神山釣具店ブログ「釣り日和」

男鹿川・鬼怒川の釣り情報と店の商品のご案内、 
その他、ネコのことや平凡な日常を書いています。
 

三依の川のようす&五十里湖と川治C&Rも・・・

2016-05-26 18:15:58 | 釣り情報

いろいろ事務仕事が忙しくて、あったまに来てる毎日。。。

そんな中 きょうは三依まで行く用事ができた。

くそ暑い日でしたが多少の気分転換にはなった感じデス・・・

書類の束を届けた後に 当然そのまま帰ることはせず、川のようすを見てきました。

せっかく三依まで行ったんだもんね、、、 写真も何枚かは撮ってきました。

三依橋の真ん中に車を止めて、男鹿川のようすをパチリ・・・と、

!!! 川の水、ずいぶんと少なくなってました ↓

入山沢との合流は上のとおり。 
こっちは旧三依橋の下の流れですが、、、 ↓

川幅 狭いデスね〜
当然 浅くもなってました。

 

このあと、さらに上流に行くか、、、たとえば、サイカチ橋や上三依の不動滝あたりまで行こうかと迷いましたが・・・
どうも入山沢も気になっていて。。。

今年は休漁区指定ということで釣りは出来なくなっていますが、
昨年の豪雨のあとに1回行っただけ、 しばらく見てなかったので、きょうは数か月ぶりに行って見ることにした。

対向車もなく、スイスイと車をはしらせると、、、、、 予想どおり、川のようすは昨秋のときと変わらず・・・

同じ場所からの下流方面 ↓

川幅狭く、凹凸のない平坦な流れ、、、 魚の隠れ場なんて全くありません。 

ここよりちょっと先(上流)のようす ↓  遠くに見えるのは小田小橋です。

橋にズームした写真 ↓

以前の水流とは比べ物にもならない、貧弱な川です。 

小田小橋とその手前側に積み上げられた流木の山。 

橋の上から上流を撮った写真 ↓ 

川岸が削り取られ、流されて、昔の3倍ぐらい広くなった感じですが、水が流れてる幅はここも狭くなってます。

こちらは橋のすぐ下流 ↓
左からは見通沢が合流してます。

ザーザーと大きな音で渦巻くほどの水流は何処へやら・・・ 
橋の真下は水深もそれなりにあったのにね・・・

変われば変わるもんです。

2年前の解禁日に同じ場所で撮った写真と比べてみると・・・

すごいでしょ、この違い。 同じ川とは思えない。

 

しばらく、ここでボーっとしたまま川を見ていました。
あの澄んだ水が懐かしいな・・・・・・・・・

 

これ ↓ 橋から写した見通沢です。

こちらも同じく2年前のものと比較しますと・・・

川幅広いですよ。 つまりは両岸に砂利や石が流されてきて積もってるってことです。

これが 橋の下で入山沢に合流してるんですが ↓

んーーーーーん、よくよく見ると見覚えのある石が見えるね。
ここで解禁日に決まって釣りをする人、何人かはいましたよね。

きっと、わたしと同じようにガッカリされてるかな (;´Д`)

 

さてさて、、気をとり直して さらに先に進み・・・ 中の沢との合流まで行くと ↓

沢の上流方面とこっちが ↓ 下流、入山沢に合流してるところです。

この場所に車を置いて、中の沢林道を歩きで入ってみました・・・
200か250メートルぐらい行ったところで、林道は崩れて無くなり・・・

左手の山崩れをアップして ↓

カーブしてる川をアップ ↓

上の川幅なんてわずかに1メートルぐらいです。 これって川と呼べるのか?

短足のわたしでも飛び越せるぐらいの中の沢。。。 もはや、ここには魚は住めんと思うよ。

半年経っても未だにそのまま放置の支流でした。
今現在 三依のあちこちで復旧工事が進められていますが、こういう小沢はどうなんでしょうね?
地元の生活等に特別関係してるわけでもないちっぽけな沢なんぞ、国や県がどうこうするなんてのは考えにくいですね。

ならば、自然治癒を待つしかないのか・・・
何年も何十年もかかって、男鹿川自身が自分で復活を遂げるのを待つしかないのかも・・・

あとね、帰りに撮った五十里湖の写真もアップします。
2日前だったか、、、 問い合わせがありましたので。。。

見てくださいませ ↓

水位 大幅ダウン。。。 砂漠が復活です (ーー;)
〇のところにズームして

まだ少し水があるってだけで、浅瀬になってるようですよね。

問い合わせを下さった方、 ね、TELで話したとおりでしょ。
ここでの釣りは無理だと思いますよ。

 

最後におまけを・・・・

川治のC&Rのようす ↓

温泉街のほうの男鹿川、チョイ水が減ってました。
橋から見るに、川に誰もいなかった。 
無理もないですよ、風はあるし、陽ざしもけっこう強くて、とても釣りなんてしてる場合じゃない。

お昼も食べずにあちこち急いで回ってきて、帰宅後に歩数計を見たら 6,740歩 を達成!
わたしにしては久しぶりの数字だわ〜ん。

で、今になって疲労感どっぷりデス。
夕飯はコンビニ弁当にしたいな〜〜〜と思うとりますが、ダンナは何と言うか? 少々後ろめたさもあって迷ってる自分がいます。。。。。


          では、また 


小佐越にニジマス放流しました

2016-05-21 17:52:18 | 釣り情報

小佐越 砂利取場に

ニジマス 150 kgを放流しました。

春の釣り大会第3回目として

22日 朝5時から釣り開始となります。


せき場川への追加放流

2016-05-21 17:45:01 | 釣り情報

5月21日(土)

藤原支部で せき場川へ魚の放流を行いました。

放流は

イワナ・・・30 kg、ヤマメ・・・70 kg

合計100 kgです。

放流後の釣りはできません。

翌朝日の出から釣っていただきます。

 


放流時の写真です。 道路の上から撮ったせき場川の様子もあわせてご覧ください。

場所によっては急な斜面もあって、けっこう大変なんですよね。
地元の組合員さんたち、みんな慣れてるとはいえ、何回も何回もの上り下りは息があがります。

バケツの中味を見せてもらいました ↓

元気な魚たち・・・ ピチピチして 今にも飛び出しそうだった。。。

川はこんな感じでした ↓

昨秋の大雨被害で崩れたりした箇所もありますが、さほどの影響はなく、むしろ釣りやすくなったと言うお客さんもいました。

放流も終わりに近づいたころに、軽の千葉ナンバーの釣り人さんがいたので、漁協の役員さんが、「放流後の釣り禁止」という事を話して釣りを止めてもらいました。
今夜は川治温泉に宿泊されるそうで、、、あした、また来ると言われたそうです。
ご協力ありがとうございました。

きょう放した魚の中にはちょっと大きいものもいたようで、トラックの上で 「うわ! これでデカい!」 っていう声が聞こえたりした !(^^)!

あしたの朝から釣れますので、ぜひ来られたし!!!


          では、また 


昔は可愛かったのよ〜

2016-05-19 00:23:33 | ネコたち

5年前の ひめ

可愛かったのよね〜

茨城県から日光市へ来たんだよ

とろけそうに可愛くて、、、  将来はさぞかし・・・と期待しました

 

 

今ね、

こんなことができますの。。。 

他のネコには出来ない、ひめだけの特技     ガラス戸ひっつき 

 

 

どうだ! 見事なメタボだろ(笑)

 


三依の放流日公表についての答え

2016-05-17 18:12:44 | その他

きのうはお昼から漁協のほうで三役会というか、、、 ちょっとした集まりがありまして、、、ね

去年の河川調査の結果を水試の方から聞いたり、さらに今年度の事も話したり・・・

集まった中に三依の役員さんもいまして、例の放流日の公表について、最後の頃に話しを向けてみましたら・・・

やっぱり、事前公表はしない。 との答えでした。

すみませんね〜、期待されてた方たちには本当にごめんなさい、です。 

ちなみに、きょうも5月の放流や6月以降の放流(三依地区)を尋ねるTELがありましたが・・・

5月については放流量だけ、それ以降についてはまったく決まってはおりません。。。

放流が終わってからHPやこのブログでお知らせとなります。





・ 


今夜は・・・・・

2016-05-16 00:08:26 | くらし

今夜はちょっと冷える、、、かな。

昼間は半袖でもよいぐらいの気温でも、夜になると薄着では肌寒いです。
気がゆるんで風邪などひかないようにしないとね。

PCをやってるわたしのところに来て 膝上抱っこをしてほしいような感じのハナだったので、ハロゲンをONにして そっちに移動してもらった。。。

独り占めしてます (;^ω^) もうお歳(今年で13歳)だからか一番寒がりなんだわ。

コタツはもう二週間ぐらい前から使ってない。 何故かというと、、、 これ ↓  証拠写真

わたしがいつも座ってる長座布団、それにコタツの毛布&布団にまで、誰かのオシッコ被害に遭ったから・・・

犯人は分かってるんです、過去に何回もの前科があるから。

そう、、、こいつ。 トラですよ。 
トラ、トラ、、、、、トラちゃ〜〜ん・・・と何度呼んでも まともにわたしと目を合わせんようにしてました。(笑)



その不自然な態度が犯人である証拠です。

そんなことがきっかけで、頭にきたもんですから、全部洗濯したあとにすべて押し入れにしまって、コタツはもうやめた! ということになりました。
おかげで電気代が安くなってる・・・(嬉)

ここ数ヶ月間 しばらくシッコはしなかったんですけどね〜。。。 油断してました。

[災害は忘れた頃にやってくる] ってか!(笑)


          では、また 


アユの稚魚を放流しました

2016-05-15 12:23:13 | 釣り情報

きょう、5月15日(日)

鬼怒川と男鹿川

アユの稚魚を放流しました

小佐越地区 鬼怒川に30kg

川治温泉 男鹿川に70kg

三依地区 男鹿川に200kg を入れました

6月にモニタリング検査を実施し、7月3日(日)に解禁となります

 


ここにアップするのは小佐越での放流です。(毎年同じような写真になりますが・・・)

まずは鬼怒川の様子から・・・ 万年橋からの上流と ↓

下流です ↓

快晴でとっても気持ちが良かった。。。
なのに、ご覧のとおり 釣り人さんは誰もいない。 

きょうは川の水位は落ちてましたね。 これなら釣りはOKですよ。

10時を少し過ぎたころにアユを積んだトラックが到着し、待機していた人も手伝って放流開始となりました。 以下 写真を続けます。


・・・

ここへは30kgを入れましたが、それでもけっこうな量が入りました。 上のバケツで6〜7回入れたそうですから・・・

このあとトラックは川治へ向かい、別なトラックが三依へ直行して、それぞれの場所での放流となりました。

昨年のアユ釣りはとても好調だったので、今年も期待できるかな〜〜? そして 期待どおりだといいですけどね。


          では、また 


ある日 出会ったネコ

2016-05-13 23:21:48 | その他

見ないようにしても、気にしないようにしても、

やっぱり会うと  となる。。。


この前出会ったネコ ↓

多分 オスだろうな・・・ それっぽい顔をしてますもん。

ジッと見てたら、草むらのほうへ歩いて行って・・・

気になってそっちへわたしも行って見た。。。
だってね、その先は鬼怒川へ下りて行くしかない場所です。 まさか、河原に行くつもり・・・?

 

と、、、 草の中に隠れていて逆にこっちを観察してた。

左耳、カットされてるように見えるケド・・・  見えますよね。
なら、手術済みってことだから、良し!

野良かどうかは分からないですが、こんなところでも 耳先カットをする環境に触れている人がいることが嬉しかった。。。


          では、また 


放流日の公表についてメールでいただいたこと

2016-05-13 16:46:12 | その他

時間ばかりが過ぎて・・・

日にちばかりが経って・・・

仕事ははかどらず。。。

 

気持ちが乗らないんですよね、最近。。。

自分一人で空回りしてます。

 

さて、三依の放流日の公表についての件ですが、きょうも役員さんとTELで話しましたが(別件で)、
公表についてはまったく触れず・・・でした。

皆さんからのメールの内容は、放流日の公表について「賛成」という人もいれば、「反対」という人もいらっしゃいました。
それぞれの理由を読ませてもらって、どちらの理由にも納得してしまう自分がいます。

◆遠方から行くのに、放流後の公表ではほとんど釣られてしまって、いわば”残り物”を釣ることになり、当然 釣果もかんばしくない。

◆前もって放流日が分からないと予定が組めない。

◆放流日の非公開は一部の人だけが得をすることにならないか・・・

◆魚を放流する意味は遊漁券購入者に対して「釣って下さい」ということなんだから、放流日や場所については当然公表すべき・・・など。


もう一方の公表反対の意見・・・

◆渓流釣りというのはそんなに数に拘る釣りではない。

◆どうしても釣りたい人は管釣りや渓流釣り場がお勧めです。

◆公表すれば放流日だけに来て大釣りをする人ばかりが集中し、釣りきられてその後は魚影無しということになってしまうから反対する。

◆いっそのことまったく公表しない漁協の姿勢を貫いて、それが理解できない方は来ないでください!というやり方にしてもいいのでは?


また、こんなふうにしたらどうですか・・・と、ご意見を書いて下さった方もいました。

◆以前のように放流日の翌日から釣れますというやり方に戻す。
  但し違反者がいないように監視を強化して。

◆他の漁協のように解禁前に放流予定を全部決定して公表する。 そうすればクレームや問い合わせに悩むことはない。

◆1人あたりの尾数制限をする。 例えば魚種に関係なく合計で20匹とか30匹以上は持ち帰り禁止というように。

 

読めば読むほど 悩みは深まるばかりでした。

難しい・・・・

ホントに難しいです。

わたし個人としては、放流日の公表については賛成でもあり、反対でもある。。。
それって何だ? って思われるでしょうね。

例えばですが、、、、、
月に1回のわりで、年に5回、6回とか放流するんであれば、放流日の公表と公表しない月をひと月おきにするとか・・・

3月解禁前には当然放流しますから放流日、放流量とも公表。
4月の放流については放流量のみで放流日は公表せずに、、、、
5月は放流日とその量を公表・・・

な〜んて、どうですかね?

ふざけてる!! なんて叱られるでしょうか (/ω\)

 

とにかく、、、 みんなで知恵を絞って考えなくちゃとは思うんですが、、、
なかなか・・・ね、いろいろあります。。。

これって皆さんに対しての返事になってますでしょうか?
今書けることはこれまでです。


          では、また 


きょうは「母の日」

2016-05-08 23:15:35 | くらし

きょうは「母の日」だったそうだ・・・

ついさっき、他の人のブログを見て、”あ〜、そうなんだ”って思いました (;^ω^)

わが家は誰かの誕生日も、母の日も、もちろん父の日とかも、そういったイベント事のお祝いなどは一切無い。。。

娘から聞いたことがあるが、友達とかにその話をすると「へー、変わってるね〜」と言われるらしい・・・

・・・・・・・そうなのかな?

あ、クリスマスとお正月はちょっと別よ。

ケーキとおせち料理は食べますから ・・・ ← 自分が食べたいのだ(笑)

ただ一つだけ、わたしの中に決めごとがあって、自分の誕生日にはあるところに少額の寄付をしている。

それが、また一つ 歳をとったという意識に繋がるのだ。

とにかく、母の日を祝える日本は平和でいい。。。

日本に生まれたことに感謝・・・ですね。

 

*************************************************************

 

三依の放流日について書いたことで、いろいろメールをいただき ありがとうございます。

あとでまとめて ここに返信ということで書こうと思っています。


          では、また 


三依地区の放流日に関すること

2016-05-06 18:14:39 | その他

5月6日 金曜日、、、 数日間続いた きのうまでのあの道路の渋滞はなくなり、一見 平常に戻った感がありホッとしています・・・が、

あした(7日)は土曜日だし、また渋滞が復活したりして、、、ね。

本当に、観光地なんかに住むもんじゃないです。

きょうの店は来客が少なくて気持ち的に楽でした〜。
でも、こういう時にこそPC仕事を片付けなくちゃと、いざ取りかかってはみたものの・・・・
身体がだるいわ、眠気がおきるわで あまりはかどっていません。。。

今月開催の理事会の資料&来月の総代会の準備も始めています。

 

今年は三依地区の魚の放流について、ハッキリと〇月〇日という公表をしていないせいで、先月は4月の放流日についてのお問い合わせが多数ありました。
1日に5〜6件は当たり前。 それが連日。

こちらの対応に「分かりました」とすんなりTELをきってくれる人もいれば、
放流日が決まっても事前公表はしないという回答に文句たらたらの人もいて、
こっちもキレそうになるのをじっと我慢しての受け答えに限界を感じるほど・・・ (TELをきってから悔しくて悔しくて、、、涙が出てくることもある) ← ホントです。

4月末に無事に放流を終え、その後の連休中にTELをいただいた方には
「次の理事会で三依の役員さんに、放流日の公表について話してみる」と約束をしました。

考えてみたら5月の理事会は下旬頃になりそうなので、それでは間に合わないかも・・・と、一昨日TELで連絡を入れた。

そうしたら、、、、黙ってわたしの文句を聞いた後に、

「検討します」 とのこと。。。

即答で公表OKの返事はもらえませんでしたが、微かな希望が見いだせた・・・ということですね。

 

ホントはね、こんなことここに書きたくはないですよ。
漁協の内々のことだもの。

でも、事前公表しないというのを決めたその理由も共感できるものなんです。

放流日に早々と気にいった放流場所に陣取り、後から来た人を入れずに追い出すようなことをしたり、、、
「ここへ入れろ」と自分の目の前に放流させるようなことを言ったり、
釣れたら釣れるだけ、何十匹も腹を裂いて持ち帰ったり・・・

↑ 読んで心当たりがあり、きっと頭に来る人 いるでしょうね。
事実だから書きます。 名前をだすわけじゃないからいいでしょう。 

大事なイワナやヤマメなんです。
一人でも多くの釣り人さんに楽しんでもらいたいんです。

我先に自分だけいい想いをしたいという釣り人さんも遊漁券を買ってくれれば漁協にとってはお客様ですが、漁協としては皆さん平等に釣っていただきたい。

ごく少数のそんな人たちの横暴ともいえるようなやり方を認めたくないという気持ちが【事前公表しない】ということになった訳。。。

今回わたしが三依の役員さんに言ったことで、結果 公表するかどうかはまだ分かりませんが、もし 公表OKとなった場合には漁協のHPにもこのブログにも書きます。
それがなかった時にはやり方が変わらなかったということでどうかお許しください。。。

 


イワナとヤマメ釣ってきました

2016-05-01 15:29:39 | 釣果は?

早朝に釣りに出かけたダンナですが、やっぱりきょうも昼前には帰って来まして、、、、

理由があってきょうの魚も持ち帰りです。

しかも、これまた理由があって生きたまま持ってきました。。。

きょう行った沢はおじか・きぬの管轄内ですが、去年9月の大雨で大きく崩れ、被害がハンパじゃない場所だった。
道が崩れて先に行けないとかで沢を上がっていったそうですが、崩れた箇所はその先にもあり、全部で3ヶ所だったとか・・・
沢のほうも川幅が狭くなりかなり渓相が変わっていたそうですが、水がチョロチョロ流れるそんな沢に魚は残っててくれました。 

残念ながら沢の写真はありません。 肝心なカメラを忘れていったんですよね。

釣りに行けば必ず数匹は釣れるみたいですが、こうして持ち帰ってくるのは滅多にありません。

さて、次の釣行予定はいつになるか・・・  きっとこの連休中にはもう行かないと思います。。。多分(?)


          では、また  


川治C&Rの上流部

2016-05-01 04:50:57 | 男鹿川のようす

きのう三依へ行く途中にちょっとだけ立ち寄った川治C&Rの様子デス・・・

新男鹿橋からの川の写真はきのうの朝に鬼怒川支部の Yさんからの写真をアップしたので、ここには男鹿川上流部を載せます。

GWということで、ふれあい公園や国道のトイレ脇の駐車場は車が満車状態。

消防署の横道を行ってみると、そこにも2台の車がありました。
しかし、その近くに釣り人さんの姿はなし・・・

そこから五十里ダムに向かう上流を見てみたら ↓

かなり上の方に人らしき姿をみつけてズームしてみた。

午前中にうちの店に寄ってくれた(多分)ご夫婦のようでしたね。 もし違ってたらスミマセン。。。
奥さまもルアーをやられてるっていうお話しでした。 

もっと先に行って坂本沢合流近くに車を止めて 川までおりての様子 ↓

下流の温泉街の方 ↓

反対のダムの方です ↓

1人見つけて、ちょっとアップで ↓

フライをしてましたね ↓

夕方5時すぎ、店に寄ってリーダーを買われた埼玉県の Wさんが言うには、、、 もう少し水位が下がってくれたらなァ・・・ということでした。
それでも、ニジマスを7匹+2度のバラシ、ヤマメを3匹掛けたそうです。
Wさんいわく、先日放したはずの魚たちも そろそろスレてきてるそうですよ。

「人が多いからね〜 無理もないよ」 とのこと。
そして、「釣れなくても今は山の緑が綺麗で、気分転換には最高」と言ってくださって、とても嬉しい気持ちになりました。 

 

さっき、4時チョイ過ぎに、またまた うちのダンナは釣りに出かけて行きました。。。
さて、その結果はどうでしょうね?
ここにアップできるような釣果ならいいんですけど・・・ お楽しみに !(^^)!



          では、また 


三依の男鹿川、追加放流

2016-04-30 19:53:02 | 釣り情報

きょう、4月30日(土) 三依地区男鹿川にイワナとヤマメを放流しました!

放流開始は午後2時の予定だったので、川治や五十里湖にも寄りたいと思い、12時半ごろに家を出ました。
川治の写真はのちほど・・・


家を出る時もそうだったけど、川治温泉を過ぎて五十里湖までは天気も良く暑いくらいの気温でした。
時々 やや強い風が吹いていましたが、観光客の中には半袖姿の人もいたほどなのに、、、
五十里湖を過ぎて ふと気が付いたら、いつの間にかどんよりと暗い空に変わっていて、車から降りるとひんやりした空気を感じるほど。。。
三依と鬼怒川温泉の気温差を改めて実感した。

さて、ここにアップする写真ですが・・・

全部の放流場所で写真を撮ったわけではないので、その点はあしからず。。。

2時ちょっと過ぎに中三依に着いて、最初に見たのは三依橋からの放流でした。

しかも、放流を終えてみんながそれぞれ車に乗り 次の場所へ移動しようとしている時。
なのでそこでの写真はナシ。

三依橋からはバケツ5杯分ぐらいを入れたそうです。

こちらはユウ沢橋での放流です ↓

次の場所ではバケツを持って川まで下りての放流 ↓

すぐ近くの対岸にはちょうど釣り人さんがいまして・・・ ↓  目の前に魚が入ってラッキーってとこでしょうか 

こちらは水生植物園の入口の橋から撮った男鹿川 ↓ 上流側です。 三依ではまだ桜が咲いてました。

そして下流側 ↓

 

ここは不動滝の滝上橋から ↓
橋のすぐ下で1人のエサ釣りさんが竿を出していた・・・ この人は宇都宮市から来てました。

釣れたかどうか聞いて見たら、「2匹」だと指を2本立てて教えてくれました。

 

こっちが滝上橋の上流です ↓

で、この橋の上下にも魚を入れました。

これは上流への放流です ↓



次、横川の集落入口のちょっと手前の場所 ↓ 
地元での呼び名は何て言うのか分かりませんが、ここも川に下りられるんですね。。。 初めて知りました。 
道路の端にトラックを止めて、魚をバケツに移し、それを2〜3人が川まで運んでいました。 

そして放流作業もそろそろ終わりとなる 横川地区の集落へ、、、

ここへはバケツで確か、、、4杯。

バケツの中味は当たり前だけど魚だけでなく水も入ってます・・・
けっこうな重さがあると思いますが、それを持って急な斜面をおりるのは大変だろうな〜・・・と思いますね。

わたしなんか、頼まれても無理だわ・・・って、大切な魚だもの、誰も頼む人なんかいるわけないわ (笑) 

この後はこの集落の上と更に上流のカゾネ橋まで放流をして、全部の作業が終了しました。

三依地区の組合員さんたち、10人ぐらいが出てくれて、無事に400キロのイワナ、ヤマメを放すことができました。
途中すこーし雨らしきものがポツポツしましたが、何とか降らずにもってくれて良かった。。。

GWの残りの連休、三依で竿をだしてはいかがでしょうか・・・
きっと、釣れる、、、、、、、、?  かな? と思います (;^ω^)


          では、また 


今朝の川治C&Rのようす

2016-04-30 10:28:32 | 男鹿川のようす

今朝の川治温泉C&Rのようすです。 (鬼怒川支部 Yさんからのメールで・・・)

上流の五十里ダムの放流が少し少なくなったようで、、、、
多少水は多いものの 数日前と比べると かなり釣りやすい状況になりました。

上の写真でもフライマンの姿がありますね〜

27日に放流されたヤマメとニジマスがお待ちしています。
このチャンスを逃さず ぜひお越しください。。。☆