思い出したくないことなど

成人向き。二十歳未満の閲覧禁止。家庭の事情でクラスメイトの女子の家に居候することになった僕の性的いじめ体験。

公開する小説をしぼります

2017-12-25 23:06:10 | ご連絡
やあやあやあ、みなさん。 お元気ですか。 クリスマスとか、年末とか、年始とか、わたくしめは全然かんけーない日々です。 フツーの寒い日を元気で過ごしています。 みなさんもフツーにすごしていらっしゃることとお慶び申し上げます。 いよいよわたくしも引っ越して、もっといろんな小説を書きます。 全部エロ小説ですが、どうしてもヘビーになるところもあります。 ライトな小説もあります。 結構、いろんなパター . . . 本文を読む
コメント (20)

そろそろ

2017-12-25 00:32:03 | ご連絡
お話を締めくくりしたいと思います。 あと2回更新で、ラストを迎えます。 場所を変えて再出発したいと思っています。 詳細が決まりましたら、ご連絡いたします。 終わりにする理由 思い出したくないことがそれ自体思い出したくないことに変わりつつあるからかもしれません。 . . . 本文を読む
コメント (8)

一人だけヌードのビーチ(その2)

2017-12-20 20:59:12 | 9.いじめられる僕
 いやだ、ウソー、と叫ぶ女の人たちの声、それとおちんちんやお尻、腰回りに直接感じる外の空気で、パンツを引き下ろされた現実に戻った。   急いでパンツを引っ張り上げた僕におば様は少し驚いたようだった。いつもだったら観念してされるがままになっているのに、今回の僕はいささか違った。まるで逆らうかのように腰を落とすと、パンツのゴムをぎゅっと掴んで素早くこれを引き上げた。  正面にいる女の人たち、中には小さ . . . 本文を読む
コメント (5)

一人だけヌードのビーチ(その1)

2017-10-29 19:24:06 | 9.いじめられる僕
 家の前に横付けした車のトランクにボストンバッグを二つ押し込んで玄関に戻ると、浮き輪やらビーチボールが空気を抜いたぺしゃんこの状態で詰め込まれたビニール製のトートバッグと縦長のフロートが新たに追加されていた。 「遅いなあ。溜まる一方じゃんよ」  居間を仕切るドアを背中で押して入ってくるなり、Y美が苛立ちを露わにした。持ってきたクーラーボックスをドスンと上がりがまちに置くと、荷物の山を見下ろして、フ . . . 本文を読む
コメント (17)