育つ育てる育てらるるの巻

47歳の母が高1&小2姉妹を子育て中。育てているのか育てられているのか、日々奮闘!

たかがまつ毛ではあるものの。

2018年06月03日 | 独り言川柳
くるりする
些細なことで
心晴れ


わー!またしても更新がー!
今回はわたしのまつ毛のお話です。


は?まつ毛がどうした?

と冷たい反応もあるかと思いますが。
遡ればまだ子供の頃のこと。
実家の私の立ち位置は、家族の誰にも似ていない、これに尽きました(笑)

父も母も弟もみんな濃い顔!
まつ毛ふさふさ二重くりりの大きな目が特徴の人たちで、
私だけが、純日本人ですね。
という一重まぶたの目の小さな子でした。
(伯母似)
そして決定的なのはまつ毛の長さ‼️

母曰く、生まれた時には一本も生えてなくて、
涙を出して泣くようになったら生えてきたのよ、
とのこと。

涙を出さずに泣いてる赤ん坊だったんかーい!


そんなワタクシの悩みは当然、まつ毛の短いこと。
本数の少なさ。
ちなみに下まぶたはほぼ生えておりません。

おほほほほ(涙)

そんなわけでこの歳でまつ毛パーマを勧められて
やってみました。
オーナーさん曰く、この毛量なら十分エクステもできますよ?
と言われ狂喜乱舞ですよ!

しかし花粉症のワタクシは六月を過ぎるまで
グズグズとかゆみが残るのでひとまずパーマを
してみることに。

あれよね!パーマすごいのよ!

パーマを終えて鏡を見た感動は忘れませんよ。
少ないまつ毛がさらに下向きに生えているので
ビューラーでもあげられない日があり
もっさりした目元が通常運行だったのに


なに!なんなの!このくるくるサイコー‼️


という感じでした。
それでも自己満足の世界かなと悦に入っていたのですが
帰宅した長女が「あれ?お母さん、まつ毛パーマした?目が可愛い!」
とすぐに、気づきましたよ。

さすがJK‼️

たかがまつ毛ですがこれが通常になるとマスカラも楽ですし、
何より目だけは大丈夫、という?変な安心感があり
嬉しいものなのだなと感じました。

既に2回しましたが、1回目より更にナチュラルな仕上がりになり
むしろこれが普通なのかなと錯覚します(笑)

欲も出てきて、次はエクステもしてみようかなーと思います。

へへへへ






Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

働く奥様

2018年05月17日 | 独り言川柳


今日も簡単投稿です。
お裁縫したくてわーっと縫ったエプロン2枚目。1枚目はもう少し丁寧に、縫って母の日に母にあげました。
そうしたらは母からもエプロンのプレゼントでした(笑)
母の日は母同士で労わりあうのがここ数年の恒例行事に、なっております。
アッハッハ!

ちなみにシワシワなのは一度水通しをしたからで、決してミシンが下手すぎてシワになったわけではありませーん‼️
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

卒業

2018年05月11日 | 育児川柳
義務過程
終えて
背中を
見守ろう


遅くなりましたが、というか遅すぎでしょうが
長女コナツが中学校を卒業しました。
当日は快晴。
本当に、暖かい良いお天気でした。

あらゆるイベントはいつもギリギリ参加の私達夫婦ですが、
珍しく会場オープンになる前から並びました。

いや、殊勝な心がけではなく、ただ単に
私が着物だったから早めに行動しただけなんですけどね!(笑)
ほほほ

卒業しても三月いっぱいは部活があり、まだまだという感じで
終わりの意識はありませんが
それでも式典を終えて、
義務教育は終わったねぇと夫婦で話しました。
これからはあの子自身の力を自分でコントロールしていかなければいけない年齢です。
まあまだまだまだまだまだまだ手がかかりそうですが!

少しずつ手を離しているつもりですが、コナツの方がちゃっかりの
甘え上手ですね。
コロリと騙される私も私ですが(笑)

あと少し、コンサートが終了するまで頑張って‼️

な卒業式でした。
先生方、ありがとうございました。
お世話になりました。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

家族

2018年05月10日 | 育児川柳


今日は手抜き投稿で(笑)
去年、突如として我が家の長男になった猫男子です。
当時は140グラムしかありませんで
先生とミルクの授乳方法を四苦八苦した子ですが
今では体重4キロ!
太ってないけど4キロ!

重過ぎだろー(@_@)!

というすくすくな発育。
乳歯も抜けてガブリエル期(ガブガブ噛むから勝手に命名)も終了。

少し大人になってきたなと思ったら、意思表示のために甘噛みをするように。

ご飯くれ!
遊んでくれ!
パソコンやりすぎ!
テレビ見るな!


などなど。


鬱陶しい男は嫌われるっつーの!( *`ω´)

という日々です。
まー可愛いんですけどね。
みんなの癒しになっております(笑)

Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

春スキーの話

2018年04月15日 | 育児川柳
スキー場
度胸で滑る
七歳児


三月と四月を跨いで春スキーに行きました。
全員の予定を合わせるのが本当に大変になってきましたが
思い立ってすぐ!という感じでバタバタと決めましたが
そういう時フットワーク軽く予約してくれるオツトには
本当に頭が下がります。

荷物の用意はなんもしないけどな!


.......。


それが一番大変のいう話がありますね、うん。
まあいいでしょう!(笑)


そうして珍しく当日の出発も早かった我が家。
前日はオツトは飲み会、長女は友達と遊んで帰ってきて遅い、という状況だったにもかかわらず。


素晴らしい‼️


渋滞もそれほどなく良い感じで到着。
いつも行く湯沢です。

今回は長女がかなり滑りたがっていたのですが、雪が大分はげた感じの山肌。
あれー?
という様相でして、案の定、リフトも既に運行を止めているものもあり、ゲレンデそのものが縮小されていました。

さすが、あと一週間でシーズン終了なだけあります!(笑)

今回は、わたしも滑る!と意気込んでいた次女シオリも最初から練習をスタート。
意外と度胸のある子なので怖がらずに果敢に取り組む姿には、感心しました。


えらいわ〜

親バカ!(笑)


長女はオツトに色々と教えてもらいながら練習せたあとはわたしと二人で滑りました。


春スキーはいい!
雪質は良くないけれど、



吹雪かない!人少ない!視野が広い!


ワタシのように中途半端なレベルの人間はボーダーさんが沢山いたり、寒すぎて凍結していたりすると本当に辛い。


のでありがたい。
リフト代も安いしね、サイコー(笑)


来年もまた行きたいわー!



しかし、オツトは「おれ、一本滑ったらもう満足やわε-(´∀`; )」というくらいへたばっていました。確かに私も一本降りただけで汗だく。
疲労感が半端ないわ!(笑)


普段は若いつもりでいる私たちが歳を実感したスキー旅行でありました。


トホホ( ;´Д`)




Comment
この記事をはてなブックマークに追加