怠慢主婦 ドイツで同居 

日本食を食べなくなって数年。義両親のドレイとなってすでに何年になるだろう。遠い目しながら、今日も行き抜いてやるぞっ

激安でおいしいドイツ流ホットドッグ

2016年11月23日 | カテゴリー分けするのに飽き
義両親と買い物に行った。
そのスーパーの前にホットドッグを売る店が二年ほど前にできて、いつか食べてみたいと思っていた。
「食べてみたいか?」
と義父が尋ねたので、私は喜んでごちそうになることにした。

こちらでもっとも一般的な白いパンに焼いたソーセージをはさんだもの。
マスタードやケチャップは自分でかけ放題。
おいしかった!これでたったの1ユーロ20セント(約150円)だ。
思い出した、以前、不味いホットドッグを食べてブログ記事にしたな。検索してみよう。
あった。2016年6月20日記事 「飛行機攻め、疲れたー」
なんと「いつもの固めの塩気のあるパンでホットドッグを作った方がおいしい」と私は書いているではないか!
そして、そのときのその願望が、今になって叶ったわけだ。(いや、食べたいとは願っていたなかったけれど)

義父と二人でこれを食べている間に、義母はさっさと買い物を済ませて戻ってきた。
義父と二人で人通りがあるところにいると、いつも懸念するのは、義父と私が夫婦であるとみられることだ。
高齢欧州人と娘ほどの年齢差のあるアジア人女性夫婦がたくさんいるんだ。
一部の人々にはそうした夫婦に偏見があって、私の知人も批難めいた意見を言っていた。
妻を早く亡くした男性が喜んで彼女らを迎える。家庭を切り盛りしながら、稼いで母国の親族に送っている健気で働き者の彼女らだ。
自分が送金したお金で建てたと思われる豪邸の写真を見せてもらったことがある。
私にはとても真似できない。そういう意味では私は彼女らに好感を持っているのだけれどね。
まあ、義父と私二人がたまの一緒の外出時に夫婦にみられたところで、何も失うものはないので、勝手にそう思ってくれ。




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

りすのお買い物

考え中。