ホルモン屋徒然草〜珍しホルブロだ

新米ホルモン屋の親爺の日々。ホルモンのこと、店の出来事、周辺の自然や話題。

昨夜の客

2015-01-29 09:19:09 | をかしら屋
一昨日、夜の仕舞い客は常連氏と入れ違いに、賑やかにやってきた。
お世話になっている建築業界の方々。
東京のいつもの先生を含め7名様、2テーブルを陣取る。

賑やかなのは三次会という。
ありがたくも最後の店に選んでいただいたのだ。

全員ハイボールで、たぶん本日何度目かの乾杯。
右習えしてくれる風習は、たぶん私たちが最終世代で、今は個人の時代。
ロンリー店主には気づかっていただける右習えはありがたい。

三次会にしてはたいそうな食欲で、2テーブルに各々、黒豚レバー、テッポー一本焼き、シマチョウ、キムチ盛り。
舌も胃も食欲中枢もだいぶマヒしたころだろうが、黒豚レバーに皆様から賛辞頂戴。
テッポーを見て歓声、切って喜ぶ。

その間に、なんと三次会の鍋。
コレコレと今だけ提供の(今週末までですぞ)「コプチャンカレーチゲ)。
ホルモン屋に似合わぬいいスパイスの香り。
当店の山盛り三人前は残さずいただいて、鍋とレンゲだけ帰って来た。
なんと「おじやセット」で汁までたいらげたのだ。

おまけに冷麺4名様。

月末にしては寂しいなんてしょげていたが、仕舞いの客が賑やかだとこちらの心も暖かくなる。
おもわずスキップしてアイススケートリンクと化した駐車場でまた転ぶ。

昨日は従業員I嬢の娘さんが熱を出してお休み。
ランチは急遽お休みをいただいた。

夜に挽回といつもはI嬢にまかせきりの店の準備をふ〜ふ〜息を詰まらせながら急ぐ。
なるほど手間と時間のかかるものだと、洗い物をロープにかけたり。

幸い開店すぐに(心の準備が出来ぬまま)若い男子二人組。
当店は初めてといいながら、ナイスチョイスの「豚内蔵九点盛り」。
豚内蔵一頭買いの当店ならではのメニューで、初めてのお客様には特におすすめしている。
いろいろな部位をお試しいただいて、お好きな部位をまた単品で選んでいただくのが主旨。

若いのに丁寧な言葉づかいの、昔なら「ハンサム」と呼ばれるお二人。
飲み放題を選択しながらも、がっつくのではなく、会話を楽しみながらゆったり呑まれる。
若者らしく清々しい卓であった。

次は先週の同級会にも出席した高校の同級生の職場ご一行様。
やさしく楽しい彼の人柄か、三人の予定が増えて五人に。
呑めば呑むほど賑やかで楽しそうなご中年一行様。
最後はお隣の卓とも仲良くなり、ついつい会話がはずみ、お隣さまは新幹線最終便に間に合ったのだろうか。

そのあとは、同じく高校の同級生の大学時代の同級生、地元大学の畜産関係の先生たち。
こちらもいつものように呑む、呑む、呑む、呑む。
食べる、食べる、食べる、食べる。
幹事の学生(か助手か)は絶えずご注文。
○○三人前、と、
生ビールと麦お湯割り二杯とハイボール。

ロンリー店主の手が回らぬほど、その注文の間隔が短い。

ありがたいが、とうとう足がついて行けずつりそうになる。

この夜はどの組も、呑む、喰う、ためらわず呑む、喰う。
こういうのはいい。

あとからに入った常連氏語る。
どうせ呑むなら一軒目で思いっきり行かなきゃ。
最近は一軒目はホットペッパーとかなんとかでせせこましく何百円かをけちりながら、二軒目、三軒目のキャバクラ・バー・スナック&盛岡人は締めの冷麺・ジャジャ麺・ラーメン屋で金銭感覚が崩壊する人々が多い。
酒飲みとしては嘆かわしいな、などと小店主に気遣いながら話す。

その常連氏のすぐあとに、最近よく来るリーマン二人組。

お隣の最初は見知らぬワタシの同級生組と意気投合しての会話から、在阪の大手電機メーカーにお勤めで、仙台在中、ときどき盛岡に出張という方。

会計のレジ前で、仙台の拠点も廃止になり、来週からは大阪に戻るとの事。

いや〜、この店で「豚」内蔵のオイシサを教わりました、と。
そういえば、豚レバーに舌鼓を打っていました。
関西は牛主流ですが、たまには豚さんもかわいがって下さい。

そして一卓去り、一卓去り。

残されたテーブルの、五組の残骸に、しかし今夜はこちらも高揚しながらお片づけ。
ホントに今日のお客様たちは、呑んで、呑んで、呑んで、食べて、食べて、残らず食べて帰られた。

ロンリー店主は心地よい疲れに浸りながら、深夜の事務所兼仮住まいでいつもの缶ビール二本。
お得意のもやし豆腐炒めで、水曜日のお楽しみ志村軒(8チャンネル)を見てお休み。

ついでに疲れの残った今朝は、いつものように「起き掛けいきなり事務処理」をさぼり、「ノボさん」(伊集院静著)の残りを読了。

最終章の子規の最期に涙止まらず。

中年はいかんな。
「マッサン」にぐぐぐときて、「ノボさん」に堪える事ができない。

そんな、日々。

今日はI嬢の娘さんの熱も下がったようで、ランチも夜の部も営業です。
夜は花巻から相方も応援に来るので、なんとか格好がつくようにお願いします。


しかし、やっぱ、ロンリーが続くのはお客様的には申し訳ないですね。
なんとかならぬか、、
コメント

グルージャ盛岡2015年J3公式戦日程 注意:画像どでかです

2015-01-28 11:38:07 | をかしら屋
J3およびグルージャ盛岡HPに今年度のJ3公式戦日程が掲載されています。

我が、グルージャ盛岡はアウェイで3月22日に福島ユナイテッドと。
ホーム戦は3月29日(日)盛岡南運動公園競技場で行われます。

ワタシなりにA4一枚で見れる表にしましたので貼り付けました。
ご参考に。

(注意:画像はでかいです。PC等に負担がかかるかもしれません。このgooブログで画像登録できるJPEGでは、これ以下の解像度にすると文字が読めなくなります。あしからず。PDF版は当店HPに掲載予定です。なおこの図表は上記グルージャ盛岡HPを参考にしたもので、会場・日程等の変更は都度ご確認ください。)



コメント

1月27日(水) 【急告】本日のランチタイムはお休みします。

2015-01-28 10:06:41 | をかしら屋
【急告】

1月27日(水)のランチタイムはお休みします。
夜の部は通常営業です。

日中の電話は留守電になっているかもしれません。
午後4時以降におかけ直し下さい。

寒暖差の厳しい時期です。
空気も乾燥しているようです。
皆様もご家族も体調にはお気をつけ下さい。


PS:ワタクシ店主は怪我から一週間たち、昨日ぶじに抜糸しました。気を抜いたわけではありませんが、昨夜、借りている駐車場が建物の狭間にありこの期間はずっとスケートリンク化して怖いのですが、見事にこけました。冬靴を履いているのですが、店で確認したら、靴の裏底の鋲がほとんど抜けている事に気がつきました。あと一カ月半くらいなのですが、再度の大事に至る前に、我慢せずABCマートでものぞきに行こうかなと、真面目に思っています。

コメント

これさえあれば

2015-01-27 08:22:56 | 喰う、呑む


昨日の夕餉(夕ではなく深夜であるが)。

なにがなくても、これさえあればいい。

照井だんごの「お茶餅」とサバ缶。

包み紙にはこう書いてある。

「花巻名物 お茶もち
 
 花巻名物 経木まんじゅう

 菓子とだんご
 照井菓子店
 花巻市大通り二丁目
 電話(23)3849」

朝9時過ぎ、税務署を廻り盛岡へ一週間の旅へ向かう途中、店の前を通ったらなにか呼んでいる気がして、つい車を止めた。

「なんだが、あやしいですね〜」
と、曇天の低い雲を見ながら奥さんが言う。
旦那さんたちが店の奥で団子づくりをしているのがガラス戸越しに見える。

この、まったりした空間とおかみさんの会話も楽しめる。



いいじゃないか、そう目くじら立てなくても。

こんな時にって、さ、

こんな時だから、少しの贅沢。

一本80円のお茶餅が、一日の疲れ切った体と頭を温めてくれる。

ひょっとして、照井だんごのお茶餅は、マルカン大食堂のナポリカツより、僕を救っているのかもしれない。

でも、一月が終わる前に、あの展望大食堂に新年の挨拶に行かねば・・・

これもかなわぬ贅沢か?


PS:怪我から一週間たち、本日抜糸予定。酒も五日断った。抜糸すれば少し血も出るようで、そうなりゃ今日も酒断ちか。昨夜は給料日あととは思えない大通。そして、「あさみちゆき」ちゃんのご結婚&懐妊のニュース。酒を呑まずに穏やかに寝るには、少しの疲労が必要で、できればその疲れは店の繁盛がもたらしてくれればありがたいと、月末の小店主は切に願うのだった。 あっ、今日、火曜日は照井だんごの定休日(なはず)です。
コメント

感謝

2015-01-25 09:38:17 | 自然、読書、仕事、そして生きている
先日のワタクシの凍結路面での転倒による怪我について、友人・お客様各位からお見舞いのお言葉をいただきありがとうございます。

幸い救急センターで数針を縫っただけで、痛みもほとんどなく、毎日、外科医院への通院ですんでおります。
当日夜からの営業も、変なおじさん風に100円ショップの毛糸の帽子をかぶっていますが(本人は気に入っている風)、特に差し障りはありません。

来週は抜糸の予定であります。

皆様に感謝するとともに、引き続き当店をご利用いただければ幸いです。


PS:昨夜まで「自主規制」としてアルコールをいただいていません。幸い酒なしでもこの寒さと疲れでなんとか眠りについています。アルコールが入らないと食欲が増すという事にきがついた最近です(ワタシだけかな?)。ついでに、この格好ですのでお買い物などの外出を控えておりますと、通院以外に財布からお金が出て行かないという副作用に喜んでおります。ただし、万が一のために参考事例として報告しますが、今回の救急搬送での治療費を昨日支払いに行きましたが、15050円(保険適用)でした。凍結路面には充分注意しましょう。
コメント