岡山サッカーサポーティング委員会(OSS委員会)公式ブログ

岡山県内のサッカーの試合・大会の試合運営に関わる(財)岡山県サッカー協会のボランティア組織の公式ブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

岡山サッカーサポーティング(OSS)委員会 概要

2016-02-03 | その他

組 織 / 活動内容 / 年間の主な活動予定 / Q&A

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12/27:2015シーズン お疲れさん会(納会)

2016-01-03 | 岡山県サッカー協会関係

 皆さまあけましておめでとうございます。先日、12月27日(日)にウルトラスにて、OSS委員会の納会が開催されました。毎年この時期に納会を開催しますが、今回も主だったメンバーが参集いたしました。会場も、しばらく居酒屋とかが続いており、ご褒美を並べるスペースが無い事もあり、久しぶりにこちらのお店で開催しました。たっぷりスペースがありました。
 
 最初のグループが入ってきましたが音が出ず。横のテーブルにボランティア参加のご褒美品を並べていきました。県協会から会が購入したいわゆる「お宝グッズ」です。中には、おいおいそんな物がと一同目を見張るものもありましたが、何なのかは秘密・・・ 参加数が多かったメンバー誰かの手に渡っていきました。まあ、仮にもらってもというのもありますが。やっと音が出ました。メンバーも参集しました。メンバーが選んだのはベルの試合。負け試合だったのに。澤さん、お疲れさん。
 
 専務理事さんの開会挨拶&乾杯のご発声でスタート。ご褒美贈呈タイムが続きましたが、今シーズンは、2部に落ちているという事で、シャルムには参加していないため、最初からレースに乗っていません。当方は毎年同じように代表カレンダーをもらいます。
 あっという間に会は進みました。皆さん食べるペースが早く、「ボリューム重視で」とお店にリクエストしておいたのに、早くもデザートタイムです。まあ、よく食べ、よく飲み、よくしゃべりました。下委員長の締めのご挨拶で閉会です。皆さんお疲れさまでした。
 
 written by Bmount

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12/27:2015年シーズンOSS納会

2015-12-30 | 岡山県サッカー協会関係

 皆さん、こんにちは。
 OSS委員会(岡山サッカーサポーティング委員会)のメンバーのしまくんです。12月27日(日)に、岡山市北区にあるウルトラスというスポーツバーで2015年シーズンOSS納会が行われました。
 
 参加者は15名。専務理事(今は違う!?)の挨拶からの乾杯で始まり、しばし歓談。僕はこの日は席は移動せず、席の近くの人達とばかり話していました。話の内容はサッカーの話がメインでした。ファジアーノ岡山の話、来シーズンはどうなるのか?
 ファジアーノ岡山のホームゲームボランティア活動の話、チャレンジ1の話、ファジアーノ岡山サポーターの話。。岡山湯郷Belleの話、来シーズンはどうなるのか?、美作の話。途中県北の雪の話にもなりました。

 FC吉備国際大学Charmeの話。なでしこリーグ2部に残留したね。来シーズンはどうなるのか?FC吉備国際大学Charmeホームゲームボランティア活動の話。ガンバ大阪新スタジアムの話。途中、私の未来の話にもなり、その話の流れで委員長がとある冊子を持ってきてくれました(笑)。活用したいと思います(笑)。

 会の途中には、ご褒美もありました。みんな目がキラキラしていましたね。ちなみに、サッカー以外の話もしました。おかやまマラソンの話。今シーズンのマラソン大会の話。北海道の人の人柄の話。高知県の人の人柄の話。岡山県の人の人柄の話などなど。会の最中に流れていた今年!?の岡山湯郷BelleとINAC神戸レオネッサのなでしこリーグの試合の映像を時折見ながらみんな色々感想を言ったりもしていました。
 
 会は90分くらい行われていましたが、美味しい食事と美味しいお酒、素敵な仲間に囲まれ、楽しい時を過ごさせていただきました。会の最後に委員長が挨拶。今シーズンのボランティア活動で新しいチャレンジをした人の事を話されていました。新しい事にチャレンジするのはいい事ですね。
 僕は来シーズンもOSSは継続するので(戦力外通告にならない限りは)、来シーズンも楽しく、今シーズンよりも多く活動出来ればいいなと思っています。
 終わります。

written by しまくん

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8/9:天皇杯県決勝戦PART2

2015-08-18 | 岡山県サッカー協会関係

 夏の慰労会以来の更新となりますシマカズです。今回は、岡山県代表を決める天皇杯決勝戦です。前回の記録の評価を受けて、今回も記録担当となりました。
 
 まずは、記録の仕事まで時間があるため、アウェイ側の旗の掲揚していると、ひもが急に切れてしまい、予備のひもで対応し旗の掲揚が終わり、運営室に戻ると選手のメンバー表が提出されていました。入力してもらったメンバー表を作成と印刷をしてもらい、登録選手のカードと出場選手の名前と背番号の照合をし終わり、昼食へ。
 
 昼食が終わり、いよいよ準備へとうつるも、エレベーターで3階へ移動し、扉を開け記録席と表示された席に座りました。屋根の下とは言っても、暑かった…。一旦、筆記具とタオルを取りに行き、持ち場に戻ると、テレビ放映もあるため、iPadのような画面の大きさで、確認できる準備をしてもらってから、選手の特徴、背番号、靴などの色などで、ある程度の特徴をつかんで、しっかりした準備が、必要なのを痛感しました。

 試合に入ると、ファウルがあったら直接フリーキックや何番のシュート、得点取ったときはどこの位置で何番のパスから何番のシュートをどのような形でしたかまで注視しながらも、三菱先制。ハーフタイム中には、上にあるアナウンス室で、得点チェックするも記録席に戻り後半へ。ネクストの選手交代で流れがネクストに傾くも同点どまりで延長戦へ。お互いチャンスをつくるも、得点ならずでPK戦へ。
 
 先攻は三菱、後攻はネクストとなり、お互い成功するシーンが多くサドンデス突入。両チームともキーパーのキックへ。キーパーのキックで明暗が分かれて試合終了。最後は、シュート数、ゴールキック数などのチェックしてから記録の仕事を終えてから人工芝などの片付けへ。片付けを終えて、ミーティングした後にシールをもらい会場をあとにしました。

written by シマカズ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8/9:天皇杯県決勝戦PART1

2015-08-12 | 岡山県サッカー協会関係

 8月9日(日)、Cスタで開催された、天皇杯県決勝大会についてOSS委員会としてボランティア参加してきました。Cスタが会場の場合、いつも人数が多いのですが、昨日もそんな感じでした。
 10時半に1Fロビーに集合しましたが、おや〜?という顔登場。Fリーダーです。福祉関係の仕事になってから、懇親会はともかくボランティア現場ではもう何年も会場の顔を見なかったのですが、一念発起して参戦したようです。前日にファジのホーム戦があった関係で、設営作業はほとんどなく、協会スタッフの皆さんもゆったりして参集されていました。
   
 まずはミーティング。県協会事務局から説明がありました。人数はいつもより少な目。試合前の設営作業がないからなのか。それでも長机の移動とかいろいろ仕事が出てきましたが、まずは大会旗の掲揚の作業を命ぜられました。何とOSSに所属して初めての作業で、面白そうです。左からネクスファジ、NHK、協会旗&フェアプレイ旗、共同通信&山陽新聞、水島FCの順番に掲げます。(大きい声では言えませんが、共同通信&山陽新聞をうっかり逆さまにセッティングしてしまいました・・・) 一度掲揚してから気付き、慌てて直しましたが何と2つとも逆でした。この日のTV生中継であやうく映ってしまうところでした。
 K代総監督と奥さんであるK代マネージャーにお会いする。「相手の方が格が上ですから」と謙遜されながら、目の奥には「絶対に勝つ」という熱い闘志が燃え盛っていました。いい試合が期待できそうです。
   
 ポジションが決まりました。灘崎の時の流れで樽部長は撮影&プログラム販売です。シマカズ氏は記録係、まさに天職の様子。他は場内警備(監視係)などです。熱中症対策という事で、バックスタンドにも交代で就きます。あと、Aゲートを上がった上に総合案内が設けられました。プログラム販売も同時に行います。事務局員とともにずっと西氏が就いていました。西氏はよほどそのポジションが気に入っていたのか、ずっとそこにいました。来場者1人1人に塩飴も配布していました。
 今回、大会プログラムとステッカーをセットで300円、別にリボン型OFAメモリアルステッカーを200円で販売していましたが、さすが樽部長、どんどん売られます。手製のPRボードを作られ、サンドイッチマンのような格好です。ファジサポも水島サポもどんどん買っていかれます。その他、コーナーフラッグを配置したりと、細かい作業がありました。
   
 長い開始前時間でしたが、13時に試合開始。観戦者の話では、前半は水島FCがずっと押し気味で先制しました。しかし、後半はスタミナが少し切れてきたのか、今度はネクストが反転攻勢。同点に追いつき、延長戦でも決着が付かず、ついにPK戦です。
 これがまた11人目まで続き、GKが蹴り合って決着が付きました。まさに死闘でした。カテゴリを比べると、ネクストはJFLに対し、水島FCは中国リーグとネクストに分があったはずなのに、辛くも勝ちぬけた結果でした。ネクストは岡山県代表として、J2徳島と本戦1回戦を戦います。
   
 試合後のセレモニー。準優勝の水島FCに賞状、優勝のネクストに各トロフィーなどが授与されました。印象的だったシーンがありました。表彰式終了後、ネクストがゲート10に向かって歩いて行ったのですが、何と水島FCも遅れてゲート10に歩いて向かい始める。そしてゲート10のファジサポに一礼すると、観客席から温かい水島コールが贈られていました。普段、J2の試合では絶対にみられない光景に少し感動しました。
 その後にはサポーター同士のエール交換もあり、いいものを見せていただきました。ファジと水島はもともとJFL時代には「岡山ダービー」として、好敵手だった存在で、JFL時代をふと思い出してしまいました。
   
 その後はしっかり撤収作業が待っていました。ゴールの撤収も覚悟していたのですが、吉備国大と環太平洋大の学生さんに助けてもらいました。暑い中、本当に「神」に見えました(笑)。久しぶりに人工芝の撤収をしました。学生さんのおかげでスムーズに作業ができました。ふと、観るとFリーダーがレイソル号(バッテリーカーを個人的に呼んでいます)に乗っている・・・ ブランクが長いはずなのに、覚えていたかと。「JFL時代はよく運転してピッチボードを片付けていたよなぁ、少人数で」と古いメンバー(よそとは違ってOSSは多いです)言い合う。   
 最後、専務理事さんの訓示で終了です。専務理事さんの話では今シーズンは活動がこれ以降は余りなく、天皇杯も他会場の都合で岡山に回ってくる可能性が少し残っている程度とか。皆さん、お疲れ様でした。
written by Bmount

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7/31:慰労会

2015-08-04 | 岡山県サッカー協会関係

夏の慰労会が行われる会場付近のコンビニで委員長と合流したシマカズです。

 今回は、夏の慰労会会場である焼鳥屋新八を前にして、FSSでのある話や、次回行われる県代表の天皇杯決勝戦など話しているうちに、参加者の方々が次々と集まり、ある程度の時間がたち店内へ。

 最初のオーダーと会計を担当し、メモしたメニューを店員さんにテンパりながらも頼んだあと、委員長から着信があり、折り返し電話してから、乾杯して食事へとうつる。冷奴の量が意外と多かったり、サラダがおいしかったり、そうこうしているうちに専務理事が登場。

 今年の会員証の配付と同時に参加した証として、名前を記入してから過去の試合の話やシャルム、湯郷ベル、ファジアーノなどの話、ボランティアメンバーの話まで出て、盛り上がっているなか(最終的には11人参加)、ラストオーダーへ。

 ラストオーダーなのでメニューを頼んで、飲食していると意外と時間が早く時間がたってしまい終了時間となり、集めた会費を専務理事に渡して、任務を終え、忘れ物がないかを確認して解散して会場をあとにしました。ちなみに写真はありません。

written by シマカズ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7/5:天皇杯岡山県予選準決勝

2015-08-02 | 岡山県サッカー協会関係

 7月5日(日)、灘崎運動公園で開催された、天皇杯岡山県予選準決勝でのOSS委員会のボランティアに参加してきました。シマカズ氏と合流して一路灘崎に向かったのですが、全く道に迷ってしまい、少し遅れて到着。すでに樽部長と西氏がいました。下委員長の姿が見えないので聞くと、同じ時間帯でCスタで開催されたシャルムのボランティアに急遽参戦されたとか。
   
 この日は、天皇杯県予選の準決勝で、三菱水島FCとNTNの試合。会場で声をかけてきた方がおられたので、振り返ると水島FCのK代マネージャーさんでした。去年までご主人はチームの監督でしたが、定年制で総監督兼GMに就かれたとか。それでも奥さんは変わらずにマネージャー職のままだとか。
 K代監督ご夫妻率いる水島FCさんとも長いお付き合いで、今だに変わらず声をかけてくださるのはありがたいですね。K代総監督は現在シニアの選手で、この日もシニア帰りで得点を決めて、少し遅れて参戦されました。少し昔談義に話が咲きました。ご夫妻とも、以前にお見かけした時と比べて、随分リラックスされた表情でした。肩の荷物を下ろして、純粋にサッカーを楽しんでいる感じです。水島FCさんにとって、今が一番サッカーが楽しい時代ではないのでしょうか。
   
 という事で4人の参加者での今回のポジションは、得点板と会場写真及び記録係補助です。県協会事務局から役割分担を告げられて、諮った結果ではまずは写真は樽部長。何でもこういう仕事を目指していたとか、自分なりのこだわりがあるとか言われ、そこからはアンタッチャブルになったので、自動的に決定。あとは同じく希望したシマカズ氏が記録係補助。いいですねー 自分で記入した内容が公式記録になるって。残った2人が得点板です。昔、担当メンバーで得点を替えるのが遅れて、サポーターから叱られた事があったっけ。今回は大丈夫!
   
 事務局から、来場者への県予選プログラム(300円)の販売を委託され、樽部長と2人で観客席を1周しました。当初は事務局から「目標1部」と言われていましたが、何と20部近くを売り切って完売です。観客数と比較すると、恐るべき購入率です。事務局の面々も驚嘆の声をあげていました(笑)。恐るべし樽部長。
 事務局からカメラと「報道」ビブスを渡された樽部長。もう誰も止められません(笑)。試合風景をいろいろな角度から撮影されていましたが、さまになっていましたね。何でも昔そういう仕事を志した事があるとか。謎の人です。
 第4審判席?に座っていたシマカズ氏にちょっと記録用紙を見せてもらいました。結構細かい点まで記録していたので、絶対に当方ではこなせません。シマカズ氏の目の色が違っていて、適任でした。
    
 で、西氏と得点板係です。応援団・浅口のメンバーでもある白評議員さんがレクチャーをしてくれました。キックオフと同時に、0−0(トータルも0−0)を表示する。デジタル時計のような数字ですが、細かく分解できます。基本は全部貼り付けた「8」で、そこからどう部品を抜くかで、それぞれの数字が出来上がっていきます。それにしても、日差しはそれほど強くなかったのに、結構日焼けしちゃいましたね。微妙に暑かったし。
 試合は2−0で水島さんが快勝しました。次の決勝戦は8月9日(日)にCスタで開催され、JFLシード?のネクスファジと岡山県代表を賭けて戦います。K代マネージャーは「いやいやファジさん強いから」と謙遜されていましたが、目は「負けないよ」と鋭い眼差しであるのを見逃しておりませんよ。いい決勝戦になる事を祈念しております。
   
 試合後、撤収作業をお手伝いしました。まずはゴールの撤収。Cスタのようにピッチに打ち込んだものではなく、据え置き型だったので、持ち上げて運搬。あとはテントを一緒に撤収し、最後に専務理事さんの訓示を受けて解散しました。という事でお疲れ様でした。
written by Bmount

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天皇杯岡山県予選準決勝

2015-07-03 | 岡山県サッカー協会関係

 個人的には今年初の?OSSボランティアとなります。シマカズです。今回は、天皇杯の岡山県代表を決める大会の準々決勝2試合です。今回は、得点板を担当することとなりました。
 
 灘崎へ着くと、かなり暑くなると聞き、水分補給のためコンビニで水とパックの飲み物を購入し、水分対策はできました。第一試合は、三菱水島と吉備国際大学の試合です。水島が果敢に攻めるも相手キーパーの活躍がひかり、無失点で前半終了。
 
 後半は、個人的にうつらうつらはあったけども、落ち着くことができてから、しばらくしたときに水島が先制点を決める。その後も吉備国際大学のキーパーの活躍がひかり、追加点なく試合終了。三菱水島が準決勝進出。風が強かったため、涼しく感じた中での試合でした。
 その後、昼食中に慰労会の日程が7月31日に決定し、少し休んでから持ち場に戻り第二試合に突入しました。
 
 第二試合は、NTNと環太平洋大学の対決です。前半の序盤に環太平洋大学が先制し、そのままのスコアで前半終了。ハーフタイムが終わり、エンドがかわり後半に入り、NTNのフリーキックに。このフリーキックが見事に決まり同点。さらには逆転、左サイドからあげたボールが枠内に入り追加点。その後、環太平洋も意地を見せ、一点差に追いつくも、NTNに4点目を決められ、終盤のPKで一点差に追いつく。
 
 少し荒れた終盤戦のなかNTNが4対3で勝利し準決勝進出。終盤は得点板の仕事が多かったなか、試合終了直後、ボランティアメンバーとボールボーイの大学生たちと2ヵ所にわかれ後片付けをして、元あった状態に戻し無事に終わり、次回も同じ会場で行う灘崎をあとにしました。

written by シマカズ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3/29:FC吉備国際大学シャルム対スフィーダ世田谷戦

2015-04-07 | FC吉備国大シャルム

 まず、はじめに。ご縁あってこのブログに足を運んでくださった皆様。見に来てくださり、どうもありがとうございます。OSS(岡山サッカーサポーティング)委員会メンバーのしまくんです。OSS委員会というのは、岡山県サッカー協会のボランティア組織です。
 3月29日(日)にシティライトスタジアムで行われた、2015プレナスなでしこリーグ2部第1節 FC吉備国際大学シャルム VS スフィーダ世田谷FC戦(13時キックオフ)に、私たちOSS委員会のメンバーがボランティアスタッフとして参加してきたので、そのレポートを書こうと思います。
      
 当日は午前10時30分にスタジアムに集合。この日のOSSメンバーは7名。OSSメンバーの担当は、受付、入場ゲート対応、試合中の担架隊。試合後の片付けでした。私の担当は、開場(11時30分〜)してから1時間くらいは入場ゲートでチケットもぎり、マッチデープログラム配布などを行い、試合開始のちょっと前〜試合終了までは担架隊員でした。入場ゲートの対応はなでしこリーグに限らず、Jリーグや天皇杯でも行った事はありましたが、担架隊員をするのは初めてでした。ちなみに担架隊員というのは、試合中に怪我などをして自力で立てない、起き上がれない選手を担架の乗せて運ぶ人の事です。4人1組で行います。この日は幸いな事に、担架の出番はありませんでした。

 試合終了後はベンチ、ゴールなどの片づけをして、この日の活動は終了となりました。この日試合運営に関わった皆様、お疲れ様でした。スタジアムに足を運んでくださったシャルム、スフィーダ両チームサポーターの皆様、どうもありがとうございました。
 もうご存知の方も多いと思いますが、試合は0−0の引き分けでした。これで、終わります。拙い文章に最後までお付き合い頂きありがとうございました。
written by しまくん

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月25日(日) AED等講習会(PART3)

2015-02-05 | 岡山県サッカー協会関係

 皆さん、こんにちは。OSS委員会メンバーのしまくんです。どうでもいい情報ですが、北海道生まれ、北海道育ちの道産子です。少し日にちが経過してしまいましたが、1月25日(日)にkankoスタジアムで第2回AED等講習会が開催されました。そういえば、kankoスタジアムってシティライトスタジアムになるんですよね。なので、kankoスタジアムっていう看板もすごく貴重な物になるのかもしれません。
 
 場所は1Fのトレーニングルーム。前回の第1回は2年前に同じ場所で行われました。私も参加してましたが、2年も経つと忘れてしまっている事も多く、今回も参加させていただきました。人数も前回の講習と同じくらいの参加で良かったです。
 研修内容は、最初は「止血」について。止血もたぶん前回の講習でやったと思うのですが、ほとんど覚えてない・・・。ここを抑えたら血が止まりますという風に教えていただき、その部分を抑えて確認しました。

 次は、「胸骨圧迫」、「人工呼吸法」。この2つも2年前の講習でも行い、少しは覚えていたつもりでしたが、今回やってみると、けっこう忘れている部分も多かったです。
 胸を押す時、手を垂直にしなければならないのですが、押して少し経つとだんだん垂直の姿勢がずれてきてしまう・・・。あと、この日感じた事が、かなり体力を必要とするないう事。またどうでもいい情報ですが、私は趣味でランニングをしていて、マラソン大会にも出場したりしていますが、思っていたより疲れましたね。胸骨圧迫の時に大事な「強く」、「速く」、「絶え間なく」。この言葉はきちんと頭に入れて覚えました。
 
 次は、「AEDの操作方法」。AEDの操作も簡単ではありませんが、こういう講習の時にある程度は覚えておかないと、いざとなった時に何も出来なくなると思うので。パット(だったっけ・・・)を貼る場所を一瞬間違えそうになりましたね。
 あまり考えたくはないですが、事故などでこの日習った事が必要となった時、救急車の到着も早いとは限りません。口で言うのは簡単ですが、迅速な行動が必要なんだなと感じました。

 今回の講師は日本赤十字社岡山県支部の方々で、この日は男性1名、女性2名の計3名の方々が来てくれました。私も含め、今回の参加者はボランティアをしている、もしくはしていた方がほとんどでしたが、今回の講師の3名の方々もボランティアという事でした。貴重な時間をありがとうございました。 
 この日、講習会も非常に楽しみでしたが、参加者の方々と他愛のない話をする事も楽しみにしていました。色々な方と色々なお話が出来ました。話題の内容は、Jリーグ、アジアカップ、日本代表、ファジアーノ岡山、セレッソ大阪、コンサドーレ札幌、なでしこリーグ、・・・、などなどけっこうたくさんのお話が出来ました。もちろんこの日の講習会の内容についても話しましたよ。あと、一部の方とはマラソンの話も。

 この日、スタジアムでは小学生(かな!?)のサッカーが行われていました。この日の参加者はもちろん、参加してなかった子供達から1人でも多くの未来の日本代表、ファジアーノ岡山戦士が登場してほしいなって個人的に思いました。
 これで、私しまくんの1月25日(日)に行われた第2回AED等講習会のレポートを終わります。読んでいただいた皆様、どうもありがとうございました。

written by しまくん

コメント
この記事をはてなブックマークに追加