カトログ !! ~ カトレヤ交配種のブログ (Hybrid Cattleya's Blog & Database) ~

洋蘭の女王カトレアのデータベース(主に大輪系交配種)&育種交配・実生の魅力をご紹介

◇Rlc. Harbal Valley‘Fumi’

2016年07月16日 00時00分00秒 | ■白系

於:世界蘭展日本大賞2016
■Rlc. Harbal Valley‘Fumi’
リンコレリオカトレヤ ハーバル・バレイ‘フミ’
(Rlc. Pastoral x Rl. digbyana (31/01/2011))



※Rlc. Harbal Valley の親品種
■Rlc. Pastoral‘Innocence’AM/AOS, BM/JOGA
リンコレリオカトレヤ パストラル‘イノセンス’
(C. Mademoiselle Louise Pauwels x Rlc. Déesse (01/01/1961))
●Rlc. Pastoral についての記事は、こちらをクリック!




※Rlc. Harbal Valley の親にあたる原種
■Rl. digbyana‘Mrs. Chase’AM/AOS
リンコレリア ディグビアナ‘ミセス・チェイス’
●Rl. digbyana についての記事は、こちらをクリック!


<Rlc. Harbal Valley‘Fumi’画像集>


於:世界蘭展日本大賞2016
■Rlc. Harbal Valley‘Fumi’
リンコレリオカトレヤ ハーバル・バレイ‘フミ’



於:世界蘭展日本大賞2016
■Rlc. Harbal Valley‘Fumi’
リンコレリオカトレヤ ハーバル・バレイ‘フミ’


※今回は上記内容のみのアップです。後日の更新時に情報を追加致します。



(上記、記事中の属名表記は最新属名を採用しました。そのため一部、過去記事との表記の相違等が発生する場合がございます。)

◎情報提供・お問い合わせ等の連絡先メールアドレスは、こちらをクリック!

■索引 - Index -(アルファベット順)は、こちらをクリック!

※当ブログ内の画像の使用をご希望の方はメールにてご連絡下さい。ご好意でご提供頂いている画像がございますので無断転用はご遠慮下さい。



この記事をはてなブックマークに追加

◇Rlc. (Husky Boy x Rl. digbyana) 実生開花例1

2016年07月15日 18時00分00秒 | ■白系

栽培・画像提供=沖縄の長浜真俊さん(2016年7月上旬、1花茎1輪咲き、花径約12cm)
■Rlc. (Husky Boy x Rl. digbyana) 実生開花例1
リンコレリオカトレヤ(ハスキー・ボーイ × リンコレリア ディグビアナ)実生開花例1



※上記交配の親品種(於:ハワイ・ホノルル蘭展2007 画像提供=サンセットさん)
■Rlc. Husky Boy‘Romeo’HCC/AOS, BM/JOGA
リンコレリオカトレヤ ハスキー・ボーイ‘ロミオ’
(Rlc. Evergreen x C. Orglade's Glow (2/27/1996))
●Rlc. Husky Boy についての記事は、こちらをクリック!



※上記交配の親にあたる原種
■Rl. digbyana‘Mrs. Chase’AM/AOS
リンコレリア ディグビアナ‘ミセス・チェイス’
●Rl. digbyana についての記事は、こちらをクリック!


※今回は上記内容のみのアップです。後日の更新時に情報を追加致します。



(上記、記事中の属名表記は最新属名を採用しました。そのため一部、過去記事との表記の相違等が発生する場合がございます。)

◎情報提供・お問い合わせ等の連絡先メールアドレスは、こちらをクリック!

■索引 - Index -(アルファベット順)は、こちらをクリック!

※当ブログ内の画像の使用をご希望の方はメールにてご連絡下さい。ご好意でご提供頂いている画像がございますので無断転用はご遠慮下さい。

この記事をはてなブックマークに追加

●C. Mary Lynn McKenzie‘Nature's Masterpiece’

2016年07月10日 00時00分00秒 | ■白系
※2016年07月10日内容更新(新画像追加等)

於:淡路蘭展2016、花径約18cm(2016年1月)
■C. Mary Lynn McKenzie‘Nature's Masterpiece’AM/AOS
カトレヤ マリリン・マッケンジー‘ネイチャーズ・マスターピース’
(C. Bob Betts x C. Swan (01/01/1958))
 白花の銘親 C. Bob Betts の子供。
 画像の個体‘Nature's Masterpiece’は、往年の白花銘花。比較的コンパクトな株姿に、野趣を感じさせながらも、ゆったり堂々とした花容が見事だと思います。

◎C. Mary Lynn McKenzie の親品種の交配
・C. Bob Betts = C. Bow Bells x C. mossiae (01/01/1950)
・C. Swan = C. Edithiae x C. Mademoiselle Louise Pauwels (01/01/1946)



※C. Mary Lynn McKenzie の親品種
■C. Bob Betts‘York’AM/AOS
カトレヤ ボブ・ベッツ‘ヨーク’
(C. Bow Bells x C. mossiae (01/01/1950))
●C. Bob Betts についての記事は、こちらをクリック!



<C. Mary Lynn McKenzie‘Nature's Masterpiece’画像集>


※自然光撮影、花径約17cm(2009年1月上旬)
■C. Mary Lynn McKenzie‘Nature's Masterpiece’AM/AOS
カトレヤ マリリン・マッケンジー‘ネイチャーズ・マスターピース’


※フラッシュ撮影、花径約17cm(2009年1月上旬)
■C. Mary Lynn McKenzie‘Nature's Masterpiece’AM/AOS
カトレヤ マリリン・マッケンジー‘ネイチャーズ・マスターピース’



(上記、記事中の属名表記は最新属名を採用しました。そのため一部、過去記事との表記の相違等が発生する場合がございます。)

◎情報提供・お問い合わせ等の連絡先メールアドレスは、こちらをクリック!

■索引 - Index -(アルファベット順)は、こちらをクリック!

※当ブログ内の画像の使用をご希望の方はメールにてご連絡下さい。ご好意でご提供頂いている画像がございますので無断転用はご遠慮下さい。

この記事をはてなブックマークに追加

◇C. Estelle Crown‘K’

2016年07月04日 00時00分00秒 | ■白系

於:淡路蘭展2016(2016年1月)、出展=公渕(きんぶち)さん
■C. Estelle Crown‘K’
カトレヤ エステル・クラウン‘K’
(C. Crown Princess Michiko x C. Estelle (1931) (19/08/2003))

◎C. Estelle Crown の親品種の交配
・C. Crown Princess Michiko = C. Empress Bells x C. General Patton (01/01/1961)
・C. Estelle = C. Cowaniae x C. Edithiae (01/01/1931)



※今回は上記内容のみのアップです。後日の更新時に情報を追加致します。



(上記、記事中の属名表記は最新属名を採用しました。そのため一部、過去記事との表記の相違等が発生する場合がございます。)

◎情報提供・お問い合わせ等の連絡先メールアドレスは、こちらをクリック!

■索引 - Index -(アルファベット順)は、こちらをクリック!

※当ブログ内の画像の使用をご希望の方はメールにてご連絡下さい。ご好意でご提供頂いている画像がございますので無断転用はご遠慮下さい。




この記事をはてなブックマークに追加

●C. Hatsuyuki‘Maruga’

2016年06月27日 12時00分01秒 | ■白系
※2016年06月27日内容更新

於:四国巡礼さん温室(2015年12月下旬)花径約15cm
■C. Hatsuyuki‘Maruga’
カトレヤ ハツユキ‘マルガ’
(C. Earl x C. Princess Bells (01/01/1989))
 数多の白花銘花を生んだ実績を有する白花の銘親同士の交配です。
 画像の個体‘Maruga’は、素晴らしく円い花容が印象的な極美花だと思います。

◎C. Hatsuyuki の親品種の交配
・C. Earl = C. Empress Bells x C. General Patton (01/01/1961)
・C. Princess Bells = C. Empress Bells x C. Bob Betts (01/01/1959)



※ C. Hatsuyuki の親品種
■C. Earl‘Imperialis’FCC/AOS, SM/JOGA
カトレヤ アール‘インペリアリス’
(C. Empress Bells x C. General Patton (01/01/1961))
●C. Earl についての記事は、こちらをクリック!



※ C. Hatsuyuki の親品種
■C. Princess Bells‘Hozu’AM/JOS
カトレヤ プリンセス・ベルズ‘ホズ’
(C. Empress Bells x C. Bob Betts (01/01/1959))
●C. Princess Bells についての記事は、こちらをクリック!


<C. Hatsuyuki‘Maruga’別個体(一例)>

・Koko Head(ココ・ヘッド)
・Blumen Insel 3(ブルーメン・インセル・3)



於:世界らん展日本大賞2011(2011年2月)
■C. Hatsuyuki‘Blumen Insel 3’
カトレヤ ハツユキ‘ブルーメン・インセル・3’
●C. Hatsuyuki‘Blumen Insel 3’についての記事は、こちらをクリック!


<C. Hatsuyuki を交配親とした品種登録実績一覧>
・C. Millennium Princess (C. Lynn Spencer x C. Hatsuyuki (05/06/2000))
・C. Mishima Happiness (C. Ruth Gee x C. Hatsuyuki (26/01/1999))
・C. Outstanding Trio (C. Gertrude (1898) x C. Hatsuyuki (02/07/2010))

・Rlc. Mishima Vintage (Rlc. Tickled Pink x C. Hatsuyuki (20/01/2000))



<C. Hatsuyuki‘Maruga’画像集>


於:四国巡礼さん温室(2015年12月下旬)花径約15cm
■C. Hatsuyuki‘Maruga’
カトレヤ ハツユキ‘マルガ’



(上記、記事中の属名表記は最新属名を採用しました。そのため一部、過去記事との表記の相違等が発生する場合がございます。)

◎情報提供・お問い合わせ等の連絡先メールアドレスは、こちらをクリック!

■索引 - Index -(アルファベット順)は、こちらをクリック!

※当ブログ内の画像の使用をご希望の方はメールにてご連絡下さい。ご好意でご提供頂いている画像がございますので無断転用はご遠慮下さい。

この記事をはてなブックマークに追加

◆C. Hatsuyuki‘Blumen Insel 3’

2016年06月27日 12時00分00秒 | ■白系
※2016年06月27日内容更新

於:世界らん展日本大賞2011(2011年2月)
■C. Hatsuyuki‘Blumen Insel 3’
カトレヤ ハツユキ‘ブルーメン・インセル・3’
(C. Earl x C. Princess Bells (01/01/1989))
 数多の白花銘花を生んだ実績を有する白花の銘親同士の交配です。
 画像の個体‘Blumen Insel 3’は、C. Earl からの影響を強く継承したと思われる控えめな円いリップと見事にオーバーラップする極幅広のペタルからなる逆三角形の花容が印象的な美花だと思います。

●C. Hatsuyuki についての記事は、こちらをクリック!



(上記、記事中の属名表記は最新属名を採用しました。そのため一部、過去記事との表記の相違等が発生する場合がございます。)

◎情報提供・お問い合わせ等の連絡先メールアドレスは、こちらをクリック!

■索引 - Index -(アルファベット順)は、こちらをクリック!

※当ブログ内の画像の使用をご希望の方はメールにてご連絡下さい。ご好意でご提供頂いている画像がございますので無断転用はご遠慮下さい。

この記事をはてなブックマークに追加

C. Princess Bells‘Hozu’

2016年06月27日 00時00分01秒 | ■白系
※2016年06月27日内容更新

第20回 明石ラン展(2006年01月、花径約20cm)
■C. Princess Bells‘Hozu’
カトレヤ プリンセス・ベルズ‘ホズ’
(C. Empress Bells x C. Bob Betts (01/01/1959))
 数多くの極整型白花銘花を輩出した白花の銘親同士の交配です。
 画像の個体‘Hozu’は、別個体に比べるとやや花型は崩れるようですが、その分、花径は大きく雄大で立派になるようです。力強い印象の花容が魅力の美花だと思います。

◎C. Princess Bells の親品種の交配
・C. Empress Bells = C. Bow Bells x C. Edithiae (01/01/1952)
・C. Bob Betts = C. Bow Bells x C. mossiae (01/01/1950)


◎交配系統図は、こちらをクリック!(協力=Abiko Orchid Room Ronさん)


※C. Princess Bells の親品種
■C. Empress Bells‘Sumiyoshi’
カトレヤ エンプレス・ベルズ‘スミヨシ’
(C. Bow Bells x C. Edithiae (01/01/1952))
●C. Empress Bells についての記事は、こちらをクリック!



※C. Princess Bells の親品種
■C. Bob Betts‘York’AM/AOS
カトレヤ ボブ・ベッツ‘ヨーク’
(C. Bow Bells x C. mossiae (01/01/1950))
●C. Bob Betts についての記事は、こちらをクリック!



<C. Princess Bells‘Hozu’別個体(一例)>
・Betty's Bouquet(ベティーズ・ブーケ)
・Enami(エナミ)AM/JOS
・Fumi(フミ)



於:おかやま蘭の祭典2009
■C. Princess Bells‘Betty's Bouquet’
カトレヤ プリンセス・ベルズ‘ベティーズ・ブーケ’
●C. Princess Bells‘Betty's Bouquet’についての記事は、こちらをクリック!



栽培・画像提供=サンセットさん(2011年10月開花、花径16.0cm、1花茎2輪咲き)
■C. Princess Bells‘Enami’AM/JOS
カトレヤ プリンセス・ベルズ‘エナミ’
●C. Princess Bells‘Enami’についての記事は、こちらをクリック!



於:大阪国際蘭展1996(※古い写真からのスキャンのため画質が悪くてスミマセン!)
■C. Princess Bells‘Fumi’
カトレヤ プリンセス・ベルズ‘フミ’
●C. Princess Bells‘Fumi’についての記事は、こちらをクリック!


<C. Princess Bells を交配親とした品種登録実績一覧(一例)>
・C. Aran Powder Puff (C. Princess Bells x C. Horace (01/01/1985))
・C. Casabella (C. Shellie Compton x C. Princess Bells (01/01/1989))
・C. CRB's Princess (C. Princess Bells x C. Melody Fair (11/12/2009))
・C. Guiomar Albanesi (C. Princess Bells x C. Bow Bells (20/05/2004))
・C. Happy Today (C. Princess Bells x C. Dizac (01/12/1986))
・C. Harold Maneks (C. Jose Martí x C. Princess Bells (01/01/1974))
・C. Hatsuyuki (C. Earl x C. Princess Bells (01/01/1989))
・C. Hawaiian Bouquet (C. Pirate King x C. Princess Bells (04/02/1998))
・C. Hawaiian Friendship (C. Ruth Gee x C. Princess Bells (01/01/1989))
・C. Hawaiian Jewel (C. Old Whitey x C. Princess Bells (01/01/1989))
・C. Hawaiian Lovesong (C. Persepolis x C. Princess Bells (10/11/1992))
・C. Hsinying Crane (C. Lynn Spencer x C. Princess Bells (05/05/1998))
・C. Jiara Pride (C. Princess Bells x C. Stephen Oliver Fouraker (01/01/1989))
・C. Kinbuchi White (C. Princess Bells x C. Simone Neuendorff (19/08/2003))
・C. Margaret Makino (C. Esbetts x C. Princess Bells (01/01/1974))
・C. Mishima Mystery (C. Princess Bells x C. Colorama (12/11/2000))
・C. Paradox (C. Mildred Rives × C. Princess Bells (02/07/1992))
・C. Picasso Bells (C. Picasso x C. Princess Bells (22/09/1993))
・C. Ruth Westheimer (C. Princess Bells x C. Prophesy (01/11/1994))

・Rlc. Aran Glory (C. Princess Bells x Rlc. Pamela Hetherington (01/01/1985))
・Rlc. Burdekin Bells (C. Princess Bells x Rlc. Sylvia Fry (01/01/1985))
・Rlc. Chinese Silk (C. Princess Bells x Rlc. Alyce Kaiser (12/11/1996))
・Rlc. Donna Kimura (C. Princess Bells x Rlc. Mount Anderson (01/01/1970))
・Rlc. Eva's Love Song (C. Princess Bells x Rlc. Country Road (25/02/1998))
・Rlc. Fusako Yamaoka (C. Princess Bells x Rlc. Hisako Akatsuka (16/04/1992))
・Rlc. Hawaiian Bells (C. Princess Bells x Rlc. Pink Debutante (14/11/1990))
・Rlc. Hawaiian Morning (Rlc. Donna Kimura x C. Princess Bells (20/11/1990))
・Rlc. Hawaiian Superstar (Rlc. Bryce Canyon x C. Princess Bells (03/11/1997))
・Rlc. Jennifer Sato (C. Princess Bells x Rlc. Norman's Bay (01/01/1981))
・Rlc. Mary Lou Oasay (C. Princess Bells x Rlc. Ports of Paradise (13/07/1990))
・Rlc. Redland Bells (C. Princess Bells x Rlc. Hawaiian Princess (17/10/2005))
・Rlc. Redland Lady (Rlc. Erin Kobayashi x C. Princess Bells (16/06/2005))
・Rlc. Sweet Flower (C. Princess Bells x Rlc. Malworth (19/08/2003))
・Rlc. Wendy Tanaka (Rlc. Ranger Six x C. Princess Bells (01/01/1982))



<C. Princess Bells の子供たち画像集>


■Rlc. Hawaiian Princess‘Jewel Box’
リンコレリオカトレヤ ハワイアン・プリンセス‘ジュエル・ボックス’
(C. Princess Bells x Rlc. Meditation (01/01/1983))



於:世界らん展日本大賞2011(2011年2月)
■C. Hatsuyuki‘Blumen Insel 3’
カトレヤ ハツユキ‘ブルーメン・インセル’
(C. Earl x C. Princess Bells (01/01/1989))
●C. Hatsuyuki についての記事は、こちらをクリック!



於:第20回 明石ラン展
■Rlc. Donna Kimura‘Asa’
リンコレリオカトレヤ ドナ・キムラ‘アサ’
(C. Princess Bells x Rlc. Mount Anderson (01/01/1970))
●Rlc. Donna Kimura についての記事は、こちらをクリック!



■C. Kinbuchi White‘Seli’HCC/JOS
カトレヤ キンブチ・ホワイト‘セリ’
(C. Princess Bells x C. Simone Neuendorff (19/08/2003))
●C. Kinbuchi White についての記事は、こちらをクリック!



於:第20回 明石ラン展
■C. Hawaiian Jewel‘Ai’
カトレヤ ハワイアン・ジュエル‘アイ’
(C. Old Whitey x C. Princess Bells (01/01/1989))
●C. Hawaiian Jewel についての記事は、こちらをクリック!


<C. Princess Bells‘Hozu’画像集>


2006年4月上旬、花径約13cm
■C. Princess Bells‘Hozu’AM/JOS
カトレヤ プリンセス・ベルズ‘ホズ’
 小さめの花。トップに紹介している画像とは花容や黄目の大きさ・形に変化が見られます。



(上記、記事中の属名表記は最新属名を採用しました。そのため一部、過去記事との表記の相違等が発生する場合がございます。)

◎情報提供・お問い合わせ等の連絡先メールアドレスは、こちらをクリック!

■索引 - Index -(アルファベット順)は、こちらをクリック!

※当ブログ内の画像の使用をご希望の方はメールにてご連絡下さい。ご好意でご提供頂いている画像がございますので無断転用はご遠慮下さい。

この記事をはてなブックマークに追加

◆C. Princess Bells‘Betty's Bouquet’

2016年06月27日 00時00分00秒 | ■白系
※2016年06月27日内容更新

於:おかやま蘭の祭典2009
■C. Princess Bells‘Betty's Bouquet’
カトレヤ プリンセス・ベルズ‘ベティーズ・ブーケ’
(C. Empress Bells x C. Bob Betts (01/01/1959))
 数多くの極整型白花銘花を輩出した白花の銘親同士の交配です。
 画像の個体‘Betty's Bouquet’は、国内の蘭園さんのカタログや書籍などにもよく登場する、おそらく本種中、もっとも有名だと思われる個体。ゆったりした花容がゴージャスな印象を醸し出す美花だと思います。

●C. Princess Bells についての記事は、こちらをクリック!



(上記、記事中の属名表記は最新属名を採用しました。そのため一部、過去記事との表記の相違等が発生する場合がございます。)

◎情報提供・お問い合わせ等の連絡先メールアドレスは、こちらをクリック!

■索引 - Index -(アルファベット順)は、こちらをクリック!

※当ブログ内の画像の使用をご希望の方はメールにてご連絡下さい。ご好意でご提供頂いている画像がございますので無断転用はご遠慮下さい。

この記事をはてなブックマークに追加

◆Rlc. Meditation‘Silver Sword’

2016年06月23日 00時00分00秒 | ■白系
※2016年06月23日内容更新(新画像追加等)

於:淡路蘭展2014(2014年1月)
■Rlc. Meditation‘Silver Sword’
リンコレリオカトレヤ メディテーション‘シルバー・ソード’
(Rlc. Déesse x C. Fedora (01/01/1974))
旧属名表記 Bc. Meditation、Rsc. Meditation
 花径18.0cm前後の極厚弁巨大輪花を着ける主に晩秋から冬咲きの、かつてはブラソ系と呼ばれた白花系の品種です。
 画像の個体‘Silver Sword’は、よく増殖するやや長大な株姿に極大輪花を着ける優秀個体。一見、Rlc. Pastoral‘Innocence’に似た花容ですが、株姿が異なる為、容易に判別がつくと思います。
 ちなみに、リップ先端のペンシル・スプラッシュは栽培環境や開花時の環境条件等により、大きさや濃淡が変化したり、あるいは無くなることもあるようです。

●Rlc. Meditation についての記事は、こちらをクリック!


<Rlc. Meditation‘Silver Sword’画像集>


於:淡路蘭展2016(2016年1月)
■Rlc. Meditation‘Silver Sword’
リンコレリオカトレヤ メディテーション‘シルバー・ソード’



於:おかやま蘭の祭典2009
■Rlc. Meditation‘Silver Sword’
リンコレリオカトレヤ メディテーション‘シルバー・ソード’



(上記、記事中の属名表記は最新属名を採用しました。そのため一部、過去記事との表記の相違等が発生する場合がございます。)

◎情報提供・お問い合わせ等の連絡先メールアドレスは、こちらをクリック!

■索引 - Index -(アルファベット順)は、こちらをクリック!

※当ブログ内の画像の使用をご希望の方はメールにてご連絡下さい。ご好意でご提供頂いている画像がございますので無断転用はご遠慮下さい。

この記事をはてなブックマークに追加

C. Swingtime‘Villa Park’

2016年06月19日 22時00分00秒 | ■白系
※2016年06月19日内容更新

花径約17cm、2007年5月
■C. Swingtime‘Villa Park’
カトレヤ スイングタイム‘ヴィラ・パーク’
(C. Picasso x C. Chicago Today (01/01/1975))
 有名なアメリカのオーキッド・バイ・ハウザーマン社の交配・登録による大輪の白花。往年の白花銘花 C. Picasso の子供です。
 画像の個体‘Villa Park’は、展開の良い極厚弁大輪花を着ける春咲きの白花。花径に比してやや子房部が短い傾向はあるように思いますが株をしっかり作ると花径18cm程もある見事な大輪花を着けます。

◎C. Swingtime の親品種の交配
・C. Picasso = C. Elizabeth Carlson x C. Nancy Gray (01/01/1967)
・C. Chicago Today = C. Carl Hausermann x C. Elizabeth Carlson (01/01/1969)



※C. Swingtime の親品種
■C. Picasso‘Elmhurst’
カトレヤ ピカソ‘エルムハースト’
(C. Elizabeth Carlson x C. Nancy Gray (01/01/1967))
●C. Picasso についての記事は、こちらをクリック!



※C. Swingtime の親品種
■C. Chicago Today‘EFG-338’
カトレヤ シカゴ・トゥデイ‘EFG-338’
(C. Carl Hausermann x C. Elizabeth Carlson (01/01/1969))
●C. Chicago Today についての記事は、こちらをクリック!


<C. Swingtime‘Villa Park’別個体(一部)>
特に無し


<C. Swingtime を交配親とした品種登録実績一覧>
・C. Koyama Blanch (C. Swingtime x C. Kuakini (15/11/2007))

・Rth. Memoria Christine Sineni (C. Swingtime x Rth. Tom Nuggett (22/06/2001))

・Rlc. Koyama Fantasy (C. Swingtime x Rlc. Ruben's Verde (27/12/2007))



<C. Swingtime‘Villa Park’画像集>


2008年5月
■C. Swingtime‘Villa Park’
カトレヤ スイングタイム‘ヴィラ・パーク’



2005年4月
■C. Swingtime‘Villa Park’
カトレヤ スイングタイム‘ヴィラ・パーク’



(上記、記事中の属名表記は最新属名を採用しました。そのため一部、過去記事との表記の相違等が発生する場合がございます。)

◎情報提供・お問い合わせ等の連絡先メールアドレスは、こちらをクリック!

■索引 - Index -(アルファベット順)は、こちらをクリック!

※当ブログ内の画像の使用をご希望の方はメールにてご連絡下さい。ご好意でご提供頂いている画像がございますので無断転用はご遠慮下さい。

この記事をはてなブックマークに追加