ますよ〜。正直言うと映画にはして欲しくなかった作品です。
いや肥り過ぎなんです… (アキラ)
2006-10-07 22:48:20
こないだ旦那の会社の健康保険組合で実施している、健康診断に行ってきまして、肥りすぎっていう診断がありました…。何しろ3年前より5Kgも太ってたんです。え〜ん。



アクション映画ってハラハラするけど、良作だと面白くてワクワクするよね♪

ええっ!萬斎さんって女装をしたの?う〜ん、似合ったんだろうか…ちと疑問(笑)

デスノートはアニメにすれば違和感が無かったんだろうね。でもそうすると制作費や制作日数がかかるから、実写にしちゃったのかな。

後編を観たら感想をきかせて下さいね〜♪
モアーズ行ってきました! (あきすけ)
2006-10-08 19:30:06
毎度失礼します。

今日、モアーズのガシャポン見てきました。平坂書房のとこにあったのだけですが、豆腐屋ジョニーのガシャポンはなかったです・・・。あとどこに置いてましたっけ?



陰陽師の話をすると、萬斎女装ははっきり言って似合ってません!今度見る機会があったらちらっと覗いてください。最後の方です。

加えると女装といっても神聖な儀式のために巫女さんみたいな格好をしてるだけですよ。記憶が定かでないのですが、一目見てやばいなと思ったので・・・。

なんか萬斎さんをけなしてるみたいですけど、ちゃんと好きですから!
Unknown (ポニー♂)
2006-10-09 15:07:15
こんにちは〜!

アキラさんって名前だけで勝手に男性の方だと思ってました(^^;

ごめんなさいm(_ _)m



フラガールって泣けるんですか〜!

最近泣ける映画に出会ってないんです…

レンタルはじまったら借りてみたいと思います♪
レスが遅くなりました〜 (アキラ)
2006-10-11 22:59:38
あきすけちゃん>

ガシャポンは他にもあったかもしれません。場所はうろ覚えですみません。

でも確かダイエーにもあったような気がします。



う〜ん、野村萬斎さんの女装は似合わないですか(笑)

実は巫女さんの格好をホテル兼結婚式場で、長いことやってましたよ〜。

ロングの付け毛をして、雄蝶、雌蝶という者になるんです。

うんうん、ファン心理でもダメなものはダメってはっきり言いたい時ってありますよね。

私も長年ファンをやっているタレントなどでも、ここはアカンとか、色々と書いてしまう事って良くありますよ(笑)

これも好きだからこそ、なんですよね♪
レスが遅くなってすみません (アキラ)
2006-10-11 23:00:32
ポニー♂さん>

レスが遅くなってしまってすみませんでした。

そうですよね、アキラって男の人の方が断然多いというか、マンガでもアニメでもアキラって登場人物が多すぎて、このハンドルネーム間違ったかなぁ(笑)と思っています。

でもドラゴンクエストが初めて発売になった時から、パソコン通信時代にも使っていたので、愛着がありまして〜♪

フラガールってとても泣けるし、少女達が輝いていてとっても素敵な映画でしたよ〜☆

是非レンタルして観てみて下さいね〜♪
ありました! (あきすけ)
2006-10-13 21:12:46
気にしないでくださいね!

アキラさん、ありましたよ。ダイエーに。

キーホルダーじゃないけど、ハンカチっぽいのがあったのでやってきました!

好きなヤツが当たったので嬉しいです☆



そうそう、月末あたりにデスノートの映画が金曜ロードショーでやるんですよ〜。

まだ一年も経ってないのにテレビでやるなんて酷いです。
Unknown (M♪ Boy)
2006-10-14 01:57:25
「フラガール」オススメなんですねー。

見てみようかな。

最近は、忙しくろくにビデオも借りれてないのですが、久々に何か借りてみようかと思います。
レス遅くなってすみません。 (アキラ)
2006-10-23 17:59:23
あきすけちゃん>

10日も経ってレスとは本当に申し訳ないです。

もうデスノートがやるんだねぇ。早すぎない?

TVでー前編を観て、映画館で後編を観て欲しいという事でしょうか。

それだけ映画館で観てもらえると儲かる、という事なんでしょうね。

だから有名外人俳優が目白押しで日本に来日する訳ですな〜。
Unknown (アキラ)
2006-10-23 18:00:04
M♪ Boyさん>

どうも今頃レスで申し訳ございませんでしたm(_ _)m

私も忙しくは無いのですが、DVDとか観てないですね〜。

お薦めは一杯あるんですけど、これから発売になる「スーパーマン・リターンズ」なんていいですよ〜♪

それからこれから公開される「スパイダーマン3」もお薦めですね〜。

泣ける映画は「涙そうそう」です。

猛烈に泣けました。

映画が終わって明るくなったら、観客の人達の顔が凄かったです(笑)

なぜって、鼻と目が真っ赤だったんですよ〜。

それだけ泣いた人が多かったみたいですね。

日本映画がお好きなら「半落ち」なんかもいいです。

「The 有頂天ホテル」もお薦めかな〜。

今日やるドラマ(フジテレビ系列・午後9時より)「のだめカンタービレ」もお薦めですよ♪
スパ (kimion20002000)
2006-11-18 20:51:49
TBありがとう。
間違いなく、今年は、このスパに観光客は増えるし、いわき市への滞在客も増えるし、フラを学ぶ人も急増するでしょう。この「フラガール」効果はすごいと思いますよ。
日本インターネット映画大賞募集中 (日本インターネット映画大賞スタッフ)
2007-01-07 08:11:40
突然で申しわけありません。現在2006年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票に御参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.mirai.ne.jp/~abc/movieawards/kontents/index.htmlです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
フラガール/松雪泰子、豊川悦司、蒼井優 (カノンな日々)
南海キャンディーズのしずちゃんが一人で踊っていた劇場予告編はかなり以前から見せられていたので、全容が掴めないものの何だか気になる作品だったわけですが、公開が目前にして宣伝量も一気にアップしていくに従って前評判おグングンと高まっていきましたね。い ...
フラガール (パフィンの生態)
李相日監督、脚本、2006年日本。 常磐ハワイアンセンターが誕生するまでを描いた映画。 あきらめない姿、お互いを支えあう姿、理解し、和解する姿に感動! 生活のために、自分のために、初めてフラダンスに挑戦する少女たち (蒼井優、徳永えり、山崎静代など ...
『フラガール』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『フラガール』鑑賞レビュー! 感動の映画化だっぺ!観てくんちぇ! フラ、踊っぺ! 人生には降りられない舞台がある…。 常磐ハワイアンセンター★(現・スパリゾートハワイアンズ)の 誕生を支えた人々の奇跡の実話 まちのため、家族のため ...
*フラガール* (Cartouche)
{{{      ***STORY***           2006年    日本 昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフト、世界中の炭鉱が次々と閉山していた。そんな中、福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活かしたレジャー施設「常磐ハワ ...
愛と勇気と感動のエンターテイメント・・・【フラガール】(2006年13本目) (ON THE ROAD)
うっ!ダメだ! キ・・キタ━━━━(T∀T)━━━━!! な・・涙が止まらない でも・・・オレだけじゃないよ。 場内の暗闇のあちこちから聞こえる。 グスン・グスンと鼻をならす音 どんなに辛く悲しくても    「おどっぺ」と未来に向う彼女らに もう館内のあ ...
「フラガール」 (てんびんthe LIFE)
「フラガール」九段会館で鑑賞 またまた昭和のお話です。昭和40年。当時福島県の炭鉱町で炭鉱を閉山し、あの『常磐ハワイアンセンター』をつくっていった実話だそうです。昭和の時代を回顧する作品がこのところ続いて公開されていますが、なんでこんなに辛く ...
感想/フラガール(試写&劇場) (APRIL FOOLS)
個人的にはここ数年でベスト。9月23日公開、李相日(リ・サンイル)監督最新作『フラガール』に涙止まらず。オレがチケット代出してでもみんなに観てほしい傑作なので、長いけど読んでくれろ。   フラガール 昭和40年、石油の登場でいわきの炭鉱は閉鎖寸前。 ...
フラガール・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
今から40年ほど前、東北の田舎町に、突如として「ハワイ」が出現した。 斜陽産業となっていた炭鉱の失業対策として、掘削のさいに湧き出る温泉とその熱を利用し、巨大なドームの中に常夏のハワイを再現した温泉リゾートを作った
『フラガール』 (ラムの大通り)
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 「まいったな。 まさか、李相日監督の映画で涙が出るとは思わなかった」 ----『69 sixty-nine』のこと、 いつもよく言わなかったものね? でも、これもあ ...
フラガール (Akira's VOICE)
感情豊かに舞い上がった笑いと涙が気持ち良い!
フラガール☆独り言 (黒猫のうたた寝)
バスを降りた少女が見つけた1枚のチラシそれが・・・運命を変えた。このままじゃ、イヤだ!何かを変えたい!『フラガール』観てきました。冒頭の映像、結構好きだなぁ〜クラクション鳴らされて、慌ててよける少女の遠景から、手にとるチラシまでそれが早苗ちゃん ...
『フラガール』 李相日監督 いまの日本映画の魅力が凝縮 (物語三昧〜できればより深く物語を楽しむために)
評価:★★★★☆星4つ半 (僕的主観:★★★★☆星4つ半) ? 妻にせがまれたので、邦画『フラガール』を見に行く。個人的には、あまり昨今の邦画は見に行かないし、邦画程度のレベルを映画館で見るのはなぁ、という気持ちがあり、「自分の趣味じゃないけ ...
映画〜フラガール (きららのきらきら生活)
  「フラガール」公式サイトあやうくスルーしそうになった。。。!気づいてよかった。。。 昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフト、世界中の炭鉱が次々と閉山していた。そんな中、福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活かしたレジャー施設 ...
「フラガール」 (やまたくの音吐朗々Diary)
間もなく公開される「フラガール」の試写。すばらしい感動作。昭和40年、エネルギー革命により炭坑閉鎖の危機が迫る福島県いわき市。そこでは、北国をハワイに変えようというプロジェクトが持ち上がっていた。その目玉となるフラダンスショーに出演するダンサーを ...
「フラガール」今年の邦画は大豊作 (ももたろうサブライ)
監督 李相日(り・さんいる) 昭和40年、エネルギーが石炭からしだいに石油に変わる中、炭鉱の合理化(要するに首切り、今で言うリストラ)が進められていた。 福島県の炭鉱町で会社が生き残りと雇用の創出をねらってハワイアンセンターを建設することになる ...
「フラガール」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「フラガール」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、池津祥子、徳永えり、三宅弘城、寺島進、志賀勝、高橋克実、岸部一徳、富司純子 *監督:李相日 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブ ...
「フラガール」無謀な夢構想を現実にした炭鉱の人たちと娘たちの情熱ダンス (オールマイティにコメンテート)
「フラガール」は昭和40年に炭鉱の町だったいわき市に炭鉱に変わる事業として炭鉱会社が構想した「常磐ハワイアンセンター」開場までを描いた実話のドリームストーリーである。当時海外旅行(ハワイ旅行)が夢だった時代に全くあり得ないシュチエーションの構想 ...
「フラガール」で感動(;θ;) (Thanksgiving Day)
招待券をもらったので、映画「フラガール」の試写会に行ってきました!! 今回は特別試写会ということで、音楽を担当したハワイ出身のウクレレ奏者ジェイク・シマブクロのちょっとしたライブがあったり、マスコミ用の撮影タイムがあったりと映画が始まる前にもか ...
フラガール (いいかげん社長の日記)
公開したときは、それほど興味はなかったんですが、評判を聞いてると、なかなか面白いらしい。 ということで、昨日は「フラガール」を観に行きました。 常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアンズ)の誕生にまつわる物語。 昭和40年、閉鎖 ...
『フラガール』 (京の昼寝〜♪)
人生には降りられない舞台がある・・・。まちのため。家族のため、友のため、そして自分の人生のために、少女たちはフラダンスに挑む。   ■監督・脚本 李相日■キャスト 松雪泰子、蒼井優、豊川悦司、山崎静代(南海キャンディーズ)、富司純子、岸部一 ...
★「フラガール」 (ひらりん的映画ブログ)
ホントは「レディ・イン・ザ・ウォーター」を見るつもりだったけど・・・ 時間の都合で邦画の「フラガール」。 予告編は何度も見てるのであらすじは大体判ってるけど・・・。 炭鉱娘が感動させてくれるのか???ってちょっと心配。
「フラガール」:ほっとプラザはるみ入口バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}あの煙突は何だ? {/hiyo_en2/}ほっとプラザはるみ。清掃工場の余熱を利用した温浴施設よ。 {/kaeru_en4/}何があるんだ? {/hiyo_en2/}いろんなお風呂やジャグジーやレストランがあるらしいわ。 {/kaeru_en4/}そのわりに、あまり知られてないんじゃ ...
「フラガール」 人を育てるということ (はらやんの映画徒然草)
先頃までフジテレビ系列で放送していた「ダンドリ。」はチアダンス。 チアダンスに一
フラガール 06年205本目 (猫姫じゃ)
フラガール 2006年   李相日 監督松雪泰子 、豊川悦司 、蒼井優 、山崎静代 、岸部一徳 、富司純子 久しぶりに、姉君とデイト。 彼女はスネーク何とかって言う飛行機の映画をご所望でしたが却下。で、今、今年見た映画をざっと見返したのですが、、、 ...
フラガール/松雪泰子、豊川悦司、蒼井優 (カノンな日々)
南海キャンディーズのしずちゃんが一人で踊っていた劇場予告編はかなり以前から見せられていたので、全容が掴めないものの何だか気になる作品だったわけですが、公開が目前にして宣伝量も一気にアップしていくに従って前評判おグングンと高まっていきましたね。い ...
フラガール (銀の森のゴブリン)
2006年 日本 2006年9月公開 監督:李相日 評価:★★★★☆ 製作:李鳳
映画「フラガール」を観てきた (何でも見てやろう)
昨日,久しぶりに映画館に行ってきました。 観てきたのは「フラガール」。 今から40年前,石炭から石油へのエネルギーシフトが急激に進展し,炭鉱の斜陽化が進んでいく中で,炭鉱の閉山という危機的状況を乗り切るために,炭鉱会社は坑道から湧出する温泉を利用し ...
NO.177「フラガール」(日本/李相日監督) (サーカスな日々)
邦画のエンタテイメント・シネマの最高峰として、 堂々とアカデミー(外国作品)賞を競えばいい! 僕がとても注目している映画の、製作・配給会社にシネカノンがある。 代表は李鳳宇。1960年生まれの彼は、1989年にシネカノンを立ち上げ、「シュリ」「ブラス」「 ...
「フラガール」(2006) (TMDiary)
監督:李相日 出演:松雪泰子、蒼井優、豊川悦司、山崎静代、池津祥子、徳永えり、 岸部一徳、富司純子 他 昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。時代は石炭から石油へと変わり、閉山が相次ぎ、町は先細りの一途をたどっていた。そこで、起死回生のプロジェクトと ...