Nice One!! @goo

観たい映画だけしか観てません。今忙しいんでいろいろ放置

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『女神は二度微笑む』 (2012) / インド

2015-02-24 | 中国・香港・アジア映画、その他の映画


原題: Kahaani
監督: スジョイ・ゴーシュ
出演: ビディヤ・バラン 、パラムブラト・チャテルジー 、ナワーズッディーン・シッディーキー
鑑賞劇場: ユーロスペース

2年前、地下鉄で毒ガスによる無差別テロが発生したコルカタに、失踪した夫アルナブを探すためロンドンから単身訪れたヴィディヤ。夫は1カ月前に仕事でコルカタに着任して以来、音信不通になっていた。地元警察の協力も得てアルナブを探すヴィディアだが、宿泊先にも勤務先にも形跡はなく、途方に暮れる。やがて夫と瓜二つのミラン・ダムジという危険人物の存在が浮かび上がり、国家情報局のエージェントも動き出すが……。(映画.comより)


ダンスなしのインド映画が最近は公開されるようになって何より。『めぐり逢わせのお弁当』『マダム・イン・ニューヨーク』もよかったけどこれもいい。
ダンスだらけのインド映画はおよそリアリティに欠ける上に、とにかく長すぎちゃって途中で出たくなっちゃうんで、ダンスなしインド映画の公開は歓迎すべき流れです。

ダンスや音楽はないけどストーリーがしっかりとある。無差別殺人事件、警察の非情、組織の保守を尻目に夫を探す妊婦は突き進む。「ただひたすら夫を探す身重の妻」、これを疑う人は誰もいないであろうという先入観をうまく利用していて、そこがクライマックスで見事に使われている。これについては個人的にはネタバレ厳禁だと思うので黙ってるけど、誰も考えもしない設定からのあの転換はさすがでした。

内容的には結構てんこ盛りに近くて、インドらしい祭祀や文化、服飾、そしてIT産業まで入れちゃって大丈夫??とも思うんだけど、これがどうしてピッタリとはまっちゃった。盛りすぎて収集つかなくなるパターンのインド映画も多いだけに、心配してましたがよかった。折り込むことを想定したキャラクター設定だし、IT分野もこの話だとかなり重要なポイントになってくるので、それをちょうどよく登場させているのはポイント高い。
最近のインド映画、女性の活躍やヒロインものも多くて、それも客層をしっかる掴んでるんだけど、ともすると女性の視点一辺倒になりがちなだけに懸念もしてました。しかしながら、これを観てやっと、ストーリーテリングで見せつつもきちんとインド色を混ぜてくる作品が登場してきたなと感じる。このくらいのインド色でちょうどいいんだろうし、そもそも話がちゃんとしてこそ良い映画だと思うし。

インド色満載の本作だけど、その中にちゃんとサスペンスとしての要素を成立させ、ラストの展開も想定外なうえにきっちり筋を通してきている。決して「インドらしさ」だけに逃げてない。よく注意して観てないとわかりづらいが、邦題の「女神」の説明に関しても話と密接に関連があるし、単に無駄に出してきていない。女性の生き方を訴える物が主流となりつつあるインド映画なので本作もそうだけど、かといいながらそこだけに終始もしていない。女性ならではの一心不乱さ、その一心不乱故に周りが見えなくなる習性を前半~中盤に出すが、しかしながらラストは全く異なる女の面を見せているところも秀逸。女は何通りにも化けられることを地で行った本作、様々な女性の表情を見ることができると共に、相対する男たちは昔から変わらず功績重視、そのためには女を踏み台にする愚かさも炙り出されている。男たちの愚かさを尻目に、女たちは淡々としたたかに生き、そして喜び華やぐ。インド映画のこれからの奥深さを予感させる1本。


★★★★ 4/5点





『映画』 ジャンルのランキング
Comments (6)   Trackbacks (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« projectDREAMER 2015 Vol.1 ... | TOP | 『ナショナル・ギャラリー 英... »
最近の画像もっと見る

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2015-03-17 23:37:50
これは2時間3分。普段のインド映画からすると短いのだけど、インド映画だからと身構えてたので、もう少し長かったのかと思い込んでました。しかし、2時間越えるのに全くダレナイのは大したもんだなあ。
ふじきさん (rose_chocolat)
2015-03-21 23:33:24
確かにダレてなかったですね。
そこは大したもんです。
こういうインド映画がもっとできればいいと思います。
こんにちは ()
2015-03-27 13:35:19
ほんとてんこ盛りの映画でした。でもそれがうまく収まってて、いろんな盛り具合を楽しめました。

女性のいくつもの面を見せつつ、最後にヒンドゥーの女神が重なって、そこに目をつけているのはいかにもroseさんらしい。
雄さん (rose_chocolat)
2015-04-12 22:19:47
てんこ盛りでしたねー。
でも、単にダンスだけのインド映画から脱却しようとしてる姿勢はとっても好きです。
いい感じなんじゃないでしょうかね。
ご無沙汰しております (sannkeneko)
2015-05-01 21:53:47
ラストでもう呆気に取られて、あれもこれも伏線だったのねぇと
驚いて感心して。
文字通りの大どんでん返しはやっぱりネタバレ厳禁ですよね。

sannkenekoさん (rose_chocolat)
2015-05-02 17:40:18
お久しぶりです、お元気ですか?

これはほんと、ネタバレいけませんよねー。
観た人だけがわかる面白さでした。
どんでん返し好きですよ。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

8 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
映画・女神は二度微笑む (読書と映画とガーデニング)
原題 KAHAANI(物語)2012年 インド インド・コルカタ(旧名:カルカッタ)の地下鉄で起きた毒ガスによる無差別テロ事件から2年仕事でコルカタに来ていたはずが連絡が途絶えてしまった夫・アルナブを探すため、身重のヴィディヤ(ヴィディヤ・バーラン)はロンド...
『女神は二度微笑む』をユーロスペース1で観て、インドもうまいやんふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★落ち度なし】   サスペンスとして、どうしてどうしてちゃんと出来ちょる。 インド風味という事で、凄く大雑把に展開していく部分もあるけど (それはそ ...
「女神は二度微笑む」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2012年・インド 配給ブロードウェイ 原題:Kahaani 監督:スジョイ・ゴーシュ脚本:スジョイ・ゴーシュ プロデューサー:スジョイ・ゴーシュ 音楽:ビシャール=シェーカル 失踪した夫探しのために
『女神は二度微笑む』 (Days of Books, Films )
Kahaani(viewing film) コルカタに行ったことがない。人口45
女神は二度微笑む ★★★ (パピとママ映画のblog)
インドで消息不明となった夫を捜す女性をヒロインに、失踪(しっそう)と地下鉄テロの二つの事件にまつわる壮大な謎を、多彩な伏線を張り巡らせて描いたサスペンス。イギリスで暮らすインド人女性が、インドへ行ったまま連絡が途絶えた夫を見つけるべく、妊娠中の身であり...
「女神は二度微笑む」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
ロンドンからコルタカへ。 失踪した夫と身重の妻。 赤と白のサリー。 Kahaani (2012) (Hindi Movie / Bollywood Film / Indian Cinema DVD)Vidya BalanViacom 18 Motion by G-Tools
女神は二度微笑む  KAHAANI (映画の話でコーヒーブレイク)
インド発、冒頭から最後まで、緊張を持続した本格サスペンス映画です。 歌も群舞も一切なし。 こんなインド映画を見たことがあったでしょうか? ありません。 謎解きに引き込まれ、喧騒の祭りの中、思いもよらぬ事実に驚愕! 非常に見応えあるお奨め映画です。 インド版...
女神は二度微笑む (いやいやえん)
【概略】 コルカタの地下鉄で起きた毒ガスによる無差別テロ事件から2年。1カ月前に着任以来、行方不明となった夫を捜しにコルカタへやって来た身重の妻は、地元警察と共に捜索を開始。だが手がかりはゼロ。都市の路地裏のような謎が広がる。代わりに夫に似た男が浮かび上...