んまんまな毎日 ~子連れで通えるパン教室 んまんま~

茅ケ崎の子連れで通えるパン教室「んまんま」のレッスン風景や料理、子育てなどの日常を綴ります。

季節限定 12月のクリスマスブレッド

2012年11月02日 23時52分18秒 | パン教室

茅ケ崎の子連れで通えるパン教室 んまんま http://members3.jcom.home.ne.jp/nmanma_pan/  です。

あっという間に11月に突入してしまいました。

いよいよ来月に迫った「クリスマスブレッド」の詳細をお知らせいたします。

 

 「シュトーレン」

ラムレーズン、ミックスフルーツ、クルミ、アーモンドスライスをたっぷりのバターで練りこんで、

仕上げにバターとラム酒をたっぷりとしみ込ませたドイツの発酵菓子です。

一般的なタイプなので、どなたにも喜んでいただけそう!

毎日のコーヒータイムのお供にしても、大切な人へのプレゼントにしても~

 

価格  :   1コ 3000円   2コ 4500円

シュトーレンを美味しく召し上がって頂く時期は、作って5日後~10日後が目安になります。 

 

 「和トーレン」

シュトーレンとの違いは、仕込み水にラム酒の替わりに日本酒を使うところ!

さらに、成型時に、たっぷりのお豆と、白あんをはさみこみます。

仕上げは、バターとウィスキーをたっぷりと浸みこませ、粉糖でコーティングしてから、抹茶をふりかけ

グリーンの和トーレンに仕上げます。

クリスマスだけでなく、お正月のお年賀などにもおススメです!

 

焼きたての中をちょこっと覗くと・・・ こ~んな感じ!

 ← しっとりしたお豆たちがたっくさん! 今年のイチオシです

価格  :   1コ 3300円   2コ 4800円

和ーレンを美味しく召し上がって頂く時期は、作って5日後~14日後が目安になります。 

 

  「クーゲルホフ」

卵や牛乳、バターたっぷりのリッチなブリオッシュ生地に、ラムレーズンやミックスフルーツ、クルミを入れ、クグロフ型で

2コ 焼き上げます。

仕上げは、粉糖でオシャレに!

 

価格  :   2コ  3700円

クーゲルホフを美味しく召し上がって頂く時期は、当日と翌日が目安になります。 

 

   お願い 

 上記メニューは、いずれも12月のみの限定とさせていただきます。

 通常のメニューに比べ、特別に仕入れる材料がほとんどで、しかも、高価なため、キャンセルはご遠慮ください。

    当日、お子さんの急病などの止むをえない事情の場合は、申し訳ありませんが、ご購入いただくか、

    他のレッスン日に振り替えていただくようお願いいたします。

    (レッスン日が空いていない場合や、ご都合が合わない場合には、ご購入でお願いいたします)

 バターの品薄状況のため、在庫が無くなった場合には、お断りすることもありますので、ご了承ください。

    その場合には、ご予約の先着順で対応させていただきたいと考えています。

 

 ご購入のご案内

クリスマスパーティーやお年賀の時期に合わせて、ご入り用の方は、こちらで焼いたものをご購入いただくこともできます。

    シュトーレン     1コ    2000円     2コ   3500円 

    和トーレン       1コ    2300円     2コ   3800円

    クーゲルホフ     2コ   2700円

 

12月のスケジュールは、こちらをご覧ください!

http://members3.jcom.home.ne.jp/nmanma_pan/sub4_N.html 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週のお弁当!

2012年11月02日 23時26分17秒 | パン教室

茅ケ崎の子連れで通えるパン教室 んまんま http://members3.jcom.home.ne.jp/nmanma_pan/  です。

今週の娘のお弁当!

 

 

おにぎりをやめて、普通のご飯にしてみたら、食べ終わるのに時間がかかった!と言っていました。

それでも、おにぎりよりも、テンションが上がるらしいです・・・。

ちょっとお姉さんになった気分かな?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

娘と一緒に試作~

2012年11月02日 23時15分35秒 | パン教室

茅ケ崎の子連れで通えるパン教室 んまんま http://members3.jcom.home.ne.jp/nmanma_pan/  です。

昨日は幼稚園がお休みだったので、娘と一緒にクリスマスブレッドの試作をしました!

なんでもやりたいお年頃・・・

  

 どの作業も真剣そのもの!

でも、私が1人で作る時間の倍はかかる・・・

なんとか急ぎたくて、つい「もうおしまいね!」と言ってしまいましたが、その瞬間に大粒の涙が・・・

そんな泣くことか?と思ってワケを聞いてみると・・・

「ママが死んじゃうと困るから、お手伝いしてあげたいの!」と。

その優しい言葉にうるっとしつつも、どこでそんなセリフを覚えたのかと不思議でなりませ~ん。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加