猿八座 Saruhachi-za

佐渡の人形遣いの独り言

鬼界が島 初演

2017-03-15 14:51:00 | 公演

 新潟大学人文学部附置「地域文化連携センター」主催の公演は今年で6回目となりました。センター長として長年お世話いただいた栗原隆先生に感謝申し上げるとともに、間も無く退官の日をお迎えになることを心よりお慶び申し上げます。今回は鈴木孝庸先生の平曲と猿八座の演目がどちらも同じく鬼界が島の俊寛であり、お客様にもその対比をお楽しみいただけたようです。「平家女護島」は佐渡の文弥人形でも度々上演されますが、猿八座は今回が初演。俊寛、康頼のカシラとほとんどすべての衣装を新しく作りました。頬が痩けた俊寛のカシラや、流人の衣装は他の演目に転用出来そうにありません。遠からず再演したいと思います。       

       

夫婦になった島の娘・千鳥と丹波少将成経(中の二人)を祝い、酒に見立てた山水を酌み交わす俊寛(向かって右端)、平判官康頼  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月上越公演

2017-02-15 18:24:33 | 公演

今年で連続4年目になる「山椒太夫」上越市公演の詳細が決まりました。昨年の福島公演で初演した「(いわき)国入り」を幕切れに加えた通し公演を築105年になる高田世界館でお楽しみ下さい。

  

 

                                   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月公演「平家女護島」

2017-02-05 20:11:59 | 公演

 

 3月11日、12日、新潟大学駅南キャンパスでの公演詳細が決まりました。チラシを御覧下さい。昨年と同様に、鈴木孝庸先生の平家琵琶の演奏と猿八座の人形浄瑠璃をご覧いただきます。近松門左衛門が「平家物語」をどの様に脚色したか、お楽しみ下さい。二日間とも一日2回公演、計4回の公演です。多数のご来場をお待ちしております。     

         

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

来年もよろしくお願いいたします。

2016-12-20 18:21:15 | 日記

2016年もあと10日を残すばかり。今年はフランスも含め16カ所で公演させていただきました。来年もよろしくお願いいたします。

2017年の初公演は3月11日、12日、新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」で近松門左衛門作「平家女護島」ー鬼界が島の段ーを初上演します。詳細は追ってお知らせしますが、次の公演、「源氏烏帽子折」を含む「アートミックスジャパン(AMJ)2017」全体のプログラムが出来ました。御覧下さい。4月8日(土)、旧笹川邸で上演します。 http://artmixjapan.com/pdf/amj2017_pamphlet.pdf

                  

 源義朝の墓前で卒塔婆を引き合う藤九郎盛永と渋谷の金王丸(土佐坊昌俊) 「源氏烏帽子折」-卒塔婆引きの段ー(稽古写真)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福島公演御礼

2016-11-08 21:06:06 | 日記

 広野町と福島市での「山椒太夫」公演はどちらも満席の大盛況で、終了しました。広野町の遠藤町長様は翌日の福島公演にも来て下さいました。公民館長様ほか役場の皆様にも大変お世話になりました。福島市公演を主催して下さった福島民報社の高橋社長様ほか沢山の社員の皆様、後援者の皆様方のご尽力に感謝申し上げます。また、この企画を長期にわたって準備、実現して下さった東京福島県人会の上竹様、上越教育大学名誉教授・川村先生にも厚くお礼申し上げます。福島の皆様の舞台をご覧になる熱い視線から、復興への力強い意気込みを感じ、座員一同、大変励まされました。有難うございました。

       

コメント
この記事をはてなブックマークに追加