断捨離な日々

埋もれた歴史も面白い
縄文からの日本文化が興味深い

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

製造業派遣法の原則禁止を答申/グローバル経済

2009-12-29 | 政治・社会

製造業派遣の原則禁止を答申=次期通常国会に法案提出へ-厚労省審議会

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091228-00000101-jij-pol

製造業派遣の問題は、結局、デフレスパイラルと同じで、派遣で 給与所得が

少なく、雇用が不安定 → 消費を減らす → 内需が伸びない → 不景気

→ 給与が減る → 消費を減らす という悪循環で、特に 若い労働者が

その被害に合っているから、日本の将来が 年金の不安と共に 暗いものに

なっている 実際のところは、戦後の高度成長、終身雇用によって、

豊かになった親より上の世帯の蓄えで、なんとか、若者世帯の貧困化が

あっても 生活できているというところも あると思う。 だから、子供手当て

でもないと、ますます、小子化は すすんでしまう。

まず、派遣法を作らせた財界は、3年で正社員にする~なんていう派遣法の

部分を守るつもりもなかった訳で、その法律違反については、本来は

厳罰にすべきだったのだと思う。 そのあたりは、大企業に ものすごく

甘い (キャノンの御手洗会長など、逮捕してもらいたい

大手企業も、小泉売国政権が 外資の日本の大企業の買収を

しやすくしたので、もう、日本企業というより多国籍企業というべき存在になって、

かつての日本企業と違い、日本の経済の為より、利益を出して投資家を

潤わせる方が価値があるという風で、雇用を大切にした日本型経営は、

崩壊している

そもそも、異様に強かった日本型経営を アメリカは、切り崩したかった訳で

それに まんまと騙されたので、日本の経済が おかしくなってきてしまった

(これは、自民党の政治家の責任だ

日本の大企業の強みと利益を得たのは、欧米の投資家達で、金融危機

前の好景気も、日本の庶民には金は回ってこかなったから、好景気の

実感はなかった。以前の日本型経営だったら、給与や雇用に好循環

をもたらしたはずだ そもそも、グローバル経済にする事で、

利益を得るのは、多国籍大企業で、国としては、低賃金の大量の労働者が

いる国や、資源国がなんていっても強いことになる。

日本のように資源もなく、だからこそ、教育に力を入れ、必死に働く優秀な

労働者を持つ事で、日本経済は成長してきたのに、そこを アメリカの

圧力で切り崩されてきた訳だ。 圧力かけているアメリカの庶民も

日本と同じようなもので、アメリカでも 一部の大金持ちがアメリカの経済を

仕切って富を独占して、中産階級が貧困層に転落している。

かといって、中国は どうかというと、共産党幹部が 富を独占して、

格差がものすごい 一党独裁だから、警察権力も 思いのままだし、

汚職もすごいだから、暴動が頻発している そりゃ、官僚だけ

が、経済発展で億万長者になって、庶民が、生活に苦しんでいて、

恩恵を受けなかったら、暴動も起こしたくなるだろうね 最近、

金融危機でも 大もうけしたゴールドマンサックスが 中国の不動産を

処分したりしている。 来年あたり政治リスクがあるとか?でなのだけど、

どうも、中国は、民間企業ではなく、国営企業が 主に利益を独占

している訳だけど、日本で言えば、特殊法人というところだけど、今回の

金融危機での莫大な経済対策の一部が、不動産投機に流れていて

不動産価格を吊り上げて、バブルになっているようだ。 中国も、格差問題を

うまく解決しないと、爆発する可能性もあるし、進出した日本企業や日本

にも影響がでそうだ そもそも、共産主義とは、底辺の労働者を

大切にするものだと思っていたけど、ヨーロッパや日本の方が まだ社会主義的

な状態だと思う。 ソビエトも官僚主義で、経済がもたなかったけど、

中国は、共産党幹部~官僚だけが 富と利権を独占では、今は、絶好調だけど、

そういう社会の不安定さは、将来、どうなのだろう???

(日本の官僚は、中国の官僚にくらべれば、ミニ利権にしがみついている

けどね。 日本は、徳川幕府が 支配層に金に執着させない

ようなシステムにしていたから、世界基準で言えば、汚職は少なそうだけどね

日本型経営は、雇用を大切にして、再配分をする事で、格差も大きく

なかった安定した社会を作ってきた訳で、日本というのは、狭い国土に

資源もなく、人口が多い国で、その中で、皆で生き抜くには、互いに

助け合い、配慮しあって生きるのが、ベストな社会だったからこそ、

近江商人が言うように、社会にも配慮する事が大切と説く経済哲学がある訳で

その良さを もう一度、見直した方がいいと改めて思う。 だから、

派遣法なんていう、日本には似合わないものは、やめた方がいい。

それに、派遣法が必要だというなら、同一労働、同一賃金が基本と

なるべきなのは、当たり前だと思う。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恫喝にひるまない したたか... | トップ | 検察の『小沢幹事長をターゲ... »

政治・社会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。