怠慢主婦 ドイツで同居 

日本食を食べなくなって数年。義両親のドレイとなってすでに何年になるだろう。遠い目しながら、今日も行き抜いてやるぞっ

義両親との散歩

2017年03月22日 | カテゴリー分けするのに飽き
義両親たちは夏を除いて毎日のように散歩に出かける。
私も極力一緒に行くようにしているのだが、最近はちょいと億劫だ。
以前も、別の意味で億劫だったけれどね。
最近は、彼らの歩く速度が遅くて私にはつまらないんだ。
次第に身体の機能が衰えていく彼らの自然の成り行きを受け入れなければならないのだけれど、あまりにものんびり歩いていると、私には寒くてかなわないんだ。

私は太ももの筋肉を育てるという目的があるので、もう少し負荷をかけたいんだ。
普通に歩いているだけではだめだろう。
専用の機器でのトレーニングが有効だ、と夫はうるさい。

体重を減らしたい、という近所のJ子さんに「一緒に歩きませんか」と誘われた。
60歳代の彼女だ。若い頃はさまざまなスポーツで鍛えていたらしい。
彼女と歩くのは期待できるな。
迎えに行った。

瀟洒な外観のお家に住んでいる。家の中も豪華絢爛だ。
 
車庫の上を見上げると、船が。
この犬と一緒に散歩に行った。

犬のためにしばしば立ち止まらなければならなかった。
リードをつけたり外したりの作業があったんだ。周囲に人がいないときは外すけれど、いるときは繋がなければならない。
この犬、体重40キロ。うっほ。今の私と同じだぞ。引っ張られたらたまったものではないな。

しばしば立ち止まったり、おしゃべりに付き合ったり(一緒に歩く最大の目的はこれだろうが)でこれまた義両親たちと歩くのとあまり変わらない状態だった。
しかも、1時間あまりの散歩の終盤には犬もJ子さんも息をはずませていた。
私は心拍数も呼吸数も変化なし。つまり、歩き方速度が遅すぎるんだ。

そうか。
やはり、自分のトレーニングのためにはひとりで歩かなくてはならないかな。


ハタチ(HATACHI) フリーアルミDフィット 2段伸縮式 2本組 ブルー WH1021

新品価格
¥7,980から
(2017/3/22 18:10時点)



[スポルディング] ハイキングシューズ ON-146 OIN 1460


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

りすのお買い物