ホルモン屋徒然草〜珍しホルブロだ

新米ホルモン屋の親爺の日々。ホルモンのこと、店の出来事、周辺の自然や話題。

滝沢 大釜 の オーディオ専門店 オーディオ・ベースマン さんの ホームページ移転

2015-07-03 22:55:39 | 自然、読書、仕事、そして生きている
盛岡近郊では唯一のオーディオ専門店、オーディオ・ベースマン さんのホームページが移転したようです。

店主の細川さん(JAZZのベース弾きでもあります)から連絡いただいていますのでお知らせします。

HPアドレス

http://audiobassman.jp/

参考:4年前のワタシの記事

http://blog.goo.ne.jp/okasiraya/e/c31f88d4db20a800168e45cfce51dce4

そのときの写真




細川さんの経験と耳で選び抜かれたオーディオがアナタをお待ちしていますよ。

盛岡から秋田へ向かう国道から大釜駅方面に向かい、道筋右側にあります。
一見、事務所風ですのでお見逃しなく。

仕事の出張も多いようですので、お電話を入れてからの方がいいと思います。

自分の好きなCD音源を何枚かもって試聴してください。

きっとびっくりしますよ。

(短い経験者としてご忠告申し上げますが、このオーディオ道、深くてはまりますよ。危険です。)


ワタシもたまらなく「いい音」を聴きたいときには出かけたいのですが、、

貧乏暇なしで、ね。

PS:オーディオ・ベースマン さんの Twitter を見て、スケジュール確認の上、来店されたほうが確実ですね。

   https://twitter.com/Audio_Bass_Man
コメント

常連さんはやはり少し得する事があるものだ 〜 耳・鼻・唇・足の物語

2015-07-03 09:36:04 | をかしら屋
ホルモン屋の主が不得意な部位があるというのは恥ずかしいがホントである。

それは、耳・鼻・唇・足。


昨夜は当店名物ラーメン「コラーメン」のスープとりの日。
仕上がりは6時ですよと従業員I嬢に指示され時を待つ。

グラグラと茹でたつ鍋に火を止め、スープストック用の鍋に濾しながら入れ、大きなシンクで素早く冷やす役目を担ったわけだ。

当店のラーメンスープは豚頭粒(カシラツブ)、スネ、足、大量の野菜などからうまみを取り出している。

そこでケチなワタシは、そのスープ出がらしの内容物で使えそうな奴を取り出すのだ。

先ずは頭粒からホッペタ(かしら肉)を。
頭粒はお湯の中ですっかり茹であげられ、頭蓋骨と化している。
頭だから当然のように耳も鼻も唇もホッペタも、そして目ン玉もついている。
それが引き上げるときにズルズルはがれるのだから、毎回ながら気持ちのいいものではない。

まして、あまり得手でない耳・鼻・唇があるのだから。

慎重に取り出したカシラ肉はその他の有用部位とあわせて、翌日には「コラーゲン丼」となってランチに出現するはずである。

そして、、足。
いわゆる「トンソク」だ。
好きな方は目を剥けて涎を流すだろうが、ワタクシ的には目を背けたい。

まぁ、しかしながら好む方もいらっしゃるのだからと、柔らかく壊れがちなそのおみ足を丁寧に取り出し、冷蔵庫で冷やす。

そして、昨夜もその足の一本は、常連氏に渡されたのである。

ラーメン屋ではないのだから、そう度々は無いスープとりの日の、「好きな」方にはたまらないプレゼント。



鉄板でこんがり焼くと、「オイシイ!!」らしい。

ワタシは、そうか良かったねと、遠い目で見るだけである。

マァ、このように通っていただき常連さんになるとそれなりに「いい事」もある。

ワタクシは引っ込み思案であるから、カウンターにお一人で座られても気軽に声をおかけしない。
しかし、話しかけられればそれなりに応答する。
恥ずかしがり屋、おしょす方であるので、最初は固いと思うがそう気になさることは無い。
強面(こわもて)であるが気は弱いのである。

常連といってもホルモン屋であるので、そう毎日来られる方は少ない。
せいぜいが週に一度、月に一二度のタイミングであり、それが普通であろう。

だからどうぞ気にせずカウンターにお座りいただき、気に入ればお通いいただきたい。
あまりコチラから話しかけないが、歓迎していないわけではない。
お話をいただければ、お返しし、そうして少し「近く」なればいいのだと思う。


さて、大手企業や公務員の方々はボーナスをいただいて、この週末は飲みに行くべかとそわそわしているのかな。



ぜひ、「初夏の感謝祭」実施中の当店もその候補に入れていただきたい。
「冷麺まつり」も実施中ですので、二次会にもどうぞ。

催事部隊の今週末は、明日、土曜日が「材木町よ市」。
明後日、日曜日は盛岡南公園で行われるJ3「グルージャ盛岡」公式戦に出店です。
15時からと少し遅いですが、相手はJの22アンダー選抜。
次のオリンピックを狙う年代の選手たちが来ますので楽しみですね。

応援がてら、ぜひお立ち寄りください。
コメント

合歓木、額紫陽花、柿 そして ありがとう

2015-06-29 12:23:00 | 自然、読書、仕事、そして生きている
春からこの季節、一週間見ないと自宅の雑草畑も様相を変える。

先週咲いていた二輪のオレンジの百合はすでに散り、ホタルブクロはいよいよ勢力拡大気味。



春遅くまで死んだふりをしていた合歓木は、緑の葉を従えたかと思うと、もうピンクの花が咲いている。
枝振りも年々大きくなり、そろそろ真面目に何本か切らないと行けない様相だ。

合歓木に心を寄せるのはこのピンクの花のせいでも、石鹸になるというその実のせいでもない。
宮城まり子さんの「ねむの木学園」、そして大好きな作家、吉行淳之介による。
 (既述)



仙台の妻の実家からいただいた白の額紫陽花も、そろそろ出番を迎えそう。
紫陽花は家の周りにいくつか植えているが、そのどれもが好きである。
ワタクシ的紫陽花ロードといえば花巻市博物館なのだが、毎年楽しみの「多田等観展」を今年は行けそうも無い。

ちなみに、花巻市から「多田等観展」の紹介を転載する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

チベット仏教学者、多田等観は西本願寺宗主の大谷光端の命により、苦難の道のりの末、チベットへたどり着き、ダライ・ラマ13世を最高権威とするチベット仏教の奥義を学びました。約10年間にも及ぶ僧院での活動で、教義を極めた者としてゲシェーの称号を授けられ、デルゲ版チベット大蔵経をはじめとする多くのチベット仏教関係資料を請来しました。
今回の展覧会では、釈尊絵伝を中心に仏像や仏画(タンカ)、法具により、仏菩薩が解き放つ極採色と輝きに満ち溢れた空間によって、等観がチベットで体感し、心に描いた荘厳な世界を自由な想像のもとに紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月5日(日)、今度の日曜日まで。
本当にオススメです。



そして柿の木。
小さく緑の実を見つけました。
ポチが大好きだった柿。
今年は鳥たちがついばむのだろうか。

(閑話休題)



昨日は日曜定休日返上の「だらだら昼酒宵酒の日」。
常連氏が寝入り、いっとき客が途絶えたのをいいことにワタシもシエスタ。

こういう休みもたまにはいいのではないか。

20時終了間際に訪れた二組の若い方々、ごめんなさい。
閉店延長するほどの体力気力が残っていませんでした。
次回はひょっとすると7月20日(海の日)かなと思っています。

月に一度くらいは開催したい。
そのためには少し体力をつけないと。

「体力」と「体重」に、文字は似ているが、相関性はないのだと確信するきょうこの頃。

今週は本日、月曜日から営業。
土曜は「材木町よ市」、日曜は久々のJ3「グルージャ盛岡」公式戦に出店予定です。

じゃ、
ほでば、
コメント

とかくマヨラーというものは & 明後日はそういうわけで昼酒なのラ〜

2015-06-26 08:57:16 | 喰う、呑む
「マヨラー」というのは、大のマヨネーズ好きを異端視、或いは一種の侮蔑した表現として使われる場合があり、それは「アンチ巨人」とか「アンチ○○」というのと同じで主体性が無く卑怯者であるとワタクシは思う。

しかしながら自らを「マヨラー」というのは、それなりの気恥ずかしさはあるものの、一種の開き直りと、「マヨネーズ愛」に燃えるハート&ベロを誇示したいのもある。



我ながら「マヨラー」の最たるものだと思う事もあり、このトースト2枚、一枚はチーズ&マヨ、一枚はカニカマ&マヨが最近の倉庫兼事務所兼平日仮眠所にいるときの元気な朝食だ。

かなりハイカロリーなのではないかと自ら訝しがるのだが、まぁ、しゃんめぇ。



そしてこれは或る夜の酒のあて=主食なのだが、キューりとミニトマトと竹輪二本だけならやたらヘルシーなのだが、マヨをかけるととたんに優雅かつごちそう感があふれるのはなぜなのだろうか。

人間はキリギリスじゃないのだから、ただただ野菜を食むのではなく、このような長く歩んできた食文化の中からいくばくかの調味料を付随させても、後ろ指を指される事もあるまいが、世にはびこる口だけヘルシー志向人間は、やはり異民族を見るような斜め目線を投げかけるのだろうか。

(マイナリティーにありがちな自虐&自意識過剰&被害妄想に陥っております)



ちょっとうっとうしい夏だか梅雨だかわからぬ暖かい夜に寝つかれず、ついつい定量の缶ビール2本を超過し、お土産の福島の清酒をいただく夜もあるが、肴は野菜だけなのです(withマヨ)。

歳をとり、新陳代謝が衰え、おそろしく効率的な体になって、今では空気を吸うだけで体重が増えるありさまで、マヨラーをいつまで続けれるかは少し暗雲が垂れ込めてきた感もあります。


さて、明後日、6月28日(日)開催の「だらだら昼酒宵酒の日」。



当然ながら現在実施中の「初夏の感謝祭」も対象になりますし、「盛岡冷麺まつり」で冷麺が半額なのも魅力ですが、さらに当日の限定メニューができましたのでお知らせします。



1.アルコール全品ほぼ399円
  焼酎モヒート、黒糖モヒートも399円
  当日限定、常連氏おみやげの小笠原産ラム酒を使った「小笠原モヒート」も399円

2.催事でお馴染み 「ホルモン焼きそば」 400円
  グルージャ盛岡公式戦では一番人気です

3.これも催事限定の 「豚玉」(豚肉入り薄焼きみたいなもの) 300円

4.久しぶりに 串おでん 一皿500円(黒豚ホルモン串、カシラ串など制作中)

5.当日限定「コプチャンカレーチゲ 小鉢」 300円

他にもスポットメニューがありそうですので、ぜひこの機会にお立ち寄りください。
コメント

ブログ版 「だらだら昼酒宵酒の日」のご案内 6月28日(日)だよ

2015-06-23 13:03:50 | をかしら屋
さて、「初夏の感謝祭」実施中の「をかしら屋」





(「お得なクーポン」はHPか「チラシ天国」に掲載していますので印刷してご提示ください)

久々に「だらだら昼酒宵酒の日」を開催します。

時:6月28日(日) 12時〜20時
場所:をかしら屋大通店 019−651−7111

主なイベント
1.アルコールほぼ全品399円(銘柄酒含む)
2.Pホルモン(シロ)閉店まで食べ放題777円
3.催事メニューの「ホルモン焼きそば」など限定メニューを出します

いつも通り、お一人様歓迎。
当店常連氏達と懇談してください。

もちろん、女子会・団体宴会も歓迎。
ただし当日夜は店主一人、ロンリー営業ですのでご了承を。

そして、昼寝・いびきOK!
愛読書・CD・ギター・ハーモニカ・三味線・トランプ・将棋の持込可

当日はグルージャ盛岡の公式戦もありませんので、日曜しか来れないというアナタには是非ご来店いただきたい。

そんな感じです。
コメント