猿八座 Saruhachi-za

佐渡の人形遣いの独り言

8月7日 「砂丘館」公演

2016-07-25 09:50:44 | 日記

8月7日「砂丘館」公演、平家琵琶「先帝御入水」、人形浄瑠璃「耳なし芳一」「むじな」は、一回目二回目ともに満席となりました。有り難うございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

満員御礼

2016-07-12 21:19:18 | 公演

7月31日の「猿八越敷神社共同舞台」は80名の定員に達したため、ご予約を締め切らせていただきます。有り難うございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏は怪談

2016-06-25 20:57:48 | 公演

今年2月に上演した『耳なし芳一』と『むじな』を新潟市砂丘館にて再演します。今回も平家琵琶の研究、演奏家・鈴木孝庸師が平家物語の一節を弾き語りして下さいます。「風ひとつなく べたりべたりと蒸す夜なれば 芳一は寝間の縁側に立ち出て 琵琶を奏で・・・」夏にピッタリの「怪談」二題をお楽しみ下さい。7月10日より予約受付開始です。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人形浄瑠璃と日本酒の夕べ

2016-06-19 11:35:54 | 公演

7月16日、金升酒造「升々楽座」のご案内です。お早目にご予約下さい。ご来場お待ちしております。      

       

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月の舞台

2016-06-16 11:17:50 | 公演

 佐渡も梅雨入りしました。今月は公演がありませんが、7月からの佐渡・真明座と猿八座の公演に向けて準備中です。

7月3日(日)  新潟県立歴史博物館(長岡市)での「真明座」公演に出演します。演題は近松門左衛門の「出世景清」(午前の部)と「信州川中島合戦」(午後の部)。「信州川中島合戦」は史実とは異なりますが、武田の軍師山本勘助を味方につけよとの長尾輝虎(謙信)の命により、家老直江実綱は義母でもある勘助の老母を輝虎館に呼び、輝虎自ら膳を据えてもてなそうとしますが、老母はその膳を蹴飛ばします(輝虎配膳)。達筆の妻の字に似せて妹(直江の妻)が書いた手紙を見た勘助は母が危篤と聞き、輝虎館に乗り込みますが・・・ 

        

 

 7月16日(土)午後7時~  昨年に続き、新潟県新発田市の「金升酒造」酒蔵で猿八座が「信太妻」を上演します。

 お問合せ:金升酒造株式会社 957-0016新潟県新発田市豊町1-9-30 Tel 0254-22-3131  info@kanemasu-sake.co.jp


 

7月31日(日) 猿八越敷神社共同舞台は今年で三年目、闇と静寂の中で繰り広げられる能、人形、サックス、光の共演をお楽しみ下さい。

日本の伝統文化、工芸を紹介するBSジャパンの番組 日経スペシャル「招待席」で共同舞台の一部が8月中に放映の予定です。

定員に達しましたのでご予約を締め切らせていただきます。有難うございました。

              

コメント
この記事をはてなブックマークに追加