“坂の上の雲”

登っていく坂の上の青い天に、もし一朶の白い雲が
輝いていてもいなくても、また坂を登っていきます。

17/03/19『岩内岳BC』

2017-03-19 | 山行報告

3月に入ってようやくのバックカントリーは、もう春分の日

晴れ天気の連休予報に気をよくして、久しぶりにゼンマイを巻きました。

日本海を眼下に望む「岩内岳(1,085m)」です

 

Aotさんと二人BC⇒積丹半島の連峰を背に

 

Aotさんとの山行はいつ以来でしょうか?

それと、Toshiのゼンマイが巻かれなくなってからどれだけ経った

しょう?

  

人生下り坂に差し掛かった同期のAotさんも多忙な中、一人では

スキーを履き、ときにはスノーシューで山に登っていたという

から感心です。

 

下り坂ではいろいろなことがあって、

気力がわかないこともある・・・

 

なのに...お腹だけは空いて、どんどん体重が増している感のある

私です

 

 

■7:50 岩内スキー場駐車場

 

さて、朝待ち合わせた時点ですでにあたりが明るくなっていました。

もう街には春の香りが充満していますね

今日のように山になど向かってこなければ、夏タイヤに交換した方が

経済的でよいと考える人もいます。

 

岩内だってこの通り、

スキー場の駐車場の雪は溶けて、すっかりと残雪期特有の景色に

なってきています。

 

 

岩内スキー場の今期の最終営業日は明日(3/20)なので、

さぞかしスキー客が押し寄せているか、、と思いましたが、

まだ時間が早いことと、

ここ数日、雪が降っていないこと、

それに、さすがに人口がそれほど多くない田舎町の岩内であります。

 

一日を通して登山客、スキー客が多いとは感じられませんでした。

 

 

踏み後が鮮明な夏山登山道を辿っての登り

 

岩内岳は、夏山登山としては度々訪れているので、

その景色はおよそ頭に入っているのですが、

後ろを振り返ったときのこの景色は、夏場では見ることのできない

ものでした。

 

素晴らしい

 

 

日本海側の真冬の気象を想像すると、

そうそう近づくことが許されない過酷な環境の岩内岳も、

 

そうかぁ~7合目までがスキー場だと思うと、冬期間も「有り?」と

思わせるこの眺めです。

 

積雪量は旧スキー場りリフト跡地を越えるときよくわかります。

 

 

晴れた日には想像できない雪が冬場には舞うのでしょう

さて、積丹半島までは降らないかな?

 

旧リフト最終降り場をやや過ぎてこの景色

 

パノラマで臨む積丹半島と岩内、共和の里

 

踏み後を辿っても、その脇の締まった雪面を歩いても

変わらない登りやすさ

 

何度も振り返り、振り向いて日本海を望みます

 

 

 

輝く頂上まであと少し

 

 

意外と雪面に薄っすらと残る雪が柔らかく、

下りも心配なさそうで、尚よし

 

 

ここからはもう遮るものがなく、

ニセコ連峰の北端の位置関係が手に取るように望める。

 

 

こんな高度感、他の山域ではちょっとお目にかかることは

できないでしょう

 

■10:45 頂上 (目国内岳を背に)

 

羊蹄山からニセコ連峰を望んで・・・

 

以外にも、

「雷電山(1,211m)」には終始雪雲が張り付いて離れず、

標高だけではなくこの一帯の微妙な気象条件、積雪環境が伺い

しれて、これまた大満足です

 

 

 

■11:20 下山

 

 

下山の爽快!BCの様子はこちらのVimeo動画でね

 

 

■11:45駐車場

 

 

山に登れるだけで気力が充実してきますが、

晴れてその陽光を浴びながら歩くと人間はけっこう元気になれ

るようです。

 

下山後は岩内温泉さんさんの湯で汗を流してきました

この温泉、“あつめ“と“ぬるめ”があるのですが、

あつめは47度、ぬるめだって43度はあるでしょうか?

この熱さがイイと二人で納得

 

春山シーズンは一緒に増毛山地に向かいましょうと打ち合わせて

岐路につきました。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

17/03/11『鳥越山』

2017-03-11 | 山行報告

3月に入って最初の山行は、樺戸山地の「鳥越山(668m)

~とりごえやま~登ってきました

 

 

スノーシューで直登出来るmaxの積雪に挑む

 

 

 

この日は、久しぶりにAmigoさんとの二人登山でした

 

“ミニ山の会”の元気印hiromiちゃんはというと、

最近お仕事の関係で自由に山に向える日が少なくなっているん

とか...、

年齢から言って、それが当たり前とも言えるけど..

誰しも「遊び(たい!)」は「仕事(がんばり)」の反動です

 

しかし、

hiromiちゃんならずとも、登山に至っては、晴れた日に山に向かえ

ないのは“悔しい”の一語に尽きます

 

■6:05 鳥越山 駐車スペース

 

Amigoさんはいつものように、江別の自宅から、そう離れていない

山であっても、

早朝に車を走らせるのが億劫だと言って、この日も鳥越山の麓で

車中泊していましたが、

Toshiはというと、まだ暗い中、4時過ぎには札幌を出発してきまし

たよ(札幌からだとけっこうかかるもんだなぁ~)

 

 

3月に入って朝の陽ざしに強さを感じます

この強い日差しに“日焼け止め”を忘れたToshiに、Amigoさん

は「貸してやるぞ」と言ってくれましたが、

 

4月に入らないとそう日焼け止めを塗ることのないAmigoさんも、

実際にはザックに入れておらず・・・

 

 

まぁ、少しぐらい焼けてもいいかぁ~と、

 


登り始めるわけです・・・

 

しかし、

この日差しはちょっと手ごわそう・・・

 

いつもより息があがっているAmigoさん

 

陽が昇って、ますます白銀の景色に吸い込まれる感覚を覚える

本日の登山、きついラッセルも楽しい

 

この時点で頬のあたりがちょっとヒリヒリ

 

 

それどころじゃあない、

先週から降り続いた雪は、結局頂上まで締まることなく

スノーシューを潜り込ませてく...

 

気が付くと頂上には雲がかかってきたぞぉ~

 

あれ?

 

あの日差しが消えていく

ここまで、晴れた頂上からの景色を頼みに登ってきたのにぃぃ

 

ようやくの頂上までおよそ3時間かかってるし

 

■9:25 頂上

 

でも、

急激に気温が上がったための現象はそう長く続かず、

 

折り返して下り始めた頃にはもうそのガスも抜けていき・・・

 

すぐさまこの眺めの山頂付近です。

 

頂上直下の快適スペース風もなく気持ちいい

 

 

■10:00 下山

 

たっぷりと降った雪の状態は昼にかけ、

この日差しで腐る手前、スノーシューにつくダンゴが邪魔に

なるけれど、

二人のつけた踏み後で下りは容易でした

 

この辺りの川はすべて石狩川に入り(美味しいお米作りに役立っています)

 

■11:10 駐車スペース

 

まだ昼前だというのに、

車に乗り込むと睡魔が襲ってきました。

春分の日が近くなってきて、体内時計も夏仕様に切り替えの

時期になっているけど、

さすがに4時前に起床すると疲れます。

 

Amigoさんとここでお別れし、

Toshiは一人月形温泉で汗を流して帰りました。

(やっぱり焼けてるわぁ~ヒリヒリ)



さて、

帰宅後は何もする気が起こらず

たでらだらとブログを書き上げる準備などしていると、

写真を加工している途中になってパソコンが使えなくなくなりました

なので、

すっかりとゼンマイを巻く気力が無くなってしまいました。

 

この落ち込みを取り戻すのは容易ではないかもです。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

17/02/26『BC音江山』

2017-02-26 | 山行報告

2月最後の週末は音江山でバックカントリーです

 

 

この春北海道を離れるedaさと眺める深川の平野部

 

この日は、早朝から奥白滝(北大雪)まで高速を走らせましたが、

なんと全道一の積雪量を確認しただけで、引き返してくること

になりました

 

白滝天狗岳の麓は、いまやクロスカントリーのメッカとなり、

たま~にBCで訪れる客は“進入禁止”が目に入らぬか!..と、

追い返される結果になるのでご注意ください。

 

因みにこの日は風が強かったため“黒岳”スキー場もロープウェイ

が止まっていました

 

ま、

こんな日もあるでしょう。

 

気を取り直して深川まで走り、edaさんと二人「音江山」を滑る

ことにしました

 

■10:55 音江山 駐車スペース

 

出発が遅かったため、駐車場にはかなりの車両が止めてありました。

 

その分、踏み固められたトレースがあるので登りにはありがたい

 

登りはじめはこの先の困難を予想せずに意気揚々

 

その後・・・

送別会、飲み会続きで登りがしんどそうなedaさんガンバ

 

5合目付近ではガッツポーズでやる気満々

 

ですが...、

その後の急登で本格山スキーの腿上げ作業の大変さに、

 

こんなはずじゃあ~   と、辟易

 

ここの急登を越えたらばむ・・という、7合目付近で

残念ながら敗退

 

Toshiにはよくわかりませんが、

年前に購入した山スキーのリフトがうまくいっていない感じ...

そうです、edaさんの体力云々ではないような気がしましたねぇ~

 

自身のスキーの状態と人が踏みしめたトレース状態が必ずしも

合うとは限らないので、

 

■13:40 7合目付近~ここまでよく頑張りました

 

この日のように50cmを超える新雪状態でのスキーは大変ですね。

 

すっかりと予定が外れて、遅い出発のBCになってしまい、

ごめんなさいね~

 

でも、この困難な登りは、また北海道の冬山に誘う序章のような

もので、再びまた一緒に登り...そして人生最高の下り坂を楽しもう

ではありませんか

 

■14:30 駐車スペース

 

今日はAotさんも加わって三人登山の予定でしたが、お仕事多忙につき

edaさんの北海道勤務中最後のBCをご一緒できませんでした。

 

また同期三人で遊びましょうね

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

17/02/19『小漁山~漁岳』

2017-02-19 | 山行報告

2月も下旬に差し掛かり、昨日までとは一転“寒い寒い”日曜日は、

支笏湖周辺の山「小漁山(1,235m)‐こいざりやま」から

漁岳(1,317m)‐いざりだけ」を回ってきました

 

7:45恵庭岳の後ろに朝陽が登る(オコタンペ湖から)

 

 

本日のルート(一周17,4kmの行程)

 

 

■6:50 登山口 オコタンペ湖入り口駐車スペース

 

このルート、Toshiは初めてで、

何よりオコタンペ湖縦断が楽しみです 

 

オコタンペ湖は冬期間氷るため不凍湖の支笏湖と貴重なアクセント

 

支笏湖に比べるとだいぶサイズが小さいけど...

 

なんと言っても漁岳周辺にオコタンペ湖があることで、

眺めが良く、誰もが愛する冬山登山の名所なわけですね

 

 

恵庭岳の影になるオコタンペ湖に陽が射し始め、小漁山の陰影もはっきり

くっきりとしてきました。

早朝の空気感が一気に変わりだす時刻です... 

 

正面の小漁山にはうっすらと雪雲が掛かって風が強そう

 

この画像のほぼ真ん中の一番緩く見える尾根から取りついての稜線歩き

 

小漁山には、小が付いているのにその山容は「小」ではなく、

大迫力

見事過ぎる雪を頂いた姿に実はビックリ 

 

それはそう、

小だというのに標高は1,235mもあって、恵庭岳に引けを取らず、

手稲山より高いってば

 

右手にフレ岳(1,046m)⇒オコタンペ湖から凡そ4kmで十分日帰り可能

 

パノラマ画像は、良かれと思ってその幅を広くとってしまいがちですが、

どぉ~にも臨場感が薄れます

 

1,015Pからのパノラマ

 

樽前山の後ろの太平洋まで輝いている天気を誰が期待したでしょうか

支笏湖の照りかえしが眩しくて十分に素晴らしい

 

この辺りの気温マイナス15度、うかうかしているとカメラも固まるし、、

 

この画像はGoproで撮影した広角170度画像いかがしょうか

 

 雪庇は西から東へ大きく成長していて気を抜けない・・・

 

そうそう、

オコタンペ湖から小漁山に向かう人などそうは居ないので、

Amigoさんも小漁山で引き返して周遊するルートなら遊べます

 

ただし、漁岳は×

午前~午後になっても山スキー&スノーシュー客さん、

わんさかといらっしゃって、犬も居ないとは限りません


 


■11:25 小漁山 頂上通過

 

途中までの細尾根、痩せた稜線、雪庇を避けながらややもすると

ズボっと踏みぬいて汗が出ます

 

雪庇のひっぱり力は凄いので、至る所が空間になっていて歩きづらい・・・

 

 小漁山から漁岳までは凡そ2.5km、

そうあるよで距離はないよーー 

 

小漁山から眺める北東の漁岳(1,317m)

 

眺める角度によって雄大ながら...

遠くから眺めるだけならToshiは小漁山に一票 

 

 

この日、思いのほか晴れてくれて予想外だったけど、

いつしか西北(日本海側)から雪雲が流れ出し、

気が付くと太陽も陰ってきて... 

 

 

 

ま、漁岳から望む支笏湖、恵庭岳の景色は以前に十分よい思いをさせて

もらっているので、な~んにも悔しいことなんかーない

 

雪交じりの漁岳頂上に人はもう去って、だ~れも居ない 

12:30 漁岳

 

 

12:50 下山 (下山時...この時刻からおよそ1時間弱の雪降り)

 

そう大きくないオコタンペ湖だけど、すべて真っ白に広がる景色は

多少の雪降りでもわかる。

よい目印です

 

はい、しばらくするとまた拝めました恵庭岳

 

帰り道は紋別岳の方向...登り返しがいくつかある

 

けっこう歩きました

なるほどね、

オコタンペ山はナジャさんのブログで拝見して以来ですが、

あの青色のきれっばしには“オコタンペ山”と書いてありましたか? 

 

何が何だか文字らしいものは何も見えなかった~

皆さん、よくこんな急坂登ってくるね

 

14:20 駐車スペース

 

今週もこうして山に向かうことができました。

ありがたいです

 

 

 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

17/02/12『第7回モエレ山爆走ソリ大会!』

2017-02-12 | 日記

今や東区(札幌市)の恒例行事となった「第7回モエレ山爆走ソリ大会

が今年も建国記念の日、翌日の日曜日に行われました

 

東区の最高峰モエレ山(標高62m)の頂上から望む北の方角

 

東区にまた一つ、名物ができました

 

いや、その名物は以前からこの大会でふるまわれていた豚汁ですが、

大会名物として正式に『BAKUSOU汁』として命名されたのが

今回からです

 

“BAKUSOU汁”限定500杯は東区民に大人気

 

BAKUSO汁に使われている玉ねぎは“札幌黄”という、

東区の名産玉ねぎ

 

それで、このキャラクターがタマネギの妖精“タッピー

 

北国育ちでスキーも上手です

 

今回注目のソリは、チキチキマシーン猛レースから参戦の岩石オープン、

知っている人は知っている

ただし48歳以上

 

段ボールだけで組み立てるのがこの大会のルール

 

早いか遅いかはあまり関係ないところがイイです

 

ヤマトも波動砲を打てるのか

撃沈されずに滑り終えたかどうかをToshiは見ずに帰ってきました

 

でも、遅いより早い方がやっぱりカッコイイ

毎年、上位のこのチーム、今年も記録更新

シンプルなソリだけどめっぽう早い

 

それでは、

寒い冬を乗り切るためのイベントは「さっぽろ雪まつり」だけじゃぁ

ないという趣旨で“世界ふれあい街歩き”風に観てやってください

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加