暇人短剣符
暇人の日常散策、世界中の友との再会を夢見て日々上昇中。





枚の紙を切り抜いて、あっという間にあら不思議。
そんな名文句とともに出来上がるしだれ柳、一度は見たことがあるかもしれない日本の文化といえる切り絵。
でも、日本の文化というのは横暴かもしれないです。だって、A4の紙なんて世界中にありますから。
今日はデンマークのあるアーティストの作品を紹介します。
Framed A4 papercut
多くは語らずとも、切り抜かれた輪郭と切り抜いたものそれぞれがアートなんだと気付かされます。

      †      †

切り抜くことで何かを作り、そして紙くずと必要なモノができるのが普通ではないでしょうか。常にわたくしたちは何かを犠牲にして何かを得ているとすれば、この作品はやり方次第でその両方が必要なものに変わるかも知れないことを教えてくれます。A4のそこら辺に大量にある何気ない紙からすばらしい何かが生まれることも。

トップページはこちらPeter Callesen

FC2ブックマーク ECナビにブックマーク Save This Page to Reddit Save This Page to YahooMyWeb Save This Page to newsvine Save This Page to digg Save This Page to delicious Add to Technorati Favorites! ドリコムRSSクリップ この記事をクリップ! このエントリーを含むはてなブックマーク コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )



« 出会いは何か... 変換の本当の... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (あんぱんだ)
2006-12-23 01:11:25
この人の作品、以前ネットで見たことあります!
どれも凝ってて面白いよね♪
あんなの自分でも作ってみたいわぁ(・´ω`・)
 
 
 
コメントありがとう! (暇人)
2006-12-23 01:19:48
>あんぱんださん
うぉ、コメント早い~さすがダリ好きのあんぱんださん、ネットで見ているなんて見るところが普通の人と一味違いますね
そうそう、つくり方とかないのかなぁ?一度は挑戦してみたい!材料はそろっているんですけどね・・
 
 
 
いい! (あーさん)
2006-12-23 14:30:24
こういうの好き(*´∀`)
林檎の軸と桜がお気に入りかなぁ。あ、卵もいいなぁ。
ちょっとシュールなのもあって
言葉がわからない分勝手に設定考えたりして遊べていいね。
 
 
 
2→3 (yagarix-manufactry)
2006-12-23 16:39:26
なくなった部分で表現しているところに、なんかビビッときましたね。日頃から作り出そうとばかり考えるのではなく、”何かをなくすことで現れるもの”もイメージできれば面白いかなぁ。。
2次元から3次元が創生されるところにも”あぁ~いぃ~”と思いました。
紹介していただいて、ありがとうございます。
 
 
 
コメントありがとう! (暇人)
2006-12-24 10:52:17
>yagarix-manufactryさん
この切り絵のアーティストであるPeter Callesenさんも2次元から3次元を作り出すことをしたくて、これらの作品を作っているみたいなことを書いていたと思います。作品を通してyagarix-manufactryさんにはその作者の意図が伝わったわけですねすばらしい
 
 
 
コメントありっす! (暇人)
2006-12-24 17:25:42
>あーさんさん
おおっ、もしかして何気に初コメントだったり??
シュールなやつってガイコツですか?いや、階段のやつかな?
作者の意図をいろいろ考えるのは面白いですよね~わたくしたちにいろいろ想像させる、表現力豊かな作品がA4の紙から生まれるというのは改めてすごいな~と思いますね!
また、見に来てください
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。