毎日が好奇心

まずはやってみよう。そこからなにかが、生まれるかな?

PCの記憶装置を、HDDからSDDに交換した後に行う設定

2017-02-13 22:18:27 | パソコン

HDDからSDDへの交換に際し、HDDのクローンとなるSSDを作成した場合は、CドライブがHDDであった設定がそのまま残っています。SDDに最適な設定に変更します。

また、HDDからSDDに交換したので、SDDのメリットである高速化を最大限に引き出します。

1.デフラグを再設定して、Cドライブのデフラグを中止する。
SSDのデータの読み込みは、データのある場所にそのまま読みに行けるので、データの断片化は関係ありません。むしろ、SSDの内部では、ウェアレベリングによって、データを断片化させています。

メモリセルの寿命を延ばすウェアレベリング
http://www.logitec.co.jp/data_recovery/column/vol_003/

Cドライブのデフラグは不要で、中止します。
最初に、現状のデフラグ設定を確認するために、ディスクデフラグツールを起動します。
(コントロールパネル/システムとセキュリティ/管理ツールのハードドライブの最適化)

次に、デフラグがスケジュールされていますので、現状の内容を確認します。
(スケジュールの構成/ディスクの選択)

SSDのCドライブが、「スケジュールに含めるディスク」に含まれていれば、設定が古いままです。
「キャンセル」をクリックして一つ前の画面に戻り、「スケジュールに従って実行する」のチェックを外して「OK」します。スケジュールを中止しました。

再度、スケジュールを有効化させます。
(スケジュールの有効化/「スケジュールに従って実行する」のチェックを入れる/ディスクの選択)


「スケジュールに含めるディスク」で、SSDのCドライブが消えていれば、PCはCドライブがSSDであることを認識して、スケジュールから外しています。
「OK」で、HDDのみのデフラグが設定されました。

2.SSDには、TRIM機能が自動で働いている。
PCは、FD/HDDを記憶素子として利用するOSなので、FD/HDDの特性に合わせた書き込み処理を行っています。
FD/HDDでは、古いデータのある場所に新しいデータを上書きできるので、FD/HDD上のデータの消去は行いません。データのある番地情報を消去するだけで、実際のデータは残っています。

従い、SSDを使い続けていると、データが残ったセルばかりになってしまいます。
すると、SSDへの書き込みでは、最初にそのデータを消去し、次にデータを書き込む の、2ステップが必要になり、高速化が阻害されます。

SSDの性能低下とその理由
http://www.logitec.co.jp/data_recovery/column/vol_005/


従い、Windows7以降のPCでは、交換したSSDに、TRIM機能が自動で働いています。
ゴミ箱を空にすると、PCはTRIM機能を発動し、削除したファイルをSSDに連絡し、TRIM機能に対応しているSSDは、指定されたファイルのデータを消去します。

Windows 7からTrimコマンド実装(消去タイミングの調整)
http://www.pasonisan.com/pc-storage/ssd-trim.html

SSDがTRIM機能に対応しているのを確認するには、ソフト「CrystalDiskInfo]をインストールし、対応機能の欄を確認します。


3.インデックスの無効化
SSDは、読み込み/検索が早いので、Cドライブでのデータのインデクス化は中止します。

(エクスプローラのCドライブを右クリック/プロパティ/「このドライブ上の・・・・インデックスを付ける」のチェックを外す/ドライブC\のみに変更を適用する。/すべて無視)
Cドライブのインデックスの無効化処理が始まります。

4.SSDの延命化
上記以外に、SSDの延命化等を目的として、いろいろな設定が提案されています。PCの高速化とは方向が違う(遅くなります)ので、ここでは取り上げませんが、検索して調べてください。

仮想メモリーのHDDへの移動
一時ファイルのHDDへの移動
userフォルダ(ドキュメント、ピクチャ、ビデオ)のHDDへの移動
ユーザーキャシュ(TEMPフォルダ)のHDDへの移動

古い復元ポイントの削除    (ディスク領域の使用量を減らすのが最適です。)
Superfetch/Prefetch の無効化 (システム情報の編集が必要です。)




PCの記憶装置を、HDDからSDDに交換
 ドライブCの部分をHDDからSSDに交換しました。
 ・SDDに交換した後に行う設定
 
『コンピューター機器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PCの記憶装置を、HDDからSSD... | トップ | フレームがスローピング形状... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。