肉食べるといいよ!

天体写真を中心とした趣味のブログ

厳しい天城遠征

2017-02-26 | 遠征~天体写真撮影遠征の記録

どうもです!!

 

土日を使って天城高原に遠征してきました。
今回は久しぶりにM&M氏と一緒です。

 

私は基本的には土曜も仕事がデフォルトなので、使う機会が少なく余りまくっている有給の早退を使って仕事場から直接天城高原に向かいました。

 

予報は一応晴れそうだったものの完全な快晴というわけにはいかなそうな雰囲気でしたが、ジャスト4時間で明るいうちに現地に着くと、案の定高層の薄雲がひっきりなしにかかる微妙なコンディションでした。
何とかなるだろうとセッティングを開始、薄明終了の19:00過ぎに撮影に入ることができました。

仕事場から撮影地に向かっても、明るいうちにセッティングができる季節がようやくやってきましたねえ。。。

 

ところで、新月の週末だけあって現地は天文屋さんで大盛況。
空いているときにしかココ天城に来たことがなかったので、初めて人気撮影地だということを実感しました。
(前回は広い駐車場に私一人しかいませんでしたからね笑) 

 

さて、前回の記事にあるように、SI8の自動コンポのおかげでようやく真面目に画像処理を始めました。
というわけで、今回もちゃんと多数枚撮影して、しかもフラットだけでなくダークとフラットダークまで撮ってきましたよ!

 

では早速ですが、家に帰ってササっと処理した今回の成果です。

 

まずはコレ

撮影日時 2017年2月25日19:15から360秒×38枚 総露光時間3時間48分
撮影光学系 タカハシFSQ-106ED(530mm・F5主焦点)
撮影デバイス D810A(ISO3200)
架台 iOptron CEM60-EC
ガイド M-GENによるオートガイド(ガイド鏡:コーワLM100JC)
撮影地 天城高原

魔女の横顔です!

コイツを導入するのは骨が折れました。

私は浅田英夫さんの星雲星団ウオッチングを導入時や対象を選ぶときのほぼ唯一に近い拠り所としてます。
ところが、この本には魔女の横顔が出ていない笑
結局、コイツがIC2118であることを教えてくれたのはGoogle先生でした笑
そんなこんなでこのナンバーを入力して無事に自動導入したのですが、次のハードルが…
私は現在はPCレスの撮影システムを組んでいます。
したがって、自動導入があったとしてもちゃんと正確に導入できているかどうかの確認や微調整も含めて結局は試写を繰り返して構図を追い込みます。
で、試写でわかるくらいの天体であればカメラのバックモニターで見ながら調節できるのでいいのですが、淡くて見えづらい天体についてはお手上げなのです。
そうなると、試写で星並びを見ながら構図を決めなければならないのですが、そのときにも上記の星雲星団ウオッチングが大活躍…のはずが魔女は掲載されていない笑
結局、星並びはM&M氏のブログに出てた写真を見て追い込みました。

コイツは正直530㎜F5で撮るのはシンドいですね。
構図も窮屈だし、露光量も4時間弱でもまだ足りない気がします。
(もちろん薄雲のおかげでS/Nが良いコマが少ないこともありますが…) 
先月あたりに天ガに入選していた大阪の方の方の素晴らしい魔女がアタマに残っているので、ああいうのを撮りたくってどうしても欲求不満です。

来シーズンはF3レデューサーで条件の良いときにたっぷり露出して撮りたいですねえ。
ってか撮りますよ! 

 

次はコチラ。

撮影日時 2017年2月26日03:17から360秒×13枚 総露光時間1時間18分
撮影光学系 タカハシFSQ-106ED(530mm・F5主焦点)
撮影デバイス D810A(ISO3200)
架台 iOptron CEM60-EC
ガイド M-GENによるオートガイド(ガイド鏡:コーワLM100JC)
撮影地 天城高原
 

アンタレス付近です!

もうコイツが撮れる季節になったんですねえ(しみじみ)
3時頃から何とか撮れそうな高度だったので、薄明開始04:50まで撮ってみることにしました。

で結論から言うと、大失敗です。撮り直し確定ですな。

まず、構図が微妙。アンタレスをもう少し下、ほんのちょっと左にすべきでした。
まあ、そもそも焦点距離530㎜だと窮屈な感じがします。

しかも、この日は直焦点復帰後で一番寒かったのか、今までは何とか一晩持ちこたえていたカメラのバッテリーが、コイツの撮影中に落ちてしまいました。
次は夜半過ぎた適当なタイミングでバッテリー交換しないとダメですな。
というわけで、トータルの露光量は明らかに足りないような気がします。 

雲がかかって使えなかったコマも何コマかあり、使えたとしてもS/Nが悪いコマや赤カブリしているコマが多くて処理も難儀してます。
(最近は薄明開始前に帰る方が多く、低空撮影時にクルマの光ももらっちゃてるっぽい)
赤カブリを抜くと赤い領域も浮き出てこず、あーもう!っていう感じ。
本来この領域は赤青黄色の極彩色のイメージなのですが、なんとも寂しいイメージでカラーバランスも崩れたコマになってしまいました。

コイツはもう少し長時間向き合える季節、そう、来月か再来月にでもリベンジしたいですなあ。。。 
もちろんF3レデューサーで! 

 

次は春物2点です。

撮影日時 2017年1月4日23:15から300秒×20枚 総露光時間1時間40分
撮影光学系 タカハシFSQ-106ED(530mm・F5主焦点)
撮影デバイス D810A(ISO3200)
架台 iOptron CEM60-EC
ガイド M-GENによるオートガイド(ガイド鏡:コーワLM100JC)
撮影地 天城高原

M106ですな。

そして、コイツ。

撮影日時 2017年2月26日01:16から300秒×19枚 総露光時間1時間35分
撮影光学系 タカハシFSQ-106ED(530mm・F5主焦点)
撮影デバイス D810A(ISO3200)
架台 iOptron CEM60-EC
ガイド M-GENによるオートガイド(ガイド鏡:コーワLM100JC)
撮影地 天城高原

しし座のトリオ銀河、M65・M66・NGC3628です!

当夜はとにかく風が強く寒い夜でした。
タカハシ赤動儀ですらガイドが暴れているような強風下でiOptronが耐えられるわけもなく笑
ガイドも暴れまくり、星像もいびつな撮影コマばかりで帰るまでは処理するのをやめようかと思うくらいでした。
また、コイツらを撮影しているあたりで強風とともに気温も一気に降下したようで、温度変化に敏感なFSQのピントも移動してしまい、ピンの甘いイメージになってしまいました。

現地でM&M氏から、σクリップ加算平均コンポジットで星像の乱れが緩和できるという話を教えてもらったのですが、処理に時間がかかりそうだったので通常の加算平均でやってもたらソコソコ緩和されたのが救いです。

しかし、こういう小銀河はもっと長い筒で撮ってみたいものですなあ。。。
そのうちっ!!

 

さて、この日は私とM&M氏の隣の方が大きな30㎝ニュートンで撮られている方で、凄い迫力でした。
いつかは自分も長い焦点距離の筒で銀河の撮影をしてみたいと思っていて、大口径ニュートンには興味津々です。
撤収時に少しお話しできたので、次回どこかでお会いしたら色々と聞いてみたいと思います。

また、いつも参考にしているyoutubeの方(だと思われる)も隣でした。
実は、私自身この方の映像を見て天城にたどり着いたようなものなのです。
次回の映像アップも楽しみにしています!


当夜は私の仕事疲れのせいで寝てばかりで周りの方との交流があまりできませんでした。
(4時起き6時仕事開始の疲れで眠さと寒さに負けました…土曜はいつもなかなか仕事がしんどいのです)
そればかりか、明らかにそのせいで判断や注意力が鈍り、その結果撮影時にミスも多くなかなか厳しい遠征となりました。
こればかりは仕事から直接遠征に行くときの宿命ですが…

今回は次への宿題がたくさん出てきた遠征でした。

では!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真面目処理 はじめました

2017-02-21 | 天体写真

どうもです!

 

久しぶりになってしまいました。。。

 

仕事の忙しさもあり、1月末前後の新月期は遠征できませんでした。

クルマも入院していましたしね。

 

というわけで、記事のアップも間隔が空いてしまいました。

 

で、何をしていたのかというと、えー、年が明けてから密かに軍拡を続けていました。

とは言っても望遠鏡や架台やカメラなどではなく、どちらかというとインフラ整備に投資しまくりました。

 

非力で画像処理にはつらかったパソコンも新調し、Win10のノートPCでメモリも16GBになりました。
(ホントはメモリ32GBになるはずなのですが追加メモリがメーカー欠品でまだとどいていないのです…(;´д`)トホホ)

プリンターも追加購入(エプソンのA4機ですよん)。
今までもエプソンのPX-5600使ってたのですが、印刷コストが高いので印刷品質とコストのバランスがよさそうなEP-30VAを購入しました。

また、家庭内LANを拡張するためのPLC無線LANアクセスポイント

NASポータブルHDDも追加。

ノリでヘッドホン(天体写真に関係ない笑)

画像処理ソフトもとうとうPixInsightに手を出しました。230€をペイパルで払うドキドキの初体験!(まだ使っていないですよ)

そしてステライメージ8のアップデート。

フォトショCCにグレードアップしました。

なぜかフィルター2種もゲット。
ナローのHαに、台湾製のNikon用マウント内クリップイン光害カットフィルターも購入しました。
こちらは改めてどこかで使用感も含めて記事にしたいですなあ。 

 

まあ、ついでに先月追突されましたけどね笑
(上の方で書いたクルマ修理はコイツのせいです怒) 

 

というわけで、新PCで画像処理に本腰を入れる体制がようやく整いました。

 

いつもはJPEG1枚画像からの簡単フィニッシュでお茶を濁していましたが、いつかやる気スイッチが入る日が来るかと、撮影時には何気に多数枚撮影してあったりフラットとかも撮影していたのです。 


そして、イメージ取得までのインフラは整っていたので、後処理を主題にした環境整備に手を付けたわけですね。

今回の軍拡の主役はPixInsightとSI8。コイツらをスムーズに運用するための軍拡と言っても過言ではありません。

特にステライメージ8の自動コンポ機能
面倒くさがり画像処理嫌いの自分にとって、コイツは夢のアイテムになる可能性を秘めています。

コイツを待っていたのです!


そして、2月14日バレンタインデーに届いたそいつを早速使ってみて、今に至ります。

 

そう。

とうとう真面目に画像処理始めました。

 

結論から言うと、自動コンポ、まさに私のための機能のような感じです。

 

ようやくやる気スイッチが入りましたよ!!

 

で、休日のたびにコンポジットや処理などの研究を兼ねて撮り溜めた画像と格闘しているというわけです。

 


今回は、手探りながらこんなものかなと仕上げたものをアップしておきます。

 

まずはコイツ!

撮影日時 2017年1月4日22:50から540秒×22枚 総露光時間3時間18分
撮影光学系 タカハシFSQ-106ED(530mm・F5主焦点)
撮影デバイス D810A(ISO3200)
架台 iOptron CEM60-EC
ガイド M-GENによるオートガイド(ガイド鏡:コーワLM100JC)
撮影地 天城高原

馬頭星雲です!

とうとうやりましたよ!モクモク分子雲!

コイツを、このデジタルならではの派手派手表現がやりたかったんです!

侘び寂?

そんなもん知らん。

 

続いてコイツ

撮影日時 2016年11月28日23:34から330秒×17枚 総露光時間1時間33分30秒
撮影光学系 タカハシFSQ-106ED(530mm・F5主焦点)
撮影デバイス D810A(ISO3200)
架台 iOptron CEM60-EC
ガイド M-GENによるオートガイド(ガイド鏡:コーワLM100JC)
撮影地 花立

バラ星雲です!

以前アップしたJPEG1枚画像からの簡単フィニッシュに比べてなんとなくなめらかスムーズでディティールも出てきている感じがします。

コイツが階調ってやつなのか!!??

 

最後にコイツ

撮影日時 2016年11月29日01:17から15秒×20枚+60秒×20枚+150秒×20枚+300秒×8枚 総露光時間1時間55分
撮影光学系 タカハシFSQ-106ED(530mm・F5主焦点)
撮影デバイス D810A(ISO3200)
架台 iOptron CEM60-EC
ガイド M-GENによるオートガイド(ガイド鏡:コーワLM100JC)
撮影地 花立

オリオン大星雲です! 多段階露光モノです。

多段階露光したもののコンポジットってみなさんどうやってるのでしょうか?

一応自己流でやってみましたが…

今後も色々試してみます。

 

さて、去年の8月の天城遠征以降のコマすべてを再処理しなければなりません。

画像処理の勉強がてらじわじわと作品にしていきますよ!

 

今月末は遠征出れるかなあ…

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

再処理してみた

2017-01-07 | 天体写真

どうもです!

 

昨日馬頭星雲の赤みを抜くため少し処理をし直してみたのですが・・・

他の過去コマであまり気に入っていないやつも再処理してみました。

テーマは「JPEG1枚画像からどこまでできるのか??」

限界を探るってやつですねえ!

 

というわけで、3コマほどいじってみた結果がこれらです↓

 

ますは、昨年花立で撮った勾玉

うーん、厳しい・・・これ以上は無理~

 

続いて、昨年希望が丘で撮った、わし

赤を強調しないと淡い星雲が出てこないし、赤を強調すると全体が赤くなっちゃうし、あーもうっ! って感じです笑

 

最後は朝霧で撮ったカリフォルニア

あまり劇的に変わっていない笑

 

 

階調ジャンプしてる?

無理な処理で荒れてザラザラしてる?

そんなこと、知らんwww

 

 

JPEG1枚画像からの簡単フィニッシュは良い空で得られる限界レベルの元画像がないとなかなかうまくいきませんね。

逆に今回しつこくいじってみて、画像処理の力で多少空の条件が悪くても強引に捻じ伏せることもできるんだ、という実感は得ることが出来ました。

 

あ! 獣のように色々な操作をしまくったので再現性が・・・

ま、そんなことはどうでもいいっしょ笑

 

ではでは!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

馬頭星雲again

2017-01-06 | 天体写真

どうもです!!

 

昨日の馬頭星雲、やっぱ赤いので赤みを抜いてみました笑

 

というわけで、どん!

データは昨日の記事を参照してくださいね。


JPEG1枚画像からの簡単フィニッシュですが、これくらいが限界かなーって感じです。

まあ、この処理は紙出しはしない前提の割り切り処理で、階調が無いことやある程度のザラザラは無視してますが、それでもモニター上でも限界かなっていう感じですね。

これ以上は、ちゃんとした、フラット引いてコンポジットしてっていうトラディショナル(?)な画像処理をしないと厳しいでしょう。


というわけで、ちゃんとした処理はステライメージ8が出てから? それともPixInsightに手を出してから??

そのうちやる気スイッチが入ったらやってみます~汗


ではでは!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱり天城の空は暗かった!

2017-01-05 | 遠征~天体写真撮影遠征の記録

どうもです!!

 

というわけで、年明け最初の遠征に出かけてきました!

行き先は天城高原です!

 

昨年8月に初めて天城を訪れ、その空の暗さ、特に南天の暗さに惚れ惚れし、8月だけで2回も遠征に出かけてしまいました。
それ以降は私の休みと天城の天候が上手くリンクせずしばらく遠ざかってしまいましたが、年明けにチャンスがめぐってきました。

実は、GPVの予報だと天城は晴れと曇りのちょうど境界線上という際どい状況で、朝霧ガリバーなど富士山周辺の方が晴天の確率は高そうでした。
それと、年末に降った雪が多く残っていると、天城高原に至る最後の遠笠山道路の終点近くが残雪や凍結で結構危険な状況になりそうで、普段温暖な千葉に住む身としてはなるべく避けたいシチュエーションでした。

当日午前の撮影地隣の天城高原ゴルフコースライブカメラの画像は↓

 

この状況であれば、ゴルフコースクローズになった年末↓

の状態からだいぶ雪も解け、状況は良くなっています。

これなら明るいうちに到着すれば大丈夫そうだし、もしダメなら月没22時半までに朝霧や西伊豆の適当な場所にでも移動すればよいと腹をくくりました。
また、先日朝霧に行ったとき、南天の暗さについてはやはり天城の方が数段良い条件であることがわかったので、多少のリスクをとってもどうしても天城に行きたかったこともありました。

さて、16時半到着目標で船橋の自宅を12時ジャストに出発し、買出しや給油をしながら予定通り4時間半で現地に到着。
やはり小田原厚木道路経由よりも、東名沼津ICか新東名長泉沼津ICを経由して伊豆縦貫道を経て修善寺から上がった方が圧倒的に早いです。

駐車場の奥の段にセッティングしようと奥に進入すると、一角が資材置き場になっていました。
何か工事でも始まるのでしょうか?? 

 

さて、明るいうちに到着したものの、この日は月没が22:35なので6時間以上の余裕があります。
のんびりセッティングして仮眠をとることにしました。 

月と金星がキレイだったのでスマホでパチリ。
意外に写ってくれてびっくりしました。

 

この日の天城は予報通り曇りと晴れの境界線上で、風向きによって天城山方向から雲が流れてくるという状況でした。
ただ、晴れの時間帯もそれなりにあったので、ソコソコのコマ数はなんとか確保できました。

また、天城高原は天文屋さんがいつもたくさん来て賑わっている印象をもっていたのですが、この日は結局朝まで私一人だけでした。
より晴れの可能性の高い朝霧などに行かれたのでしょうか??

 

さて、この日の釣果です。
毎度のことですが、すべてJPEG1枚画像を適当にフォトショでいじった簡単フィニッシュですよ。 

 

まずはコレ。

おおぐま座M101回転花火銀河

撮影日時 2017年1月5日03:58から360秒露光
撮影光学系 タカハシFSQ-106ED(530mm・F5主焦点)
撮影デバイス D810A(ISO3200・jpeg・WBオート)
架台 iOptron CEM60-EC
ガイド M-GENによるオートガイド(ガイド鏡:コーワLM100JC)
撮影地 天城高原

なんか青っぽい気がしますが・・・知らんwww
これは大きいのですが意外に淡いのでそれなりに露出をかけないとパッとしませんね。
多数枚コンポジットしてもっとハードな処理かけると腕の淡い部分がもっとぐわわわっと出てくるのでしょうか?
画像処理やる気スイッチが入ったらやってみます。 

実は最近焦点距離1000mmオーバーの大口径ニュートンなんかに少し興味があって、そういうのでこういう小銀河撮りまくりたいのです。
将来の夢ですなあ。。。

 

さて、この日、天城の暗い空でどうしても撮りたかった対象とは・・・

因縁の相手、馬頭星雲です!

新年ということで、どうしても呪いを解きたかったのです。

撮影日時 2017年1月5日00:12から540秒露光
撮影光学系 タカハシFSQ-106ED(530mm・F5主焦点)
撮影デバイス D810A(ISO3200・jpeg・WBオート)
架台 iOptron CEM60-EC
ガイド M-GENによるオートガイド(ガイド鏡:コーワLM100JC)
撮影地 天城高原

なんか赤い気がしますが・・・知らんwww
さて、とうとうこの馬頭星雲をそれなりにマトモに撮ることができました。 
今まで長かった・・・
とはいえこの日も雲がかかったり引いたりの繰り返しでそれなりの枚数は撮れたものの無駄になったコマもありました。 
しかし、どうしてもコイツを天城の暗い空でたっぷり露出したかったのです。 
結果、花立で撮った3分露出のコマと、ここ天城で撮った9分露出のコマがヒストグラムのピークがほぼ同じでした。 
JPEG1枚画像の簡単フィニッシュのような処理だと、空の条件良さが第一ですね。
逆に空の条件が悪ければ悪いほど多数枚勝負のメリットが勝ってきますね。
まさに、枚数は色々なアラを隠す、という感じでしょうか。 

 

先日はこの馬頭星雲撮影中にカメラのトラブルに泣きましたが、この日は大丈夫でした。
一応、カメラのデータ記録方法をCF優先に変えて(デフォルトはSD優先)、インターバルタイマーのシャッター間隔を1秒から2秒に変えたのですが、これが良かったのかどうかはわかりません。

 

そんなこんなで薄明の時間に・・・

朝にはすっかりどん曇り。

意外に湿度が高く、気温が低かったことから周囲は色々凍ってました。

いつも通りにのんびり撤収していたところ、雪が降り始めました!

慌てて撤収して山を下りました。
(撤収15分でできた!)


帰りに寄った足柄SAで静岡おでんを食しましたよ!

美味し!!

 

さて、私はいつも簡単フィニッシュでJPEG1枚画像からフォトショで適当に仕上げているわけですが、何故だかわかりますか??
もちろん、第1の理由は画像処理が嫌いでめんどくさいからですが、それと同じくらいの理由が実はあります。
大したことではありませんが・・・答えはそのうち気が向いたら書きましょう。 

 

ではでは! 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初!朝霧アリーナ遠征!

2017-01-03 | 遠征~天体写真撮影遠征の記録

どうもです!

続けざまの更新です!
年末の遠征のことなので、忘れないうちに記事にしておかないと・・・

 

というわけで、昨年末12/29に朝霧アリーナに遠征してきました!

 

相棒のM&M氏が28日に朝霧に行くとのことで、最初は私も一緒に行こうかと思っっていたのですが、仕事納め当日で予想以上に疲れが残ってたのと、天気も少し微妙な感じだったこともあり、翌日29日にソロで遠征に出ることにしました。

 

当初行き先は天城高原を考えていましたが、ライブカメラ映像がこんな感じ↓

の状況で、前日に降った雪の影響で隣のゴルフコースがクローズになっているとのことだったので念のため回避することに。

第2候補は富士山周辺のガリバー・朝霧アリーナでしたが、舗装駐車場でなんとなく安心感があり、しかも28日にM&M氏も遠征して情報があった朝霧アリーナに遠征することにしました。
銀塩時代に一度昼間訪れたことがあるだけで、実質的に今回が初めての撮影遠征になります。

 

中央道河口湖ICから国道で南下、意外に早く現地に到着。
船橋の自宅からちょうど3時間半。
花立や朧滝までとさほど変わらない時間で到着することが出来ました。 

到着した頃がちょうど日没の時間帯で、赤く染まった富士山が非常にキレイで荘厳な雰囲気でテンション↑↑

その勢いで速攻でセッティング完了。

PCレスのシステムなので組み立てが早くて助かります。

iOptron CEM-60EC赤道儀に付いているコンパス、少しずれてません?? 笑

 

そんなこんなで薄明終了と同時に撮影開始。

 

ちょうど薄明終了頃に富士山の方向からオリオン座が昇ってきました。

もう一枚は飛行機にやられました・・・ぐぬぬ

 

こういう圧倒的なロケーションの観測地は久しぶりでしたが、やはり気分的にも全然違います。

銀塩時代に通いつめた浄土平御嶽六合目も素晴らしいロケーションですが、この朝霧アリーナもひけをとりませんね。

 

さて、この日は一晩中快晴の素晴らしい空でした。

天城よりは明るく、花立よりは全然暗いという印象で、露出は花立の倍かけても大丈夫でした。

しかし肝心の撮影結果の方は。。。少し残念なことになってしまいました。。。

 

とりあえずすべてJPEG1枚画像からの簡単フィニッシュですが、この日の釣果をまとめておきます。

 

まず最初に撮ったのはコレ。

M31アンドロメダ大星雲です。
夏の天城でも撮影したのですが微妙だったので撮り直ししたのですが。。。

撮影日時 2016年12月29日21:52から360秒露光
撮影光学系 タカハシFSQ-106ED(530mm・F5主焦点)
撮影デバイス D810A(ISO3200・jpeg・WBオート)
架台 iOptron CEM60-EC
ガイド M-GENによるオートガイド(ガイド鏡:コーワLM100JC)
撮影地 朝霧アリーナ

う~ん、ピンが甘く、またもや残念な感じになってしまいました。
ちゃんと撮影直前にピンを合わせろという話ですね。
3枚玉アポのピント移動は本当にデリケートで、外気温の変化もそうですが、むしろヒーターの温度が安定してからピンを合わせないとこういうことになっちゃいますね。
来年頑張ります! 

続いて、コレ。

NGC1499カリフォルニア星雲です!
撮ったの銀塩時代ぶり!
前はPPFで2時間くらい露出したような気がしますが、コイツはたった数分。
時代の変化と機材の進化は恐ろしいですねえ。

 

撮影日時 2016年12月30日00:07から360秒露光
撮影光学系 タカハシFSQ-106ED(530mm・F5主焦点)
撮影デバイス D810A(ISO3200・jpeg・WBオート)
架台 iOptron CEM60-EC
ガイド M-GENによるオートガイド(ガイド鏡:コーワLM100JC)
撮影地 朝霧アリーナ

こういう赤い散光星雲は多数枚コンポジットしないとパッとしませんね。
一応ソコソコの枚数は撮ったので、あとは画像処理嫌いの私のやる気スイッチがオンになるのを待つだけですが・・・笑


そして、次はある対象を「撮った」、いや、正確には「撮ろうとした」、のですが・・・再び事件が起きました涙
これで2時間を無駄にしてしまいます。。。

 

紆余曲折を経て最後の対象はコイツ。

M104ソンブレロ銀河

撮影日時 2016年12月30日05:03から240秒露光
撮影光学系 タカハシFSQ-106ED(530mm・F5主焦点)
撮影デバイス D810A(ISO3200・jpeg・WBオート)
架台 iOptron CEM60-EC
ガイド M-GENによるオートガイド(ガイド鏡:コーワLM100JC)
撮影地 朝霧アリーナ

なぜたった500mm程度の焦点距離でこんな小さい対象を撮ったのかというと・・・
職場の後輩の小学生の息子さんがこのソンブレロ銀河が大好きだという話を聞いたので撮って写真でもプレゼントしようかな、と思っただけなのです。ハイ
この日はずーっとピンが甘い状態での撮影だったので、強トリミングが拍車をかけてボケボケになってしまいました汗

 

さて、この日起こったトラブルとは、またもや馬頭星雲撮影中に起こりました。
先日の花立で馬頭星雲がイマイチだったのでもう一回ちゃんと撮り直そうとM-GENで自動シャッター設定をし、撮影開始とともに私はクルマの中で爆睡zzz
2時間経って起きてみたらまたもやカメラの表示が悪夢の「Err」・・・涙
確認したところ2コマ撮影したところでカメラが落ちていました。
前回の花立同様に一度電源を落として再起動したら元に戻り、この日は再びこのトラブルはありませんでしたが、これで2回目です。
当面は、寝てばかりいないで時々定期的にカメラの動作状態をチェックしたり、連続撮影のコマ間のインターバルを少し伸ばしたりしてみようと思います。
うーん、馬頭星雲の呪い再び。。。でした。

せっかくの良い空を無駄にしてしまったような消化不良の遠征になってしまいましたが、次回はもう少し「真面目」に撮ろうかと反省しています笑

 

そんなこんなで朝を迎えましたが、朝霧アリーナの朝の眺めも格別!

そういえば、ココは朝霧ジャンボリーアリーナとも呼ばれていますが、由来を初めて知りました↓

ボーイスカウトの大会の開催地だったのですねえ。

広大な芝生には犬と戯れる人たちが・・・楽しそうです。

釣果の方は微妙でしたが、仕事の垢を落とすリフレッシュには十分なりました。

そういえば、当日駐車場には天文屋さんがたくさんいらっしゃったのですが、私が仮眠しているうちに一人残らず撤収して起きたときには私一人でした笑
ここは引きが早いのでしょうか??? 

 

帰りは某所の偵察と一人グルメツアーに!

ここは最近の冬場のメッカだそうですが・・・
色々な話が漏れ聴こえてくるのでちょっと行くのが怖い感じがしています。
この日は昼頃訪れたので天文屋さんはおらず、DQNっぽい走り屋さんたちがクルマの撮影会をやっていました。 

 

富士ヶ嶺の県道沿いの展望スポットから!

青木ヶ原樹海、本栖湖越しに見える南アルプスの白峰三山!
神々しいですなあ・・・ 

 

そして、道の駅朝霧で、モツラーメンと朝霧牛乳ソフトクリームを!

美味し!

 

そして、談合坂SAでほうとう!!

美味し!!

 

さて、明日は年明け最初の遠征に行こうかな~

天城高原は今日の昼の時点で↓

だいぶ雪も解けて、これくらいなら行っても大丈夫そうかな?
しかし、天気を考えると再び朝霧アリーナか・・・

明日の出発直前まで悩んで決めようと思います。

ではでは! 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ひとりきりのクリスマス笑

2017-01-03 | 遠征~天体写真撮影遠征の記録

どうもです!


さて、もう昨年になってしまいましたが、クリスマスイブの夜におなじみ花立に遠征してきました。

 

 

この日の花立は駐車場の街灯が点いていて、20:09に消えはしたものの、以前来たときには一度も点いていたことがなく少し驚きました。
(消えてくれてよかった~) 


そして、クリスマスにも関わらす私以外にも何組かの天文屋さんが両サイドの駐車場に撮影に訪れていました。(妙な連帯感を感じていましたよ私は笑)


珍しく同じ赤道儀(iOptronのCEM-60EC)を使っている方に声をかけていただきましたが、現場で同じ赤道儀の方に会ったのは初めてで驚きました。
もう少しお話すればよかったなあ・・・

 

 

さて、この日の花立は薄雲が取れず撮影には厳しい空でした。

そんな中でもとりあえず撮ってみたコマです。

 

まずはコイツ。

なぜか銀塩時代から相性が悪い馬頭星雲

当然JPEG1枚画像からの簡単フィニッシュですよ汗

撮影日時 2016年12月24日22:33から180秒露光
撮影光学系 タカハシFSQ-106ED(530mm・F5主焦点)
撮影デバイス D810A(ISO3200・jpeg・WBオート)
架台 iOptron CEM60-EC
ガイド M-GENによるオートガイド(ガイド鏡:コーワLM100JC)
撮影地 花立

うん、酷い出来です笑

まあ花立だと露出かけられないので枚数かけて画像処理で勝負するしかないですよね。
JPEG1枚画像からの簡単フィニッシュは空が悪ければ悪いほどすぐに限界になってしまいます。
しかし、この日はこのコマの後に急速に空の状態が悪化してろくな画像を残すことは出来ませんでした。
再撮影決定です。 

そして、銀塩時代からここのエリアはなんか相性が悪く、撮影しようと思うとなにかしらトラブルや天候悪化なんかが起こるんですよねえ・・・
で、後述しますがやっぱり今回もトラブル起こってくれましたよ怒


つ、次こそはっ!! 
(と、そのときは思いましたが、その呪い(?)は次の遠征でも・・・)

 

次はコレ。

M81&M82です。
(もちろん簡単フィニッシュですよ)

撮影開始時に雲が薄い方向を探してコレを撮ることにしました。

撮影日時 2016年12月25日00:49から330秒露光
撮影光学系 タカハシFSQ-106ED(530mm・F5主焦点)
撮影デバイス D810A(ISO3200・jpeg・WBオート)
架台 iOptron CEM60-EC
ガイド M-GENによるオートガイド(ガイド鏡:コーワLM100JC)
撮影地 花立

花立は夜半前後から空が急速に良くなりますね。(とは言ってもソコソコですが)
生活圏に近い里山だからでしょうか。
これを撮るときには夜半前よりもずいぶん多く露出がかけられる空になりました。

毅然とした態度でトリミング(笑)してますが、近くの2つの小銀河(NGC2976とNGC3077)も入れるために少し偏ったバランスでトリミングしています。 

うん、かっちょいい!!

 

今回は街灯が20時過ぎまで点いていたり、薄雲がどんどん通過したりで月出02:50になってしまい、結局この2対象で終わりました。
空が良くない中で撮ったので、一応多数枚撮影はしましたが、これ以上処理することはないかな~という感じですね。


(結局こんな感じの薄雲が一晩中取れず、もう少し濃い低層雲もひっきりなしに通過していました)

 

さて、今回の遠征で困ったことが起きました。
馬頭星雲の呪いなのでしょうか?

M-GENでタイマーリモートシャッターの設定をして放置(爆睡?)していたところ、カメラD810A側のシャッターが下りなくなり、Err表示が出てしまいました。
このトラブルは初めてです。
いったんカメラの電源をオフにして入れ直すことで復帰し、この日はこれ以降大丈夫でしたが、もしかしたら寒さに起因するエラーなのかなという気がしています。
バッテリーなのか、メモリーカードなのか・・・うーん、ちょっと心配です。

これでうかうかと仮眠取れなくなりました。
困ったなぁ・・・

 

さて、翌朝はおなじみのゆっくり撤収です。

私が爆睡している間に他の天文屋の方たちは一人残らず撤収していて、文字通り一人きりのクリスマスになってしまいました笑

美和亭で食事をして、道の駅美和で干し柿や干し芋を買ってから帰ろうと、美和亭が開く11時までは撤収と仮眠で暇を潰しました。

 

11時になり開店と同時に美和亭へ。。。

美和亭からの眺めですが、里山感が満点で非常に和みますね~

この日は平日ではなかったため580円ランチは選べませんでしたが、スタミナ定食スペシャルにクリスマスだからとチキン南蛮を追加したら凄いことになりました笑

まあ、余裕で完食しましたけどね笑

 

というわけで、なんとも微妙なクリスマス遠征報告でした!

(朝霧アリーナ遠征の記事も書かなきゃ汗)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年

2017-01-01 | 日々雑感~日記・コラム・つぶやき

あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いします!!


昨年は、銀塩時代以来引退状態だった天体写真撮影に本格復帰するという節目の年でした。


2016年前半こそ仕事のオフと天候が上手くリンクせず、また、そもそも天候不順が多く、遠征は1月の花立のみという結果に終わりました。
しかし、この遠征で古い仲間とも再会し、また、2015年末にそろえた機材を初めて使って15年以上ぶりに直焦点撮影を行うことが出来ました。

その後半年以上間隔が空き・・・

2016年後半になり天候とオフが上手くリンクするようになり、8月の天城高原遠征×2、10月の奥日光戦場ヶ原、11月の希望が丘、花立、12月の花立、朝霧高原と7回の遠征をすることができ、それなりに撮影自体も安定してきました。


次の課題はなんといっても画像処理。
今年はなんとかこの苦手というか大嫌いな画像処理のルーチンを確立するところまでいきたいと考えています。
2月リリースが発表されたステライメージ8と、こちらもリリースが近いのではないかといわれているフラットエイドプロに期待しています。

あとは、元来のテキトーさからくる撮影時のミスも減らさなきゃ・・・汗
真面目に撮れば良いだけの話なのですが笑

 

そして、12月の2回の遠征の記事はなるべく早く書きたいなと。。。(震え声) 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仕事帰りに花立遠征!

2016-11-29 | 遠征~天体写真撮影遠征の記録

どうもです!

先週は2回ほど遠征の予定を立てたものの天気が芳しくなく残念ながら両方とも中止。
仕方がないので1週間後の週末に期待していましたが、昨晩は久しぶりの快晴の予報!
幸い火曜日は仕事休みなので、いてもたってもいられずに仕事帰りに遠征を強行してきました。

今の季節は夜が長く、18時には薄明が終わります。
定時退勤で薄明終了後なるべく早く到着できる撮影地となると、仕事場からでは房総か茨城にほぼ制限されてしまいます。
これは自分の撮影時間が減るのが嫌と言う訳ではなく、しょうがない事とは言え遅い撮影地入りだと先着してすでに撮影や観測に入っている同業の方にちょっとストレスかなと。
というわけで、始めは20時ころまで街灯が点灯していて影響が少なそうな荒木根あたりを考えていたのですが、茨城北部あたりの予報が一番期待できそうだったため急遽花立に向かうこととしました。

常磐道はすこぶる走りやすく流れも順調。
那珂ICからR118とR293を経て現地に到着しました。
前回は1月にここを訪れていますので、天体写真復帰後2回目の花立での撮影になります。

現地に着くと、月曜平日にもかかわらず既に2人の方がセッティングしていました。
(少し後に1人の方が見えたので、この夜の天文屋さんは合計4名でした)

朝の薄明中に他の方たちが撤収した後にパチリ

さて、久しぶりにここ花立に来ましたが、天城戦場ヶ原希望が丘を経験して戻ってくるとだいぶ空が明るいと感じます。
実際試写してみると、天城などに比べて6割程度の時間でバックグラウンドが飽和してしまいます。

また、ここは人の生活圏に程近い里山であるからなのか、夜半前は一層空が明るく感じます。
標高が低いので、真冬でも比較的安全に使えるのが最大のメリットですが、その気軽さと空の条件はトレードオフになってしまうのは痛し痒しですね。

天候は予報どおり久しぶりの快晴で、一晩中撮影を楽しむことが出来ました。
なにせ18時~5時の11時間も暗夜が続く季節ですから、のんびりと気の向くままに撮影を楽しませてもらいました。

 

さて、当日の釣果です。

いつも通り最後の対象を除き、すべてJPEG1枚画像をいじっただけの『簡単フィニッシュ』になります。

ええ、真面目にやりますとも画像処理...そのうち...

 

まずはなぜか1枚だけ撮ってみたコイツ!

ふたご座の散開星団M35&NGC2158です!

撮影日時 2016年11月28日21:57から15秒露光
撮影光学系 タカハシFSQ-106ED(530mm・F5主焦点)
撮影デバイス D810A(ISO02800・jpeg・WBオート)
架台 iOptron CEM60-EC
ガイド M-GENによるオートガイド(ガイド鏡:コーワLM100JC)
撮影地 花立

ええ、ええ、めっちゃ荒れてます。なにせ試写のコマのリアル1枚画像ですからねえ!
ところで散開星団の中ではコイツが一番大好きです。
星のキメが細かく均整の取れた形に大振りなサイズ。そして、NGC2158が添えられていて、特に眼視でみたときの美しさは最高だと思います。
ちなみにM35とNGC2158は実際には5倍ほど距離に違いがあり、まさに宇宙の遠近法を体現している見え方なのだそうです。
機会があれば、こういう星団も真面目に撮ってみようかな。
意外に難しそうな気がします。

 

次はコイツ。

通称クラゲ星雲、いわゆる宇宙クラゲです。

ふたご座の散光星雲IC443です!

 

撮影日時 2016年11月28日23:09から5分露光
撮影光学系 タカハシFSQ-106ED(530mm・F5主焦点)
撮影デバイス D810A(ISO3200・jpeg・WBオート)
架台 iOptron CEM60-EC
ガイド M-GENによるオートガイド(ガイド鏡:コーワLM100JC)
撮影地 花立

もう少し焦点距離の短い筒だったら最初に出てきたM35とこのクラゲとモンキー星雲を同一写野に収めた構図が定番ですよね。
中でもコイツが一番淡く、1枚画像からだとこれが限界。
もっと足の部分などを明瞭に炙りだすのであれば、多数枚コンポジットしないと厳しそうです。


次も冬の定番、ぎょしゃ座IC405勾玉星雲&IC410です!

撮影日時 2016年11月28日21:50から4分露光
撮影光学系 タカハシFSQ-106ED(530mm・F5主焦点)
撮影デバイス D810A(ISO3200・jpeg・WBオート)
架台 iOptron CEM60-EC
ガイド M-GENによるオートガイド(ガイド鏡:コーワLM100JC)
撮影地 花立

まだ夜半前の空が明るい時間帯に東の中天にあった対象です。
したがって、露出時間がかけられませんでした。
これも今回のような環境で撮るならば多数毎コンポジットするしかなさそうです。
しかし、銀塩時代から思っていましたが、コイツの本当の色(そんなものはなさそうではあるが)というか、妥当な色ってどんな感じなんでしょうねえ・・・


次も冬の定番のコイツ。

いっかくじゅう座NGC2237バラ星雲です!

撮影日時 2016年11月29日00:57から5分30秒露光
撮影光学系 タカハシFSQ-106ED(530mm・F5主焦点)
撮影デバイス D810A(ISO3200・jpeg・WBオート)
架台 iOptron CEM60-EC
ガイド M-GENによるオートガイド(ガイド鏡:コーワLM100JC)
撮影地 花立

夜半を過ぎた時間帯のコマなので、上の対象に比べて露出時間は稼げています。

まあ、バラ星雲と言いますけど自分はガイコツにしか見えない体になってしまいましたがね笑

 

最後は定番中の定番、みんな大好きコイツです。

M42&M43オリオン大星雲&NGC1977

撮影日時 2016年11月29日15秒・1分・2分30秒・5分露光のコマ1枚ずつをコンポジット
撮影光学系 タカハシFSQ-106ED(530mm・F5主焦点)
撮影デバイス D810A(ISO3200・jpeg・WBオート)
架台 iOptron CEM60-EC
ガイド M-GENによるオートガイド(ガイド鏡:コーワLM100JC)
撮影地 花立

露出時間の違うJPEG画像を1枚ずつ重ねてみました。
比較的、星雲中心もあまり飛ばずにソコソコ構造が見えています。
もう少しきちんと重ねれば中心部のディティールと周辺の分子雲も両立できそうな気がします。

 

実は他にもカニを撮ったのですが・・・ピンボケだったのでお蔵入りに・・・
ま、ピンをちゃんと追い込んで合わせるのを忘れただけなんですけどね笑

こういうこともありますよ笑笑

 

今回の遠征では、32cmドブソニアンで眼視観測をされている方と偶然ご一緒したことで、色々な天体を大口径ドブで見せていただいて非常に楽しい時間を過ごすことができました。
ますます観望用の機材も欲しくなってしまいました笑

また、長焦点でモザイク撮影をされている方ともご一緒することが出来て、色々な情報や興味深いお話を聴くことが出来ました。
こういう交流も遠征撮影の醍醐味ですね~

 

朝になり、身の回りを少し写真に撮ってみました。

現地はこんな感じです。

空は明るいですが天文台の設置されている山の陰になっているおかげで風が穏やかなことが多いです。
キレイな舗装の駐車場でトイレもあり、居住性はバッチリです。

また、実は今回初めて訪れたのですが、この花立山に登る入口にあるレストラン美和亭が殊の外良く、朝早く帰らずにゆっくり撤収してここで食事も悪くないと思いました。

定食は580円でボリュームも味も大満足でした。

 

今週末の天気はどうでしょうか?

もしかしたら、またここに来るかも・・・!?

ではでは!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

忘れてた! & 初!希望が丘遠征

2016-11-12 | 遠征~天体写真撮影遠征の記録

先月は奥日光戦場ヶ原に行ったわけですが・・・・・・・・・

撮った写真のアップを忘れていました・・・汗汗

 

とは言っても、月没から1時間程度しか晴れなかったので撮影できたのは1対象だけでしたが・・・ 

というわけで、先月唯一の釣果はコイツでした!


ケフェウス座IC1396です!

撮影日時 2016年10月9日23:19から8分露光
撮影光学系 タカハシFSQ-106ED(530mm・F5主焦点)
撮影デバイス D810A(ISO3200・jpeg・WBオート)
架台 iOptron CEM60-EC
ガイド M-GENによるオートガイド(ガイド鏡:コーワLM100JC)
撮影地 奥日光戦場ヶ原三本松

いつものJPEG1枚画像からの簡単フィニッシュです。

いつになったらマトモに画像処理するのでしょうか?
(少なくとも、画像処理のやり方を思い出さないことには始まりません笑)

 

そして、今月も運良く遠征に出ることができました。

 

実は新月の週末まで出張で沖縄に滞在しており、代休はあったものの疲れが酷く当初は家で大人しく休むつもりでした。
が、GPV予報で一晩中快晴の予報を目にし、いてもたってもいられずに代休日に無理矢理出かけることにしたわけです。
天城の予報がよければ行きたかったのですが、北の方が予報が良く、今回はソロ遠征だったのでなるべく初めての場所に行ってみようと南福島方面を目指して船橋を出ました。 

 

銀塩時代は里美牧場が定番撮影地だったので冬の間は数え切れないくらい通った常磐道。
春~秋も浄土平との往復で数え切れないくらい通った常磐道。

しかし、1月に花立に行ったときに利用したくらいで最近はほとんどご無沙汰でした。
途中十数年ぶりに東海PAの怪しいフードコートにも寄って食事しましたが、懐かしい雰囲気でテンションも上がりました。

 

昔と同じく日立南太田ICで下り、しらないうちに出来ていたR293バイパスと懐かしのR349を経て茨城福島県境まで遠路北上。
昔であれば県境直前の道を折れ里美牧場に向かうところでしたが、現在の里美牧場は風力発電の影響で残念ながら星野撮影には不適な環境になっているそうなのでパス。
そのまま福島県に入り、まずは最初の撮影候補地である朧滝に向かいました。
ここから先は自分にとっても未知の土地になります。

 

福島県に入って程なくして朧滝に到着。

国道から脇道に入ってすぐのキレイな舗装駐車場です。
標高は恐らく200mちょいくらいで木立の影響と谷地であることから眺望はあまり良くないですが、トイレもあり、アプローチも良く安心感があります。
(12月~4月は駐車場は一応閉鎖とのことです)
秋から春にかけては有力な撮影地だと感じました。
ただ、とりあえずこの日は別の本命撮影地があったので偵察程度にとどめて当地を離れ、さらに福島県を北上しました。
(ちなみに当日はだいぶ湿度が高く、帰りに明るくなってから寄ったときには霧の中でした)

 

そして、しばらく山道を越えて辿り着いたのがこの日の目的地、通称希望が丘です。
標高600mちょいくらいの山奥の台地状のエリアで、どんづまりの路側帯での撮影になります。

人気の撮影地のようなので、どなたか先客がいらっしゃるかと思っていましたが、月曜→火曜の夜だったためか、結局朝まで自分以外誰もいませんでした。

現地は標高もそこそこあり、里美牧場からさらに北になることからか空の条件も良く、眺めも抜群でかなり有力な撮影地だと感じました。

ただ、

 1 路側帯での撮影になること
 2 恐らく新月の週末などはかなり窮屈になりそうなこと
 3 携帯の電波(docomo)が非常に弱いこと
 4 遠くから一晩中犬の鳴き声が響いてきたり茂みからガサゴソ音や野生動物のうなり声などが聞こえてきて一人の場合はある意味精神修行の側面が強いこと
   (駐車場みたいな環境の方がなんとなく安心感ありますよね~笑)

なども考えると、南福島エリアのここ希望が丘朧滝、そして今回は訪れませんでしたが鹿角平牧場三株山などを臨機応変にうまく回して使っていこうと思いました。
(今回は4が一番キツかった・・・笑) 

 

さて、当日の希望が丘での釣果です。
毎度のことですが、すべてJPEG1枚画像からの簡単フィニッシュになります。

 

まずは、いっかくじゅう座IC2177わし星雲

撮影日時 2016年11月8日2:32から9分露光
撮影光学系 タカハシFSQ-106ED(530mm・F5主焦点)
撮影デバイス D810A(ISO3200・jpeg・WBオート)
架台 iOptron CEM60-EC
ガイド M-GENによるオートガイド(ガイド鏡:コーワLM100JC)
撮影地 希望が丘 

うーん、正直コイツはコンポジットしないと星雲の肉乗り(?)も弱く、ちょっとパッとしませんねえ。

ただ、実はコイツは1月の花立復帰遠征でも撮影したものの、1コマあたりの露光量が不足してコンポジットしてもマトモに浮き出てこなかったのです。
そこで、今回は1コマあたり9分露光(ヒストグラムは中央より右側6割くらい)まで引っ張ることでなんとか写ってくれました。

この対象がこの日の最後の対象だったのですが、最後の方にガイド鏡のコーワCマウントレンズが凍ってしまい、そこで撮影終了となりました。
(氷点下と高湿度の厳しい環境ではアストロアーツのヒーターの一番弱いものでは力不足でした・・・)

 

そして次は、地味に大好きなコイツ。

さんかく座M33

撮影日時 2016年11月8日1:04から8分露光
撮影光学系 タカハシFSQ-106ED(530mm・F5主焦点)
撮影デバイス D810A(ISO3200・jpeg・WBオート)
架台 iOptron CEM60-EC
ガイド M-GENによるオートガイド(ガイド鏡:コーワLM100JC)
撮影地 希望が丘 

相変わらずモヤモヤしています。笑
なんとも微妙な対象です。

けど、単純にかっこいいですよね~
こういう渦巻銀河は大好きですよ! 

D810Aのおかげか、Hαもソコソコ写ってくれました。 

 

最後は定番。

おうし座M45プレアデス星団(すばる)

撮影日時 2016年11月7日23:54から9分露光
撮影光学系 タカハシFSQ-106ED(530mm・F5主焦点)
撮影デバイス D810A(ISO3200・jpeg・WBオート)
架台 iOptron CEM60-EC
ガイド M-GENによるオートガイド(ガイド鏡:コーワLM100JC)
撮影地 希望が丘 

モヤモヤした部分もけっこう写ってくれました。
1月から大きな進歩です。

やはり、しっかりと1枚あたりの露光量を確保する、という銀塩時代に培った基礎に戻ったのが正解だったのかもしれません。 
コンポジットしたらどうなるのか楽しみです。

 

今回の遠征では初めての希望が丘を経験できたことが一番大きかったです。
今後も機会があれば使いたいと思いました。

今回は一人でしたが、自宅近隣の同好会の方たちが多く訪れる場所のようなので、チャンスがあれば交流させていただけたらなあと思っています。 

また、撮影自体はガイドなども含めてずいぶん安定してきました。
1月の直焦点復帰以来、8月の天城遠征2回、10月の戦場ヶ原遠征と今回で合計5回の遠征でだいぶ感覚が戻ってきました。 

 

今回の遠征では、湿度が高い氷点下の厳しい環境でガイド鏡のヒーターが役不足になってしまったので、ここは次の遠征までにケンドリックあたりの強力なものに交換することにします。
(主鏡はすでにケンドリックですからコントローラもありますしね~) 

直焦点のメインシステムの運用もだいぶ慣れてきたので、スカイメモRとスカイメモSもそろそろ同時に稼動させようと考えています。
D810Aは2台あるし、カメラレンズもApoZonner135mmF2など、手持ちでまだ試していないものが結構あるので、そろそろお店の拡張にも取り組もうかなという感じです。

 

ちなみに今のところはいつもISO3200で撮影しています。
理由は単に、銀塩時代には夢だったISO3200での撮影が楽しくてしょうがないからです笑
昔は低感度で長時間露光というスタイルでしたし、デジタルでもそれが良いのでしょうが、なんだかISO3200での撮影を飽きるまで楽しみたいのです笑笑
一通りメジャーな対象を撮りきるまではISO3200での撮影を楽しみたいと思います。

 

今月末~来月はいけるかなぁ
天気がよければいいですなあ

 

そして、我々の仲間にとってビッグニュース!

いよいよ浄土平の夜間滞在が解禁になりました。

今シーズンはもう閉鎖ですから来シーズンからになりますが、いよいよホームに還るときが来ましたよ!

親方待っててね!

 

ではでは!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戦場ヶ原!

2016-10-10 | 遠征~天体写真撮影遠征の記録

久しぶりの更新です!!


この間、全国的な悪天候で奇跡的に晴れても自分の仕事休みとリンクせず、全くといっていいほど天体写真活動とはご無沙汰でした。

しかし、昨晩はGPV予報で北関東などの一部地域に晴れ間が出る予報だったため、ダメ元で遠征してきました。

遠征は8月の天城以来です。

 

行った先は、戦場ヶ原

奥日光戦場ヶ原です!!

ここに来たのは銀塩時代以来の15年くらいぶり。

駐車場の木が伸びていたり微妙に変化してましたが、おおむね懐かしい雰囲気そのままでした。

 

ところで昨晩は、

3連休・晴れ予報の地域が限定されていること・有名観測地

の3条件が揃ったこともあって、予想通り、一般のお客さんや色々な属性の星を見に来た人たちなどであの広い駐車場が大混雑!

我々はこういう事態を予想して早め(19時前)の入りをしていたのでなんとかなりましたが、月没近くの時間帯を狙って訪れた人はタイヘンだったのではないでしょうか。

 

肝心の空は月没前後はシーイングが悪いものの透明度の高い非常に良い空でしたが、1時間あまりで曇がどんどん湧いてくるようになり、撮影には厳しい空模様に。

なんとか1対象は撮影することが出来ましたが、あとはフラットを撮ったり一緒に遠征したM&M氏や偶然ご一緒したtwitterのフォロワーさんと天体写真談義をして過ごし、明け方に撤収しました。
(N.Yuseiさんお疲れ様でした!またご一緒しましょう!)


まあ、成果は微妙でしたが、久しぶりに星空に触れ合えたので善しとしましょう!

 

撮影コマの処理はこれからボチボチやるので、次の更新・・・かな?笑


来月は仕事の関係で遠征は難しそう・・・

次は12月かなあ・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

惑星状星雲 大・中・小!

2016-08-30 | 天体写真

こんばんは!


今週末は遠征に行きたいのですが、今のところ天気は厳しそう・・・
次の遠征までの間隔が空いてしまうと、また撮り方を忘れてしまいそう・・・

かすかな希望に望みをつないで週末を待つことにします!!


 

さて、今回は8月アタマの天城遠征で撮ってきた残りを放出してしまいたいと思います!

とは言っても、まだ真面目な画像処理など何もやっていません。
フラット処理もコンポジットもしていない撮って出しJPEG1枚画像をフォトショでチョチョイといじった『簡単フィニッシュ(笑)』です。

 

銀塩時代には色々な対象を撮ってきましたが、無意識に避けていたカテゴリーがあります。

そう、『惑星状星雲』です。

別に意識して避けていたというわけではないのですが、

①おおむね小っさいので中判1000mm程度未満の画角では・・・
②単位面積当たりの輝度が対象毎に大きく異なるので露出が難しく銀塩だとたまの遠征で撮影するにはリスクが大きい

などの理由で、どうしても後回しになった結果、あまり良い作品は手元に残っていませんでした。

そこで、せっかくデジタルになって、気軽に試写しながら撮れるし、画角もブローニーに比べて焦点距離2倍分換算だし、撮ってみるか!
ということで、先日の天城で撮ってきたというわけです。


 

ではさっそく、 『大』からいきましょう!

みずがめ座NGC7293らせん状星雲です。

撮影日時 2016年8月6日2:46から6分30秒露光
撮影光学系 タカハシFSQ-106ED(530mm・F5主焦点)
撮影デバイス D810A(ISO3200・jpeg・WBオート)
架台 iOptron CEM60-EC
ガイド M-GENによるオートガイド(ガイド鏡:コーワLM100JC)
撮影地 天城高原 

個人的には好きな星雲のTOP5に入ります!
かっちょいいですよねえ・・・!!!
こいつは銀塩時代に3時間露出したコマが手元に残っていますが、流石にこの簡単フィニッシュよりは良く写っています。
リング内のおたまじゃくしやリングの外側の赤いひげみたいなところまでしっかりと写っています。

真面目に画像処理してどこまで変わるのか楽しみですねえ。

 

お次は『中』!

こぎつね座M27亜鈴状星雲です。

撮影日時 2016年8月6日0:36から6分秒露光
撮影光学系 タカハシFSQ-106ED(530mm・F5主焦点)
撮影デバイス D810A(ISO3200・jpeg・WBオート)
架台 iOptron CEM60-EC
ガイド M-GENによるオートガイド(ガイド鏡:コーワLM100JC)
撮影地 天城高原 

画像サイズがまちまちなのは、トリミングがテキトーだからです笑

こいつは実は銀塩時代に撮ったことがありません。
なぜかいつも後回しで、結局一回も撮る機会がありませんでした。
格好いいんですけどねえ。

こういう有名なのになぜか撮っていない対象や、撮ったもののいつも失敗作になってしまう相性が悪い対象ってありますよね~ 

大学卒業間際くらいに自分のバイト代貯めて初めて購入した望遠鏡が当時ビクセン扱いのセレストロンC9.25シュミカセとGP-D赤道儀のセットだったのですが、コイツがとても良く見える望遠鏡で当時ものすごく気に入ってたんですね。
(もちろん初めての望遠鏡なので思い出美化補正込みですよ笑)
で、写真始める前はこのシュミカセで観望してたのですが、今から思うとコイツで見た色々な星雲星団は写真とは違った感動がありました。
当然眼視ですから写真のようなカラフルで鮮やかな風には見えませんが、眼視ならではの感動って絶対にありますよね。
特に、このM27は初めて見たときに本当に本で見たような亜鈴というか砂時計というかという形に見えて、そのときの思い出は未だに消えません。
撮影に慣れてきたら大口径ドブソニアンかなんか購入して眼視も同時に楽しむたんていう贅沢をしてみたいです。 
最近ではスカイウオッチャーの自動導入ドブがとても気になっています笑 

 

最後は『小』

こと座M57ドーナツ星雲です。

撮影日時 2016年8月8日23:20から30秒露光
撮影光学系 タカハシFSQ-106ED(530mm・F5主焦点)
撮影デバイス D810A(ISO3200・jpeg・WBオート)
架台 iOptron CEM60-EC
ガイド M-GENによるオートガイド(ガイド鏡:コーワLM100JC)
撮影地 天城高原 

めっちゃ強拡大しています笑
だって、小っちゃいんだもん笑
本来530mmフルサイズで撮る対象ではないです。
しかし、小っちゃいけどめちゃくちゃ明るいです!
30秒露出でももしかしたら露出オーバーかもしれませんね。
コイツは適正露出がどの程
度なのかもう少し研究せねばいかんようです。


冬にはカニ撮りたいなぁ...

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アンドロメダは難しい

2016-08-22 | 天体写真

台風直撃の影響で今日一日フリーになりました笑


というわけで、朝から軽めの更新を一つ。

ご存知、M31アンドロメダ大星雲です。(1枚画像の『簡単フィニッシュ』ですよ)

撮影日時 2016年8月8日22:50から6分露光
撮影光学系 タカハシFSQ-106ED(530mm・F5主焦点)
撮影デバイス D810A(ISO3200・jpeg・WBオート)
架台 iOptron CEM60-EC
ガイド M-GENによるオートガイド(ガイド鏡:コーワLM100JC)
撮影地 天城高原 

 

うーん・・・い!!笑

この日は薄雲が次々通過する悪条件の中での撮影で、赤味が強いのもその影響かなと。
たぶんこれは真面目にフラットやコンポジットなどの画像処理をしても変わらないような気がします。 

露出ももう少し引っ張れそうです。
周辺まだまだ炙り出せそう。(これはコンポジットでもう少し改善しそうですが)
1枚あたりの露光量ももう少しだけ引っ張りたいし、総露出時間ももう少し稼がないと。 

うーん、こいつは撮り直しですなあ。。。


アンドロメダは本当に難しいですね。
明るくて大きいので良く写るのですが、満足のいくキレイな仕上げにもっていくのが本当に難しい。
銀塩の頃もそうでした。 

本当は青や黄色やHαの点々やらの鮮やかで透明感のあるイメージに写したいし仕上げたいのですが、なかなか難しい。


そういえば相棒のM&M氏は銀塩時代にM31でSKY WATCHER誌で表紙入選してたなあ。
あれは素晴らしい作品だった。 

 

次回はHDRっぽく露出の違うコマのコンポジットなんかにも挑戦してみたいですねえ!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱ『赤』だよね!

2016-08-21 | 天体写真

天体写真用一眼レフカメラNikonD810A...


(なぜ2台も・・・)


銀塩時代から「Hαの赤が写るか否か」というのが天文屋、特に直焦点屋にとっては極めて重要なテーマの一つでした...
103aE、SR400、G400、E100S、E200、雅、PPF、TP・・・思えば自分も色々なフィルムを使ってきました。 
赤が写るフィルム、写らないフィルム...Hαの赤が写るフィルムというのは当時とても貴重だったのです。
新しいフィルムが出るたびに試写をして赤が良く写るフィルムを探し、そいつが生産中止になったときには大粒の涙を流したものです。
生産中止で赤が撮れなくなる悪夢に怯え、冷凍庫には冷凍食品を押し退けて買い溜めしたPPFやE200やTPが我が物顔で居座っていたのがまるで昨日のことのようです笑
(そういえば昔運営してたHPでフィルムデータベースやってたなぁ)


そして時代は流れ、デジタルへ・・・

世はかつてのフィルムにかわり、デジタルカメラへと世代交代。

しかし、赤が写るか否かという大問題は世代(?)を超えて天文屋を悩ませます。

なぜならHαの赤が満足に写るセンサーをもったカメラは極めて少なく、私が天体写真から離れている間も天文屋のみなさんにとっての大きな悩みだったようです。

EOS60Daのようなメーカー純正の天文特化機がごく稀に発売されるようなことはあったようですが、実質的な選択肢は天文SHOP魔改造のキヤノンを使うというほぼ一択しかなく、Nikon党の自分にとってこれが復帰への足かせになっていました。
(Nikonで赤を写すには水道橋のSTARSHOPで改造してもらう選択肢くらいしかなかったでしょうかね)


そこに赤い彗星のように現れた救世主D810A!


Hαの写りよし!カラーバランスよし!高画素高精細よし!
自分にとって夢のようなカメラの登場です。 

これで復帰への決心がつきました。

こいつを手に入れたからには、やっぱりHα領域を撮りたいというものですよね!


というわけで、前置きが長くなりましたが天城遠征で撮ってきた『赤い奴ら』です。(『簡単フィニッシュ』ですよ)


まずは北米

撮影日時 2016年8月6日1:19から6分30秒露光
撮影光学系 タカハシFSQ-106ED(530mm・F5主焦点)
撮影デバイス D810A(ISO3200・jpeg・WBオート)
架台 iOptron CEM60-EC
ガイド M-GENによるオートガイド(ガイド鏡:コーワLM100JC) 
撮影地 天城高原 

北アメリカとペリカンは個人的には横構図よりも縦構図の方が緊張感があって好きです。


お次はγ-Cyg付近

撮影日時 2016年8月9日0:19から6分露光
撮影光学系 タカハシFSQ-106ED(530mm・F5主焦点)
撮影デバイス D810A(ISO3200・jpeg・WBオート)
架台 iOptron CEM60-EC
ガイド M-GENによるオートガイド(ガイド鏡:コーワLM100JC) 
撮影地 天城高原 

この日は薄雲が次々通過する条件の悪い日だったため、γ星などがにじみまくっています汗


そしてこいつも定番M16&M17

撮影日時 2016年8月5日23:32から6分露光
撮影光学系 タカハシFSQ-106ED(530mm・F5主焦点)
撮影デバイス D810A(ISO3200・jpeg・WBオート)
架台 iOptron CEM60-EC
ガイド M-GENによるオートガイド(ガイド鏡:コーワLM100JC) 
撮影地 天城高原 

こいつらホントかっちょいいですよね~大好きですよ


最後に少し南下してM8&M20

撮影日時 2016年8月5日22:20から5分30秒露光
撮影光学系 タカハシFSQ-106ED(530mm・F5主焦点)
撮影デバイス D810A(ISO3200・jpeg・WBオート)
架台 iOptron CEM60-EC
ガイド M-GENによるオートガイド(ガイド鏡:コーワLM100JC) 
撮影地 天城高原

構図ミスっています。
M8の左側の熊の手みたいな部分が切れてしまった・・・汗
こいつは次の機会にF3レデューサーで広めに撮りたいですな

 

うーん・・・高々6分前後の露出なのに昔撮った銀塩のコマよりよく写っている・・・笑
しかも、まだ真面目に画像処理すらしていないのに・・・

デジタル恐るべし!!! 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょうこくしつ座NGC253&NGC288 『簡単フィニッシュ』

2016-08-20 | 天体写真

というわけで、この前撮影してきた ちょうこくしつ座NGC253銀河&NGC288球状星団 です。

撮影日時 2016年8月9日0:45から5分露光
撮影光学系 タカハシFSQ-106ED(530mm・F5主焦点)
撮影デバイス D810A(ISO3200)jpeg WBオート
架台 iOptron CEM60-EC
ガイド M-GENによるオートガイド(ガイド鏡:コーワLM100JC) 
撮影地 天城高原 


フラット処理やコンポジットにまだ手をつけていないので、とりあえず『簡単フィニッシュ』でのものになります。

ちなみに、jpegの1枚画像をフラットな部分だけトリミングしてフォトショで少しいじっただけの処理を私は勝手に『簡単フィニッシュ』と呼んでいます。
本来『簡単フィニッシュ』とはプラモデルの世界で最近よく用いられている用語です。
最近はガンプラを代表として、未塗装のプラの段階でかなりリアルに色分けされたプラモデルキットが増えています。
で、そのプラの成型色をそのまま活かして無理に全塗装せず、汚し(ウェザリング)や部分塗装など、ほんの一手間くらい加えて簡単に仕上げるお手軽なやり方が『簡単フィニッシュ』と呼ばれているのです。


というわけで、まだ真面目に画像処理をしていませんが、天城の南天の暗さとFSQ106ED主焦点のフラットさは十分にわかりました笑

このシステムで撮影すると、D810AかNikonマウント由来の、長方形の周に沿ったケラレが出ます。
そこだけトリミングしてしまえば、FSQ106ED主焦点がフラットなおかげでソコソコ見れてしまうのがなんとも・・・ですね笑
もちろん、ちゃんと真面目にフラット処理すればトリミングの必要は無いのですが、まずは様子を見るためのお試しなので・・・ね!笑笑
ちなみに1月の遠征ではF3レデューサーで撮りましたが、こちらは光学系由来の周辺減光がわかっちゃうのでちゃんとフラット処理をした方が良いと思います。 


NGC253はカッコいいですね! この銀河は大好きです!
近くに球状星団NGC288もあって見応えがあります!

この対象は銀塩時代に浄土平や富士山でチャレンジしたことがありますが、撮影地の南天の条件の悪さなどから当時はあまり満足のいくコマを得ることができませんでした。
しかし、今回は天城の南天の条件の良さとデジタルのパワーに助けられ、それなりの画像は取得できたと思います。
この空であれば、こんどは難物247や55にチャレンジしてみようかな~ (焦点距離530mmじゃ短いかな・・・) 


ところで、復帰してから撮影するたびに思いますが、本当にデジタルは良く写るので楽しいですね~
画像取得までのプロセスは昔の銀塩時代に比べれば圧倒的にハードルが低くなったと感じます。

ただ、その分画像処理の負担が私にとっては重いのですが・・・ 

私は撮るまでが好きな人間なんだとつくづく思います。
本質的に画像処理のような後処理がキライなのが最近よくわかります。
あ、これは決して「画像に手を加えるのはうんぬん・・・」のような写真哲学的な高尚な理由ではなく、単にメンドウなだけですよ笑

まあ、フォトコンに興味は無いので〆切もないことですし、いつになるかはわかりませんが、モチベーションが高まったところで真面目に画像処理します汗

(次回も『簡単フィニッシュ』のコマです。たぶん...)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加