パン屋√s(ルーツ)。

一人で営んでる「パン屋√s(ルーツ)」の日々。

パン焼いたり、つぶやいたり、パン焼いたり。

『にっち』企画展のお知らせ。関戸勇写真展『夢の庭づくり』が開催されます。

2016-05-30 | お知らせ。
4月に発生した熊本地震の支援商品「シナモンとレーズンの祈り」のチャリティ販売は昨日で終了しました。

店舗で、通販でご協力頂いた皆様、本当に有難うございました。
支援金の金額や寄付先などの結果については後日、このblogに掲載いたしますので
どうぞ宜しくお願いいたします。

さて、本日は東和町の素敵雑貨店「にっち」の企画展のお知らせです。



関戸勇写真展。
テーマは「夢の庭づくり」。
6/8(水)〜20日(月)までの開催です。

北海道滝上町に住む高橋武市(ぶいち)さんがつくる、壮大な庭。
武市さんの人柄と武市さんが創る庭に魅せられ、通い続けてその風景を
記録した関戸勇さんの写真展です。





↑↑
武市さんの庭を紹介した本を当店に置いてます。これも写真は関戸さんが撮られたものです。
そしてなんと、この本を取材・製作・出版した「さとうち藍」さんというのは
「にっち」のオーナーさんのことなのです!
にっちのオーナーさんは本を編集・出版するお仕事もなさるのです。

ぜひ、手に取ってご覧になってください。
武市さんの壮大な世界観をさとうち藍さんと関戸さんが存分に表現なさっています。



↑↑
これも「さとうち藍」さんこと「にっち」のオーナーさんが出版した武市さんの庭の本。
現在も販売されている単行本です。
『武市の夢の庭』(小学館)。これも写真は関戸さんが担当されています。


以下、にっちのオーナーさんからのメッセージです。
武市さんの庭について説明してくださいました。

↓↓↓↓---------------------------------------------------------------------


旅の途中で偶然見つけた庭、『陽殖園』。
庭の名前は「太陽が殖やしてくれた園」という意味で、
武市さんが、中学生のときにつけました。

植物と、太陽の力とともに、武市さんがコツコツつくってきた庭。
こんな庭が世の中に存在するんだ、ということを多くの人に知らせたい、
という思いで、写真家の関戸勇さんとともに取材して出しました。

あれから10年以上たちますが、庭はさらに美しく生長しています。
つい数日前、武市さんから電話がありました。
「池も増えたし、中身もさらに充実しているよ」と。
「悩みは、シカが増えてなんでも食べられてしまうんだけど、
相手がシカだけに、シカたないもんな。ハハハ・・・」と豪快に笑ってました。

農薬をいっさい使わずに(「金がかかることは俺はできないからね」
と武市さんはいいます)、植物同士の相性を考えながらつくられた庭。
いろんなヒントが得られます。

農薬を使わない美しいビオ・ガーデンは、東和町にもあって、
6月11日(土)、12日(日)は、その20周年を記念してのイベントが開かれます。
東和ビオ・ガーデンは、ふだんいつでも入園できます。

植物とともに生きる楽しさを、にっちの写真展を通して体で感じてください。
路地を歩いて、美しいものを撮って歩くのが大好きな「路傍の写真師」、
関戸勇さん本人は、6月10日の午後、来にっち。6月15日頃まで滞在予定です。

------------------------------------------------------------------------------

ということで、写真家の関戸さんも「にっち」お越しになります!!


それと、繰り返しになりますが6/11(土)・12日(日)は東和ビオ・ガーデンにて
「ガーデン&マーケット in 東和」も開催されます。
花盛りの東和町に是非、お出かけくださいね。

そして、当店の6月の行商は6/13(月)です。


私も関戸さんの写真展、とても楽しみにしています。
そして必ず武市さんの庭に行ってみたい。この目で見てみたい。
わくわくしつつパン焼いて「にっち」にお邪魔しようと思います。

どうぞ宜しくお願いいたします。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オンラインショップを移行します。今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

2016-05-22 | お知らせ。
暑いですねー。
いや、むしろいつもどおりなのか、この唐突感。

さて、本日は通販をご利用頂いている皆様にお知らせです。

オンラインショップは本日よりこちらに移行させて頂きます⇒☆

当店ホームページのトップページ⇒「OnlineShop」という順序で
OnlineShopページへ飛び、お買い物してくださる方は既に
オンラインショップのURLを変更していますので、これまでどおりご利用ください。

今までのOnlienShopのURLをお気に入りなどに登録してくださってる方は(あのー、そういう稀有な方は
おいででしょうか・・・・。もしもいらしたら、ほんっとに有難いです!!)
新たなOnlineShopのページを登録し直してくださいますようお願いいたします。

また、過去にご登録頂いたIDやPWは引き続きご利用頂けますので、今後とも
どうぞ宜しくお願いいたします。

主な変更点としては以下のとおりです。

’枌F指定欄があります。これまでのように「備考欄」にわざわざ記述するのは不要になりました。
ご希望のある方は金・土・日・月の中から日付をご選択ください。

配達時間指定欄もあります。
ご希望時間帯がある方はご指定ください。
なお、地域ごとに最短でお届けできる時間帯は異なりますので、お気軽に当店に
お問い合わせください。

それと、ちょっとわかりづらいかもしれませんが
「配送方法(ゆうパック)」にチェックを入れるのを忘れないようにしてください。
その箇所にチェックを入れないと次に進めませんのでご注意くださいね。

い気蕕砲OnlineShopの画面からもこのblogへ飛ぶことができます。


大まかな変更点(新機能と呼ぶべきですかね・・・・・)は以上です。
ご利用の際にご不明な点があれば遠慮なく当店にお問い合わせくださいね。
(0198-41-9010 info★roots88.com  ★⇒@に変換してお問い合わせください)

今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。




↑↑
そしてちょっと別な話。

先日のblogでもちょっと触れましたが、イタリアンカフェ『バダローネ』さんで販売中の
レモンのレアチーズケーキ。
今年も美味しいよ〜。
先日販売終了した『檸檬と紅茶の待ち合わせ』で、
うちは檸檬の皮を使用。バダローネさんは中身を使用。
檸檬を半分こしました。

バダローネさんでゆっくり堪能するもよし、テイクアウトしておうちでゆっくり楽しむもよし。
檸檬のしっかりした香りと味。爽やかな風が吹き渡ります。
そしてタルト台もチーズ部分もすべて絶妙すぎて旨い!(ウマすぎて涙。)

ちなみに上に乗ってるハーブ「チャービル」は「農園たそがれ」産です。
パセリの貴族版とのこと。(←相変わらず意味不明な説明。)

ということでバダローネさんで人気沸騰中のレモンのレアチーズケーキ。
是非、召し上がってみてください。



↑↑
そして次の季節酵母パンに使いたいのは苺。
苺の花は現在、こんな様子。

うまく実がたくさんつけばいいけどどうなんだろ。。。。

ということで不安に思いながらパン焼いてお待ちしています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

石鳥谷図書館の企画展『石鳥谷の「匠」展』にて「農園たそがれ」をご紹介頂いています。

2016-05-17 | お知らせ。
いつもお世話になっている石鳥谷図書館
こじんまりしつつも綺麗で、オススメの図書などいつも気合い入れて紹介してくださっていて、
企画展などもいろいろ開催されています。

さて、ご紹介するのが遅くなりましたが、只今図書館では「石鳥谷の『匠』展」を開催中で
5/29(日)までは『農園たそがれ』について展示してくださっています。

展示場所は入り口入ってすぐ、カウンターの前です。



↑↑
かなり大きなパネルに見やすく説明書や写真を展示してくださっています。
大きくは「農業」と「養蜂」の2つにわけてわかりやすく説明してくださっています。

「農園たそがれ」園主は主に固定種(品種改良されたものではなく、昔からその土地で育てられて
きた品種)を栽培します。
ほとんどのものは苗を買ってきて栽培するのではなく、前の年に作物の種をとっておき、次の年に
その種を蒔いて栽培するという「種」から育てるという農法を行っています。
また、養蜂は蜂蜜を採取するのがそもそもの目的なのではなく、農作物の「受粉」が目的で
蜂を飼っています。
 蜂蜜の採取はあくまでも副産物であるという考え方です。

なぜ、固定種なのか。
なぜ「種」からなのか。
なぜ養蜂による受粉なのか。

そのことを図書館の方々は実にわかりやすく明確に表現してくださっています。
是非、ご覧になってください。



↑↑
こういう展示、素敵ですね〜。右端についてる「めくる」タグをめくると
それぞれの作物の説明書きが現れるという面白い仕掛け。
「農園たそがれ」で栽培する品種のご紹介。



↑↑
このファイルもまたセンスがきらり〜ん☆
カブになってる!
こういうのは時間も手間もかかるけど、少しでも楽しんで手に取ってくれたらいいなぁという
お考えが伝わってきます。嬉しい〜。図書館の皆様、本当に有難うございます!!




↑↑
実際にハチたちが作ったハチの巣も展示してくださっています。
そして巣の右下の蜂のカタチしたピンがこれまた素敵すぎるぅ〜。どうやってみつけてきたんだろ。。。。



↑↑
養蜂の事も農業の事も本当にわかりやすく説明されていました。
たそがれ園主からの取材もあると思いますが、図書館の方々が徹底的にご自分で調べて
このようなレベルにまで仕上げるのだと思うとほんっとに脱帽です。。。。



↑↑
あと、「農園たそがれ」園主のオススメ本も展示してくださってました。
私も読んだ事ないなぁ(笑)。
読んでみようっと。



↑↑
その他にも図書館の方々は今回のテーマに即した本もたくさん選んでくださってました。
特に「タネが危ない」は個人的に読んでみたい一冊です。



↑↑
おまけ。
このコ、鳥獣被害対策推進部部長とは名ばかりで寝てばかりいます(笑)。
または何事も真っ先に逃げる(笑)。
もすこし真面目に働けョー。


今回ご紹介したのはほんの一部で、まだまだ図書館の方々が力を入れて取材し、表現・展示して
くださったものがたくさんあります。
なんかねー、全体的にどえらく素敵に仕上げてくださってます。
実際の園主の8割増しくらいに園主が素敵なオッサンに思えるようになってます(笑)。
図書館の皆様、ほんっとに有難うございます!!

29日(日)までの企画ですので、皆様も是非、足をお運びくださいね。

では引き続き、パン焼いてお待ちしてます!
柴犬のお嫁ちゃんも大募集中です!!(←しつこい)





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あなたの服の本当のコスト 知っていますか?

2016-05-12 | お知らせ。
『ザ・トゥルー・コスト 〜ファストファッション 真の代償〜』。

映画のタイトルです。



誰かの犠牲のうえに成り立つ大量生産・大量消費の問題を取り上げた、
ファッション業界のドキュメンタリー映画。

5/22(日)に「おいものせなか」さんで3回にわたって上映されます。

【上映時間】◆1回目:10時  ◆2回目:12時 ◆3回目:19時
【上映場所】おいものせなか(花巻市)




日々の消費活動において何を選び取るのか。
それはまさに私たち一人一人の問題です。
また、選択する際にこのような事実を知っているのと知らないのとでは、その選択の意味が違ってくると
思います。


いつもこのような自主上映のドキュメンタリー映画はなかなか都合がつかずに見れない事が
多いのだけど、なんと3回上映!!
店を閉めてからでも間に合うので、私も是非、見に行こうと思います。

当店でも前売りチケット、扱ってますので(当日1300円⇒前売り1000円)、御声がけくださいね。

映画の他、お話し会<ゲストスピーカー:胤森なお子氏(ピープルツリー広報ディレクター>)も
あります。予約制で(参加費:1500円)当店でも予約を受付ますので、
是非是非皆様、足をお運びください。

できるだけ、多くの方がこの映画に足を運んで下さることを願いつつ、
パン焼いて皆様をお待ちしています。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月イチ行商『にっちの日』終了しました。ご来店ありがとうございました。

2016-05-10 | お知らせ。
昨日は月に一度の行商でした。
東和町の雑貨店『にっち』に伺いました。

昨日ご来店頂いた皆様、ほんっとにありがとうございました!!

さて、今日は「にっち」同様、東和町・土澤商店街で頑張ってるお店をちょっと紹介しますー。



↑↑
「にっち」の入っている建物「こっぽら土澤」の1階に「ワンデイシェフの大食堂」が
ありますが、その隣に毎週月曜日だけ出現するお店。



その名も「気mama食堂」さん。
にっちで販売してた、ニワトリのポットカバーがお出迎え。

関西出身の楽しい女性が切り盛りしてます。
メニューは季節によって少しずつ変わっていきます。
もともとは肉まんで出店の声がかかるほど、肉まんが看板商品なのです。
ただ、今からは季節的にもう少し爽やかなメニューを考えているとのこと。



今の定番はカレーパンセット。(税込500円)
私自身はカレーパンを食べたのは生涯で2回目でしたが、カレーの辛さがちょうどよく、
サクサクしてて美味しい。
その他には、チキンのトマト煮のセット(税込700円)もありました。
基本的にはメニューは通常、2種だそうです。

カレーパンセットは定番ですが、もう一方のメニューは毎週替わるそうです!!!
今からお出かけの皆様、特に月曜日は楽しみにお出かけください〜。
もちろん、『ワンデイシェフの大食堂」もほぼ毎日営業してますので、そちらも是非、
日ごとに替わるメニューを楽しんでくださいね。

さて、当店の来月の行商は6/13(月)です。
来月もどうぞ宜しくお願いいたします。

あ、それと、あともうひとつお知らせがあります。

先日、季節酵母パン『檸檬と紅茶の待ち合わせ』の販売終了を先日お知らせしましたが、
このパンを作る際に、当店では愛媛県産の無農薬栽培檸檬の皮を檸檬ピールにして
使っていました。
で、その檸檬の果肉(中身)を絞った檸檬果汁をふんだんに使って「レモンのレアチーズケーキ」を
作ってくださっているのが、イタリアンカフェ「バダローネ」さんです。
そして、つい先日からバダローネさんで「レモンのレアチーズケーキ」の販売が始まりました!

ほえぇぇぇ・・・・・と、うっとりするほど美味しいチーズケーキです。
口に運んだ瞬間、幸せな気持ちになれると思います。
こちらは季節商品ですので販売期間は長くありませんが、是非一度召し上がってみてください。

ということで、檸檬のバトンを渡しました。
檸檬のリレー、只今全力疾走中ですので、皆様どうぞバダローネさんに足をお運びくださいね。



では暫くは定番のパンたちと皆様をお待ちしています。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加