Nice One!! @goo

観たい映画だけしか観てません。今忙しいんでいろいろ放置

『マダム・イン・ニューヨーク』 (2012) / インド

2014-07-25 | 中国・香港・アジア映画、その他の映画


原題: English Vinglish
監督・脚本: ガウリ・シンディー
出演: シュリデビ 、アディル・フセイン 、メディ・ネブー 、プリヤ・アーナンド
鑑賞劇場: シネスイッチ銀座

公式サイトはこちら。


自分の価値を認めてもらえない専業主婦が一念発起し、英語が苦手というコンプレックスを克服して誇りと自信を取り戻していく姿を描いたインド製ドラマ。専業主婦のシャシは、2人の子どもと忙しいビジネスマンの夫サティシュのために尽くしてきたが、事あるごとに家族の中で自分だけ英語ができないことを夫や子どもたちにからかわれ、傷ついていた。ニューヨークに暮らす姉から姪の結婚式の手伝いを頼まれ、渡米したシャシは、「4週間で英語が話せる」という英会話学校を見つけ、姉にも内緒で英会話学校に通うことを決める。仲間とともに英語を学ぶうちに、次第に自信を取り戻していくシャシだったが……。(映画.comより)


とにかく大人気、混んでるのはわかってるくせにシネスイッチの金曜とか行ってしまった。
快適じゃないってわかってるのにーーw
でも、これともう1本、『人生はマラソンだ!』もついでに観たかったしね。効率よく行かないと。しっかしまあ、混んでました。マジで。最終回に立ち見が出てましてね。早く買っておいたので座れましたけど、シネスイッチで立ち見でも観たいというのはすごいです。

個人的にボリウッドってあんまりツボじゃなくて、あのにぎにぎしさが過剰なのがどうも引くんです。日本じゃマサラの習慣もないんで映画中に踊らないし、ダンスシーンが長くなると見てるだけだと退屈して来ちゃうんですよね。だからそうじゃないインド映画が好きです。今まで見た中で文句なしの1位につけてるインド映画は『テセウスの舟』。これはものすごく深淵に迫る作品なんだけど、たぶん日本での一般公開はないだろうなと思う。残念だけどね。日本ではまだまだインド映画と言えばにぎやかでハッピーエンド的な筋書きが好まれてしまっているので仕方ないのですが。

タイトルからして「マダム」「ニューヨーク」っていう、30・40・50代あたりの女性にとってはストライクゾーン的なワードが入っているんで、そこからも評判がいいんだと思う。奥様がNYに行くの?それだけでももう非日常なのに、しかも面白いらしいと。いっぱいいっぱいお客さん来るってわかり切っていたので直近の回じゃなくてその1つ次の回を観ることに。これが大正解で、直近の回なんてもう前3列しか残ってません!とかそんな状況なので、これから観に行かれる方はお時間に余裕持って行ってくださいね。

シャシのおうちは、インドではたぶん裕福なご家庭なんだろうな、というのがわかる。そもそも親族がNY居住というところからしてもう裕福でないとできないことだし、結婚式に出席するためにNYに行くこと自体がもうインドでは平民ではないことだし、その間の滞在費の心配とか、そういった現実的なお話も一切出てこないので、経済的には全く心配のないお宅ですね。
でもそれじゃ映画にはならない訳で、男尊女卑の感覚がやっぱり強めのこのお宅では、料理上手なシャシは認められてはいるものの、その扱いはまるで家政婦さんか下宿屋のおかみ的なもの。「美味しい料理を作るけど、それだけなんですよこの妻の取柄は」とか夫に言われてしまったら、ムカつきますよね〜。褒めてくれてるんだろうけど、それだけしか能がないと言われているみたいで。あたしは料理係じゃない!って言いたくなる気持ち、わかるわかる。そして子どもたちもママであるシャシにわがまま言って当然だと思ってて、しかもそれに便乗してサティシュまで言いたい放題、シャシが英語ができないのを家族ぐるみで馬鹿にしてるって何かひどいよなあ・・・と。

インドでは英語は公用語じゃなかったっけ?とも思うんですけど、ヒンディー語だけしかしゃべれない層もいるってことなんでしょうね。シャシのように専業主婦だったら英語使う機会もあまりないように思います。そんなシャシがいきなり家族に先駆けて単身NYに行かないといけなくなって、現地での英語のできなさがいろいろなことを引き起こして行くんだけど、このエピソードに出てくるニューヨーカーたちって結構意地悪く感じるんですけどそんなもんなんでしょうか。たまたまならアンラッキーですね。

でもその失敗や恥ずかしさが、シャシに新しい世界を導いてくれます。彼女は英会話学校で英語を学び、クラスメートに出会い、自分の手で何かをつかみ取ることの楽しみや充実感を知っていく。そして今までの自分の評価とはまた違う強さを勝ち取っていくんですね。この過程を見ていて胸がすくようなというか、溜飲を下げるところが女性たちに好評の理由なんだと思う。多かれ少なかれ、洋の東西を問わず女性たちには何らかの「枷」がある。それは妻だったり母だったり、なりたいと憧れていても、実際になってみるとそれが余計な足枷になってしまうことの方が多いんじゃないだろうか。そこに縛られなくてはいけないことはハードですが、もしチャンスがあるなら、女性だって自分を変えてみる努力をしていきたいと思っているはずで、その一歩を踏み出していたり、踏み出したいと思っている女性たちも多い。

最初の一歩を踏み出す勇気があれば、例え自分を変えることが辛くても何かが掴めるはずだし、自信だったり新たな感覚も身について行動も変わってくる、それをわかってくれる人も必ず現れる。最初は頼りなげだったけど、最後の「卒業試験」でのシャシの晴れやかな表情から、感じ取れることは多いはずでしょう。なかなかの懸案だった家族との関係、出会った人たちとの関係も変化していくところがいい。こういう作品は男性にこそ観てほしいんだけどなあ・・・と思わなくもないくらい場内は女性だらけで、そこがちょっともったいないんだけど、観れば必ず元気になれるという作品です。ボリウッド的要素も少しだけ匂わせて、そこはインド映画らしさなんですね。


★★★★ 4/5点





『映画』 ジャンルのランキング
Comments (6)   Trackbacks (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『がじまる食堂の恋』 (2014) / ... | TOP | 2014年7月 観賞記録 »
最近の画像もっと見る

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
馴染みやすいテーマ (ノルウェーまだ〜む)
2014-08-03 11:19:08
roseさん☆
あの時の映画ですねー
非常に日本人にも馴染みやすい話ですよね。
男尊女卑の強いインドと、さして変わらない価値観を日本人はまだまだ持っているというのも、なんとも・・・
NYの人は冷たいかどうかは解りませんが、英語国民は英語を話す肌の色の違う人を1段低く、英語も話せない人を2段低く見ているというのは実感しました。
ノルウェーまだ〜むさん (rose_chocolat)
2014-08-10 09:03:08
そうですそうですー。
日本だって思いっきり男尊女卑なんですよね。だから共感できると思う。

>英語国民は英語を話す肌の色の違う人を1段低く、英語も話せない人を2段低く見ている
それはどこでもあるよね。フランスだってそうだし、日本も多分そう。
Unknown (margot2005)
2014-08-31 23:07:47
素敵な映画でした。こういった映画は大好きです。
最近インド映画目白押しですね。。まだレビューは書いてませんが「めぐり逢わせのお弁当」もスゴく良かったです。
margot2005さん (rose_chocolat)
2014-08-31 23:53:42
インド映画、ここに来て続々公開ですね。
これは主婦層にはかなりウケがいい作品ですね。

『・・・お弁当』は、シネスイッチが混みすぎてるんで、
地元の二番館まで来るのを待ってます(笑)
なんであんなに混むんだろう? 単館公開って言うのもありますよね。
時間差 (sakurai)
2014-10-06 12:49:27
でも、一応田舎での上映があるんで、助かっております。
入れない!なんてことはないもんな。
これは、様々なことを置いてきぼりにせずに、きっちりと作ってあって、とっても好感が持てました。
「・・弁当箱」がいまいちに感じたのは、これを見てからだったのが大きいかも。
sakuraiさん (rose_chocolat)
2014-10-07 07:59:04
弁当箱・・ も、これも、ボリウッドらしくないところが
非常に気に入ってます。
ボリウッドは最早おとぎ話みたいで。
どちらも私は好きな作品です。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

12 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
マダム・イン・ニューヨーク (だらだら無気力ブログ!)
面白くてなかなか素敵な作品だった。
マダム・イン・ニューヨーク / English Vinglish (勝手に映画評)
英語の出来ないインド人の女性が、姪の結婚式を手伝うために一人でニューヨークに来るという騒動を描く物語。 女性の年齢を言うのは失礼ですが、主演のシュリデビィの年齢は50歳。全然、そんな年齢には見えないですね!30歳位かと思ったので、ビックリです。年齢不詳の女...
マダム・イン・ニューヨーク★★★★ (パピとママ映画のblog)
英語ができず苦悩する主婦が一念発起して英会話学校に通い、コンプレックスを克服し生きがいを見いだしていく女性賛歌。英会話という小さなきっかけを通して人生の喜びを発見するヒロインの日々を、アクションやミュージカルといったこれまでのインド映画とは異なる語り口...
マダム・イン・ニューヨーク ENGLISH VINGLISH (映画の話でコーヒーブレイク)
久々のインド映画です。 シリアスな「パークランド」を見た後、ちょっと銀ブラ(死語?)をしてシネスイッチ銀座へ移動。 「her」同様、本作も神奈川県では公開なし。 2〜3か月したら横浜ジャック&ベティで公開するようですが、待ち切れずに鑑賞決定!です。 いやぁ〜主演...
マダム・イン・ニューヨーク (映画好きパパの鑑賞日記)
 銀座の映画館で人気があったのは知っていたけど、まさか川崎の映画館でも1時間前に売り切れになるほどの人気で驚きました。映画好きの中高年女性にフィットしたタイトルだけど、男性こそみてほしい作品かも。  作品情報 2012年インド映画 監督:ガウリ・シンデー ...
「マダム・イン・ニューヨーク」 May I ? (はらやんの映画徒然草)
実は海外に行くのがすごく苦手。 世界遺産とかいろんなところを見てみたいとは思いま
「マダム・イン・ニューヨーク」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「English Vinglish」…aka「Madame in New York」2012 インド シャシにシュリデヴィ。 夫サティシュに「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日/2012」のアディル・フセイン。 フランス人ローランに「裏切りの闇で眠れ/2006」「ワールド・オブ・ライズ/2008」...
マダム・イン・ニューヨーク (はるみのひとり言)
映画館で観ました。日々家族のために尽くす古風な専業主婦のシャシ。お料理上手でおまけに美人で非の打ちどころがないのに、家族からは軽い扱いをされる上に、家族の中で自分だけ英語が出来ないことをバカにされています。趣味のお菓子作りで始めた伝統菓子「ラドゥ」が好...
『マダム・イン・ニューヨーク(ENGLISH VINGLISH)』ガウリ・シンデー監督、シュリーデヴィ主演 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『マダム・イン・ニューヨーク』ENGLISH VINGLISH監督 : ガウリ・シンデー主演 : シュリーデヴィアディル・フセイン、メーディ・ネブーアミターブ・バッチャン、他物語・ビジネスマンの夫、2
マダム・イン・ニューヨーク (迷宮映画館)
起承転結、きっちり収まった秀作!!これはよかったです。
マダム・イン・ニューヨーク (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
マダム・イン・ニューヨーク '12:インド ◆原題:ENGLISH VINGLISH ◆監督:ガウリ・シンディー ◆出演:シュリデヴィ、アディル・フセイン、メーディ・ネブー、アミターブ・バッチャン、プリヤ・アーナンド、スジャーター・クマール ◆STORY◆シャシ(シュリデヴ...
マダム・イン・ニューヨーク (いやいやえん)
美しく聡明で料理も上手なのに英語が話せないというだけで娘と夫に虐げられてしまっている主婦が主人公。これは女性で親近感沸く人がいるだろうなあという設定。 実際私も主婦にはなったことありませんが、これを観