goo

東海道の丸窓⑯


14分の7をかぼちゃにしました。いつもの自分ならオレンジ塗ったときと同様に14両一気に塗ってたと思うんですが、今回はマスキングをした部分への塗装なので、均一塗装・ホコリチェック以外にも帯はちゃんと平行になっているか?とか、ドア隅やサボ受けなどの段差がある部分がちゃんとマスキング出来ているか?などのチェックをするのにもこれまた一苦労なので、半分の7両に留めておきました。
塗料は今回もGMのものをそのまんま使用。
やっぱかぼちゃはカッコエエなぁ…。



ドア隅のマスキングの様子。プラ車の2000番台車はそこを爪楊枝で軽くなぞっただけですが、金属車は段差が結構あったので一旦ナイフで切れ込みを入れ、マスキングゾルでフタをしてやりました(画像下の車輌は切れ込みを入れただけでゾルはまだ塗っていない)。
しかしこーしてみると裾の折れ線が目立つなぁ…。一応ヤスったんですがねぇ。
ちなみに帯幅は約9.4ミリ。



今回はかなーり慎重に塗装したつもりなので、若干の吹き込みはあるもののラインの乱れはほぼなし!



屋根上の滑り止めは灰色に塗り分けている車輌もあれば車体色がそのまま塗られている車輌もありますが、今回作った車輌は後者だったので、先に滑り止めの部分だけ塗装した後に車体色を吹きつけ。
ちなみに塗料はジェイズのスエード調スプレーとGMの混色したモノを使用。スエード調のおかげで滑り止めらしい適度なザラザラ感が…w



妻面の接合部分もトレジャーの縦樋パーツのおかげでほぼ完全にわからなくなってくれました。



車体色が緑色2号とかいう暗い色のせいで幌枠が目立たなすぎて泣いたorz
てか引き戸窓の内側もマスキングしとくんだったなぁ…。
ちなみに両サイドはキットとのコンバージョン車で真ん中は製品ほぼまんまのサロ110。混結しても違和感が全くないのがこのキットのいいところでもあり悪いところでもあります←運転会などで全く目立たない的な意味でw



1000'とかホントならスカ色に塗ってやるべきなんだろうけどなぁ…。


今週末は予定があるので残りはまた来週~
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 東海道の丸窓⑮ 201系×八高線 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。