竹原BLOG:奈良民話祭り ― グリム童話・メルヘン・語りの文化 とっておきの話。 

夏の奈良民話祭り:8月5日(金)午後3時より奈良町物語館で4回公演!
奈良燈花会に行きがてら、ぜひ来てくださいね!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夏の奈良民話祭り2015 盛会多謝!

2015年08月08日 | 民話
民話祭りは、平城遷都1300年祭の2010年に始めて、今年で5年目、第6回目でした。

いつも燈花会に合わせて開催しています。


今年の燈花会 初日8月5日の春日野園地会場、遠景に東大寺本殿がほのかに見える。


奈良民話祭り会場 奈良町物語館 幟も新調。8月7日11時、いよいよ開催。


「あんころ餅とあみださま」を語るナーミン・テラー(奈良の民話・語り手)。熱心に聞く子どもたち。


紙芝居「帯解の龍」を演じるナーミン男性テラー。
今年は子どもたちが多く来てくれたのは嬉しいことです。
それというのも今年は奈良市が後援してくれたので、市内の小学校にもチラシを配布したお蔭かな。


語りの合間には、わらべ歌もある。手遊び歌に興じる人たち。


外国人観光客も来てくれたよ。英語のできるナーミンテラーが特別に英語で紙芝居を見せたら、とても喜んでくれた。

今年は5回の公演に延べ100人を超える観客が来てくれました。そのうち子どもたちは3分の1でした。
盛会をナーミンテラーと共に喜びたいと思います。


これは会場のすぐ近くにある「奈良町にぎわいの家」の庭園です。
この家は、典型的な「奈良の町屋」で大広間もあります。

秋の奈良民話祭りは、正倉院展のあわせて「にぎわいの家」で開催できないかと企画検討中です。

その節は、またこのブログで紹介しますので、来てくださいね!


戦後70年、戦争体験を次世代に語りつぐ、
また、奈良という地域の伝承文化も次世代に語りつぎたいです。

では、また、来週末のブログまで、みなさま、暑さに負けず、お元気で!


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「奈良なら民話祭り2015」 ... | トップ | 戦後70年談話:民話は、世... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

民話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。