“坂の上の雲”

登っていく坂の上の青い天に、もし一朶の白い雲が
輝いていてもいなくても、また坂を登っていきます。

17/02/19『小漁山~漁岳』

2017-02-19 | 山行報告

2月も下旬に差し掛かり、昨日までとは一転“寒い寒い”日曜日は、

支笏湖周辺の山「小漁山(1,235m)‐こいざりやま」から

漁岳(1,317m)‐いざりだけ」を回ってきました

 

7:45恵庭岳の後ろに朝陽が登る(オコタンペ湖から)

 

 

本日のルート(一周17,4kmの行程)

 

 

■6:50 登山口 オコタンペ湖入り口駐車スペース

 

このルート、Toshiは初めてで、

何よりオコタンペ湖縦断が楽しみです 

 

オコタンペ湖は冬期間氷るため不凍湖の支笏湖と貴重なアクセント

 

支笏湖に比べるとだいぶサイズが小さいけど...

 

なんと言っても漁岳周辺にオコタンペ湖があることで、

眺めが良く、誰もが愛する冬山登山の名所なわけですね

 

 

恵庭岳の影になるオコタンペ湖に陽が射し始め、小漁山の陰影もはっきり

くっきりとしてきました。

早朝の空気感が一気に変わりだす時刻です... 

 

正面の小漁山にはうっすらと雪雲が掛かって風が強そう

 

この画像のほぼ真ん中の一番緩く見える尾根から取りついての稜線歩き

 

小漁山には、小が付いているのにその山容は「小」ではなく、

大迫力

見事過ぎる雪を頂いた姿に実はビックリ 

 

それはそう、

小だというのに標高は1,235mもあって、恵庭岳に引けを取らず、

手稲山より高いってば

 

右手にフレ岳(1,046m)⇒オコタンペ湖から凡そ4kmで十分日帰り可能

 

パノラマ画像は、良かれと思ってその幅を広くとってしまいがちですが、

どぉ~にも臨場感が薄れます

 

1,015Pからのパノラマ

 

樽前山の後ろの太平洋まで輝いている天気を誰が期待したでしょうか

支笏湖の照りかえしが眩しくて十分に素晴らしい

 

この辺りの気温マイナス15度、うかうかしているとカメラも固まるし、、

 

この画像はGoproで撮影した広角170度画像いかがしょうか

 

 雪庇は西から東へ大きく成長していて気を抜けない・・・

 

そうそう、

オコタンペ湖から小漁山に向かう人などそうは居ないので、

Amigoさんも小漁山で引き返して周遊するルートなら遊べます

 

ただし、漁岳は×

午前~午後になっても山スキー&スノーシュー客さん、

わんさかといらっしゃって、犬も居ないとは限りません


 


■11:25 小漁山 頂上通過

 

途中までの細尾根、痩せた稜線、雪庇を避けながらややもすると

ズボっと踏みぬいて汗が出ます

 

雪庇のひっぱり力は凄いので、至る所が空間になっていて歩きづらい・・・

 

 小漁山から漁岳までは凡そ2.5km、

そうあるよで距離はないよーー 

 

小漁山から眺める北東の漁岳(1,317m)

 

眺める角度によって雄大ながら...

遠くから眺めるだけならToshiは小漁山に一票 

 

 

この日、思いのほか晴れてくれて予想外だったけど、

いつしか西北(日本海側)から雪雲が流れ出し、

気が付くと太陽も陰ってきて... 

 

 

 

ま、漁岳から望む支笏湖、恵庭岳の景色は以前に十分よい思いをさせて

もらっているので、な~んにも悔しいことなんかーない

 

雪交じりの漁岳頂上に人はもう去って、だ~れも居ない 

12:30 漁岳

 

 

12:50 下山 (下山時...この時刻からおよそ1時間弱の雪降り)

 

そう大きくないオコタンペ湖だけど、すべて真っ白に広がる景色は

多少の雪降りでもわかる。

よい目印です

 

はい、しばらくするとまた拝めました恵庭岳

 

帰り道は紋別岳の方向...登り返しがいくつかある

 

けっこう歩きました

なるほどね、

オコタンペ山はナジャさんのブログで拝見して以来ですが、

あの青色のきれっばしには“オコタンペ山”と書いてありましたか? 

 

何が何だか文字らしいものは何も見えなかった~

皆さん、よくこんな急坂登ってくるね

 

14:20 駐車スペース

 

今週もこうして山に向かうことができました。

ありがたいです

 

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

17/02/12『第7回モエレ山爆走ソリ大会!』

2017-02-12 | 日記

今や東区(札幌市)の恒例行事となった「第7回モエレ山爆走ソリ大会

が今年も建国記念の日、翌日の日曜日に行われました

 

東区の最高峰モエレ山(標高62m)の頂上から望む北の方角

 

東区にまた一つ、名物ができました

 

いや、その名物は以前からこの大会でふるまわれていた豚汁ですが、

大会名物として正式に『BAKUSOU汁』として命名されたのが

今回からです

 

“BAKUSOU汁”限定500杯は東区民に大人気

 

BAKUSO汁に使われている玉ねぎは“札幌黄”という、

東区の名産玉ねぎ

 

それで、このキャラクターがタマネギの妖精“タッピー

 

北国育ちでスキーも上手です

 

今回注目のソリは、チキチキマシーン猛レースから参戦の岩石オープン、

知っている人は知っている

ただし48歳以上

 

段ボールだけで組み立てるのがこの大会のルール

 

早いか遅いかはあまり関係ないところがイイです

 

ヤマトも波動砲を打てるのか

撃沈されずに滑り終えたかどうかをToshiは見ずに帰ってきました

 

でも、遅いより早い方がやっぱりカッコイイ

毎年、上位のこのチーム、今年も記録更新

シンプルなソリだけどめっぽう早い

 

それでは、

寒い冬を乗り切るためのイベントは「さっぽろ雪まつり」だけじゃぁ

ないという趣旨で“世界ふれあい街歩き”風に観てやってください

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

17/02/11『BC羊蹄山(真狩ルート)』

2017-02-11 | バックカントリー

2月前半、建国記念の日の土曜日は、かねてより計画のバックカントリースキー

&スノーボードで「羊蹄山(真狩ルート)」を登ってきました

 

同期三人組(左からAotさん、Edaさん、Toshi)やっていますの画

 

 

今日は、一年ぶりに遊ぶEdaさんと、

“爽やか登山の会”及び“ミニ山の会”の重複会員Aotさん、

それにToshiの三人登山です

 

図らずも、S37年寅年生まれの同期“おっさん”三人組で、

この日目指したのはニセコ連峰「チセヌプリ」でしたが、

ルスツから真狩に向かう道道で眺める景色に映るニセコ方面が、

あまりにもどんよりと雲が覆っているので

途中で向かう山を変更しました

 

■9:20 真狩ルート登山口下 駐車スペース

 

急きょ決めた真狩ルートでしたが、

もう9時を過ぎているのに駐車スペースには車が1台

我々の到着後にやってきた車両も意外や少なく、

珍しく不人気の同ルートでした。

 

まだこの時刻、陽が射すものの雪雲が覆う7合目

 

登山口周辺に新雪はなく、登山道はツボ足でもOK

 

おそらく、

一週間、ほとんど雪が降っていない状況なのでしょう

ただ、登りはお陰様で楽ちん

スキー場のゲレンデとそう変わらない趣です

 

 

振り向くと、

洞爺湖周辺ばかりか内浦湾も遠望できる眺めに一同“良かったぁ~

ここから先、視界が悪くなっても、まずは来て良かったと思える

標高800m付近

 

日頃の行いの良い人がメンバーだと助かります

 

この先も、

予報に反して風はそれほどでもなく、

余裕の顔で写真撮影の三人でした

 

 

ただでさえ南向き斜面の真狩ルート、

この日の雪質は最低で、ほとんどスキー場のゲレンデと変わらない

荒れた雪面でも、

スキーの上手い人は対応します

 

Aotさん撮影の画像拝借

 

■11:50 標高 990m付近

 

これも頂いた画像、“下り坂最高~”の画

 

この後は、いつものVimeo動画でお伝えしまっす


■12:05 下山

[2:59]⇒全画面表示は右下のを押してください。

 

 

■12:35 駐車スペース

 

下山後は真狩温泉に浸かって札幌に戻りました

“雪秩父”に比べると特徴の薄い同だけれど、地元の人に愛されて

そして最近では海外からのBC客にも喜ばれながら営業していて、

露天風呂goodです

 

このメンバーで、また再来週何処かの山に出没しまっす

 


 

真狩温泉で「Toshiさんのブログ見ています」っと

若い人から声を掛けられました

ありがたいですねぇ~

もし良かったらコメントを下さいましぃぃ~

つたないブログですが、北海道の山の楽しさをこれからもお伝えして

行きます 

 

  

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

17/02/04『音江山BC』

2017-02-04 | バックカントリー

2月、二十四節気では“立春”のこの日、深川エリアの山「音江山(795m)

でバックカントリーです 

 

白一色の音江山ピーク

 

 

週末の天気は明日日曜日が

今日土曜日(立春)は曇り予報でしたが、

明日は所要のため、この日先週来雪が多く降ったであろう深川エリアの

音江山にやってきました

 

 

■7:55 駐車スペース

 

深川ICを降り、「音江山」夏山登山口の手前1.4km地点に設けられた

駐車スペースに着くとほぼ同時に、K.KさんとK.Aさんがやって来ました

 

年に数度、、冬山ではごくたま~にしかやってこないToshiですが、

このお二人はこの山がホームグラウンド

お会いする確率は高いと思っていました

 

さて、一年ぶりに再会したお二人は、早々に身支度を整えて長い林道歩き

を開始して行きました。

 

一方Toshiは、いつものムービー他装備が色々とあってスタートが遅れました。

 

上空厚い雲の沖里河山方向

 

遅れたついでに、

以前から考えていたこの長~いほぼ直線の林道1.4kmの右に伸びている

尾根筋の状態がどのようになっているのかを確かめたくて、

林道脇からすぐに同尾根に取りついて歩きました。

 

この尾根は、緩やかにアップダウンを繰り返すので、下りをスノーボードで

滑ってくることはできないながら、

よい林間のスポットがあるので、ここだけを上り下りしても楽しいかも

しれません

 

植林の間にうまい具合の滑降スペースが

 

ただ、そんな寄り道をして歩き・・・

 

深く降り積もったラッセルを、

前日までに踏まれたスキー跡を利用せずに行ったため、

気が付いたら2時間半を登りに費やしてしまいました

 

木々に降り積もった雪から、あたりの積雪量がイメージできます

 

夏は緑一色、秋は紅葉二色、冬は白一色の世界

 

空も白いので陰影がハッキリせず...、画像としては残念

 

かなり角度のある斜面にスノーシューが沈み、

潜っていくと抜けない

それでも

潜っていく感触の中に弱層が感じられません。

 

なんとか薄く望めた里の景色・・・

 

なので、雪崩る心配がほとんどない素晴らしい斜面です

 

登りは辛いけど、

下りのイメージがふつふつと沸いて、

人生下り坂(お・そ・ら・く)最高~~

でしょう。。。

 

■10:25 頂上

 

今日一日も登り下りを軍手で過ごしました

そのぐらい同山域は山日和だったということでしょう

(山は風が無いのが一番です)

 

さ、下りの動画はいつものようにお気に入りのVimeo

VimeoYouTubeと違ってCMが無く画像が美しいのでとてもGood

 

意外にも間延びした下りの緩斜面も、振り返ってみると臨場感のある

映像に撮れています

 

 

 

■12:00 駐車スペース

 

K.Kさん、K.Aさん

Toshiは登りに時間を要したため、この日は一度登り返した後、さらに登る

気力なく早々に撤退しましたぁ~

 

今季また音江山に行く機会には是非一緒に

Gopro video start
 

 

 

たま~に、ココで一杯やらないかい

http://www.sunpi-duo.com/shop/detail.php?id=187

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

17/01/29『老根別山』

2017-01-29 | 山行報告

昨日に続き、1月最後の日曜日は占冠、金山周辺の山「老根別山(906m)」です

―ろうねべつやま―

 

 

昨日とはうって変わって好天に恵まれた占冠、金山

 

 

Amigoさんは、

ラーチの朝食でご飯を3杯おかわりし、

Toshiは控えめにおかわり1杯


ごちそうさまでした

 

三人は毎度のことながら“旨い旨い”を連発し、卵かけご飯に

納豆に海苔、サバの塩焼き・・・

兎に角、ラーチスタッフの皆さんには感謝しております

 

 

■8:55  登山口 駐車スペース

 

予報通り晴れてくれましたが、

予報通りでないのは“風がほとんど吹かなかった”本日の「老根別山」

 

なので、気温は低くても春の陽射しを感じる今日一日でした。

 

 

朝のうちサラサラだった雪面も10時を過ぎる頃にはもう湿気を蓄えてくる。

 

Amigoさん、4杯飯しのパワー全開で、この少し重いラッセルをこなしている

ところを見ていると、とても還暦を過ぎている人とは思えません

 

 

Toshiも“おかわり”の数では負けますが、ラッセルでは負けじと交代で

雪を踏みしめて登っていきます。

 

視界がだんだんと広がっていく9:40

 

老根別山の南東斜面を仰ぎ見るピークに到達

 

Toshiも飲んだ次の日にも関わらず意外と快調で

いつもなら喉が渇いてしかたがない登り下りに、この日は水分補給ゼロ

 

 

ヤッパリ、

ラーチの朝の食事が良いのでは

 

 

最後の登りに差し掛かり、1杯飯しのhiromiちゃんもエンジン全開

 

妹に負けてなるかToshiも全開

 

登り始めはまだ雲がかかっていた頂上に今は青い空が広がり、

昨晩宿泊したラーチのある金山湖周辺の景色も綺麗です

 

 

っと、

頂上まであと僅か・・・という標高900m地点まで来て、

斜度が最大になりかけたとき、

辺りに、背中がザワつくような...雪面がきしむ音を耳にしたので、

 

ここで登りを断念

 

きつい斜面にストレスを掛けぬようツボ足に切り替えるて

 

無理せず下山しま~す

老根別山ピークまであと300m、

そこからの眺めは春にまた来たときに

 

この斜度ですから・・・ね。。。

 

■14:40 頂上直下 標高905m地点

 

それにしても、ボードで滑りたくなるような斜面

 

あと僅か・・というところまでが刻まれている本日の老根別山トレース...

確かにこう見返してみても急であります

 

 

下山の時刻までよく晴れて、ほぼ無風の尾根歩きでした

 

■11:40 登山口 駐車スペース 


山歩きの楽しい動画もアップしましょうねぇ~[3:29]

 

それではまた来週まで、さようなら~

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加