世界の彼方此方へ行きたい

気ままな旅の様子を綴っていきます

岳岱(だけだい)を歩く(2017東北no3)

2017-07-12 | 東北

 案内板には、こう書いてあります。「ブナを主体とする広葉樹が広がり、林内は自然庭園の趣があります。苔むした岩塊と原生的ブナ林がみごとに調和しております」その自然観察教育林、約12haのブナ原生林の中に1.8kmの歩道が整備されているといいます。

 

 

 

折々こんな大木に出会います。彼らの平均寿命は250年ぐらいだと教えられました。 

 

 

 

 

 信州で生活している私も、こんな100選があるとは知りませんでした。調べてみました。長野県には四つしかないというのに、秋田県には、巨人が9本もあるのでした。北海道と並んで全国一。これもひとえに自然を大切に守ってきた証でしょうか。 

 

 まだまだ岳岱自然観察教育林のハイキングは続きます。南アルプスと中央アルプスに挟まれていて、山はすぐそこにある日々を送っている身なのに、この白神山地の景色は、また別物なのでした。なんだ山の中の写真ばかりじゃないか、なんて苦言を呈さないでいただきたい。白神山地を愛してやまない、ガイド斎藤さんのお話が胸にしみるのでした。  

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 田苗代湿原(2017東北no2) | トップ | 宿は大潟村で(2017東北no4) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL