素面で楽しむ、育児と仕事。

仕事と育児と家庭生活、
年中無休で営業中の
NOZAのブログ。
是非、お問い合せ下さい。

異界

2017-05-24 | 独り言…。

子どもを産んでから
いつも死を間近に感じるようになった。

思春期に突入した娘と生活すると言うのは、
改めて「死」の匂いが近い。

「そんな、死ぬ死ぬって、口だけでしょ」
とママ友に言われて、
言い返せはしないのだけど、たぶん、
それは違う。
本当に、たぶん
思春期突入の娘にとって
日々の小さなことが死にたくなるように
辛くて繊細な心の日々なんだなと思う。

けど、
世間以上に娘に対して無神経だった自分に気づいたり
何気ない無神経な一言を思い返すたびに
それは、本当に比喩でなく
死にたい気持ちになる。
子どもの思いにこたえるように
死という匂い、異界のラインに魅了される。
そうやっていると、
子どもが「死にたい」という気持ちのまっすぐな視線に
大人が安易に「死ぬとか言うな」とかって断ち切ってしまう残酷さに
気づいてしまう。

改めて
岩宮恵子「思春期をめぐる冒険」新潮文庫
を読み直している。
岩宮恵子さんいわく、
「思春期の子どもは異界とつながり、生きていくために必要なエネルギーを得ている」と。

しかし、そうやって人は死という異界に近づいたり離れたりしながら
生きていくしかないのかなあ。と、改めて思う
村上春樹さんの小説の深度に
沢山の本が示したものの広大さに気づく。愕然となる。
半世紀生きてきて、改めて、身体の芯のなさに不安と恐怖を感じる。

勇気のない大人以上に
勇気をふりしぼって世の中に立ち向かう
子どもたちに
ただただ尊敬する、ふがいない大人です。
一歩一歩。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メモメモ

2017-01-24 | 独り言…。

考えすぎたり、悩み過ぎて、
手も足も出なくなってるときは、

誰でもいいから意見聞いて
それをやってみる。

できるとか意味ないとか考えないで、、、

たら、
そのうちに脱出できるかも。

と、思いついたので
メモメモ。

なんでもいいから一歩前へいこっと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年

2017-01-10 | 独り言…。
煮詰まったまま新年を迎えました。

昨年は、楽しいこともしんどいことも山盛り。

楽しいことは消費してしまったので

しんどいことを、新年に持ち越しての、、、


明けましておめでとうございます。


2017年も!?しんどいこと沢山、楽しいことも沢山のまま

爆走できますように。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

味噌煮詰まる

2016-10-04 | 独り言…。
家庭も親子関係も
PTAやらなんやらプライベートも
空回りしたり、絡まったり、行き詰まったりで、、、。

50を前にいろいろ変革の時期とみた。
とりあえずストレスで飲みすぎないよう
自戒を込めます。

とはいえ、
思えば仕事はまあまあ順調。
小さな仕事もコツコツと、、、
ちりもつもればなんとやらで。

ちゃんと見上げたら、
そこに、小さな青空が見えるものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いわし雲の下

2016-09-30 | 独り言…。
すっかり空高く、秋風ふいて。
今年もそろそろ廊下にこうばしい味噌の香りが、、、
すっかり麹菌が廊下に根付いたか、
今年の味噌樽もカビなく良い具合。ふふっ。

すくすく美味しく成長する味噌とは裏腹に、
新しく公立中学に進んだ長女は、
心も身体も成長ストップ、人生ストライキ気味。

学校は死ぬほど嫌なんだそうで、
友だちは全く信頼できないそうだ。
でも、ぼっち、は嫌だし、
適当にあわせるしかないそうだ。

この春から朝食もほとんどとらない。
でも夕食は、おかわりする。
かといって、
家でさして面白そうにしているわけでもなく
だらだらネット見たり漫画をみて、
そのわりにのん気に
夕飯の出来具合を批評したりする。

別に学校行ってほしいわけではない。けど
勉強はするべきだし、必要だと思う。
そして、授業料は無料の公立中学で勉強してくれると
経済的に母として助かる
と、本人に伝えてみた。

深刻な気もするし、のん気な気もするし、
いじめられているわけではないようで
本人が何かしら乗り越えるんだろう。

ほっておけば味噌みたいに深く熟成するかと、
部屋中にさらなる麹菌ばらまくべく
母、日本酒せっせと愛飲中。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加