aspettare

イタリア語で「待つ」、、、どうってことないけど発音が好きです

フワフワだし巻き卵

2017-03-10 21:17:08 | 山の事
母の入院している病院へ見舞いに行きました。

父の葬儀が終わって初めて会いました。

母が居た施設がなんと、
インフルエンザで全館面会謝絶
病院へ移ったので会う事が出来ました。

しかし、、、
施設、、、
3週間も面会謝絶
しかも、その間入浴も無しだったんだって
そんなになるまで何も対策しなかったのでしょうかね〜

義妹には父の元気な写真を持って行ってやって欲しいと頼んでいたのですが、
未だ持って来ては貰えず、、、。
やはり危惧していた通り、 父の最後の式場での顔が忘れられなく、、、。
苦しんで死んだのでないかと、
ずっと忘れられなく
それもあってご飯も食べられなくなっていました。

葬儀後、施設の事務所から強引にフロアへ電話して
渋っている強気のナースと半ば喧嘩腰に母の様態を聞いていましたが、
やっぱり家族には会えないわじゃあ身体は弱っちゃいますわな

しっかりと
「お父さんは全く苦しまなかったよ」
「それよりも、もう身軽になれたんだから、
 今頃家に帰ってうろうろしてるよ。
 くよくよしてご飯食べなかったら弱っていって、
 〇〇(弟1の名前)君がまたすぐに葬式ださなくちゃならないよ。
 葬式代、大変なんだからね。
 破産しちゃうよ。
 生きてる者の心配してあげなきゃ〜。」 

「そうだね。」
そう言ってやっと笑ってくれました。

人は最期の最後という時は苦しまないこと、
その最期になるまでずっと見つ続けてきて、
苦しんでは居なかった事、
しっかり説明してあげました。

今後は酸素ボンベと共の生活になるようですが、
まあ、まずは食べる事だと思います。
だし巻き卵を作って来てあげると話したら喜んでいました。
食べれないのではなく、
多分、美味しいものを食べたいのでしょうね。

長年、実家で家族の料理を作っていた私の手料理は、
家族みんな大好きで居てくれましたからね。
勿論、父も、、、。

と言う事で
お得意の、
家族がみんな好きだった
だし巻き卵を、
父と母に持って行こうと思います





この記事をはてなブックマークに追加

光開通

2017-03-06 15:34:33 | つぶやき
我が家にも光が開通しました。



ほんと、すったもんだの末に、、、。

午後からの工事だったのが午前の予約が葬式でキャンセルになったと連絡があり。
(今の時期は不幸が多いのかしら、、、)

元々大家さんが早くから光を導入してくれていて、
なので屋内までケーブル引くだけであっという間に終わりました。

しかし、、、。
そこからがいつも大変なんですよね〜

WiFiルーターは購入済みでしたので
早速セッティングと頑張りましたが
なかなか、、、

WiFiはすぐに接続出来たのですが、
モデムとルーターが繋がらない、、、
否ね、ケーブルは付いていますよ。
しかし、、、。
パソコンにはサーバーに繋がらないと出ます

どうも自動では繋がらないよう、、、。
仕方なく手動で、、、。

これってOSのせいなのでしょうか?
以前はここまでルーターで苦労したことは無いので、、、。(以前はWindows)

で、職場のシフトも作らなきゃで
ほぼ同時進行しました。

でようやくお陰様で光でサクサク、、、。
でも変化が余り実感出来ない?
慣れればその良さに気がつくでしょう
(追記 いや〜劇的に速いです)

と、そんな最中、、、
義妹から連絡が、、、。
母が施設から病院に移ったと、、、。

まだまだ色々と続く我が家であったのだ、、、

この記事をはてなブックマークに追加

ダイソンのコードレス掃除機

2017-03-03 21:36:44 | お買物
ダイソンのコードレス掃除機を買いました。

V8Absolute+



エディオン限定モデルでスティックの部分がピンクです。

替えのヘッドが全部入って、エディオン限定だけの玄関やベランダを掃除出来るヘッドが余分に入っています。



そろそろ掃除機が替え時かな〜と思っていて、職場の子も良いよ〜と勧められたのですが、お値段も良いので中々踏み切れずにいました。

父の葬儀の時、ふと掃除機の話になって。

なんと、弟達もダイソンとな。

弟1は最近エディオンモデルを買ったと、
値段を聞くと、ネットなんかより随分お値打ちに。

父の葬儀が終わって翌日、他の用事がてらフラッと近所の家電ショップへ…。

うちは家族みんな昔から家電ショップ好き。
特に父は何か欲しい物があると直ぐに家電ショップへ。
1人では買い物に行けない人だったので、必ず私が一緒について行ったな〜。

エディオンがまだ前の名前だった時はうち専任の担当の営業の人がいて、その人ご指名でいつもお値打ちに買い物してたっけな〜。

なので、ひとり掃除機を見にお店に入ってもなんだか父が一緒の様な気がしてしまった。

で、お店の人も何も言わなくてもお値段引いてくれて、すんなり買ってしまいました。

すっかり気に入って、毎日掃除しています

この記事をはてなブックマークに追加

お気に入りのパン屋さん

2017-03-02 14:46:37 | お買物
何年ぶり?
いや、うん10年ぶりか、
近くに用事があって
ブランパンさんへ行って来ました。

こちらはハード系のパンが美味しいです。


クロワッサンパリパリ
フランスのお菓子、メレンゲサクサク
リンゴとクルミのデニッシュ
そして、イチジクのハードパン、イチジクのパン大好きなんですよね〜



食パンは初めて買いました。
甘い食パンは好きじゃ無い私。
フランスパンの生地って書いてあったから多分好みだと思います。



そして絶対外せないのはフランスパン
長過ぎてフレームに入りません

お父さんもフランスパン、大好きだったなぁ〜


この記事をはてなブックマークに追加

父との最後

2017-02-23 18:57:31 | つぶやき
その日は丁度休みでした。

前日も病院へ会いに行きたかったのですが、
私も歳です、、、。
仕事の後はヘロヘロで
どうせ明日は休みだし、と行きませんでした。

そして翌日の休みの日、、、。

朝に義妹から血圧が88に下がった、
個室に移されたと連絡がありました。

88ならまだ大丈夫かな?と思いながらも急いで家を出ました。

酸素は外せなくても一時期は呼吸が幾分か落ち着いていましたが、
この時は息遣いも激しく1mlだった酸素が4mlになっていました。
それでも酸素飽和度は88でした。

手を握り声を掛けますが、指先は冷たく今までと違い全く反応してくれませんでした。
看護師さんの話では昨日までは反応していたそうです。

手だけは弱々しくですが握り返してくれました。
きっと私の声は聞こえていたと思います。

いったん自宅に戻り昼食を摂って再び病院に戻りました。

丁度弟1夫婦も来ていました。
血圧は56にまで下がっていました。

私は覚悟を決めました。

話しかければ手は握り返してくれます。
きっとこの時もずっと私達3人の話を聞いくれてたのでしょう。

そして夕方、夕飯を食べにと先に弟1夫婦が一度自宅へ帰りました。
私はまだ少し残ってから帰ると言い、
その後はずっと父の手を握っていました。

認知症になってからの父は
いつも家人の誰かに怒っていましたので
怒らせないように殆ど会うことはありませんでした。

しかし、何故かこの時は父との良い思い出ばかりが蘇って来ました。

「お父さん、好きだった歌を歌ってあげようか。
 私は演歌は歌えないから
 お父さんの好きなグレン・ミラーのムーンライト・セレナーデと
 サザンのいとしのエリー歌ってあげるね。」

私が口ずさんでいる間、弱々しかった父の手が私の手を強く握り返していました。
まるで父もリズムをとっているかのように、、、。
指先も体温が戻っていました。

そして私もいったん家に帰り、
その後は弟1夫婦と面会が終わる20時まで病院にいました。

施設に入っている母が、食べが悪くリハビリ病院へ転院しなければならないと
義妹と話ていました。

「たんぱく質を沢山取って筋肉付けたいよね。
 私の作るだし巻き卵、好きだから作ってあげようかな」

私がそう話していると
急に父の額の眉間にシワが、、、。
私の手を強く握り返します。
そう、父も私の作るだし巻き卵が大好きでした。

「あ!ごめんごめん、お父さんにも作ってあげるからね」

3人で賑やかに笑いました。
そんなやりとりをして、
帰る頃、夜勤の看護師さんが血圧を測ると115まで上がっていました。
酸素飽和度も93に上がっていました。
「お父さん、私達がいるから少し元気が出たかな」
最後の奇跡だったと思います。

翌日の朝6時、仕事へ行く支度をしていると義妹から電話が、、、。

「呼吸が荒くなったのですぐに来てくださいって」

後は顔を洗うばかりでいた私はそのまますぐに家を出ました。

10分も掛からず着いたでしょうか
病室のそこには呼吸が止まったばかりのまだ温かい父が眠っていました。

「お父さん、頑張ったね。」

手を握った時、夜勤の看護師さんが入って来ました。

「娘さんが来てくれましたよー」

涙を堪えながら「ありがとうございました」と言う私に
看護師さんも泣いていました。

こういうシーン、看護師さんはなれているはずなのにね、、、。

暫くして、同じ様に仕事に出掛ける所だった弟1が駆けつけてきました。

カーテンの向こう側では白々しく夜が明けてきました。

夜勤のドクターがやってきて
お決まりのセリフで死亡宣告されました。

春一番が吹いたこの日、父は風になりました。



この記事をはてなブックマークに追加