怠慢主婦 ドイツで同居 

日本食を食べなくなって数年。義両親のドレイとなってすでに何年になるだろう。遠い目しながら、今日も行き抜いてやるぞっ

新居には台所が全くない

2016年09月29日 | カテゴリー分けするのに飽き
外食が発達している国では、アパートの部屋に台所がないと読んだことがある。
そういった国に住めば、それが快適で不自由を感じないものだろう。
ここドイツでは、集合住宅に入居時にはそこに何もないことが基本と読んでいた。
外食が発達しているわけではないのに、台所ももちろんない。
私は実際にそういった現場に遭遇したことがなかったが、ついに見た。
ドイツ在住数ヶ月、この街に引っ越してきて二週間のJ子さん宅だ。
訪問すると、J子さんは出来合いの欧風ラビオリ(欧風餃子とも言える)のスープをご馳走してくれた。

凝ったものはできないけれど、野菜を入れた温かいものを摂取しているということで安心した。
J子さんの許可を得て、彼女のサバイバル台所を撮影、公開。

調理台はダンボール箱、調理器は旦那さんの実家からのもの、冷蔵庫は昨日搬入されたもの・・・。
水は浴室まで取りに行かなくてはならない。食器洗い作業はバスタブで。
これはきつい!

ここは家具を購入すると、実際の搬入まで数週間以上かかると言われている。
店頭で決めても、その品が来るわけではない。注文受けて工場で製造するのかい、とも叫びたくなるのんびり加減。

現在、この街では次々と住宅が建築されているのを見る。(他の街でもそうらしい)
近郊からその新しい住宅に引っ越してくる人たちは、引っ越す前にあらかじめ台所を注文して、届いた頃に引っ越して来ればいいのだろう。
いろいろな条件が重なってしまってそれができず、台所無し生活をもう少ししなければならない彼女だ。
あとから思い出せば、いい思い出になるだろうと頑張っている様子。
私の永遠にも続くと思われる共有台所生活よりいいではないか、と励ましてみたい。

アイリスオーヤマ IHクッキングヒーター 1000W IHK-T32-B

新品価格
¥3,500から
(2016/9/29 01:22時点)



象印 炊飯器 マイコン式 3合 ブラウン NL-BA05-TA

新品価格
¥7,245から
(2016/9/29 01:23時点)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

りすのお買い物