竹原BLOG:奈良民話祭り ― グリム童話・メルヘン・語りの文化 とっておきの話。 

新刊:「子どもと家庭の奈良の民話全3巻」(京阪奈情報教育出版)
「カラー図説 グリムへの扉」(勉誠出版)

グリム童話誕生200年記念出版:大野寿子編 『カラー図説 グリムへの扉』(勉誠出版)刊行!

2015年06月27日 | 民話
今日のブログは新刊情報です。

グリム童話の初版が出来てちょうど200年の年、2012年に
カッセルのグリム博物館長のラウアー先生とマールブルク大学教授のツィンマーマン先生を招いて、
グリミン(グリムと民間伝承研究会)の野口、大野、溝井の3先生と共に東洋大学でシンポジウムを開催しましたが、
その時の発表を中心に、さらに、高橋、田口、西村の3先生に寄稿いただき、
このたび書籍としてまとめました。

大野寿子編 『カラー図説 グリムへの扉』(勉誠出版)です。A5判・並製 352 頁 本体2,400円




世界でもっとも有名な童話集へ誘う決定版ガイドブック!

学術的に緻密でありながらも、一般にも分かりやすく、カラー図版満載です。

紀伊国屋書店、ジュンク堂書店などで実際に手に取って見てください。


グリム兄弟の生涯、グリム童話と挿絵、グリム童話と世界の昔ばなしなど
最近の研究に基づき、図版を見ながら、楽しく学べますよ!

オール・カラーで350頁で2400円(税別)とは安いと思いません?


-----目次より---------------------------------

序章 グリムへの誘い 大野寿子(東洋大学准教授)

犠蓮.哀螢犒残錣凌擁像をたどる
 グリム兄弟と故郷ヘッセンとの相反的な関わり ハルム‐ペア・ツィンマーマン(チューリヒ大学教授・スイス)
 「子どもと家庭」に込められたグリム兄弟のメルヒェン観 田口武史(長崎外国語大学教授)

蕎蓮.哀螢狷枯辰帆浤┐領鮖砲鬚燭匹
 『子どもと家庭のメルヒェン集』200年―グリム童話の挿絵と影響の歴史 ベルンハルト・ラウアー(グリム兄弟協会理事・ドイツ)
 挿絵からみたグリム童話―日本における西洋の影響 西口拓子(専修大学教授)
 19世紀西洋視覚とジャポニスム―挿絵の世界は切られてなんぼ 高橋吉文(北海道大学名誉教授)
 明治期におけるグリム童話の翻訳と受容―初期の英語訳からの重訳を中心に 野口芳子(武庫川女子大学教授)
 グリム童話と比較民話学 竹原威滋(梅花女子大学客員教授)

絃蓮.哀螢犒残鑁酳館の歴史を
 カッセル・グリム兄弟博物館1959-2014 ベルンハルト・ラウアー
 グリム兄弟博物館ポスターギャラリー

江蓮〇温融駑
 参考資料.哀螢狷枯辰魍悗嵜佑里燭瓩法|欷彊匱
 参考資料◆愡劼匹發伐板蹐離瓮襯劵Д鷭検戞1857年第7版)
 参考資料『子どもと家庭のメルヒェン集』(小さな版)
 参考資料ぁ悒疋ぅ津狙盻検戞1816〜18年第1版)

おわりに  大野寿子

---------------------------------------


私の担当した箇所は「グリム童話と比較民話学」と巻末の「グリム童話を学ぶ人のための文献目録」です。

「グリム童話と比較民話学」では、日欧における民話比較学の歴史を通観しました。

また、巻末のグリム文献表は、気合いを入れてまとめました。
現在の日本におけるグリム研究をカバーしているのではないかと思っております。

詳しくは、出版社のHPを見てください。

最後に、編者の大野寿子先生、勉誠出版の堀郁夫さんのご苦労に感謝します。


ではまた、今日のブログは新刊情報でした。

では、皆さま、来週末にまた、ブログでお会いしましょうね!




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の民話祭り2015:大和民俗... | トップ | ディズニー・実写版シンデレラを... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。