いのち・未来 うべ

わたしたちは、原発のない安全な未来を
子どもたちに残すことを願って活動しています

【裁判】4月19日:自然の権利訴訟&祝島漁業者による公有水面埋立免許差止訴訟

2017-04-16 12:29:28 | お知らせ

先週4/12の埋立差止住民訴訟で、山口地方裁判所の裁判長が変わったことを確認しました。

また、傍聴人は抽選時に28名で、抽選に10名足りませんでした。

上関原発建設を止めたいと思われているみなさん、

平日でご都合が悪いとは思いますが、せめて抽選になるくらい集まっていただきたいと思います!


4月19日(水)には、自然の権利訴訟&祝島漁業者による公有水面埋立免許差止訴訟の2件の公判が同時にあります。

どうぞ、傍聴にご参加をお願い致しますm(__)m

日 時:4月19日(水)13:10~(傍聴券配布予定時間) 公判は14時からです。

場 所:山口地方裁判所(山口駅から歩いて3分)

※公判後に、別会場で裁判の説明会があります。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【裁判】4/12上関原発埋立住民訴訟第20回公判

2017-04-09 10:46:15 | お知らせ

3.25の『上関原発を建てさせない山口県民大集合2017』は、2500人の人々が集まり、盛大に行われました。

参加されたみなさん、どうもありがとうございました。

しかし、山口県も中国電力も、上関原発計画をまだまだ進める気でいます!

国の方針が原発推進であることは、変わりはないのですから。(政権が変われば、変わってくると思いますが。)

海以外の工事は、粛々と進められています。。。



4月12日(水)に、上関原発用地埋立禁止住民訴訟の公判が行われます。

山口県が提出した、ほとんど黒塗りの中電とのやり取り文書に対して、その内容を開示するための「文書提出命令」を裁判所が出す、まさにその直前の2016年8月3日、村岡山口県知事は、突然、埋立免許延長を決定し自ら文書を開示しました。「文書提出命令」を避けたのです!

しかし、開示された内容で明らかとなったことは、正当な理由などないままの延長、すなわち不法な延長でした。

このような権力の濫用を許してはいけません!

上関原発建設に反対する山口県民がとても多いこと、県民が裁判に注目していることを司法に訴え、

司法が誤った判断をしないように、みんなで見守りましょう!

裁判で、上関原発建設計画は、必ず止められます!!

傍聴に参加して、毎回、抽選させましょう!

山口県民のみなさんのご参加を、よろしくお願いしますm(__)m

 上関原発用地埋立禁止住民訴訟の会HP
http://umetatekinshi.wixsite.com/juuminsoshou

4月12日(水)午前10:25~10:35(傍聴券配布時間) 傍聴人が40名を超えると、抽選になります。

         午前11:00 公判開始

山口地方裁判所 新館1階第一手続室に集まった方を対象に整理券が配付されます。

(山口地裁は、山口駅から歩いて3分。駐車場あり。TEL:083-922-1330)

公判が終わり次第、別会場(山口県弁護士会館)で裁判の説明会があります。

※山口県弁護士会館は、山口地裁から歩いて5分にあります。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【3.25県民大集会】いよいよ『上関原発を建てさせない山口県民大集会2017』開催!!

2017-03-22 17:28:29 | お知らせ

『上関原発を建てさせない山口県民大集会2017』の、3月25日が間もなくやってきます!

http://kenminrenrakukai.wixsite.com/2017

【プログラム(予定)】

《ビッグシェル

10:00~ オープニング

10:15~ 開会あいさつ

10:30~ ゲストスピーチ

11:20~ 祝島、上関の訴え

11:50~ 集会宣言

12:30~ パレード出発

《三段池周辺》

10:00~ マルシェOPEN!!

13:00~ ミュージックライブ

15:00  閉会

 


山口県民、そして近隣の県民のみなさん、村岡嗣政山口県知事と中国電力は、上関原発を建てる気満々ですよ!!

安倍政権は原発推進であり、自民党公認で県知事になった村岡県知事は、現政権の言いなりですから。。。

昨年8月に上関町田ノ浦の「埋立免許延長」を許可して以来、山口県議会の与党議員8名は、『上関原発の促進』の意見書を、国に提出しました。

現地では、海以外の工事がドンドン進められているそうです。。。。。

さぁ、3月25日には山口維新公園に集まって、多くの県民が上関原発に反対していることを、みんなでアピールしましょう!!



【ゲストスピーカー】

◎河合弘之さん(弁護士・映画監督)

 『日本と原発』、『日本と原発4年後』の映画監督。

弁護士としても素晴らしい経歴を積まれおり、福島原発事故後は、原発訴訟で脱原発派の弁護士として大活躍されている。

著書に『原発訴訟が社会を変える』など。

また、『伊方原発を止める山口裁判の会』にも係られています。


http://lawyer-kawai.com/

◎古川好子さん(福島県民)

『原発いらない福島の女たち~100人座り込み~』アクションに参加。

2011年10月27~29日に行われたアクション終了後も、原発を巡る動きの中、原発推進、原発再稼働に反対行動を続けている。

◎赤城修司さん(福島県民 高校美術教員、写真家)

福島原発事故を機に震災以後の福島市内を写真で記録し、Twitterで発信している。

2015年、写真集『Fukushima Traces,2011~2013』出版。

各地で写真展を開催。


※3月24日(金)夜に、山口市内で、『「原発いらない福島の女たち」古川好子さんを囲む会』が開催されます!

福島での脱原発の動き、今の福島の状況など、聞いてみたいですね。

【マルシェ】

今年も美味しそうなものが盛りだくさん!!

http://media.wix.com/ugd/575944_316a09e910a5416aa7de96f5b8319af8.pdf

※『いのち・未来うべ』は、⑦です!


原発は山口県にも、日本にも、世界のどこにもいらない!と思う人、ドンドン参加してくださ~~~い\(◎o◎)/!







 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【イベント】3.11被災地に思いをよせる宇部市民の集い

2017-03-09 14:54:23 | お知らせ

今年で6年目の3月11日が、またやってきます。

東北大震災は、地震・津波だけでなく、福島第一原発が爆発したことで、取り返しのつかない大きな被害をもたらしました。


原発さえなければ、もっとたくさんの被災者を助けられたと思うと、とても心が痛みます。

今も故郷に帰れない人がたくさんいます。

また助かった人の中にも、原発のせいで故郷に戻れない、仕事ができないことに悩み、自殺した人もいます。

若い人々の中にも、震災の後片付けに多忙を極め、自殺した人もいます。

また福島に残った人々も、放射能の影響はどうなのか、健康被害に悩まされています。

子供たちの甲状腺ガンの発生率は、異常に高くなっています。

甲状腺ガンだけでなく、白血病、心臓病など多発しています。

また、避難した子供たちの中には、苛めに遭った子供たちもたくさんいます。

日本人は、いつから困った人への優しさ・思いやりを無くしたのでしょうか?


それだけ『原発』は人々に大きな影響を与えることを知ってか知らずか、

村岡山口県知事は、昨年8月に上関原発建設の埋立工事延長許可を出しました!

村岡知事は、県民の命を守る覚悟があるのでしょうか?


宇部市内では、毎年夏に福島から知的児童を抱える家族の保養を『福島の子供とつながるうべの会』がお世話をしています。

3月11日には、その会が主催して『3.11被災地に思いをよせる宇部市民の集い』が開催されます。

漫画『ズッコケ三人組』の作者:那須正幹さんの講演もあります。

6年前に東北で起きたことを思い出し、みんなで追悼しましょう。



と き:3月11日(土)13:30~16:30

ところ:ヒストリア宇部 多目的ホール

第一部   那須正幹さん(児童文学者)講演

         『ズッコケ三人組 震災を語る!』

14:46 黙とう

第二部   市民交流(ステージ)

       キッズダンス、グリーンエコシンガーズ、松崎雅子さん(シャンソン)

参加費:無料

※手話通訳有り

主 催:福島の子どもたちとつながる宇部の会

問合せ:0836-33-3982(武永)




 

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

【伊方原発】3/3伊方原発差し止め裁判記者会見&学習会(岩国市)

2017-03-02 17:18:53 | お知らせ

3月3日に、岩国市で、伊方原発差し止め仮処分裁判の記者会見と学習会があります!

http://stopikata.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

伊方原発(愛媛県伊方町)は、今再稼働中です。

しかし最近、中国・九州地方のあちこちで地震が起きています。

昨晩は、今までほとんどなかった萩市でありました。

また1週間ぐらい前には、宇部市沖で震度3の地震がありました。

中央構造線のすぐ近くにある伊方原発の近くで大きな地震が起きない保証はどこにもありません。

何かあってからでは遅すぎるのは、福島原発事故を見て、私たちはよく判っています。

伊方原発から30キロ地点に、山口県上関町八島が入っています。

祝島(伊方原発から約40km)から見える伊方原発(真ん中あたりに白く見える建物)


今、伊方原発差し止め裁判は、既に愛媛県と広島県、大分県で起こされています。

『日本と原発4年後』の監督であり弁護士の河合弘之氏の提案で、山口県でも裁判を起こします!

学習会では、河合弘之氏のお話もあります!

ご都合のよろしい方は、どうぞご参加ください。

 

日 時: 3月3日(金)  午後1時〜   記者会見
               午後2時半〜  学習会
場 所:岩国市福祉会館 2階小ホール
        (岩国市麻里布7-1-2)
参加費:無料(参加の申し込み 不要)
問合せ:伊方原発をとめる山口裁判の会 事務局
      (周南法律事務所 0834-31-4132)

※学習会では、原発差止め裁判の全国的な最新情勢を、脱原発全国弁護団代表の河合弘之弁護士にお話ししていただく予定です。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加