goo

勝「竜」寺城? 勝「龍」寺城?


(勝竜寺城公園)

細川ガラシャや明智光秀ゆかりの場所として、

また四季折々の風景が目を楽しませてくれる場所として、

人気のある勝竜寺城公園。



こちらは長岡京@Naviにある説明パネルですが、

読んでみると不思議なことに気づきます。

タイトルは勝「龍」寺城なのに、

本文のなかには、勝「竜」寺城と書いているところがあります。



龍と竜。

意味は同じですが、漢字がちがいます。

うっかり書き間違えたのでしょうか?

いえいえ、そうじゃありません。

しっかり書き分けているのです。

勝「龍」寺城は、歴史上のお城のことを言うとき。

勝「竜」寺城は、現在の城跡公園を言うときに使います。

戦国時代に造られた勝龍寺城は

いったん廃城となり、

公園として復元された建物は

当時のものではないため、

区別する意味で二種類の書き方がされています。

漢字を見るだけで、

歴史の話をしているか、現在の公園の話をしているのか、

一目でわかるのですね。

↓勝竜寺城公園の地図はコチラ




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ただいま発掘... 新緑の光明寺 »