育つ育てる育てらるるの巻

46歳の母が中3&小1姉妹を子育て中。育てているのか育てられているのか、日々奮闘!

三月の着物

2017年04月07日 | 独り言川柳
着物着て和の心意気ウキウキ... - 俳句くん - はてなセリフ

せっせと着物を着ようと思ってもなかなかチャンスがありませぬ。
ということで、三月は3回しか着られませんでした。


卒園式
黒羽織は実家の紋が入っています。
実家の着物を整理していた母が「今のシーズンに一番使えるわね」と譲ってくれましたが
実はこれもほぼ手を通した形跡がありません。
祖母が作ったものですが、母曰く「卒入学式はもう洋服ばかり着ていたからねぇ」だそうで。


おばあちゃん!ワタシが着たよ!!(笑)






普段着物①
これは実家に行ったときに母が良く着ていたという普段着着物(単)をもらったので
早速着てみました。
単でもなんだかこれは暖かく、羽織を重ねたら十分暖かかったです。

母には「いくらなんでも単を今着るのはどうなの・・」と言われましたが!(笑)





普段着物②
これは羽織が義母のもの。
義母はオツトが19歳の時に亡くなっています。
その頃の義母は着物ブームになっていたそうで、袖を全く通していない
着物や羽織がいくつもあります。
ただ、義母は私より小柄な方だったので若干裄丈が短い・・のですが
私の祖母が仕立てたものもなぜか裄丈の短い着物が多いので(笑)
バランスは良いです。
刺繍の美しい羽織です。色は地味なんだけど。



もう少しあれこれ着たいなと思っています。
次は角だし帯の結び方をマスターしたいです!


着物がんばろー!



Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新しいこと

2017年04月06日 | 育児川柳
新しい環境揃え春向かう シ... - 俳句くん - はてなセリフ

次女が卒園して、長女が新学期となり4月は色々と変化の年です。
そう、次女はもうすぐ1年生!
長女は受験生!


ワオっ!!


ワオっなどと楽し気に言っている場合でもなく。
コナツは三学期の成績を鑑み、「これはいよいよ塾に行かねばなるまいな」
ということになり入会いたしました。

そもそも塾となると徒歩で通える圏内か、公共交通機関が使える場所でないと
シオリの寝る時間や寝ている時間とバッティングするため送迎が出来ません。
そんな理由からバスで通学できるところにしました。
大手なのですが、コナツの中学からそこの通っている生徒はいなかったようで
(市内の他の教室にはいる)
塾長も初めての受け入れ生徒ということで学校のことを色々と調べてくれました。
また最初に塾長と親子で3者面接というか会談をして
希望している学校や現在の学習状況などをこちらから話したうえで、
(そして本人が色々と友人から聞いてこの塾に決めたという話もした)
現在の成績が県内でどの程度であるか、また今後どのようにしていけばよいか
などかなり具体的な提案をいただいた上で


そういうわけですが、入会はどうされますか?


というスタンスで聞かれました。
当然入会するつもりで行ったのですが、ここまで情報開示した上で
あくまでも断ることが出来るようにこちらに判断をゆだねてくれるやり方が
とても気に入り、また本人もここで良いということで即断しました。


とにかく部活が大変であることを了承の上で「質より量です」という
難題を協力的に提示してくれるところがイイです(笑)


コナツは



毎日テスト前みたいな勉強量だよー



と言っていますが、1,2年の間は部活とテスト勉強しかしていなかったわけで
そのツケが来たのですからまあ仕方ないね、と言いましたら


確かにそうだね(笑)


と納得したようでした。
これが受験生、という腹積もりが早々に出来て良いような気がします。
ま、まだまだですけどね(笑)
受験まですでに1年切っていますからね、頑張らねば。(私も!)



そして次女のシオリ。
フラダンスを習っていましたが、すぐ踊りをマスターしてフラフラと手抜きをするので
ここはビシビシと運動量の多いスポーツをさせようとチアダンスを新たに始めました。

ワタシはスイミングを継続させたかったのですが、オツトがどうしてもダンスを習わせたい
と言うのであれこれ探したのですが、当初は「チアダンスはなぁ・・」などと若干不服でした。

でもスイミングで一緒だった幼稚園のお友達がたまたまスポーツクラブでチアダンスをやっている
ので是非良かったらと誘ってくれて見学に行き、やり始めたら本人はとても楽しい様子。
踊りの復習のためにビデオ撮りOKの時間があるのですが、そのビデオを見たオツトも



これはいい!シオリに合ってるね!



と俄然乗り気(笑)
そう、シオリはフラダンス同様、振付の覚えは本当に早くコーチにも褒められるほどです。
なんだろうね、あれはセンスなのだろうか。



それと同時に家で散々ピアニカを弾いているので
コナツが


シーちゃんは今がピアノのはじめ時よ!


と薦めるので思い切ってピアノも始めました。
いくつか見学に行きましたが、コナツがクラスメイトから紹介してくれた教室に
かよってみることにしました。


実は長女以上に鍵盤楽器が好きらしいシオリ。
先生との相性も良いようでレッスンも嫌がらずこちらも「楽しい楽しい」と通っています。

結構、難しいことを要求されているのですが教え方が上手なので
小さな子でもあまり嫌がらずに身に着く感じですね。
今までピアノの先生という概念を打ち崩す教え方をする教室です。



ハッキリ言って上手い!
コンクールに何人も優勝者を出しているだけあるわ!



と思いました。
いえ、うちは出るつもりは無いですが。(希望者のみなので)


シオリちゃんは手がピアノに向いています


と言われましたが、特に大きい手でもないんですけど・・・。
指と腹のバランスが良いのだと言われました。
大きさよりもバランスが大事なのだそうです。


へぇ~



そんな先生の手は大きくてそして美しい手でした。


ウットリ。



とまぁ、そんな感じでシオリも新しい習い事をスタートさせて
小学生になります。
学校が始まると色々と疲れると思うので休んでしまうことも
あるかもしれませんが、どちらも好きなようなので長く続けられると良いなと
思っております。



二人ともガンバ―っ!!





Comment
この記事をはてなブックマークに追加

駆け抜けた三学期。

2017年03月24日 | 育児川柳
春風に乗って別れはやってく... - 俳句くん - はてなセリフ


気付けばもうすぐ4月も近づいています。
この三学期、本当にわーーーーーーーーっという感じで通り過ぎていきました。

次女の最後のお茶会はお点前披露もありましたし
ワタシも最後ということで着物(普段もの)を着て行きました。


やっぱりお茶には着物ですね♪


優しい語り口のおばあちゃま先生ともとうとうお別れです。
素敵な作法といつもおいしいお茶菓子を堪能させていただきました。

いつも幼稚園のお茶会に参加すると「また茶道をやりたいな」と思います。
茶道師範のママ友は、マンションをリフォーム入居する際に
和室に釜を作っていて、それを見せてもらったときに
やっぱりいいなぁと思いました。
さすがに釜まではいいですが、茶道の動作は気持ちが落ち着いて
邪念を払うことが出来るのでワタシにぴったりです。


日々、邪念まみれなので!


・・・・・。


残念ながら、茶道が好きな長女は一度も出席できないまま次女は卒園です。
シオリは「おねえちゃんは一回も来れなかったね」と言いましたが


「来てくれなかった」ではなく「来れなかった」



とちゃんと理解しているところがエライ。
二番目は常に上の子の都合に振り回されていて申し訳ない。
父と母で許しておくれ~(涙)



そんなこんなでさよなら遠足もありましたし、
幼稚園でのさよならの会も行われたそうです。
一つ一つ、きちんと何があったかを報告するシオリですので
話を聞いているだけで大体分かる。


公園で遊ぶのももう終わりに近づいてきたねぇ、なんて
ママ友たちとの井戸端会議も終了になりつつあります。


あーん、寂しい!!!


その日一日、大したことが無くてもあーだこーだと話して
色々な人がいて色々な子供がいて、狭くなりがちな主婦の世界を
色々と広げてくれたママ友たちに感謝です。


でもみんな近いからまた会える気がして仕方ないけど(笑)



そしてワタワタしているうちに卒園式。
用意していた黒羽織を着て列席しました。
なんとその日はオツトが午後から仕事になってしまい、
濃紺のスーツで行くことになり、
結局礼服も着ないままの父でしたが(えーっ)
意外とラフな格好のお父さんたちも多いのね。


結構ビックリ。


園長も列席した先生方もみんな礼服ですけど。当然ながら。



まあそれはいいとして。


最後の幼稚園だから悲しいかな、寂しいかなと思いきや
全然そんな感じでもなく(ワタシが)
また会いましょうねー!
みたいな感じで子供たちの楽しそうでしたし
なんだかそんな空気で良いような気がしました。


シオリもとっても晴れ晴れとしていましたし!




「いつでも会えるしねぇ」と声をかけた瞬間号泣しだした
ママもいましたけども!(笑)


泣くな泣くな(笑)



みんなでまた会いましょう。
子供たちももちろんだけど、ママ友だって友達として続くから。
こんなに楽しかったんだもの。助け合ったんだもの。


これからもよろしくね。




そうして今までありがとう。
ありがとう幼稚園。さようなら幼稚園。




やーっと小学校だぜ!(笑)
ワタシの体力続くかな~~~・・・・


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

これは便利!

2017年03月19日 | 育児川柳
キ|ボ|ド使えば若いとごま... - 俳句くん - はてなセリフ


先日アップした入学準備品に一つ忘れていたものがありました。
上履き入れ。
6年生まで使えるように大きなものにしました。

作り直したものはすべて幼稚園サイズなので小学校サイズということで
あれこれ手直しが必要だったので作らざるを得なかったというね!

そもそも最初から考えて作っておけば作り直す必要もなかったということです(笑)

そんな上履き袋はこれ。


現在19センチのサイズですが余裕で入りますよ。ホホホ。



それから話は変わりますが、スマホになって2年ほどになるのですが
未だにフリック入力というものが非常に苦手です。

ですのでlineもほぼ9割PCから、メールに至っては一旦PCで書いてスマホに転送して
という全くスマホらしからぬことをしています(笑)

スマホ自体の便利さは否めないのですけれどね、
フリック入力だけはどうしても無理!特に英語になるとさらに無理!!

ということでbluetooth対応の折り畳みキーボードをとうとう購入しました。
どうしようか色々と迷ったのですが、主婦として許されるであろう
価格帯2000円でしたのでこれにしました。



PC周辺機器はオツトの担当なので、珍しくワタシがこんなものを買ったため
「おお?!」
と興味津々のようでした(笑)


まあ彼はフリック入力に全く問題ないそうなので必要ないみたいですけど。
長女に至ってはもはやスマホがその速さについていけないスピードで入力しています。


ガンダムかよ!(これ分かる人、同年代)


と突っ込み入れたくなるワタシですが、もたもたしていると
「代わりに入力してあげようか?」
とやってくれます。


嫌だわ・・まるで自分がおばさんになった気がする。


確実におばさんだけども。否定はしないけれども!


そんな長女も興味深いようで「やらせて~~♡」と使ってみています。
が、タイピングスピードはワタシの比ではないので
やはりフリック入力の方が楽なようですね(笑)


そんなこんなでスマホライフも少し楽になりそうです。
ニューアイテムは楽しいな♪

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

入学準備2

2017年03月16日 | 育児川柳
失敗も我慢あればの丁寧さ ... - 俳句くん - はてなセリフ



あれこれとバタついておりまして更新滞っておりました。スミマセンっ。
次女の入学準備品、お裁縫頑張りました!の続きです。

まず、お道具入れ。
これはのり、ハサミなどの細かいものを入れておいて机の横にかけておきます。
学校から指定されたのは巾着タイプ。
ですが長女の意見を取り入れて「片手で物が出し入れできた方が楽」ということで
マジックテープタイプのものにしてみました。






それから大きなバッグ。
これは防災頭巾や机の引き出しを入れてもなお余裕のあるサイズにしたら
大きすぎた!!肩から掛けられるようにしてみたのですが
一年生の机だと引きずるかもしれぬ・・・ということでこの後短い手持ち紐も
更に縫い付けました。
でも引きずるかもなぁ・・・。




給食袋とサイズ間違えた小袋。
給食袋は幼稚園のものもあるので2枚あればよいでしょう。




それから防災頭巾カバー!
これはお友達の作品を参考に、背もたれにかけるタイプにしました。
が・・・出来上がって意気揚々と長女に見せたところ


「夏場は背中にあると暑いでしょ」


と言われました。


がーん。


ママ友は大きなバッグの手持ち紐でアジャスターをつけて座るタイプにすると
話していたので「それいい!!」と思いましたが後の祭り・・・。

長女のとき何回もゴムをつけ直してウンザリしていたので絶対背もたれタイプと
思いましたが、色々な方法があるものだと思いました。うむ。
そのうち紐でアジャスタータイプに変更するかもしれませぬ。




それからリバーシブルタイプのランチョンマット。
全く統一感のない柴犬とクロネコの生地を次女がチョイスしたので
それをもとに家にある生地と適当に組み合わせて作りました。
センスはまるでい感じられない作品です。給食の時間が楽しければよい!(笑)




それから最後の最後に移動ポケット。
かぶせの部分の角を丸くしようと思いましたがラミネートタイプを丸く始末するのは
とても大変!!私の技術では失敗するのが目に見えていたので四角く作りました。
でも肝心のモフィーちゃんが全然みえないというね。

悲しい・・(涙)





とまあこんな感じで頑張りました!
ミシンを出しっぱなしにしてあれこれ作るのは意外と楽しかったです。
というか切羽詰まってやらないと何事も丁寧に出来るんだな!と当たり前のことを
当たり前に学びました。
丁寧=時間も大事である、と(笑)


それから嫌い嫌いと言いながらもじっと我慢してやれるのは
年齢的なものもあるのかなぁ、などと思った次第です。フフフ・・・



Comment
この記事をはてなブックマークに追加